面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介

面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 逆質問とは、面接時に企業側から応募者へ質問をすること
  • 逆質問は面接で企業に対する意欲や興味、自分のスキルなどをアピールできる
  • 上手な逆質問をするには、企業研究や自分の意見をまとめるなどの事前準備が重要
  • 面接で高評価につながるような逆質問をして、内定獲得を目指そう

面接の最後に「何か質問はありませんか」という逆質問に焦ってしまい、うまく発言できなかったことはありませんか。何を質問すれば正解なのか分からず、面接に不安感を抱いている人も多いでしょう。面接での逆質問には企業研究をしたり自分の意見をまとめたりなどの事前準備が大切です。このコラムでは面接時に行う逆質問の例やアピールのポイントを紹介。面接の対策にぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

面接官が逆質問をする4つの理由

面接中に面接官が「何か質問はありますか」「何か気になることはありませんか」など、応募者に質問することを逆質問といいます。面接官が行う逆質問は、応募者の疑問を解決するだけではなく、応募者の関心や会社との相性もみているのです。ここでは、面接官が応募者に逆質問をする主な4つの理由について解説します。

1.応募者の関心度合いを知るため

応募者の関心の深さを知るために逆質問をすることがあります。会社のことを研究していなければできない質問や、業界のことを知っていなければできない質問などをされることが多いようです。
面接官は逆質問を聞き、応募者の持つ自社への関心や入社意欲を判断しています。

2.会社との相性を見るため

面接官は、逆質問によって応募者と会社の相性も判断しています。一緒に働いていく部下や同僚としても、業務内容においても応募者と会社の相性は重要です。もし自社と相性の悪い人材を採用してしまえば、応募者にとっても会社にとっても残念な結果になる恐れも。応募者の性質が表れやすい逆質問をすることで、自社に合った人材がどうかをみているようです。

3.コミュニケーション能力をはかるため

コミュニケーション能力や判断能力を図ることも、面接官がみるポイントの一つです。逆質問が「はい」「いいえ」で済んでしまう内容であれば、会話のキャッチボールとしては少々物足りないものがあります。一方、「先ほどの質問にもありましたが」といった、それまでの面接の流れに沿った発言ができれば、コミュニケーション能力が高いことに加えて、入職に対して意欲的であることもアピールできるでしょう。

4.応募者の疑問を解決して入社意欲を高めるため

逆質問は応募者の疑問点を解決するほか、会社側の魅力をアピールし入社意欲を高める狙いもあるようです。企業側は、「自社に対する疑問や不安をできるだけ解消し、理解したうえで入社してもらいたい」と考えています。会社の魅力を知ってもらい、応募者の自社に対する志望度を上げることも、採用面接で逆質問を取り入れている理由のひとつです。
逆質問の役割については、「面接での逆質問には意図がある!好印象を与える回答は?」の記事でも詳しく解説しています。こちらもあわせてぜひチェックしてみてください。

面接の逆質問でアピールできる5つのポイント

会社や業界への関心の深さや入社への熱意など、逆質問の時間は自分を売り込むチャンスといえます。しかし自分をアピールするためには事前準備も大切です。ここでは、面接の逆質問で効果的に自分をアピールするポイントを5つ紹介します。

1.意欲をアピールする

逆質問は、自身の意欲がアピールできる場でもあります。面接官に何を伝えたいのかを明確にし、事前に細かく企業研究や業界研究をしてきた質問内容であれば、効果的に入社意欲をアピールできるでしょう。その際は、質問と一緒に自分の考えを述べると、より相手に伝わりやすくなります。
逆に言えば「特にない」という回答は、面接官に対し会社への興味がないという印象を与えてしまい、入社意欲が低いと判断されることにつながるので注意が必要です。

2.自分のスキルや素質をアピールする

逆質問では、ビジネスマナーを意識することに加え、前職での経験や実績、スキルなどをアピールすることで「即戦力として使える」という好印象につながります。特に現場の社員が面接官を務める場合、応募者のスキルやマナーをチェックする傾向にあるようです。ほかにも、「一緒に働きたいか」「職場の雰囲気や業務内容とマッチするか」を見極めることもポイントになります。

3.自分の取り柄をアピールする

自分の性格や人間性などをアピールしてみましょう。面接官からの逆質問では、長所や短所のほかに、自らを客観的に判断できるかも見ています。業務において貢献できる自分の長所や、仕事に取り組む姿勢を付け加えて質問すれば、自身の取り柄を上手く売り込むことができるでしょう。

4.会社への興味をアピールする

会社のサイトから読み取った企業理念やミッションに絡むような逆質問は、会社への興味が伝わるものです。面接官に「よく研究している」という印象を持たせることができれば、入社意欲が高いと評価されるでしょう。
ここで注意しておきたいのは、サイトを見れば回答が分かるような逆質問をすること。「主力製品」や「売上高」など、一問一答できるような質問には注意が必要です。

5.業界への興味をアピールする

業界への興味を含んだ逆質問をすれば、「会社に対しても強い関心を持っている」と印象づけられ、入社意欲を持っているという評価にもつながります。さらに、競合他社についても調べておくことで、逆質問で発言する内容の幅も広がるでしょう。逆質問を考える際には、企業研究とともに業界研究をしておくこともおすすめです。

面接官をうならせる上手な逆質問のコツ4選

面接で自分を印象づけるなら、逆質問は最適なチャンスであるといえます。そのためには事前準備と企業研究が必須です。
ここでは、面接官をうならせるような逆質問のコツを4つ紹介します。

1.聞きたいことは事前に準備しておく

逆質問として聞きたい内容は、事前に準備しておきましょう。面接の中で疑問に思ったことや気になることが出てきたときに質問することはもちろん問題ありませんが、実際に面接を受けると緊張して質問されたことを答えることに精一杯…となる可能性もあります。
また、予め質問を考えていても、面接で話している最中に疑問が解消することもあるので、できれば複数個考えておくといいでしょう

2.企業研究を徹底する

企業のWebサイトHPを見て、理念やミッション、代表のメッセージから感じ取った質問なのだろうと思われる逆質問をすると、意欲や熱意が企業側に伝わるでしょう。企業背景への理解が伝わる質問は、企業側が応募者に好印象を抱く内容の一つです。面接官がぐっとくるような質問ができるよう、丁寧な企業研究を心掛けましょう。

関連する業界や競合他社についても勉強しておこう!
志望する企業に関連する業界や競合他社の情報も事前に調べておくと、質問の幅が広がるだけでなく、リサーチスキルや入社への熱意などがアピールできます。また、質問内容から会話が弾むこともあるのでおすすめです。

3.質問と一緒に自分の意見を伝える

1.意欲をアピールする」でも解説したように、逆質問に加えて自身の意見を盛り込むと、さらに印象アップが図れます。自分の意見を交えた逆質問の例は、下記のとおりです。

質問のみの場合

「将来的に力を入れようとしている事業について教えてください」

自分の意見を交えた質問の場合

「今△△業界は××の状態にあり、□□という需要が生まれると考えられますが、御社が今後力を入れていこうと考えている事業は何ですか?」

このように、自分の意見を入れることで質問内容が具体的になり、面接官の回答を端的に終わらせないことがコミュニケーションスキルのアピールにもつながります。

4.逆質問の内容は面接担当者によって変える

現場社員や役員など、面接担当者によって逆質問の内容を変えてみましょう。1次・2次面接では、現場社員が面接対応することが多い傾向にあります。そのため、現場の仕事や在籍している社員、必要資格などについて質問すると良いでしょう。
一方、最終面接ではその会社の役員が面接を対応することが多いので、企業のビジョンや企業自体についての逆質問をすると、面接担当者に好印象を与えられます。
また、1次面接・2次面接と選考が進むにつれて面接担当者が変わる場合、「仕事へのこだわりは何ですか」「喜びを感じるときは?」といった、人によってそれぞれの回答が得られる質問を積極的にしていくと、会社の雰囲気や社員の意欲を感じられるでしょう

面接で意欲を伝えられる逆質問例

ここでは、面接で自分の意欲をしっかり伝えられる効果的な逆質問の例文を紹介します。

やる気や意欲を伝える逆質問の例

・「入社までに取得しておくと良い資格は何ですか?」
・「私と同年代の社員や新卒の方はどんな活躍をしていますか?」
・「配属先の部署の社員の1日のスケジュールを教えてください」
・「働く上で心がけていること、意識していることはありますか?」
・「1日も早くスキルアップし戦力になりたいと考えていますが、どのような研修を行われていますか?」
・「△△の資格を持っていますが、御社での仕事に活かす機会はありますか?」
・「異業種から転職された方の勉強方法を教えていただけませんか?」
・「どれくらいの期間と経験で実務に入りますか?」

逆質問の例文についてさらに詳しく知りたい方は、「転職に効く逆質問の例文集!1次・2次・最終面接で何を聞けば良い?」の記事もあわせて参考にしてみてください。

面接で悪い印象を与えてしまうパターン別の逆質問例

面接官が逆質問をする意図は、応募者の入社への意欲や仕事への熱意、人柄や会話力を評価するなどさまざまです。しかし、いくら熱意があっても、何を発言し聞いても良いというわけではありません。質問や発言する内容によっては評価が低くなる可能性があります。下記のパターンごとによる逆質問例を参考にして、面接官に悪い印象を与えないようにしましょう。

社会人としてのモラルを問われる質問

社会人としてのモラルを問われる逆質問は、人柄の評価もマイナスポイントになりがちです。社会人として基本的なビジネスマナーは身につけておきましょう。

・「遅刻したらどうなりますか」
・「面接官の年齢は」

このような逆質問は、モラルだけでなく「誠意がみられない」「企業をばかにしている」とも捉えられるので、注意が必要です。

「はい」または「いいえ」のみで答える質問

逆質問の狙いはコミュニケーション能力をチェックする場合もあります。質問内容が「はい」「いいえ」で終わってしまうやり取りでは、会話に膨らみが生まれません。
面接とはいえ「いつ」「だれが」「どこへ」「なにを」「どのように」「なぜ」といった会話を意識した質問をするのもポイントです。

企業のWebサイトで確認できる内容の質問

事前に企業のWebサイトから読み取れる逆質問をすると、企業への興味や関心度の高さ、熱意を企業側にアピールしやすいことに加えて、企業側からも好印象を持たれるでしょう。しかし、調べれば把握できる情報をあえて質問してしまうと、企業への理解不足や意欲不足と判断される可能性があります

・「主力製品は何ですか?」
・「企業理念は何ですか?」
・「売上高はどのくらいですか?」

逆質問に値しないような内容を聞かないためにも、企業のWebサイトは事前に良く確認しておきましょう。

弱気で自信のなさが感じられる質問

自信がなく弱気な質問は、「熱意や意欲がない」「向上心がない」と感じられる可能性があります。

・「ノルマが達成できないとどうなるのでしょうか?」
・「未経験でも活躍できるでしょうか?」

企業に対して受け身の体制は、自分の信頼も失いかねません。面接に進んだことに自信をもち、前向きな気持ちで挑みましょう。

自分が採用されることを前提とした質問

採用してもらいたいという意欲を伝えるぶんには良いものの、採用されることを前提した質問や、労働条件について掘り下げるような質問は、「仕事へのやる気がない」「自信過剰」と受け取られる可能性があります。

・「△△の資格を活かしたいのですが、適切な部署に配属されますか?」
・「能力を伸ばしてくれる環境でしょうか?」
・「離職率は低いですか(高いですか)」
・「有給はすぐもらえますか」
・「福利厚生は具体的にどのようなものがありますか」

上記のような内容についてどうしても気になる場合は、「自分は△△の資格を活かした業務を行っていました」といった、自分がこれまで培ってきた実績を伝えてから質問すると良いでしょう

抽象的な質問

これは雑な印象やとってつけたような印象を持たれてしまう可能性があるので、本当に知りたいことなのか疑われることがあります。

・「強み・弱み・魅力は何ですか?」
・「今後の事業展開について教えていただけませんか?」

このような内容を上手く逆質問する場合は、回答が端的に終わらないよう具体的な内容に変換して質問することがポイントです。

面接で聞きにくいことを聞きたいときはどうする?

給与や転勤、残業、離職率、業績などは聞きにくい質問ですが、どうしても気になる場合は下記の点に注意して逆質問してみましょう。

・1次面接といった選考の早い段階で聞くのは避けたほうが無難
・聞きにくい質問をする前に、会社への関心や入社意欲をしっかり伝えられる質問をしておく
・満足のいく回答が返ってこなくてもしつこく聞き返さない

また、ストレートに聞くと誤解を招く恐れがあるので、下記のような婉曲表現で聞いてみるのがおすすめです。

・「1日も早く業務に慣れたいと考えているのですが、社員の方はどれくらい残業をしていますか?」
・「さまざまな経験を重ねていきたいと思っていますが、転勤はあるのでしょうか?」
など

面接で好印象を与えられるような逆質問をする方法は、「逆質問の仕方とは?質問がない場合の回答例や好印象を与えるポイントを解説」でも詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

面接で逆質問がないときはどうする?

ほかの応募者との差別化や採用を有利にするためにも、逆質問の準備は重要です。もし逆質問がない場合、「特にありません」と発言してしまっては自分の熱意が面接官に伝わりません。そのため、逆質問は最低でも3~5つ以上は用意しておくのがおすすめです
面接中にすべての疑問が解消してしまった場合は、「今の面接で十分に理解できた」旨を伝えましょう。面接官がみているもののうち、「質問した内容の回答について理解できているか」という姿勢があります。これは、仕事をするうえでも「分からないことをそのままにせず、きちんと相談できる人材」である評価にもつながるでしょう。

面接の逆質問で入社意欲を表そう

面接で「何か質問はありませんか?」と問われる逆質問の場は、応募者にとって印象を高評価につなげるチャンスであると同時に、面接官にとっても応募者の人柄や会社とのマッチングを見極めるうえで非常に重要な機会です。逆質問を効果的に使って、志望する企業の内定獲得を目指しましょう。

面接準備に不安を感じる方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで就職活動をサポートしています。履歴書のチェックや模擬面接など、面接対策も充実しているのもポイント。逆質問にも万全のノウハウを持って対応していますので安心です。自信を持って面接に臨みたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連タグ

  • arrow