Web履歴書の写真はスマホで良い?なしはNG?サイズや貼り方を解説

Web履歴書の写真はスマホで良い?なしはNG?サイズや貼り方を解説の画像

この記事のまとめ

  • Web履歴書にも証明写真の添付は必要
  • Web履歴書に写真を添付しないと、応募書類の不備として扱われる可能性がある
  • Web履歴書用の証明写真は、プロの視点で撮影してもらえる写真館の利用がおすすめ
  • 時間がないときは、写真のデータ化が可能なスピード写真機の利用も有効
  • Web履歴書用の写真を撮る際は、服装や髪型に注意しよう

Web履歴書の提出を求められ、「写真は貼るの?」「スマホ撮影でも大丈夫?」とお悩みの方もいるでしょう。Web履歴書であっても、証明写真を添付するのが基本的なマナーです。また、証明写真はスマホで撮影したものでも構いません。このコラムでは、Web履歴書に用いる写真の撮影手段や貼り方をご紹介します。撮影時やデータ送信時の注意点なども解説しているので、Web履歴書の提出が必要な方はぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

Web履歴書にも写真を添付するのがマナー

Web履歴書にも写真を添付するのがマナーの画像

Webの履歴書であっても、手書きの履歴書と同様に証明写真は必要です。応募先企業から「履歴書への写真添付は不要」と指示がない限り、必ず写真を貼って提出しましょう。自己判断で写真添付なしのWeb履歴書を提出すると、「貼り忘れ=だらしない」「貼り付け方が分からない=マナーに対する意識が低い」といったネガティブな印象を与えてしまうことがあります。場合によっては応募書類の不備とみなされ、書類選考を通過できない可能性もあるため注意しましょう。

デジカメで撮影した写真は避ける

Web履歴書用の写真をデジカメで撮影するのは、避けたほうが無難です。採用担当者は、履歴書の証明写真から身だしなみや清潔感、表情などをチェックしています。デジカメで撮った写真は、写真館や専用の写真撮影機と比べて画質が劣るため、就活や転職活動には相応しくありません。証明写真も選考の一つと捉えて、証明写真に特化した場所で撮影することをおすすめします。

Web履歴書の提出方法に悩む方は、「履歴書をメールで送るとき写真はどうする?添付方法を詳しく解説!」のコラムもぜひ参考にしてください。

Web履歴書用の写真データを入手するには?

Web履歴書用の写真データを入手するには?の画像

写真のデータを手に入れる方法には、写真館のサービスやスピード写真機などがあります。Web履歴書に添付する写真はデータで用意する必要があるため、下記で入手方法をチェックしておきましょう。

写真館のデータ付きサービスを利用する

Web履歴書用の写真データを入手するには、写真館やフォトスタジオのサービスを利用する方法があります。なお、写真データはCD化されて渡されるのが一般的です。自分の使用しているパソコンがCDを取り込めない場合は、USBへの保存が可能かどうかを事前に確認しておきましょう。
もしくは、スマホへのデータ転送サービスを行っている店舗で撮影してもらうのも手です。写真館やフォトスタジオでは、写真の出来を確認しながら撮り直しができるため、より好印象に見える写り方を引き出してもらえます。また、姿勢や表情、身だしなみなどを他者視点からチェックしてもらえるのもポイントです。

データ化が可能なスピード写真機で撮影する

駅やショッピングモール、ホームセンターなどに設置されている証明写真機、いわゆるスピード写真も、スマホで写真データを手に入れられる機種があります。近くに写真館のない方や、急ぎでWeb履歴書の提出が必要な方におすすめです。ただし、すべての写真機がスマホに対応しているとは限らないため、データ化が可能か否かを確認する必要があります。

スマホのアプリで撮影する

スマホの証明写真アプリからもデータを保存することが可能です。スマホで撮影する際は、背景に物が映らないように注意しましょう。自撮りをすると角度が不自然になったり、スーツにシワが寄ったりする可能性があるため、人に撮影してもらうのがおすすめです。光が上手く入らず暗く写ってしまう場合は、ノートやスマートフォンをレフ板代わりに使うと良いでしょう。

手元にある証明写真をデータ化する

最終手段として、手元にある証明写真をデータ化してWeb履歴書に使用する方法もあります。コンビニのマルチコピー機を使用すれば、写真をスキャンしてUSBやスマホなどにデータを送ることが可能です。自宅にプリンターがある場合は、スキャンしてパソコンに取り込むこともできます。しかし、スキャンだと画質が落ちたりサイズが合わなかったりすることも。サイズが合わないと、一度加工処理をする必要があるためかえって手間が掛かるでしょう。緊急の場合を除き、Web履歴書用の写真は写真スタジオでの撮影をおすすめします。

写真データのサイズは「551×413px」が一般的

写真データのサイズ単位は、「mm」や「インチ」のほかに「ピクセル(px)」というデジタル画像の最小単位が用いられることがあります。ピクセルの値が大きければ大きいほど高画質です。Web履歴書に用いる一般的な証明写真のサイズ(縦4cm×横3cm)であれば、「551×413px」程度のサイズで作成すると良いでしょう。この値より小さいと、画質が荒くなるため注意してください。

Web履歴書に写真を添付する方法

Web履歴書に写真を添付する方法の画像

Web履歴書に写真を貼り付ける一般的な方法は、用意した写真データをパソコンに取り込み、作成した履歴書の所定位置に添付するやり方です。ここでは、Wordを用いた場合の添付方法をご紹介します。

【Wordを利用した場合の添付手順】
1.写真データをパソコンに取り込む
2.Wordで作成したWeb履歴書を開く
3.挿入タブから「画像」を選択
4.準備した写真データを選び「挿入」を選択
5.書式タブから「文字列の折り返し→前面」を選択
6.写真データをWeb履歴書の所定位置に配置
7.必要に応じて写真データのサイズを調整

Webサイト上のフォーマットやテンプレートなどを利用して履歴書を作成した場合は、「写真を添付する」という項目があるので、比較的簡単に添付できるでしょう。

写真のサイズは所定位置に合わせる

応募先企業からサイズを指定されなければ、証明写真は縦4cm×横3cmに合わせるのが基本です。所定位置のサイズに収まらない、余白ができてしまうといった場合には、トリミング機能を活用して大きさを整えてください。

Web履歴書に写真を添付する方法については、「履歴書をメールで送るとき写真はどうする?添付方法を詳しく解説!」でも詳しく解説しています。

写真以外にもある!Web履歴書を提出する際の注意点

写真以外にもある!Web履歴書を提出する際の注意点の画像

Web履歴書をメール送信する際には、ファイル形式やパスワード設定といった注意点があります。応募先企業にマイナスイメージを与えないよう、ビジネスマナーに沿った方法でWeb履歴書を送信しましょう。

企業が指定したファイル形式で保存する

パソコンで作成したWeb履歴書を保存する際は、応募先企業からファイル形式の指定がないかを確認しておきましょう。特に指定がない場合は、pdfでの保存をおすすめします。pdfデータであれば、書式が崩れたりデータが壊れたりする心配がなく、第三者が手を加えられないため安全性も確保できます。

パスワードを設定する

履歴書には個人情報が含まれるため、メールで送信する際はパスワードを設定しておきましょう。パスワードを設定しておくことで、セキュリティ意識やITリテラシーの高さのアピールにも繋がります。Web履歴書を送信するメールには、「添付したファイルにはパスワードを設定しておりますので、後ほど別のメールにてパスワードを送信いたします」と記載しておくと良いでしょう。パスワードは、履歴書とは別のメールで送信するのが一般的なやり方です。職務経歴書やエントリーシートなどの応募書類を送信する場合も、すべての書類をZipファイルにまとめ、ファイルにパスワードを設定することをおすすめします。

ファイル名は「履歴書+氏名+日付」

Web履歴書のファイル名には、「履歴書」「氏名」「日付」を含めたシンプルな名前をつけましょう。誰がいつ送った履歴書かを分かりやすくすることで、採用担当者が管理しやすくなります。ただし、Macを使用している企業では、日本語で名前を付けると文字化けしてファイルを開けないトラブルが発生することもあるようです。ファイルの仕様に特別な指定がないかどうかは、事前に企業側へ問い合わせておくと安心でしょう。

メールの件名は「履歴書ご送付の件+氏名」

Web履歴書をメールで送る場合、件名は要件と氏名を簡潔に記しましょう。採用担当者は多くの求職者からメールを受信しているため、件名だけで内容を区別できるように配慮する姿勢が大切です。

ビジネス用のメールアドレスを使う

Web履歴書の送信には、ビジネス用のメールアドレスを使いましょう。ビジネス用のメールアドレスは、氏名を含めたシンプルで分かりやすいものを設定してください。就活や転職活動では、企業とメールでやり取りする機会も多いもの。プライベートで使っているものしかなければ、メールの見落としを防止するためにも新しく作るのがおすすめです。

Web履歴書用の証明写真を撮る際の3つのポイント

Web履歴書用の証明写真を撮る際の3つのポイントの画像

Web履歴書用の証明写真を撮るときは、「服装」「髪型」「メイク・装飾品」といった3点のポイントに気を配りましょう。

1.服装

黒やネイビーなど落ち着いた色のスーツを選びましょう。インナーは、白のブラウスやシャツ、カットソーなどが適しています。Web履歴書の写真を撮影する際は、シワのない清潔感のあるスーツを用意してください。

2.髪型・髪色

髪型は、Web履歴書上で表情を分かりやすくするため、髪の毛が顔に掛からないよう整えます。男性の場合は、清潔感のある短髪が望ましいでしょう。女性の場合は、結べる長さであれば一つにまとめてください。ショートカットであれば下ろしていても構いませんが、ある程度の長さがある場合は、ハーフアップにすると清潔感が増します。

3.装飾品・メイク

Web履歴書の写真を撮る際に、ピアスやネックレスなどの装飾品をつけるのは控えましょう。採用担当者に「場をわきまえていない」と判断され、マイナス評価に繋がる可能性があります。
メイクは、ナチュラルにするのが基本です。「派手」「奇抜」といった印象を与えないよう、アイブロウやマスカラはブラウンを基調とし、チークやリップは血色をプラスする程度の薄付きタイプを選びましょう。「面接のメイクはどうする?第一印象を良くする方法」では、就活時のメイクについて解説しています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

証明写真用の身だしなみは清潔感を意識する

Web履歴書用の証明写真を撮る際は、清潔感のある身だしなみを意識するのがポイントです。上記で紹介した項目以外にも、「シャツの襟やネクタイを正す」「適度な量の整髪料で髪がぼさつくのを抑える」などが有効です。身だしなみを念入りにチェックして、採用担当者に好印象を与える証明写真を撮りましょう。

Web履歴書用の証明写真を撮影する際のコツについては、「履歴書の証明写真に適した服装とは?基本マナーを押さえ好印象を与えよう!」も併せてご覧ください。

ハタラクティブでは、実際に取材を行った企業の求人をご紹介しています。そのため、仕事内容や職場の雰囲気など、Webサイト上では得られないリアルな情報を提供できるのが強みです。プロの就活アドバイザーが専任で付き、履歴書の作成方法や面接対策といった入社前のサポートはもちろん、入社後のフォローも行います。サービスはすべて無料で受けられますので、まずはお気軽にご相談ください。

Web履歴書の写真に関するお悩みQ&A

ここでは、Web履歴書の写真にまつわるお悩みをQ&A方式で解決します。

Web上で履歴書を提出する場合も写真は必要ですか?

写真は添付しましょう。応募先企業から「写真の添付は不要」と指示がない限り、履歴書には証明写真を貼るのが一般的です。自己判断で写真添付なしの履歴書を提出してしまうと、書類に不備があるとして不採用になるリスクがあるため注意しましょう。履歴書における写真の必要性については、「写真なしの履歴書はNG!本人確認のために必要なもの」もご確認ください。

スマホで撮った写真をWeb履歴書に使ってもいい?

使っても構いません。しかし、スマホ撮影の場合は、照明や背景を自分で用意する必要があったり、表情が硬くなりやすかったりするデメリットがあります。スマホで証明写真を撮るのに自信がない場合は、プロのアドバイスを受けながら撮影できる写真館での撮影がおすすめです。クオリティが高く好印象に繋がる写真に仕上がります。

Web履歴書用の証明写真で好印象を与えるには?

清潔感のある身だしなみが重要です。服装はスーツを着用し、髪型は顔周りがすっきり見えるよう整えてください。また、無表情ではなく、自然な笑みを作れると印象良く映るでしょう。履歴書用の証明写真を撮影するコツについては、「証明写真でイメージアップ!転職に向けて準備しよう」もぜひご参照ください。

Web履歴書を送る際のポイントを教えてください。

分かりやすい件名と本文を作成するのがポイントです。履歴書のファイルにはパスワードを設定しておくと安心でしょう。パスワードを知らせるメールは、履歴書用のメールとは別に送信します。詳しくは、「履歴書をメールで送る方法とマナーを紹介!例文を見て作り方を知ろう!」でもご紹介しています。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが求職者一人ひとりの就職活動を全力でサポート。応募書類の書き方や提出マナーに悩む方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ