その封筒の色大丈夫?後悔しない履歴書の送り方

その封筒の色大丈夫?後悔しない履歴書の送り方の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書を入れる封筒の色は、茶色よりも白が無難
    ・茶封筒は事務的な書類に使用されることが多い。白封筒は茶色よりも高級感、清潔感があるとされている
    ・履歴書を入れる封筒のサイズは、書類をできるだけ折りたたまずに入れられるA4サイズが適当
    ・履歴書が汚れていたり折り目がついてると読みづらくなる。採用担当者が読みやすい状態で届くよう配慮が必要
    ・封筒の宛名を書く際、社名や住所を略すのはマナー違反
    ・「御中」は個人名が不明な場合、「様」は個人の宛先が指定されている場合につける。併用するのは失礼になるので避ける
    ・中の書類が応募書類だとひと目で分かるように、封筒の左下に「履歴書在中」と赤文字で記載して送る

人生を左右する就活。後悔しないためにも、できるだけのことはやっておきたいと多くの人が思っているのではないでしょうか。
今回は、企業へ応募書類を送る際に気をつけたい点をまとめてみました。
小さなことかもしれませんが、就活の不安を一つずつ取り除いていきましょう。

◆履歴書を入れる封筒の色は?

封筒の色なんて気にしなくても良いのでは?そう思う方もいるかもしれませんが、企業の採用担当者がどんな考え方で選考をしているのかは、応募者には分かりません。であれば、できるだけ印象が良いようにしておく方が後悔しないで済むのではないでしょうか。

・茶色の封筒

一般的に茶封筒は、請求書などの事務的な書類を送ることに使用されるため、履歴書の送付にはあまり適していません。
また、企業には毎日たくさんの郵便物が届くため、茶封筒は他の書類と紛れてしまうことも考えられます。
大切な応募書類を採用担当者に手にとってもらうためには、履歴書が入っているということがひと目で分かるようにしておくことが大切です。

・白色の封筒

事務的な用途に使用される茶封筒に対して、白封筒は願書やエントリーシートなどの応募書類や私信を送る際に使用されるというのが一般的。
茶封筒に比べて白封筒は少し値段が上がりますが、清潔感があると感じる人も多く、茶色よりもイメージが良くなるとされているようです。
また、応募書類を郵送する際には、封筒に赤色で「履歴書在中」や「応募書類在中」と記載するため、白封筒の方が目立ちます。

・その他の色の封筒

企業であれば、オリジナルの封筒を作成している場合もあるため、白や茶色といった色ではないものを使用していることもあります。
しかし、個人が企業に書類を送る際にその他の色を使用することは、あまり一般的ではありません。
特に就活という場では、ほかの人よりも目立ちたいという気持ちがあったとしても、社会人としてのマナーに欠けると判断される恐れもあるため、封筒の色にオリジナリティを出すのは控えたほうが良いでしょう。


上記のような理由から、企業に応募書類を送る際は、白封筒がベストだといえるのでないでしょうか。
茶封筒の代わりに白封筒を使うことはあっても、白封筒の代わりに茶封筒を使用するのはビジネスマナーとして、あまり良いことではないようです。
「茶封筒で送ったから」という理由で書類選考に必ず落とされるというわけではないので、どうしても茶封筒で送りたいという強い気持ちがあるのであれば、送ることは問題ありません。
しかし、白封筒の方が印象が良く目立つため、白封筒で送る方が無難です。

◆履歴書を入れる封筒のサイズは?

市販の履歴書に縦長の封筒がついてくる事がありますが、その封筒で企業に応募書類を送るのは避けましょう。
ビジネスマナーでは、書類を小さく折りたたむのは配慮の欠けた行為とされています。
企業に応募書類を送る際は、履歴書を二つ折りにした状態で入れられるA4サイズの封筒が適当です。

封筒には、履歴書以外にもエントリーシートや職務経歴書を同封することがあります。そういった書類を全て小さく折り縦長の封筒に入れてしまっては封筒から出すのも大変ですし、折り目のついてた書類は読みづらくなります。
こういった点から、小さいサイズの封筒で送るのは避けた方がいいとされています。
また、書類はクリアファイルに挟んでから封筒に入れることで、郵送の段階で汚れたり濡れたりすることを防ぎます。
応募書類を郵送する際は、受け取った相手が読みやすい状態で届くように気をつけましょう。

◆封筒の書き方注意点

封筒の色と大きさが決まったら、最後に注意すべき項目は封筒の宛名書きです。

【宛先は略さないのがマナー】

宛名を略して記載するのは失礼にあたります。必ず正式名称で書きましょう。

・社名
よくある間違いは、「株式会社」を「㈱」としてしまうこと。
また、ローマ字などの頭文字での略称が通称となっている企業でも、宛名を書く際は正式名称を調べて書くようにします。

・住所
住所を記載する際も、都道府県や建物名など略さずに全て記載します。

【御中・様の使い方】

社名を書いたら、すぐ横に部署名も記載しましょう。
宛先を個人に指定されている場合、もしくは「採用担当者」宛に送るように指定されている場合は、個人名に「様」をつける、または「採用ご担当者様」を記入します。
なにも指定されていない場合は、社名または部署名のあとに「御中」と書きます。
「御中」は、宛先となる企業の中にいる誰かに宛てた時に使用する表記。
「様」は、宛先が分かっている相手に送る際に表記する敬称です。
この2つは同時に使うと失礼になってしまいますので、気をつけましょう。

例)
・個人名などの宛名が指定されていない場合・・・
株式会社〇〇 人事部 御中

・個人名または「採用担当者」宛の場合・・・
株式会社〇〇 人事部 〇〇様 /採用ご担当者様

【履歴書在中/応募書類在中と記載する】

企業に履歴書などの応募書類を提出する場合は、封筒に必ず「履歴書在中」または「応募書類在中」と記載します。
この記載をすることで、封筒の中身が応募書類だということをすぐに認識してもらえます。
封筒の中身が履歴書だけの場合は「履歴書在中」と書きましょう。
履歴書以外にも、エントリーシートや職務経歴書が入っている場合は「応募書類在中」と書きますが、「履歴書在中」でも問題ありません。
採用担当者に応募書類だと分かってもらうことが大切ですので、封筒の左下に赤い文字で目立つように書きましょう。


今回は、意外と見落とせない、応募書類を企業へ送る際の封筒について注意点をまとめてみましたが、いかがでしたか?
封筒一つを見てみても、就活には気をつけなければいけない点がたくさんあるということが分かります。
実際に就活をしてみると、封筒だけではなく履歴書などの応募書類の作成、面接対策、企業選びなど、何から始めればいいか分からなくなってしまうくらい、やらなければいけないことが出てきます。
その全てを一人で行うのは不安だと感じる人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、ハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは、若年層の就活・転職支援サービスをしています。
登録をしていただくと、まずはマンツーマンのカウンセリングを行い、どんな仕事がしたいのか、向いているのかを一緒に考えていきます。
一人で考えているだけでは結論が出ないようなことでも、第三者と話すことで自分がなにをしたいのか分かるようになり、より自分を知ることができます。
応募書類の作成や面接対策も、たくさんの企業を知っている就活のプロがアドバイスし、自信を持って面接に挑めるようにサポートします。

ご利用は全て無料です。ハタラクティブで一緒に就職を目指しませんか?

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION