面接で逆質問しないのは印象が悪い?採用されるための有効な対処法を紹介

面接で逆質問しないのは印象が悪い?採用されるための有効な対処法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接で逆質問をしないからといって不採用に直結するわけではない
  • 面接で逆質問をしないと自己PRの強化ができず、不利になる場合がある
  • 面接で逆質問をしない場合、「特にありません」とだけ返すのは避ける

面接で逆質問をしないと不採用になってしまうのではと不安に思う人は多いでしょう。面接官はさまざまな要素から採用・不採用を決めるため、逆質問をしないだけで選考に落ちるわけではありません。このコラムでは、逆質問をしないと面接官にどのような印象を与えるかについて解説します。面接で逆質問をしたほうが良いパターンや、しない場合の注意点などについてもまとめました。面接対策の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

逆質問しないと面接で落ちる?

逆質問しないからといって、面接に落ちることはありません。以下で理由を解説します。

逆質問だけで採用の可否は決まらない

逆質問だけでは採用の可否は決まりません。面接官は、応募者の経験やスキル、振る舞いなどを総合的に判断したうえで採用・不採用を決定します。逆質問をしなくても、面接の質疑応答で自分のスキルや人柄をアピールできていれば、採用につながる可能性は高いでしょう。
面接でアピール不足を感じる場合は、逆質問をしたほうが良いといえます。自分なりの回答が求められる逆質問は、面接での最後のアピールチャンスだからです。内容次第では、ほかの応募者との差別化も図れるでしょう。また、逆質問は企業にとって応募者の能力や人柄を判断する材料でもあります。次の項で面接官が逆質問をする理由を解説しているので、参考にしてみてください。

面接官が逆質問をする理由

面接官が逆質問をするのには、以下のような理由が考えられます。面接官が逆質問をする際にチェックしているポイントを事前に把握し、面接でのアピールに役立ててみてください。

・コミュニケーション能力を確認したいから
・入社への熱意を知りたいから

面接官が逆質問をするのには、上記のような理由があるようです。そのため、もし応募者が逆質問をしないと、コミュニケーション能力の低さや入社への熱意の希薄さを懸念されてしまう恐れがあります。面接官が逆質問をする理由を詳しく知りたい方は、「面接の逆質問には意図がある?効果的にアピールするためのポイントを解説」をご一読ください。

良い加減な逆質問は印象を悪くしてしまうことがある

良い加減な逆質問をするとかえって印象を悪くしてしまうことがあるので、注意が必要です。面接でしないほうが良い逆質問を以下で解説しているので、参考にしてみてください。

事前の情報収集で解決できる質問

企業のWebサイトで事前に情報収集できることを質問するのは避けましょう。Webサイトに載っている情報がそのまま回答になるような質問をしてしまうと、面接官に「準備不足」と判断される恐れがあります。逆質問をしない、もしくは「Webサイトで拝見したのですが」と事前に情報収集を行なったことをアピールできるような切り出し方をすると悪い印象を回避できるでしょう。

面接官が答えにくい質問

面接官が答えにくい質問は避けたほうが無難です。たとえば、人事部所属の面接官が、特定の部署や業務に関わる質問に詳しく答えることは難しいでしょう。面接官の立場を考えずに質問してしまうと「相手のことを思いやれない」「自社への興味が薄い」と判断されてしまう可能性があるため、状況に合わせた対応が求められます。

面接でしないほうが良い逆質問は、「面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介」で詳しく解説しているので、ご一読ください。

面接で逆質問しないと不利になる場合もある

面接で逆質問をしないと、自己PRの強化ができなかったり志望企業との相性が確かめられなかったりと不利になる場合があるので、注意が必要です。面接で以下の2点の対策をしたいと考えている人は、逆質問をしたほうが良いといえるでしょう。

自己PRの強化ができない

逆質問しないと、自己PRの強化が不十分なまま面接を終えてしまう可能性があります。逆質問は、面接中に切り出せなかったスキルや強みを面接官に伝えられる場面だからです。入社後に活かせるスキルをせっかく備えていても、面接官にアピールする機会を逃してしまえば、ほかの応募者との差別化を図ることは難しいでしょう。
面接での自己PRが不十分だと感じた場合は、臨機応変に逆質問をしてみるのがおすすめです。ただし、自身のアピールポイントばかりを話すと図々しい印象を与える可能性があるので、注意しましょう。「私が持っている○○の資格は、御社の業務でどのように活かせるか教えてください」のように前置きとして自分のスキルを説明し、志望企業での活かし方について聞くと、入社意欲もアピールできて効果的です。

志望企業との相性を確かめられない

面接で逆質問をしないと、志望企業との相性を十分に確かめられない恐れもあります。逆質問はほかの質疑応答よりも発言の自由度が高く、志望企業に対して抱いている疑問や不安を入社前に解決できる良い機会です。事前に自分の希望に沿った会社かを確認できていれば、入社後のミスマッチも防げるでしょう。
また面接官側も、逆質問の回答から読み取れる応募者の性格や適性から、自社に合った人材であるかをチェックしている場合があります。どんなに優れたスキルを備えている人材でも、社内の雰囲気や働き方が合わなければ早期離職の恐れがあるからです。自分の疑問を解消することも大切ですが、企業の社風に合わない質問は避けたほうが良いといえるでしょう。

面接の逆質問で好印象を与える方法は?就職成功のための対策を立てよう」では、面接で好印象につながる逆質問を紹介しているので、参考にしてみてください。

面接で逆質問しない場合に気をつけるべき3つのこと

ここでは、面接で逆質問しない場合に気をつけるべき3つのことを紹介します。逆質問を事前に考えていても、ほかの応募者の回答と被ったり面接の中で説明されてしまったりすることも。逆質問をしない場合の対応を事前に知っておき、どんな状況でも面接を好印象で締めくくれるようにしておきましょう。

1.「特にありません」とだけ返すのは避ける

面接で逆質問をしない場合でも、「特にありません」と返すのは避けましょう。面接官が投げかけた逆質問に対して「特にありません」と回答すると、冷たい印象を与える可能性があるからです。また、志望企業への興味の薄さや消極的な姿勢を懸念されてしまう恐れも。逆質問に「特にありません」と返すことが必ずしも不採用につながるわけではありませんが、積極的に質問をする応募者と比較すると不利になりやすいといえます。

2.質問を考えたが浮かばなかったという姿勢を示す

逆質問をしないで面接官に好印象を与えるためには、回答を考えたが浮かばなかったという姿勢をしっかり示すことが大切です。質問が浮かばなかったと正直に伝えることで、「隠し事をしない素直な性格である」と高評価につながる可能性もあります。
また、1次や2次面接といった選考の初期段階の場合、「今のところ質問はありません」と答えるのも一つの手です。「今のところ」という言葉を付け足すことで、今後の面接では質問をする意思があることを示せます。質問を考えたうえで現在は浮かばなかったという姿勢も面接官に伝わりやすく、逆質問をしないことで入社意欲の低さを不安視されるリスクも回避できるでしょう。

3.疑問が解決できたことへの感謝を述べる

逆質問をしない場合、疑問が解決できたことへの感謝も一緒に述べると好印象につながりやすくなります。以下の例文を参考にしてみてください。


「お聞きしたいと思っていたことは今回のご説明で解決しました。ありがとうございます。入社後のイメージも具体的に浮かび、御社で働きたい気持ちが一層強くなりました。」

上記のように、疑問が解決できたことの感謝と入社意欲を一緒に述べるとより効果的です。逆質問をしない場合でも誠意が伝わる返答をすることで、良い印象で面接を締めくくれるでしょう。面接で逆質問をしない場合の対応は「面接で役立つ逆質問例!目的や状況に応じた回答で選考を突破しよう」でも紹介しているので、ご一読ください。

面接に不安を抱いている方は、就職支援サービスのハタラクティブをぜひご利用ください。ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職エージェント。専任のアドバイザーが求人紹介から入社後のフォローまでを一貫してサポートいたします。ハタラクティブでは、応募書類の添削や面接指導などの選考対策も充実。アドバイザーに疑問や悩みを相談しながら進められるので、あなたに合った面接対策が立てられます。面接をはじめ、就活や転職に不安を感じている求職者の方は、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ