転職活動における面接の流れは?基本的なマナーやよくある質問について解説

転職活動における面接の流れは?基本的なマナーやよくある質問について解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職活動の面接は「受付→待機→面接(入室~退室)」という流れで進む
  • 面接当日は、約束時間の5~10分前に会場に到着するのが無難
  • 転職活動の面接では転職理由や志望動機、自己PRなどが聞かれる
  • 転職活動の面接でよくある質問は、「キャリアプラン」「活用できるスキル」など
  • 転職活動の面接では、これまでの実績や就業意欲をアピールするのがおすすめ

「転職の面接を控えているけど、流れが分からない」という方も多いでしょう。転職活動の面接は、「入室→自己紹介→転職理由→志望動機→自己PR→条件確認→逆質問→退室」という流れで進むのが一般的です。このコラムでは、各段階におけるマナーやよくある質問、アピールすべき事柄などを解説しています。転職活動の面接を控えている方は、ぜひお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動における面接の大まかな流れとマナー

転職活動の面接は「受付→待機→面接(入室~退室)」という流れで進みます。この項では、面接の各段階におけるマナーを紹介しているので、面接をスムーズに受けられるように、ポイントをしっかりと押さえておきましょう。

1.到着は面接時間の5~10分前

面接当日は、時間に余裕をもって会場に到着するのが基本。到着の目安は、指定された面接時刻の10~15分前です。あまりに早い到着は企業側の準備が整っておらず、迷惑になってしまうことがあるため、最寄駅に早めに着いたときは、面接会場の近くで時間を調整しましょう。万が一、遅刻しそうなときは、担当者にすみやかに連絡します。どのような事情でどれくらい遅れそうかを説明し、担当者の指示に従ってください。

2.受付で約束内容を簡潔に伝える

受付では自分の名前とともに「何時に誰と」約束しているかを伝えます。「本日○○時に、人事部の○○様と面接のお約束をしております、△△と申します」といったように、要件を簡潔に述べましょう。受付の方法は企業によって異なり、「受付から内線をかける」「直接部署まで行ってインターフォンを鳴らす」などさまざまです。基本的には事前に案内があるので、その指定に沿って受付を行いましょう。

3.入室の流れはノック→挨拶→着席

入室前は扉を3回ノックします。面接官に、「どうぞ」と声をかけられたら「失礼いたします」と言い、軽く会釈をして中に入りましょう。このときのお辞儀の角度は、30度が最適とされています。扉を閉める際は、後ろ手にならないよう気をつけてください
部屋に入ったら椅子の横に立ち、「本日はよろしくお願いいたします」と言ってから一礼します。自己紹介時の会釈は、45度の最敬礼がベターです。このとき、男性は体の脇に、女性は体の前に手をそろえます。挨拶後は、面接官に「どうぞ」と促されてから着席してください。

入室を含む面接時のマナーは、「対面面接の流れやマナーを解説!入退室の仕方や持ち物も確認しよう」のコラムでも解説しているので、あわせて確認しておきましょう。

4.面接中の基本マナー

この項目では、転職活動における面接の基本マナーとして、「名刺の受け取り方」「表情と声のトーン」「視線や姿勢」の3点を解説します。

名刺の受け取り方

転職活動では、面接官から名刺を渡される場合があります。名刺を差し出されたら両手で受け取り、「頂戴いたします」や「ありがとうございます」と言って一礼しましょう。このとき、机を挟んだまま受け取らないように気をつけてください。なお、受け取った名刺はしまわずに、自分から見て左側の机の上に置きます。

表情と声のトーン

面接中は口角を少し上げ、柔らかい表情を意識しましょう。表情が硬過ぎると暗い印象を与える可能性があるので、リラックスして面接に臨んでください。また、話すときはハキハキとした明るい声を出しましょう。小さい声でボソボソと話すと、自信がないイメージを持たれることがあるので注意が必要です。

姿勢や視線

面接中は背筋をまっすぐ伸ばして座りましょう。男性は手を軽くにぎって両膝の上に、女性は両手を重ねて閉じた膝の上に乗せます。また、質疑応答時に視線が泳いでいると落ち着かない印象を与えるので、面接官の顔を見るように意識してください。

ジェスチャーを交えるのもアリ

転職の面接で、話の流れに合わせて身振り手振りを交えるのはマナー違反ではありません。ただし、あまりにもジェスチャーが多いと、どこが重要なポイントなのか伝わらなくなってしまうので、「ここぞ」というときに使うようにしましょう。

5.退室するときのマナー

面接が終わったら椅子から立ち上がり、お礼を述べて45度の最敬礼でお辞儀をします。お礼の言葉は「本日はお忙しい中お時間を頂き、ありがとうございました」といったシンプルな言葉でOKです。
ドアの前まで歩いたら面接官を振り返り、「失礼いたします」と挨拶します。入室時と同じように30度の会釈をしたら、部屋から退室しましょう。
退室後、建物を出るまではコートを着る・携帯を触るなどの行為は控えてください。いつ誰に見られても問題ないよう、礼儀正しい振る舞いを意識しましょう。

6.必要であれば面接のお礼を後日送る

面接後、企業にお礼がしたい場合はお礼状を送りましょう。お礼状には、面接の機会を頂いたことに対するお礼や、面接で感じたことなどを書きます。なお、お礼状を送る場合は当日中を目安に投函しましょう。送るのが遅過ぎると、かえって失礼になる場合があるので注意してください。
面接後にお礼状を送ろうと考えている方は、「面接後のお礼状は必要?正しい書き方や送る際のマナーを解説!」のコラムも要チェックです。

面接官に悪印象を与える行為はある?

面接官に悪い印象を与える可能性がある行為は、「遅刻」「香水をつけ過ぎる」「基本的なマナーがなっていない」などです。遅刻は、時間にルーズな印象を抱かれ、「入社後も約束を守れないのでは」という懸念を持たれます。ただし、早く着き過ぎても、「時間の管理ができない人」と思われる可能性があるので注意が必要です。そのほか、香水の臭いがきつ過ぎたり、正しい言葉遣いができていなかったりするのも、マイナスイメージにつながる場合があります。

転職活動でオンライン面接も受ける可能性がある方は、「オンライン面接の流れは?マナーやコツを押さえて就職・転職を成功させよう」のコラムも確認しておきましょう。

転職活動中の面接の進み方

前項で紹介した面接の流れをより細かくすると、以下のようになります。

入室
自己紹介
転職理由
志望動機
自己PR
条件確認
逆質問
退室

この項では、自己紹介から逆質問までのポイントを詳しく解説するので、選考対策にお役立てください。

1.自己紹介

転職の面接における自己紹介では、氏名や現職の情報を伝えます
「私は○○(フルネーム)と申します。大学卒業後は、株式会社○○で○○職として3年間業務に従事しました。そこで身につけた○○のスキルを御社でも活かしたいと感じ、この度応募いたしました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」というように、簡潔さを心掛けて話しましょう。自己紹介をするときのポイントや例文は、「面接での効果的な自己紹介!自己PRとの違いは?回答例文でコツをつかもう」のコラムでご確認ください。

2.転職理由

転職活動の面接では、高確率で転職理由を聞かれます。企業が転職理由を聞くのには、「転職後に活躍してくれそうか」「長く働いてくれそうか」を確かめる目的があるようです。そのため、転職理由を伝えるときは、具体的なキャリアプランを盛り込みつつ、できるだけポジティブな内容にすることを心掛けましょう。「人間関係が良くなかったから」「給料が低かったから」といった後ろ向きな転職理由だと、転職後も同じような理由で退職することを懸念されてしまうので気をつけてください。転職理由の伝え方や例文は、「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」のコラムで詳しく紹介しています。

3.志望動機

転職に限らず、面接で必ずと言って良いほど聞かれるのが「志望動機」です。志望動機では、「なぜその会社に入りたいのか」を伝えます。ポイントは、「競合他社ではなくその会社を選んだ理由は何か」を明確に伝えることです。どの企業にも当てはまるような志望動機だと、「転職できるならどこでも良い」と捉えられる可能性があるので気をつけましょう。
志望動機を考えるのが苦手な方は、「転職の志望動機が思いつかないときの対処法!面接で聞かれる理由は?」のコラムをお役立てください。

4.自己PR

転職活動の面接においては、自己PRを求められることも多くあります。自己PRとは、自分の強みやスキルを企業にアピールすることです。自己PRの際は、「どのスキルをどの業務に活かすのか」を明確に伝えましょう。どれほど魅力的な強みでも、企業の業務内容や求める人物像にマッチしていないと、採用を見送られる場合があるので注意が必要です。
転職面接の自己PRとは?効果的なアピール方法とよくある質問をご紹介」のコラムでは、企業が自己PRを求める理由や自己紹介との違い、回答例などを紹介しているので、こちらもぜひお役立てください。

5.条件確認

転職活動の面接では、企業から雇用条件の確認をされることもあります。たとえば、「転勤の有無」「平均残業時間」「給与額」「勤務地」などです。入社後のミスマッチを防ぐためにも、雇用条件に関する説明はしっかりと聞いておきましょう。説明に疑問点があれば、聞き方に配慮したうえで質問してください。聞き方のポイントは、「面接で雇用条件を聞いてもいいの?」で確認できます。

6.逆質問

逆質問とは、求職者が面接官に質問することを指します。面接で質疑応答を終えたあとに、「何か質問はありますか?」と尋ねられるのが基本的な流れです。面接官は、応募者の就業意欲や熱意などを確認するために逆質問を求めます。そのため、「入社までにやっておくべきこと」や「業務に役立つ本」など、意欲的な印象を与えられる質問をしましょう。反対に、企業のWebサイトや求人に載っているような、「聞かなくても分かること」を質問すると、研究不足と判断される場合があるので気を付けてください。
面接で役立つ逆質問例!目的や状況に応じた回答で選考を突破しよう」のコラムでは、面接時の逆質問で好印象を与える回答例を紹介しています。逆質問でのアピール方法に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動の面接でよくある質問

転職活動の面接では、聞かれやすい質問がある程度決まっています。そのため、事前に想定される質問の回答を用意しておき、当日も慌てずに答えられるようにしましょう。
以下では、面接でよくある質問を紹介するので、参考にしてみてください。

将来の夢やキャリアプランについて

転職活動の面接では、将来の夢やキャリアプランについて聞かれることがあります。
企業が面接で将来の夢やキャリアプランについて質問するのには、応募者の就業意欲をチェックする目的があるようです。たとえば、将来の夢や目標を持たずに何となく転職しようとしている人と、将来の夢を持ち、その実現を目指して転職しようとしている人がいた場合、「熱意を持って働いてくれそう」と思われやすいのは後者といえます。面接で将来について聞かれたときの回答例は、「面接でキャリアプランを質問されたときの答え方は?例文もご紹介!」のコラムを参考に考えてみてください。

活用できるスキル・経験・実績

転職後に活用できるスキルや実務経験、実績があるかどうかも、面接の際に高確率で聞かれます。自分のスキルや実績を効果的にアピールするためには、具体的なエピソードを盛り込みながら回答するのがおすすめです。「○○のスキルを持っています」と伝えるだけでは、そのスキルによってどのように貢献できるのか企業に伝わらず、十分なアピールにならないので注意しましょう。

雇用条件について

「転勤の可否」「残業の許容時間」「希望給与額」「勤務地の希望」といった雇用条件に関する質問も、転職活動の面接でされる場合があります。雇用条件の質問には正直に答えるのが大前提ですが、直球に伝えてしまうとマイナス評価につながる可能性があるので注意が必要です。たとえば、転勤ができない場合、単に「転勤はできません。」と答えると、志望度が低いと捉えられる可能性があります。そのため、「現在の状態では転勤が厳しいと感じております。その理由は~~」といった具合に、クッション言葉を入れたり説得力のある理由をつけたりして、前向きに回答しましょう。

会社の理念や事業内容について

転職活動の面接では、会社の経営理念や事業内容に関する質問をされることもあります。たとえば、「会社の経営理念についてどう感じますか」「弊社の事業内容を簡単に説明してください」などです。こういった質問には、応募者が企業理念に賛同してくれるか・企業のことをよく調べているかを確かめる意図があります。必ずしも聞かれるとは限りませんが、企業理念や事業内容は、面接を受けるうえで十分に理解しておく必要がある項目なので、事前にしっかりとリサーチしておきましょう。

企業研究の方法が知りたい方は、「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムをご覧ください。

転職活動の面接では実績や就業意欲をアピールしよう

転職における面接では、これまでの実績をしっかりとアピールしましょう。企業は、事業の展開に伴う増員や、前任者の退職による人員補充の目的で中途採用を行う場合が多く、求職者に即戦力を求める傾向があるからです。また、若さや就業意欲を評価する「ポテンシャル採用」を行っている企業もあるので、スキルに自信がない方は熱意を強くアピールしましょう。ポテンシャル採用の定義や利用するメリットが知りたい方には、「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」のコラムもおすすめです。

転職活動の面接を成功させる方法は、「面接の流れやマナーを理解しよう!受付・入室・退室の場面別に解説!」のコラムにも載せているので、あわせてチェックしてみてください。

「転職の面接の流れが分からない」「転職を成功させたいけど不安がある…」という方には、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用がおすすめ。ハタラクティブは、フリーターやニート、既卒、第二新卒、中退者など、スキルや経歴に自信がない若年層に特化した就職・転職支援サービスです。丁寧なカウンセリングをもとに求人を紹介したり、応募企業に合わせた選考対策を行なったりして、就職・転職活動をしっかりとサポートします。サービスの利用は無料なので、ぜひお気軽にご連絡ください。

面接時の悩みを解決!よくある疑問Q&A

最後に、面接マナーに関するよくある疑問をQ&A形式でご紹介します。

面接中、鞄はどこに置けば良い?

かばんは、着席後に椅子の横に置きます。寝かせて置くとだらしない印象を与えてしまうので、リュックやトートタイプは避け、自立型の鞄を使うようにしましょう。かばんの選び方については「面接時に最適なカバンの色・サイズ・デザインは?」のコラムで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

コートなどの防寒具や傘はどうしたら良い?

コートやマフラーといった防寒具を着用しているときは、建物に入る前に脱いでおくのがマナーです。脱いだコートは裏地が表になるように腕にかけ、面接中はかばんの上に畳んで置きます。また、傘は会社に傘袋や傘立ての用意があれば利用してOK。なかった場合はかばんと一緒に持ち歩き、面接中は横に並べて置きましょう。コートや傘の扱い方は「面接時のコートのたたみ方や置き場所を解説!冬の就活ならではの注意点とは」と「面接当日の天気は雨!持って行く傘の種類やマナー・注意点は?」のコラムでさらに詳しく解説しています。

控室ではどう過ごす?

控室では、ほかの応募者がいても雑談しないように注意しましょう。携帯の電源が切れているか最終確認したあとは、いつ呼ばれても良いように姿勢を正して待ってください。緊張して体が堅くなってしまうときは、深呼吸を繰り返すと少し気持ちが落ち着きます。

面接官以外の社員と社内で遭遇したときはどうする?

エレベーターや廊下などで面接官以外の社員と遭遇したときは、軽いお辞儀とともに会釈しましょう。挨拶をするなら「こんにちは」が最適。「お疲れさまです」は社外の人間からの声掛けとしてふさわしくないですし、「ご苦労さまです」は目上の人から目下の人にかける挨拶なので避けましょう。面接時のマナーに自信がない方は、ぜひハタラクティブの利用も検討してみてください。

この記事に関連するタグ