履歴書の書き方は?職歴や志望動機が思いつかないときの対処法も解説

履歴書の書き方は?職歴や志望動機が思いつかないときの対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書は細部まで見られているので、丁寧な書き方を心掛ける
  • 履歴書における日付の書き方は、和暦と西暦のどちらかで統一する
  • 新卒の場合、履歴書に学歴を書く際は中学校の卒業から書く
  • 履歴書に志望動機を書く際は、採用担当者に自分をアピールできるような書き方を意識する

新卒や転職、アルバイトなど働く際に必要になる履歴書。採用担当者の目にとまる魅力的な書き方が分からない…と悩む方も多いでしょう。「この企業に就職したい」という気持ちを伝えるには、書き方のコツを知ることが大切です。このコラムでは、履歴書の基本の書き方を、職歴や志望動機などの項目別に解説しています。「自分の履歴書に自信がない」という方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

履歴書の書き方:基本情報

履歴書にはさまざまな項目がありますが、あまり重要に思われない項目でも、採用担当者は細部まで見ている可能性があります。そのため、履歴書におけるどの項目も間違いがないよう、心を込めて丁寧に書くことが大切です。

日付

履歴書における日付の書き方は、作成した日ではありません。面接の前に郵送する場合は、ポストに投函する日を、面接時に直接渡す場合は面接日の日付を書きましょう。また、和暦と西暦の書き方は、履歴書全体で表記が揺れないよう統一させてください。

押印

履歴書に印鑑のマークがある場合は、必ず押印してください。印鑑が押されていないと押し忘れだと思われ、「注意力が足りない」「重要な書類なのに最終チェックをしていない」とマイナス評価を受ける可能性があります。押印の際は、印鑑が汚れていないかをチェックして、必ず一度他の紙で練習をしましょう。

写真

履歴書に貼る写真は過去3ヶ月以内に撮影したものを使用します。スピード写真の場合は、曲がらないように切りましょう。万が一剥がれてしまった場合に備え、写真の裏には氏名を、新卒の場合は学校名も記載しておくと安心です。履歴書を書き損じた場合、のりで貼った写真を無理やり剥がすと破れたり折れたりしてしまうので、写真は一番最後に貼りましょう。

氏名・住所・連絡先

氏名、住所は正確に書きましょう。漢字の読み仮名の欄は「ふりがな」と書かれていたら平仮名で、「フリガナ」と書かれていたらカタカナで記入します。
住所の書き方は略さず、郵便番号、都道府県までしっかりと書きます。番地も「1-1-1」というような略し方はせず、「△丁目×番□号」と表記してください。特に間違いがあってはいけないのが、連絡先。これを間違えてしまうと、当然企業からの連絡を受け取ることができません。また、応募に必要な書類などが添付される可能性もありますので、パソコンのメールアドレスを使用しましょう。
フリーターにおすすめな履歴書の書き方が知りたい方は「フリーターが知りたい履歴書の書き方!職歴はどう書く?自己PRも解説」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

履歴書の書き方:学歴と職歴

学歴、職歴欄で共通して注意する点は、先述したように和暦・西暦の表記を統一することです。同じ履歴書内で「平成△△年」と「20××年」など、混ぜて書かないように気をつけてください。

学歴

学歴の書き方は、新卒であれば中学校の卒業から書くのが一般的です。また、学校名などを「高校」や「同上」などと略さず、正確に書きます。大学卒業前であれば、「卒業見込み」と書きましょう。

職歴

就職活動での職歴は、正社員としての就業を指しますので、学生時代のアルバイト歴は職歴に含まれません。そのため、「なし」と記載し、一行下の右端に「以上」と書きます。
職歴がなく、履歴書の書き方に迷っている方は「既卒の履歴書の書き方とは?どんな用紙がおすすめ?コツや選び方を解説!」にて、職歴が無いときの履歴書の書き方を解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

履歴書の書き方:資格と特技

履歴書の資格や特技の欄も、企業に自分をアピールできる項目です。

資格・免許

たくさんの資格を持っている場合は、すべてを書くと読みづらくなってしまいます。そのため、応募先の企業で活かせそうな資格や免許を選んで書きましょう。
持っている資格や免許が業務に活かせそうにない場合でも、履歴書に書けば資格を取るために勉強した実績をアピールすることができます。また、資格取得を目指し勉強していることがあれば、それも記載しておきましょう。

特技・趣味

この欄では、特技や趣味を通して自分をアピールできるよう、書き方を工夫することが大切です。たとえば、趣味が読書の場合「読書」とだけ書くのではなく、「月に最低△冊は読んでいます」「最近□□という本を読みました」など、より自分を知ってもらえるような書き方や、面接官との会話が広がるような書き方を考えます。特技も同じように、その特技を通して自分が努力したこと、継続して行っていることなどをアピールしましょう。
職務経歴書の書き方が分からない方は「履歴書と何が違う?職務経歴書の書き方」にて、詳しい書き方を解説しているのでぜひ参考にしてください。

履歴書の書き方:自己PRと志望動機

自己PRと志望動機は、採用担当者に自分を最大限にアピールできる欄ともいえます。もし面接の前に書類選考がある場合は、この欄を通して「面接してみたい」と思ってもらえる文章を考えられるかどうかが、面接へ進む鍵となるでしょう。

自己PR

まずは、応募企業に一番伝えたいことを決めましょう。やみくもに書き連ねただけでは、どんなに素晴らしい自己PRも伝わりにくくなってしまいます。自己PR内容を伝わりやすくするまとめ方は、先に結論から書くこと。自分のアピールしたい点を先に伝え、そのあとに根拠となるエピソードを添え、最後に入社後その点をどのように活かしたいと思っているのかを書いてまとめましょう。こうすることで、採用担当者は応募者の入社後のイメージがしやすくなるはずです。

志望動機

志望動機を書くときは、きちんと企業研究をしたうえで、「その企業でなければならなかった理由」を伝えましょう。どの企業にも当てはまるような志望動機では、採用担当者は「他の企業でもいいのでは」と捉えられてしまう可能性があります。また、「その企業で何をしたいのか」という点が伝わるような志望動機にすることも重要なポイントです。

履歴書の書き方に不安を感じる方は、就職エージェントを利用してみるのも一つの手。若年層向け就活・転職エージェントのハタラクティブでは、一人ひとりに合った求人紹介のほか、応募書類の添削を実施。魅力的な履歴書が書けるようになります。ほかにも、面接対策や企業とのやりとりなど、一人では心細い就活、転職活動をマンツーマンでサポート。サービスはすべて無料となっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

履歴書の書き方に関するQ&A

最後に、履歴書の書き方が分からないとお悩みの方によくある疑問や質問について、Q&A方式で解決していきます。

履歴書にはバイト歴を書いても良いですか?

結論、履歴書にバイト歴を書いても問題ありません。ただし、フリーター生活が長かったり正社員経験がなかったりする場合は、履歴書にバイト歴を書いても問題ありません。新卒や正社員から正社員へ転職する際は、バイト歴を省略しても良いでしょう。バイト歴を履歴書に記載する際は、バイト経験が応募先の企業にどのように役立つのかを意識することがポイント。もし、企業が求めるスキルや経験をもっているなら、履歴書に記入して積極的にアピールしましょう。詳しくは「履歴書の職歴にアルバイト経験を書いても良い?アピールに繋がる書き方とは」もご覧ください。

履歴書の志望動機はどう書けば良いですか?

履歴書の志望動機は「なぜ他社ではなく、応募先の企業にしたのか」「自分は応募先の企業にこのように貢献できる」という2つの軸を意識して書きましょう。また、実際のエピソードや経験を織り交ぜながら書けば、信ぴょう性のある志望動機になります。履歴書の志望動機の書き方については「履歴書の志望動機欄!書き方のポイント」にて、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

履歴書を郵送で送る際の方法は?

履歴書を郵送で送る場合は、送付状を同封してください。送付状とは、誰が何を送ったかを伝える挨拶状です。採用担当者が履歴書を確認する前に必ず目にするものなので、その内容から自分をアピールすることもできます。送付状の書き方については、「履歴書の送付状って何?正しい書き方と注意点を解説」を参考に書いてみましょう。

履歴書の書き方を間違えたら修正しても良いですか?

履歴書は公的書類のため、原則修正はできません。そのため、もし書き損じてしまったら修正はせず、新しく書き直しましょう。やむを得ない理由から書き直しができない場合は、公的書類の訂正時に使われる「二重線+訂正印」で対応する必要があります。ただし、この方法も履歴書の1箇所だけにしましょう。完璧な履歴書を仕上げられるよう、「履歴書の書き間違い…どうやって訂正したらいいの?」では、履歴書を書き間違えないコツを紹介しているので、あわせてご覧ください。

この記事に関連するタグ