面接に遅刻…。マナーと誠意で挽回を!

面接に遅刻…。マナーと誠意で挽回を!の画像

【このページのまとめ】

  • ・遅刻が不採用に直結するという訳ではないので、きちんと対応しよう

    ・面接の時間に遅れそうになった場合は、できるだけ早く担当者に伝える

    ・面接会場へ着いたらまずお詫びをし、質疑応答中は気持ちを切り替え最後まで諦めない姿勢を貫こう

    ・面接後はお詫びメールを送ると好印象になる

就職・転職での採用面接。準備を万全にしていても、「当日のトラブルで遅刻したら?」と不安になることはあるのではないでしょうか。

このコラムでは、面接で遅刻したらどうなるのか、遅刻しそうな時・遅刻してしまった時の対処法をご紹介。事故や天候による電車遅延など、予期せぬ事態に備えておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

遅刻したら即不採用になる?

企業や採用担当者は、忙しい業務の合間を縫って面接の時間を設定しています。

30分の面接でも1時間の面接でも、会社にとっては貴重な時間。1人の応募者の遅刻が次のスケジュールに大きく影響することもあります。 

遅刻はマイナスイメージを持たれやすいですが、すぐに不採用と判断される訳ではありません。 

遅刻してしまった時に会社側が見ているのは、「応募者がどういった対応をとるのか?」という点。遅刻しそうなときは電話を入れる、会場に着いたらきちんと謝るなど、応募者の対応によってイメージは大きく変わります。

そのため、時間に余裕を持って行動することはもちろん、不測の事態に備えて、遅刻してしまった時の対処法を知っておきましょう。

対応次第では、遅刻という失敗を、「この人はしっかりしている」というプラスの評価に繋げることができるかもしれません。 

どのタイミングで何を伝える?

面接の時間に遅れそうになった場合は、できるだけ早く担当者に伝えます。この時の連絡手段はメールではなく電話が基本。「確実に、早く」担当者と連絡をとるのが鉄則です。

電話では遅刻の理由と、どれくらい遅れそうかの見込みを伝えます。企業は応募者の報告からその日のスケジュールを見直すので、「○時○分過ぎには到着できそうです」など具体的な時刻を伝えましょう。

伝えた時間よりさらに遅れそうになった時は、再度電話でその旨を説明します。

電話をするときは、「相手は仕事中である」という意識をもって、遅刻の理由や謝罪の気持ちを簡潔に伝えましょう。

面接会場に着いたら?

会場に遅れて到着したら、まずは遅刻したことへの謝罪をします。

「本日は、面接の機会を設けていただいたにも関わらず、遅れてしまい大変申し訳ございませんでした」など、丁寧に伝えると良いでしょう。

面接が開始したら、一旦遅刻のことは忘れて質疑応答に集中します。

遅刻したことをいつまでも引きずっていると、動揺してミスをしてしまったり、緊張で頭が真っ白になってしまったりすることも。せっかく与えられたチャンスなので、気持ちを切り替え、最後まで諦めない姿勢を貫きましょう。
マイナスを前向きに捉える力がある人材として評価され、採用に繋がるかもしれません。

面接後はお詫びのメールを入れよう

面接後は、なるべく早いタイミングでお詫びのメールを担当者に送りましょう。メールでは、遅刻したことに対する謝罪と、面接の機会を貰ったことへの感謝の言葉を添えると好印象です。

遅刻した時に何より大切なのは、相手に誠意を伝えることです。遅刻した理由を詳細に説明するよりも、心から申し訳ないという気持ちを一番に伝えましょう。マナーと誠意のある対応ができれば、遅刻が不採用に直結する事態を避けることができるでしょう。 

若年層向けの就職・転職エージェントのハタラクティブでは、求人紹介のほかに、面接対策や書類作成のアドバイスを行っています。

就活アドバイザーによるカウンセリングと指導で、全体の内定実績は80.4%(2015年7月)と高い水準を誇っています。 

就活ノウハウが豊富なハタラクティブで、あなたも正社員就職を実現させませんか?

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION