新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接時のコートのたたみ方や置き場所を解説!冬の就活ならではの注意点とは

面接時のコートのたたみ方や置き場所を解説!冬の就活ならではの注意点とは

【このページのまとめ】

  • ・面接に着ていくコートは、柄のない黒や濃紺などの色でフォーマルなものがおすすめ
    ・面接会場に入る前にコートは脱ぎ、丁寧にたたんで片手にかけて持ち歩く
    ・面接中は自立する鞄の上に、コートを小さくたたんで置く
    ・ハンガーラックや荷物置きがあっても、面接担当者の許可があるまでは使わない

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

冬の面接では、コートの扱い方に悩む方も多いでしょう。就活にふさわしいコートの選び方をはじめ、コートを脱ぐ場所やタイミング、たたみ方、面接中の置き場所などを事前に把握しておくと冷静に対処できます。コート以外にも冬によく使う傘や手袋、マフラー、タイツなどについてもまとめているので、マナーを学んでおきたい方はぜひチェックしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接に着ていくコートの選び方

冬になると、スーツの上にコートを着ている方が多くなります。
就活中であっても、コートを着るのは自由です。
しかし、着用して面接に臨む際には、コートの種類や色柄、扱い方などに気を配る必要があります。
こちらでは、面接時にふさわしいコートの選び方をご紹介しますので、購入の際にお役立てください。

フォーマルなコートを選ぶ

就活用のコートにふさわしいのは、トレンチコートやチェスターコート、ステンカラーコートなどフォーマル寄りのもの。
面接では「入社後にどう活躍してくれるか」といったイメージも見ているため、ビジネスの場を想定したコーディネートが評価されます。
ダウンジャケットやファー付きのものなど、カジュアルな印象があるコートは避けましょう。

色柄はシンプルなものが良い

色は、黒やネイビー、ベージュなどがおすすめです。
グレー、茶、白などでも大丈夫ですが、「スーツとのコーディネートが難しい」「清潔感を保つための手入れが大変」ということもあります。
不安な方は黒やネイビー、ベージュ、手持ちのスーツと合わせても問題なかったという方はグレー、茶、白という風に、自分が安心して面接に臨める色を選ぶと良いでしょう。
ただし、これらの色でもストライプやチェック、おしゃれな装飾などがあるコートは、ビジネスシーンに合わないので、柄や装飾のないコートを選んでください。

裏地はライナー付きでシンプルな柄がおすすめ

コートを脱ぎ着するときやたたんだときには、裏地が見えます。
裏地に関しても、表面と同じようにシンプルな色柄のものを選ぶと良いでしょう。
また、着脱可能な裏地である「ライナー」が付いたコートであれば、秋口から春先まで長いシーズン着用できます。

丈の長さは膝丈が基準

男女ともに、コートの長さは膝丈が基準です。
男性の場合は「スーツの上着より長いもの」でないと、動いたときに上着が見え隠れしてだらしない印象を与えてしまいます。
女性の場合にも、短すぎても長すぎてもビジネスシーンにそぐわないとされており、「スカートの裾が少し見えるくらい」がちょうどよい長さです。
いずれにしても、試着をして自分に合った丈かを確認してから購入するのをおすすめします。

面接にコートを着ていくときのマナー

コートを着ていったものの、脱ぐタイミングを逃して焦ってしまう人も。
面接にコートを着ていった場合のマナーについてご紹介します。

コートは建物に入る前に脱ぐのがマナー

コートやマフラー、手袋は、面接会場となる建物に入る前に脱ぐのがマナーです。
建物の入口近くや、人通りの少ない邪魔にならない場所で手早く脱ぎましょう。
天候が悪く脱ぎづらいという場合はエントランスに入り、端に寄って脱いでも構いません。
ただし、そのような場合でも必ず建物の入口までには脱ぎ、面接の受付では手に持った状態にしておきましょう。

たたみ方もマナーとして見られている

マフラーや手袋は鞄に入れられますが、脱いだコートはいくらスマートに脱いで片手にかけても、乱雑に扱われていれば見栄えが良くありません。
きれいにたたんで片手にかけるように持つと好印象を残せるので、以下にご紹介するコートの上手なたたみ方をマスターしましょう。

~簡単に分かるコートのたたみ方~

1.コートの両肩部分に裏から手を通す

2.入れた手を内側にくるりと折り込むようにする

3.コートを折り畳み、裏地が見えるようにする

4.上下に二つ折りにして、そのまま片手にかける

受付や面接会場への入退室時は、鞄を持っていない方の腕にかけて持ち歩きましょう。順番待ちの際には膝の上か鞄の上に置いておきます。

受付後や面接中のコートの置き場所は?

きれいに畳んだコートですが、面接中は手に持っているわけにはいきません。受付後から面接を待っている間、置き場所に迷ってしまうこともあるでしょう。それでは、受付をしてから面接までコートはどのように扱えばよいのでしょうか。

移動時の扱い方

受付を済ませると、面接開始までの待機場所に案内されます。
その後、名前を呼ばれて待機場所から面接の場へと案内してもらうのが一般的です。移動時は鞄をどちらかの手に持ち、もう片方の手にたたんだコートをかけて移動してください。
ドアのノック・開閉を行う際は、ノックをしない方の手に鞄とコートを持って大丈夫です。

待機時の置き方

待機中は、鞄の上にたたんだコートを置きましょう。膝の上に置いても構いません。面接会場へスムーズに移動できるよう、丁寧に扱いましょう。

面接中は鞄の上に置く

面接中は、自分の鞄の上に置くのがマナーです。二つ折りにしたコートを、自分の鞄のサイズに合わせてさらに三つ折りか四つ折りにたたみ、鞄の上に置きましょう。

鞄とコートを置くタイミングにも注意

鞄は自分が座る椅子の、横の床に置きます。
しかし、置くのは面接担当者に着席を促されてから。流れとしては、以下を参考にしてください。

~鞄とコートを床に置くタイミング~

1.入室する

2.椅子の横に立って挨拶をする

3.面接担当者に着席を促される

4.「失礼します」と言って、鞄を椅子の横に置く

5.コートを小さくたたみ、鞄の上に置く

6.着席する

退出後もすぐにコートは着ない

面接後、コートを着るタイミングにも注意してください。
コートは面接終了直後や建物内ではなく、建物の外に出てから着ましょう。

置き場所に悩む場合は?

前項は基本となるコートの扱い方について解説しましたが、緊張時に想定外のことがあった場合、うまく対応できないことも。
そういったイレギュラー時における対処法をご紹介します。

もしコートを鞄の上に置けなかったら?

コートは鞄の上に置くのがマナー。そのため、床に置いたときに自立する鞄がおすすめです。
当日になって「上手く鞄の上に置けない」と焦らないよう、事前に試したり購入時に店員に相談したりするとよいでしょう。
それでも、万が一鞄の上に置けなかった場合は、二つ折りの状態で鞄の上に「かける」ようにしてもOKです。
いずれにしても、焦らず冷静に対処することがイメージアップにつながることを覚えておくとよいでしょう。

ハンガーラックがあるときは使っても良い?

企業側からコートや鞄を置く場所を指定されたときは、指示通りにしてください。
ただし、ハンガーラックや荷物置きがひと目で分かる位置にあったとしても、勝手に使うのは避けましょう。
あくまで、面接担当者から使用許可が降りてから使用してください。

冬の面接でコートを着ていかないのはマナー違反?

中には、「コートがあると大変そう。寒さには強いから着て行きたくない……」と思った方もいるでしょう。
コートは就活に必須のアイテムではありません。つまり、コートを着ていかなくてもマナー違反にはならないといえます。

とはいえ、一般的には「冷え」「空腹」「睡眠不足」が重なると体調を崩しやすいです。就活中は疲れやストレスが溜まりやすく、気づかないうちに十分な休息を得られていない可能性も。緊張感も高まっていて、食欲も落ちてしまいやすい状況にあるといえます。そのような状態に寒さが加われば、「自分は大丈夫」と思っていても体調を崩してしまう場合もあるでしょう。
なかには「無理をするのが日常的になっている」というような、知らずに無理をしてしまっている方もいますので、あくまで無理のない範囲でその都度着用するか判断するのをおすすめします。

華美な色やデザインを避ければ、マフラーや手袋で防寒対策をしても大丈夫です。コートが大変そうと感じる方は、こういった防寒具を活用してみてはいかがでしょうか。

ほかにも知っておきたい冬用小物の扱い方

就活時のコートの扱いについて詳しくご紹介してきましたが、冬に使う道具はコートだけに限りません。
冬に使用頻度の高い小物の扱い方についてもまとめました。

雨だけでなく、雪の降る可能性が高いことも冬の面接ならでは。
傘を持ってきた場合、来訪者用の傘立てがあれば使っても大丈夫です。もし来訪者用の傘立てがなければ、そのまま持ち歩きましょう。
受付時に、傘の置き場所について指示がある場合もあります。もし指示があれば、それに従ってください。面接時は、鞄の横に寝かせて置きましょう。

手袋とマフラーは鞄にしまうのが基本

先述したように、手袋やマフラーは鞄にしまってください。
もしも「書類が折れたり汚れたりしそう」と心配な場合は、手袋をコートのポケットに入れ、マフラーはコートと一緒にコンパクトにたたむとよいでしょう。

スカートスタイルは肌色のストッキングがベター

女性がスカートスタイルで面接に臨む場合、「肌色のストッキング」を着用してください。
黒のタイツ・ストッキングは、お葬式を連想させるためです。また、ほかの色や柄の入ったストッキング・タイツも、カジュアルな印象を与えてしまうので避けるべき。
防寒に不安がある方は、建物内に入る前と後にタイツとストッキングを履き替えるか、パンツスタイルで臨むのがよいでしょう。
前者の場合、「事前に履き替えられる場所を見つけておく」「早めに履き替えて余裕を持って建物に入れるようにしておく」「履き替え用と予備のストッキングを忘れずに持っていく」といったことが大切です。

靴は革靴かパンプスを選ぶ

寒いとブーツで防寒したくなりますが、ビジネスシーンにふさわしくないうえにコーディネートとしてもスーツに合いません。
寒くても、革靴もしくはパンプスを履いてください。冷えに弱い方は、靴底にカイロをいれて寒さ対策をするのがおすすめです。

アウターに響かないインナーで対策を

上半身の寒さ対策は、Yシャツの下に、保温性が高くアウターに響かないインナーを着るのがおすすめ。
この「アウターに響かない」というのは、装飾でYシャツが歪な形になってしまったり、派手な色が透けて見えたりしないことを指します。基本的には、装飾がなく、肌色のインナーを選ぶと無難です。
Yシャツの上にはスーツを着るので、一見それらは分からないように思えるものの、細かな部分に注目する面接担当者もいますので注意しましょう。


就職・転職活動のマナーをもっと知りたいという方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。
ハタラクティブは既卒や第二新卒、フリーターなど20代の若年層に特化した就職・転職エージェントです。
求人のご紹介や書類の添削はもちろん、面接対策やマナーのアドバイスなど、就職・転職活動を全面的にサポートします。
logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION