履歴書はどんな封筒に入れればいい?適切な色やサイズを紹介!

履歴書はどんな封筒に入れればいい?適切な色やサイズを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 履歴書を入れる封筒の色は白が一般的
  • 履歴書を入れる封筒のサイズは角形2号が適切
  • 履歴書用の封筒の宛名を書く際、社名や住所を略すのはマナー違反
  • 履歴書を入れる封筒の左下に「履歴書在中」と赤文字で記載して送る
  • 履歴書を手渡しする際も、裏面に住所・氏名を書いた封筒に入れて持ち歩く

履歴書を入れる封筒のマナーについて知らない方も少なくないようです。履歴書を送る際は、封筒の選び方や書き方も印象を左右する要因になっているので注意を払う必要があります。このコラムでは、履歴書を入れるのに適した封筒のサイズや色を解説。また、基本的な書き方や手渡しする際のマナーなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

履歴書を入れる封筒の色

一般的に、茶封筒は請求書などの事務的な書類を送ることに使用されるため、履歴書の送付には適していません。また、企業には毎日たくさんの郵便物が届くため、茶封筒はほかの書類と紛れてしまうことも考えられます。大切な応募書類を採用担当者の手にとってもらうためには、履歴書が入っているということがひと目で分かる白色を使うのが良いでしょう。白封筒は願書やエントリーシートなどの応募書類や私信を送る際に使用されるというのが一般的。茶封筒に比べて白封筒は少し値段が上がりますが、清潔感があると感じる人も多く、茶色よりもイメージが良くなるとされているようです。
また、応募書類を郵送する際には、封筒に赤色で「履歴書在中」や「応募書類在中」と記載するため、白封筒の方が目立ちます。封筒の色に関しては「履歴書の封筒の書き方とは?手渡しでも必要な理由や送付時の注意点も紹介」にて、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

カラフルな封筒は使用できる?

多くの企業で、社名や所在地を記載したオリジナルの封筒を作成しており、ピンクや水色といったカラーが使用されていることも珍しくありません。しかし、個人が企業に書類を送る際にカラフルなものを使用することは、避けた方が無難です。特に就活という場では、「社会人としてのマナーに欠ける」と判断される恐れもあるため、封筒の色にオリジナリティを出すのは控えたほうが良いでしょう。「履歴書を郵送する時、使用するのは白無地封筒?茶封筒?」のコラムでは封筒の色や書き方について詳しく解説しているため、チェックしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

履歴書を入れる封筒のサイズ

では、履歴書を入れる封筒のサイズは、どれくらいの大きさのものを選べば良いのでしょうか。以下で解説していきます。

履歴書を入れる封筒は角形2号が理想

企業に応募書類を送る際は、履歴書を二つ折りにした状態で入れられるA4サイズ相当の封筒が適切です。また、基本的に応募書類はクリアファイルに挟んでから封筒に入れることで、郵送の段階で汚れたり濡れたりすることを防ぎます。クリアファイルに入れることを考えると、角型A4号だとぴったり過ぎて扱いにくい可能性も。少し余裕を持たせられる角型2号を使用しましょう。就活用の封筒に関してさらに詳しく知りたい方は「就活で使う封筒はどう選ぶ?書き方や注意点」のコラムでも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

履歴書を購入したときに付属で入っている封筒を使うのは避ける

市販の履歴書を購入すると縦長の封筒がついてくることがありますが、その封筒で企業に応募書類を送るのは避けましょう。ビジネスマナーでは、書類を小さく折りたたむのは配慮の欠けた行為とされています。また、封筒には、履歴書以外にもエントリーシートや職務経歴書を同封することが多くあります。書類をすべて小さく折り縦長の封筒に入れてしまっては封筒から出すのも大変な上、折り目のついた書類は読みづらくなるものです。応募書類を郵送する際は、受け取った相手が読みやすい状態で届くように気をつけましょう。

履歴書を入れる封筒の書き方

封筒の色と大きさが決まったら、最後に注意すべき項目は封筒の宛名書きです。下記を参考に、ビジネスマナーに即した書き方を心がけましょう。

宛先は略さないのがマナー

宛名を略して記載するのは失礼にあたるため、必ず正式名称で書きましょう。よくある間違いは、「株式会社」を「(株)」と略してしまうこと。また、ローマ字などの頭文字での略称が通称となっている企業でも、宛名を書く際は正式名称を調べて書くようにしましょう。住所を記載する際も、都道府県や建物名など略さずにすべて記載します。

御中・様の使い方

宛先を個人に指定されている場合、もしくは「採用担当者」宛に送るように指定されている場合は「様」を使用します。何も指定されていない場合は、社名または部署名のあとに「御中」と書きましょう。「御中」は、宛先となる企業の中にいる誰かに宛てたときに使用する表記で、「様」は、宛先が分かっている相手に送る際に表記する敬称です。この2つは同時に使うと失礼になってしまうので注意してください。「御中」と「様」を使用する際は、以下のように使い分けましょう。

個人名などの宛名が指定されていない場合

株式会社〇〇 人事部 御中

個人名または「採用担当者」宛の場合

株式会社〇〇 人事部 〇〇様 /採用ご担当者様

封筒の表面に「履歴書在中」または「応募書類在中」と記載する

企業に履歴書などの応募書類を提出する場合は、封筒に必ず「履歴書在中」または「応募書類在中」と記載します。記載する際は、封筒の左下に赤い文字で目立つように書きましょう。封筒の中身が履歴書だけの場合は「履歴書在中」、履歴書以外に、エントリーシートや職務経歴書が入っている場合は「応募書類在中」と書きます。

封筒の裏面の書き方は?

封筒の裏面には、左上に投函日を書いたのち、その下に自分の住所と氏名を記載します。表面と同様に、住所は略さず書きましょう。

履歴書を手渡しする際の封筒マナーは?

では、履歴書を手渡しする際の封筒のマナーはあるのでしょうか。以下で解説していきます。

手渡しの場合も封筒に入れて履歴書を持ち歩く

履歴書を手渡しする場合も、封筒に入れて持ち歩くのがマナーです。汚れや折れ、濡れを防ぐためにも郵送時と同じように、クリアファイルに挟んでから封筒に入れましょう。

履歴書を手渡しする場合は封筒から出して渡す

履歴書を手渡しする際は、相手がすぐ読めるように封筒から出して渡します。入れてあった封筒は、履歴書の入ったクリアファイルの下に重ねて一緒に差し出すのがマナー。相手が読める方向に直し、両手で言葉を添えながら渡すと好印象に繋げられるでしょう。

履歴書を手渡しするタイミング

履歴書を手渡しするタイミングは、採用担当者から要求されたときです。もし、受付で先に履歴書を回収される場合は、封筒から出さずに渡して問題ありません。

履歴書を手渡しするときの封筒には宛先は不要

履歴書を持参する場合は、封筒に宛先を記入する必要はありません。表面の左下に、赤字で「履歴書(応募書類)在中」と書き、裏面は郵送と同じく自分の住所と氏名を記載しましょう。

履歴書を入れる封筒は、企業が最初に触れる応募者の情報です。応募書類にそぐわない封筒を使用していたり、宛先が間違っていたりすると、マイナスイメージが強くなる恐れもあるため注意しましょう。

ポジティブな第一印象を与えるコツや、企業に好印象を与える履歴書の作成で悩んでいるなら、就職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、専任アドバイザーによる手厚い就職支援を行っています。専任担当制のため、周囲に聞きづらい就活の基本や注意点もマンツーマンで教えてもらえるのが特徴。書類の書き方だけでなく、適性診断やおすすめ求人の紹介、面接対策なども実施しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ