面接メイクのポイントは?オンラインやWebでも第一印象を良くする方法

面接メイクのポイントは?オンラインやWebでも第一印象を良くする方法の画像

この記事のまとめ

  • 就職や転職活動時の面接は、ナチュラルで爽やかなメイクにすることが大切
  • 面接時のメイクは男性でも身だしなみとしておすすめ
  • 面接メイクではアイシャドウやアイラインが濃くならないよう注意する
  • 面接ではメイク以外にも髪型や爪といった身だしなみをチェックされている

普段とは異なる面接時のメイクでお悩みの方は多いでしょう。メイクは第一印象を決める大切な身だしなみの一つ。「アイシャドウやアイラインはどのくらい濃くしても大丈夫かな…」「ラメは入っていない方がいいのかな」と、悩む方に向けて、このコラムでは、面接で印象を良くするメイクのコツや、化粧以外に見られているポイントをご紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

面接時のメイクは何が正解?

就職や転職時の面接では、清潔感やビジネスシーンに相応しい身だしなみが重要。つまり、メイクも清潔感がありナチュラルなものが好まれます

面接において身だしなみは、第一印象を決める重大な要素。面接の際は、遊びに行く時のような華美なメイクでは「不真面目」「仕事をする気持ちが感じられない」と印象を持たれる可能性があるので避けるべき。

また、メイクを「最低限の身だしなみマナー」と捉える人もいるため、「普段は化粧をしない」という人は、ビジネスの場ではメイクも身だしなみのうちと考えることが大切です。

男性でもメイクをして面接はあり?

面接時に男性がメイクをすることに問題はありません。清潔感を出したり、印象を明るく見せたりする効果が期待できます。近年ではメンズメイクも増えており、身だしなみの一つと捉える方もいるでしょう。やりすぎてしまうと違和感が出てしまうため、女性以上にナチュラルメイクを意識するのがポイント。眉毛とベースメイクだけでも十分清潔感のある印象が作れます。
未経験OK多数!求人を見てみる

面接用メイクをする前に知っておきたいポイント

具体的なメイク方法を学ぶ前に、ビジネスシーンにおけるメイクの立ち位置やポイントを押さえておきましょう。

面接メイクとおしゃれメイクは別物と考える

日常的にするメイクは、トレンドや流行を押さえたり、自分の好みだったりと、自由にテーマを決めて行えます。しかし、面接メイクでは面接官に良い第一印象を与えることが目的

そのため、面接用メイクでは華やかさやおしゃれよりも、清潔感や健全さなどの印象を与えられるものがふさわしいといえるでしょう。面接メイクを行う際に上記の意識を持っておくと、おのずとどのようなメイクがふさわしいかが見えてくるはずです。

面接メイクの基本はナチュラルメイクと考える

面接メイクは先述したように、面接官に対してビジネスパーソンとしての身だしなみが整っているかをアピールする役割があります。そのため、派手で奇抜なメイクではなく、ナチュラルで自然なメイクが好まれるでしょう。健康的かつ清潔感のあるメイクは万人受けするため、ビジネスシーンで役に立ちます。

業界や部署によってメイクの傾向が異なる

メイクは業界や部署によっても傾向が分かれます。たとえば、同じ企業であっても接客の多い営業と社内の社員としか関わらない部署では、好まれるメイクの傾向が異なるでしょう。

同じように、業界によっても良いとされるメイクは変わります。接客業は元気で健康的な印象を与えられるよう、明るめのメイクがおすすめ。銀行やオフィス系の仕事であれば、基本のナチュラルメイクにきっちり感を出したメイクが好まれるでしょう。

少し特殊なのが美容業界やエアライン、アパレルなど。ほかの業界に比べると多少華美でも問題ないとされていますが、就活シーンであることは変わりないので注意が必要です。

オンラインやWeb面接の場合は実際に画面でチェック

近年増えているオンラインやWeb面接では、対面での雰囲気と異なって見える可能性がある点に注意しましょう。ライトの向きや明るさ、パソコンの画質などにより、しっかりメイクをしていても顔色が悪く見えてしまうことも。

また、画面を通して見るためどうしても平面的になりがちです。そのため、オンラインやWeb面接時はナチュラルメイクは変えず、ベースを少し明るくしてみるとよいでしょう。ハイライトやシェーディングを行い立体感を出すメイクもおすすめです。

Web面接時の服装について知りたい方は「Web面接に適した服装とは?選考の流れやマナーもチェックしよう」もあわせてチェックしてください。

印象を左右する面接にふさわしいベースメイクのコツ

ベースメイクは顔色など全体の印象を左右する大切なポイント。地肌と差のある色を使うと違和感が大きくなりやすいので注意しましょう。また、肌をきれいに見せたいからと厚塗りをすると、メイク崩れの原因にもなりえるので、気になるところだけをカバーするのがおすすめです。

ベースメイクのポイント

・ファンデーションは自分の肌色に近いものを選ぶ
・厚塗りをしない
・クマは暗い印象になるため、コンシーラーで隠す

ファンデーションを塗る前は、化粧水や乳液などで肌を保湿することが大切です。十分に保湿することで、化粧崩れや肌の不調を防ぎましょう。

面接での印象を決めるアイメイク術

面接ではカラフルなアイメイクは控えましょう。ブラウンや控え目なピンクなど、ナチュラルのアイテムを使います。また、マスカラも付けすぎには注意。アイラインは細く、つけまつげやカラーコンタクトは避けてください。

アイメイクのポイント

・ナチュラルなブラウン系やピンク系のアイシャドウを使う
・細めのアイラインにする
・アイラインは目尻をハネすぎない
・マスカラはだまをとる
・アイシャドウはラメが派手なものや色が目立つものは使わない
・つけまつげやカラコンは使わない
・涙袋は自然に見えるものであればよい

アイメイクは、薄すぎず・濃すぎずを心がけることが大切。清楚な印象を与えられるよう、上記のポイントを覚えておきましょう。

顔色を明るく見せる口紅・チーク術

口紅やチークはその人を明るい印象にする効果があるため、普段は使用しないという方も積極的に取り入れるのがおすすめ。ただし、ベタっとなりやすいので少しずつのせてナチュラルに仕上がるよう調整しましょう。

チーク・口紅のポイント

・チークの色はピンク系かオレンジ系を選び、頬の一番高いところに入れる
・チークは濃くなりすぎないよう、手の甲でなじませてから入れる
・口紅はピンクやオレンジ、ベージュ系の色を選ぶ
・口紅は濃い赤やツヤ感が強いグロスなど派手なタイプは使用しない

グロスはつやが出て派手な印象を与えるため、使わないのが無難です。また、口紅が唇の輪郭から出てしまうとだらしない印象になるため、塗る際は注意しましょう。唇が荒れやすいという人は、普段からリップクリームなどで保湿を心がけると安心です。

面接でメイク以外に見られているポイントは?

面接でチェックされているのはメイクだけではありません。全体を通して「社会人としてふさわしいか」「一緒に働きたいと思えるか」を見られているので、髪型や爪など細かいところまで気を配りましょう。

髪型

前髪は目にかからないようピンなどで留めましょう。また、髪が長い場合はゴムでまとめ、耳は出すと表情がよく見えるのでおすすめ。「就活の髪型も選考対象!男女別おすすめのヘアスタイルや印象アップのコツ」でもおすすめの髪型やNGな髪型を紹介しているためあわせてご覧ください。

ロングヘアの面接対策

ロングヘアは後ろで一つ結びにするのが基本です。キレイにまとまるよう櫛でとかした後、耳のラインの高さでまとめましょう。ピンやスタイリング剤を使用するほか、シニヨンなどまとめ髪にするのもおすすめです。

ミディアムヘアの面接対策

面接時は清潔感のある印象を与えるためにハーフアップがおすすめです。ハーフアップなら顔周りの髪がすっきりまとまるのもポイント。無理に一つに結ぶと、おくれ毛が出たり崩れたりする可能性があります。

ボブ・ショートヘアの面接対策

ボブやショートは結ぶことができないため、顔周りに髪の毛がかからないよう耳にかけましょう。おじぎしたときに耳から外れないよう黒ピンで留めておくことをおすすめします。

また、風などでヘアスタイルが乱れやすいので、スタイリング剤を活用するのもポイントです。

爪もきれいに整えておきましょう。汚れや手荒れが目立つと清潔感に欠ける印象となるので注意。
なお、応募する業界や職種にもよりますが、マニキュアは原則塗らないのが無難です。もしマニュキアを塗る場合は、透明に近い色など自然に見えるものを選びます。

面接官に良い印象を与えられるよう、面接の際は清潔感のあるメイクや髪型、服装を心がけましょう。もしメイクや髪型などに不安がある場合は、第三者に見てもらうと改善点が分かるのでおすすめ。「面接について身近に相談できる人がいない」「詳しくアドバイスをもらいたい」という人は、エージェント利用を検討してみませんか?

ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。経験豊富なアドバイザーが事前のカウンセリングで適性を見出し、あなたに合った求人をご紹介します。応募書類の添削や面接対策をマンツーマン体制で行うのが特徴です。 ご利用は無料のため、「転職活動は初めて」という方も気軽にご相談ください。

面接メイクのお悩みや疑問に関するFAQ

ここでは、面接時に行うメイクに対する疑問や不安を解消するために、Q&A方式でアドバイスを行います。普段あまりメイクをしない人や派手なメイクが好きな人など、面接用メイクに不安がある人は参考にしてください。

面接時に華やかなメイクが必要な業界は?

航空系や美容系、アパレル系などは通常のナチュラルメイクよりも華やかさを意識したメイクの方が好まれる傾向にあります。アイラインはしっかり入れて、表情が明るく見えるベースメイクやアイシャドウを使いましょう。

香りのついたメイク用品は使わない方がよい?

香りが強いメイク用品は避けた方がよいでしょう。香りの好みは人それぞれのため、面接官が苦手な香りであれば不快感を与えてしまうことも。印象を下げることにもなりかねないため、無香料のメイク用品を利用するのが無難です。

ファンデーションが厚塗りにならないコツは?

ファンデーションを指で塗るのは避け、スポンジやブラシを使いましょう。スポンジであれば軽くたたいてなじませるようにし、ブラシであればサッと伸ばすように塗っていきます。ファンデーションが崩れやすいおでこや目元、口周りは少ない量で伸ばしましょう。

この記事に関連するタグ