転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイント

転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイントの画像

【このページのまとめ】

  • ・20代前半ならば転職面接にリクルートスーツを着用しても問題はない
  • ・20代後半での転職面接でリクルートスーツを着用する場合、着こなしを工夫する
  • ・リクルートスーツとビジネススーツの違いは着られる期間やデザインにある
  • ・転職活動時にリクルートスーツしかない人はほつれや汚れのほか、サイズ感もよく確認
  • ・転職活動時の服装は、企業によって着こなしを変えると好印象

転職活動用のスーツがなく、新卒採用の就活で使ったリクルートスーツしか手元にない場合もあるでしょう。そのようなときに、リクルートスーツを転職活動で使っても良いか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
服装は面接時に与える印象に大きく影響するため、転職活動の服装については把握しておく必要があります。正しい転職活動の服装について把握し、転職活動を成功させましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職活動時にリクルートスーツしかない場合はどうする?

転職活動時にリクルートスーツしかないとしても、着用するのは避けた方が無難です。ただし、年齢や着こなしによっては許容されるケースもありますので、以下の基準を参考にしてください。

20代前半ならリクルートスーツでもさほど問題はない

リクルートスーツは若々しい印象なので、20代前半の若者が着用していても、それほど問題はないと考えられています。そのため、20代前半の場合は、大学生や専門学生のときに用意したリクルートスーツしかない状態で転職活動をしても、あまり違和感はないでしょう。

20代後半からはインナーで印象を変える

20代後半での転職活動の場合、年齢に相応しい落ち着いた雰囲気が求められます。そのため、ビジネススーツを用意するのがマナーです。やむを得ず、転職活動をリクルートスーツしかない状態でする場合は、着こなしを工夫します。一番分かりやすく印象を変えられるのはインナーです。Yシャツやブラウスを白や水色など落ち着いた色にすると、清潔感や落ち着きを演出できます。女性の場合でしたら、インナーにカットソーを合わせると、新卒者とは違った雰囲気を出せるでしょう。

転職活動での服装については、「転職活動でリクルートスーツしかないのはNG?服装のマナーを男女別に解説」もご覧ください。

リクルートスーツが適さないこともある

20代前半ならば、転職活動でリクルートスーツを着てもさほど問題はありません。しかし転職活動では、自分のスキルや経験がその企業にとって役立つということをアピールする必要があります。そのような場で、新卒の就活生と同じリクルートスーツを着ていると、企業に頼りない印象を与えてしまう可能性があります。
そのため、自分の年齢や応募する企業などの条件によっては、リクルートスーツが適さないこともあるでしょう。

リクルートスーツとビジネススーツの3つの違い

リクルートスーツしかない人の中には、ビジネススーツとの違いが分からず、転職活動時の新調を迷う方もいるでしょう。一番の違いは着用する目的です。この項目では、それぞれの異なる点を紹介します。

1.カラー

リクルートスーツは基本的に、学生が就職活動時に着用することを想定して作られているため、主張の少ないダークカラーが中心です。対して、ビジネススーツはカラーが豊富に展開されており、職種によっては、洋服のような華やかなカラーで転職活動に臨むことも許されています。

2.デザイン

リクルートスーツは就職活動時に目立たないよう、デザインに特徴のないものがほとんどです。日本の就職活動では協調性を見られている部分もあるため、主張のないものが良しとされています。対して、ビジネススーツは着る人それぞれが個性を出せるようなデザインのものが、数多く作られているのが特徴です。

3.生地

リクルートスーツとビジネススーツの最も大きな違いは、生地や素材にあるといっても良いでしょう。リクルートスーツは就職活動のために作られているので、あまり長期間着用することは想定されていません。リーズナブルなものが多い半面、縫製が甘かったり、化学繊維で作られていたりすることがあり、長持ちしにくいという特徴があります。そのため、就職活動のときに着用したリクルートスーツしかない場合は、着る前にほつれやシワなどがないか、状態をよく確認するようにしましょう。ビジネススーツは価格にもよりますが、仕事で着ることを想定されているため、生地の耐久性や通気性にもこだわって作られています。上質な仕立てのものであれば、転職活動時だけでなく、その後何年もきれいな状態で着続けられるでしょう。

転職活動時に服装で好印象を与える8つのポイント

服装は面接官に与える印象に大きく影響します。そのため、転職活動では服装を整えることも選考対策の一つです。しっかりと好印象を与えられる服装のポイントを押さえておきましょう。

1.清潔感が第一

転職活動のときの服装で重要なのは清潔感です。スーツのシワや、ほつれ、カビなどはだらしない印象を与えてしまうので、よく確認しましょう。特に、転職活動のときにリクルートスーツしかない方の場合は注意が必要です。リクルートスーツはあまり長持ちしないものも多いため、着る前に状態をよく確認し、良い状態でなければスーツの新調も視野に入れるのが賢明です。
清潔感はスーツのほか、髪型や臭いなどでも判断されます。髪型はできるだけ短く切りそろえ、前髪が顔にかからないようにしましょう。寝ぐせはだらしない印象を与えるため、朝にしっかりチェックします。タバコの臭いや体臭は自分では分かりづらい部分もあるので注意しましょう。スーツは念のためクリーニングに出し、香水も強過ぎると逆に印象が悪くなるため、つけないのが無難です。

2.落ち着いた印象のシャツやネクタイを選ぶ

転職活動での服装は、派手なデザインや色物を避ける必要があります。そのため、スーツやネクタイなどは、全体的に黒やネイビー、グレーなどの落ち着いた色物を選ぶようにしましょう。
また、デザインもシンプルなものを選ぶようにしましょう。シャツは白無地が一般的です。

3.スーツのサイズに注意する

転職活動時にリクルートスーツしかない場合、サイズの変化にも気を配りましょう。新卒のときにはサイズがっていたスーツでも、体型が変わってしまうことが多々あります。自分の体に合っていないスーツは面接官にだらしない印象を与えるので、安価なスーツでも体に合ったサイズ感のものを用意しましょう。

4.靴や靴下の選び方

面接では足元までチェックされるため、靴と靴下の選び方にも注意が必要です。靴下も黒や濃いグレー、紺のような落ち着いた色を選び、スーツの色と合わせるようにしましょう。
靴は黒が一般的です。靴の場合は汚れがあると良い印象が与えられないため、面接の前日は磨いてきれいにしておきましょう。

5.バックの形や大きさにも気を配る

男性用のビジネスバックは、リュック型のものも増えてきていますが、転職活動時は避けたほうが良いといわれています。リュックはカジュアルな印象を与えてしまうため、できれば書類や資料がしっかり入るビジネスバックを準備しましょう。面接の順番待ちの際に、床に置かなければならない場合も考えられるため、カッチリとした自立する素材のものがおすすめです。

6.シンプルなインナーを選ぶ

男性であればシャツは白無地でシンプルなものを選ぶようにしましょう。ただし、女性の場合はシャツだけでなくカットソーやブラウスなど別の選択肢もあります。
ブラウスでも問題ありませんが、スーツとの組み合わせによっては新卒の就活生のような頼りない印象を与えてしまう可能性があります。そのため、女性も白無地でシンプルなシャツやカットソーを選ぶと良いでしょう。

7.季節に合ったジャケットを選ぶ

転職活動は季節を問わずジャケットは必要になります。しかし、そのジャケットには夏用と冬用のものがあります。もし夏場に冬用のジャケットを着て、暑さと緊張から汗を流しながら面接を受けてしまうようなことがあれば、面接官に良い印象は与えられません。
そのためジャケットは、季節や気温に合わせて選ぶようにしましょう。

8.年代に合った着こなし方を知る

もし若い世代でもないにもかかわらず、リクルートスーツで転職活動を行うと、頼りない印象を与えてしまう可能性があります。そのようなことを避けるためにも、自分の年齢に合った服装選びをして、落ち着いた印象を与えられるようにしましょう。

女性の転職活動の服装選び5つの注意点

女性ならではの服装のポイントも存在します。女性の場合は、あまり派手な印象にならず、柔らかい印象を与えられることを目標に、服装や身だしなみを考えると良いでしょう。転職活動時にリクルートスーツしかない場合は、髪型やほかの部分で良い印象を与えられるよう、人一倍気を配る必要があります。

1.状況に合わせてパンツとスカートから選ぶ

企業側から指定がなければ、どちらでも問題ありません。こちらも男性のネクタイと同じく、与えたい印象で選ぶと良いといわれています。外回りがある仕事の面接ならば快活な印象のパンツスーツ、デスクワークならばスカートスーツを選ぶのがおすすめです。なお、スカートスーツを選ぶ場合は、スカートの丈に注意しましょう。転職活動をリクルートスーツでする場合は、体型の変化でスカートが短くなっていないか気をつけましょう。深いスリット入りのスカートも、転職活動では避けるのが無難です。

2.髪型・ネイル・アクセサリー選びに注意する

転職活動の際には、髪型やネイル、アクセサリーなどにも注意が必要です。特にネイルやアクセサリーは、業界や企業によっては厳しく見られる可能性もあります。
ここからは、この3つについてどのような注意点があるか解説します。

・髪型
顔の表情がよく見えるよう、前髪が長い場合はピンで留めましょう。また、肩より長い髪はまとめるのがマナーです。カラーリングは特に指定がなければ、真っ黒に黒染めする必要はありません。ビジネスシーンに相応しい、落ち着いた茶髪は許容されている場合が多いようです。

・ネイル
ネイルは極力避けたほうが良いとされています。特に飲食業界や医療関係の面接では、爪がきれいに切りそろえられているか、清潔に保たれているかまでしっかり見られているようです。一見、ネイルをしていても大丈夫そうな業界の面接であっても、面接のときだけはネイルを落として行くべきでしょう。

・アクセサリー
アクセサリーの着用は、結婚指輪以外は避けた方が無難です。しかし、業界によっては華奢なネックレス一つ程度なら、許される場合も。そのあたりのさじ加減を難しいと感じる場合は、着用は避けましょう。

3.メイクのスタイルに注意する

女性の場合、メイクも重要な身だしなみとして捉えられています。遊びに行くような派手なメイクは避け、ナチュラルで健康的に見えるようなメイクが必要です。細過ぎる眉毛や太いアイラインは、きつい印象を与えてしまうため、面接時は避けます。ただし、美容業界への転職の場合は流行のメイクをしているかが、判断基準になる可能性もあるため、よく企業研究をし、相応しい身だしなみで臨みましょう。
面接にノーメイクで行くのも一般的にはマナー違反です。濃いメイクをする必要はありませんが、チークや口紅を塗るだけでも血色が良くなり、健康的に見えます。なお、皮膚疾患などの事情でメイクが難しい場合は、面接時に伝えておくと企業側に与える印象が変わるでしょう。

4.靴はヒールの高さにも気をつける

一般的に5cm以下のヒールが良いとされています。靴の種類はミュールやサンダルではなく、装飾のないシンプルなパンプスを選ぶのが基本です。

5.ストッキングの予備を用意しておく

ストッキングに汚れや伝線があると、当然ながら面接官に良い印象を与えることはできません。そのため、ストッキングの予備は万が一に備えて、バックに1つは入れておくようにしましょう。

転職活動をしている女性の方は、「転職活動中の女性は要チェック!面接時の服装のポイント」もあわせてご一読ください。

服装自由の転職活動での注意点

転職時の面接で服装自由と指定されている場合、何を着て行けば良いか迷う方もいるでしょう。服装自由とはいっても、ジーンズやTシャツで良いわけではありません。あくまで仕事に相応しい服装を心がけましょう。服装自由と指定された際、スーツがリクルートスーツしかない場合は、状況によっては着て行っても問題ないようです。この項目で詳しく説明します。

ビジネスカジュアルを意識する

転職の面接で服装自由とされている場合は、ビジネスカジュアルを意識していれば間違いはありません。ビジネスカジュアルに明確な定義はありませんが、襟付きやジャケットなどのかっちりしたものや、極力シンプルで清潔感のある着こなしを指します。迷ったときはオフィスで違和感がないかを想像してみましょう。

企業側の意図を汲み取り適切な服装を

従業員がスーツで仕事をしていないから、応募者も服装自由で良しとしている企業もあります。そのような企業の転職面接でリクルートスーツしかないうえ、私服にも相応しいものもないのであれば、リクルートスーツを着て行ってもさほど問題はないようです。
企業が服装自由と指定するのには、何か意図がある場合も。たとえば、アパレルやデザイン業界の場合は、企業には応募者の感性を確認したいという意図があり、あえて服装自由と指定していると考えられるため、自分のセンスをアピールできる服装を選びます。その意図を考えずに、面接だからとスーツで面接に行っても、企業に良い印象を与えるのは難しいでしょう。

正社員の面接対策!服装はスーツと私服どちらで行く?主な質問も押さえよう」でも、面接時の服装について解説しています。

証明写真を撮るときのスーツやメイクの注意点

履歴書には証明写真を貼ります。そのため、応募者の第一印象は、面接時ではなく履歴書の写真で決まることもあり、写真の撮り方は非常に重要になります。証明写真を撮影する際の服装はスーツで、服装選びや注意点などは面接時の場合と同様です。
また、写真で良い印象を与えられるように、表情がハッキリと見えるようにしましょう。ただし、女性はメイクを派手にし過ぎないように注意が必要です。

季節ごとの転職活動に向けた服装選びのコツ

気候に合わせた服装でも、人に不快感やだらしない印象を与えていないかをよく確認するべきです。転職活動時にリクルートスーツしかない方は、スーツ以外の部分で印象が良くなるよう意識すると良いでしょう。

クールビズの場合ネクタイは必要か

企業から指定がなければ、夏でも基本的にネクタイを締めましょう。企業からクールビズの指定があった場合は、ネクタイを外していって構いません。しかし、ネクタイがないことによりラフな印象になるため、髪型や身だしなみにはより一層気を配る必要があります。

冬場のコートの選び方

冬場にスーツの上に着用するコートは、トレンチコートなど、デザインがシンプルなものを選びます。ファーや装飾がついているものは避けた方が良いでしょう。また、カラーも黒やグレー、ベージュなどできるだけ落ち着いた印象のものを選ぶようにしましょう。

勤めている会社に気づかれずに転職活動する5つの方法

仕事を辞めずに転職活動をする人の中には、自分が転職活動をしていることを知られたくないという人もいるでしょう。しかし、仕事をしながら転職活動をしていれば、些細なことから会社に気づかれてしまう可能性があります。
そのようなことを避けるための方法を事前に把握しておきましょう。

1.クリーニングから回収してから面接に行く

普段は私服やオフィスカジュアルで勤務している人でも、転職活動はスーツで行う必要があります。そのため、普段仕事でスーツを着ない人は、仕事の合間に転職活動をするためにスーツで出勤することや、着替え用にスーツを持ち歩く必要があるでしょう。
しかし、普段とは違う服装や行動から、転職活動をしていることに会社が気づいてしまう可能性があります。これらのことで転職活動をしていることに気づかれないようにするには、会社付近のクリーニング店にスーツを出しておき、転職活動の際にクリーニング店からスーツを回収するようにしましょう。
クリーニング店を活用することで、面接前にバックへ詰め込み、シワができてしまうことも防げます。

2.朝に面接に行き着替えてから出勤する

業務を済ませてから転職活動を行う人もいますが、毎日急いで仕事を終わらせようとしていることに周囲から不信感を持たれることもあります。
ときには半休を取って午前中に面接を済ませ、着替えてから出勤する日をうまく織り交ぜて、不信感を持たれないようにするのも良いでしょう。

3.会社のロッカーに入れておく

職場から面接に直行する場合、帰宅して転職活動用のスーツに着替えていては時間に間に合わなくなってしまう場合もあります。そのため、転職活動用のスーツを会社のロッカーに入れておいても良いでしょう。
ただし、社内で着替えると転職活動をしていることに気づかれてしまう可能性があるため、着替えは社外で行うようにしましょう。

4.ジムのロッカーを使う

社内のロッカーにスーツを隠していると、スーツの入った袋を持ち歩いたり、ロッカーを開けた際に誰かの目に入ったりなどして、転職活動をしていることを知られる可能性もあります。
そのため、スーツを社内に持ち込まないように、会社付近のジムに入会して、ジムのロッカーをスーツの保管場所や着替えの場所として利用することも1つの方法です。
また、ジムを活用すれば、早朝から夜遅くまでいつでもロッカーが利用できたり、シャワーが使えたりするなどのメリットもあります。

5.コインロッカーを使う

ジムを利用しなくても、コインロッカーを利用するのも1つの方法です。コインロッカーであれば駅や商業施設などいろいろな場所にあります。そのため、出勤時にコインロッカーに預けて、転職活動に向かう際に回収し、近くのトイレなどで着替えても良いでしょう。

企業に合わせた服装で転職活動を成功させよう

転職活動は何度も経験するものではないため、企業に合わせた服装選びや選考対策をどのようにすれば良いのか分からずに困ってしまう人もいるでしょう。そのような人は転職エージェントの活用を検討してみるのがおすすめです。

ハタラクティブは20代のフリーター・既卒・第二新卒に特化した就職支援サービスです。転職に関するさまざまな悩みに対し、アドバイザーがマンツーマンでサポートします。
面接時の服装のアドバイスもお任せください。ハタラクティブと一緒に転職を成功させましょう。

こんなときはどうする?転職活動時の服装に関するQ&A

転職活動の服装に悩む方も多いでしょう。ここでは転職活動をする方の服装の悩みと、その回答をまとめています。面接時の服装は選考の重要な要素の一つになりますので、ぜひ参考にしてください。

転職活動にリクルートスーツで行って良い?

転職活動にリクルートスーツを着ていくのは避けた方が良いでしょう。しかし、金銭事情や時間がないなどの理由でビジネススーツが用意できない場合、年齢や着こなしによっては問題がないケースもあります。詳しくは「転職活動でリクルートスーツしかないのはNG?服装のマナーを男女別に解説」をご覧ください。

転職面接時のメイクやネイルはどうすべき?

メイクやネイルは極力ナチュラルで自然なものを心がけましょう。ただし、業界によっては流行のメイクが必要な場合も。ネイルは必要なければ極力塗らないのが無難です。詳しいメイクのポイントについては「面接のメイクはどうする?第一印象を良くする方法」を参考にしてください。

夏の転職面接でもネクタイは必要?

指定が無ければ必ずネクタイを締めて面接をします。このコラムの「季節ごとの転職活動に向けた服装選びのコツ」でも解説していますが、企業側からクールビズの指定があった場合は、ネクタイを外していっても問題ありません。その際はだらしなく見えないよう、身だしなみに気を配りましょう。

リクルートスーツとビジネススーツの違いは?

大きな違いは、着用が想定される期間です。リクルートスーツは就職活動の期間だけの着用が想定されているため、安価な素材で作られているものも多くあまり長持ちしません。対してビジネススーツは上質なものであれば、着心地も良く、丈夫で長持ちします。そのほかの相違点は、このコラムの「リクルートスーツとビジネススーツの3つの違い」をご覧ください。

服装自由と指定されたときのマナーって?

服装自由と指定されたときは、ビジネスカジュアルを心がけます。ビジネスカジュアルとは、襟付きやジャケットなど、仕事に相応しい普段着のことです。デザインも極力シンプルなものにし、オフィスで浮かないかどうかを考えながら服装を選ぶと良いでしょう。面接時の服装や、転職で迷ったらハタラクティブにご相談ください。転職のプロであるアドバイザーが、マンツーマンであなたをサポートします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION