「貴社の規定に従います」はどう使う?履歴書の本人希望欄

「貴社の規定に従います」はどう使う?履歴書の本人希望欄の画像

【このページのまとめ】

  • ・本人希望欄を活用し、譲れない条件や連絡可能な時間帯を人事担当者に伝えよう
    ・入社にあたって譲れない条件を簡潔にまとめ、読みやすい文章を心がけよう
    ・本人希望欄に記入することがない場合は、「貴社の規定に従います」と書こう

履歴書の中にある本人希望欄には、一体何をどこまで書いたら良いのか、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。 
本人希望欄には、記載するべき内容や書き方のポイント、注意点があります。このコラムを基に、自分の希望する条件について考えてみましょう。

◆履歴書の本人希望欄に記載すべきこと

本人希望欄だからといって職種や部署、給与金額、勤務地など、自分の希望を全て書き出せば良いという訳ではありません。
それでは、履歴書にある「本人希望欄」には、一体どのようなことを記入すれば良いのでしょうか。

【どうしても妥協できない条件】

企業側は、「本人希望欄に書かれた条件が叶わなければ入社しないのだろう」と判断しています。そのため、本人希望欄には本当に譲れない条件、妥協できない条件だけを記入しましょう。
そのとき、必ず理由を一緒に記載しておくことが大切です。
しかし、応募した求人に複数の職種や勤務地、勤務体系がある場合は、自分の希望する条件を選択して記載しても構いません。

【連絡を希望する時間帯】

1日中いつでも連絡がとれる人以外は、連絡を希望する時間帯を記入しておきましょう。
メールで連絡がくる場合も増えてきましたが、選考をスムーズに進めるためにはあらかじめ明記しておいたほうが無難。特定の時間帯のみ連絡がとれない場合は、「連絡がつかない時間帯」を記入します。
特に、在職中に転職活動をしている人は、連絡できる時間帯だけではなく、入社可能時期についても記入しておくと良いでしょう。

◆本人希望欄を記入するときの注意点

特に希望がないからといって、本人希望欄に何も記入しなかったり、「特になし」と書いたりすると意欲がない印象に繋がってしまいます。
その反面、希望が多すぎると悪い印象を与えてしまう恐れも。特に、給与や勤務時間に関する希望は避けたほうが無難です。
本人希望欄には、どうしても譲れない条件や伝えておきたい事情がある場合のみ、その理由とともに希望を記入します。
「親の介護をしているため勤務地を相談したい」「子どものお迎えがあるため18時に退社しなくてはいけない」など、「この条件でなければ入社できない」という希望のみを伝えましょう。

また、本人希望欄には、文章を長々と書き連ねないように気をつけます。希望が少なくても文章が長いと読みにくく、悪い印象を与えてしまうことも。
内容は本人希望欄の8割以下にまとめ、読みやすい文章を心がけましょう。希望が複数ある場合は、項目を立てて箇条書きでまとめる方法もおすすめです。

◆「貴社の規定に従います」の使い方

本人希望欄に記入することがない場合は「特になし」や「なし」ではなく、「貴社の規定に従います」「貴社の規定に準じます」と記入しましょう。
公務員の場合は「貴社」ではなく「貴庁」、病院は「貴院」など、応募先に合わせて書きます。
書くことがないからといって空欄にしてしまうと、人事担当者に記載漏れとして認識されてしまう可能性があるため注意が必要です。

「貴社の規定に従います」と記入する際には、希望職種も併せて書きましょう。応募する求人に職種が1つしかない場合でも、希望する職種とその理由を記入することで入社意欲をアピールできます。

それでは、前項の注意点やポイントを踏まえて、書き方の例をご紹介します。

【勤務先を限定したい場合】

勤務地:同居している母の介護のため、首都圏内での勤務を希望します。

【勤務時間の希望がある場合】

勤務時間:子どもの迎えがあるため、18時以降の勤務が難しくなっております。

【連絡可能な時間帯、入社可能日を記載する場合】

在職中のため、下記の時間帯は電話に出ることができません。
連絡不可時間帯:月曜日~金曜日 9時~19時

入社可能日:平成○年○月○日より就業可能です。

【希望がない場合】

職種:営業を希望
前職での営業活動では、お客様のニーズを察知し、そのときの状況に応じた新しい提案を心がけていました。貴社でも、お客様のメリットを意識した営業を行っていきたいと考えています。
勤務地:貴社の配属に従います。
給与額:貴社の規定に従います。

上記の例を参考に、自分の希望する条件をあらためて考えてみましょう。

応募書類の作成に不安がある方は、転職エージェントに相談するという方法もあります。
ハタラクティブでは、アドバイザーが履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削を実施。人事担当者にあなたのキャリアやスキルが伝わる書類の作成方法をアドバイスしています。
働きながら転職活動をしたい方、転職について悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブをご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A