履歴書の写真のベストな貼り方は?

履歴書の写真のベストな貼り方は?の画像

この記事のまとめ

  • 証明写真を撮るときは、面接と同じように身だしなみを整えよう
  • 証明写真は、写真屋で撮ると表情や姿勢のアドバイスをもらえる
  • 万が一のために、写真の裏には名前と撮影日を表記しておこう
  • 履歴書に写真を貼る際も気を抜かず、丁寧にカットして貼ろう

履歴書に貼る写真でお悩みの方は、意外といらっしゃるのではないでしょうか。今回は、証明写真を撮る際の心がけや、貼り方のコツなどを紹介していきます。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

証明写真はスーツで撮ろう

履歴書に貼る証明写真を撮る際は、下記に挙げたポイントを心がけましょう。

証明写真を撮るときの身だしなみ

証明写真は、面接に行くときと同じ格好で撮りましょう。
服装は黒か灰色など、ダーク系の色のスーツがベストです。
Yシャツはシワのない、きれいにアイロンをかけたものを着用します。
髪型は前髪が顔にかからないように切るか分けるなどして工夫し、髪が長い女性はヘアゴムなどでまとめましょう。
表情は固くならないよう、明るく穏やかな表情を心がけてください。
また、女性のメイクは華美になりすぎず、ナチュラルメイクで清潔感のある印象を大切にしましょう。

証明写真を撮るときのコツ

証明写真を撮る際に、写真屋さんで撮るかスピード写真で撮るか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近はスピード写真も画質が良いものが増えている傾向にあります。
上記で挙げたような身だしなみと、応募書類の内容を充実させることを心がけていけば、スピード写真が原因で不合格になるということはあまりないでしょう。
しかし、スピード写真は表情づくりや写真の選定を全て自分で行うことになるため、第三者のアドバイスが欲しい方は、写真屋さんがおすすめです。
写真屋さんで撮ってもらえば、表情や姿勢についてのアドバイスをもらえます。
また、写真を修正してもらえるため、きれいな仕上がりを求める場合は、写真屋さんで撮ってもらった方がいいでしょう。
スピード写真を利用する場合は、ひざの上に白い紙や布を置くと反射板の代わりになり、顔が明るく写ります。

証明写真の裏には名前を書こう

万が一履歴書から写真が剥がれてしまったときのために、写真の裏に自分の名前を書いておきましょう。
新卒の方は、大学・学科名も併せて書いてください。
また、直近で撮影した写真だとわかるように、名前の下に撮影した年月日を書いておくと親切です(証明写真は6ヶ月以内が目安と言われています)。
面接官の中には写真を剥がして裏面を確認する方もいると言われているため、必要な情報は書いておいたほうが無難でしょう。

証明写真を貼るときのポイント

履歴書を書き終わった後に残るのが、写真を書類に貼る作業です。
下記のポイントを踏まえ、最後まで気を抜かずに丁寧に貼りましょう。

証明写真はのりで貼る?両面テープで貼る?

証明写真を履歴書に貼る際に、のりで貼るか両面テープで貼るかは、特に決まりはありません。
自分が使いやすいと思う方を使いましょう。
ただ、両面テープのほうが、写真が剥がれにくく、書類がシワになりにくいです。
のりを使う場合は、はみ出さないように注意しましょう。
スティックタイプののりを使えば、はみ出しにくく、シワの心配も軽減されるので、おすすめです。

写真は丁寧にカットし、まっすぐ貼ろう

写真はなるべくまっすぐカットするように心がけましょう。
書類に貼る際は、印刷されている枠からはみ出さないようにきちんとまっすぐ貼ります。
カットが雑だったり、貼り方が曲がっていたりすると、「大雑把な人」という印象を与え、書類審査が通らない可能性が高くなるため、注意が必要です。

写真も履歴書を構成する大切な要素のため、きれいに撮り、丁寧に扱いましょう。
もし写真の撮り方や書類の作成に不安がある方は、一度就活アドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、経験豊かなアドバイザーが、応募書類の作成の仕方をマンツーマンで指導。
就職活動に関するお悩みに幅広く対応するので、服装や面接時のマナーなどに自信がないという方も安心してご利用できます。
一歩を踏み出したいけれど、自分だけでは心細いという方は、まずハタラクティブに登録してみませんか?