バイトに受からない原因とは?面接でやりがちな失敗や改善方法も解説!

バイトに受からない原因とは?面接でやりがちな失敗や改善方法も解説!の画像

この記事のまとめ

  • バイトに受からないときは、履歴書が汚れていたり誤字脱字がないか確認しよう
  • 面接でバイトに受からないときは、「遅刻」「失礼な態度」などが原因の可能性もある
  • 電話やメールでビジネスマナーを守れないのも、バイトに受からない原因になりやすい
  • バイトに受かりやすくなるよう、シフトに入れる日数を増やしてみよう
  • バイトに受からないときは、諦めずに不採用の原因を解消して次へ活かすことが大切

「バイトに受からない」「書類選考で落ちる」とお悩みの方も多いでしょう。このコラムでは、バイトに受からない原因や改善方法を解説しています。履歴書の書き方、面接での振る舞い、応募先企業との電話やメールのやり取りなど、一つひとつ振り返ってみましょう。面接へ行く際の心構えや履歴書作成のコツも紹介しているので、参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

バイトに受からない原因は?

バイトに受からない原因は人によって異なりますが、以下のような理由が挙げられます。

・シフトの出し方に問題がある
・履歴書に不備がある
・面接時のマナーが悪い
・応募先企業に、友人に使うような言葉遣いで電話をかけている
・応募先企業に送るメールに絵文字を使っている
・応募先や採用担当者にとって都合が良い時間を考えていない

上記の内容に当てはまっている場合は、自分の今までの選考を振り返り、一つひとつしっかりと対策を取ることでバイトに受かりやすくなるはずです。自信を持って次のバイトの選考に臨めるようになるためにも、基本的なビジネスマナーを押さえながら自分の話し方や文章の書き方、服装などを細かく分析してみましょう。

バイトに受かりにくいシフトの出し方もある

シフトに入れる日数に限りがあると、バイトに受からない可能性があります。面接では、週に何回、何時間ほどシフトに入れるか聞かれるのが一般的です。特に、高校生や大学生は授業との日程調整が必要になりますが、土日に働ける人材が欲しい応募先に対して「週2日しか入れない」「入れるのは平日のみ」と対応できる日数が少ない場合は、職場が求める人材像から離れてしまいます。希望のシフトを伝えつつ柔軟な対応が可能なことをアピールするほうが、採用される可能性は高まるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

バイトに受からない原因が履歴書にある場合の対処法

バイトに受からない原因が履歴書にある場合の対処法の画像

バイトに受からない場合の履歴書の特徴として、「誤字脱字や空欄がある」「字に丁寧さがない」「用紙にしわや汚れがついている」「写真の表情がこわばっている」などが挙げられます。特徴別に対処法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

1.誤字脱字や空欄がある

バイトに受からない場合の履歴書には、誤字脱字があったり、必要項目が埋まっていなかったりと、不備が多いようです。採用担当者に自分の魅力を伝えるための履歴書に間違いや記入漏れがあると、書類選考で落とされてしまうリスクが高まるでしょう。記入欄だけでなく、写真の貼り忘れも空欄扱いになります。応募先に提出する前に、声に出して読み上げたり、家族や友人に添削を頼んだりして最終チェックをするのがおすすめです。

2.字に丁寧さがない

バイトに受からない場合、履歴書に書く文字が乱雑だったり大きさにばらつきがあったりする特徴が見られます。書類を雑な字で書いてしまうと、採用担当者に「仕事も雑なのでは?」という先入観を持たれてしまう可能性が高いです。「採用担当者が読む書類」ということを意識し、トメやハネに気をつけながら丁寧に書くことを心がけましょう。

3.用紙にシワや汚れがついている

シワ、汚れ、シミがついている履歴書を提出すると、採用担当者に「いい加減な性格」という印象を与えてしまい、バイトに受からない可能性があります。履歴書に付着したのが些細なシワや汚れでも、そのまま提出せずに書き直してから提出するようにしましょう。

履歴書に染み付いた匂いにも注意!

喫煙習慣がある、日常的に香水を使っている、香りの強いハンドクリームなどを使っている、といった場合、履歴書に匂いが染み付いてしまう可能性があります。履歴書を書くときは、匂いの強いものは身に付けずに取り組みましょう。

4.写真の顔の表情がこわばっている

表情がこわばっていたり目つきが悪かったりするなど、写りがよくない写真を履歴書に貼ってしまうとバイトに受からない可能性があります。採用担当者は、面接時まで履歴書の写真でしか応募者の姿を確認できません。「この人と一緒に働きたい」と思ってもらうためにも、無愛想な表情ではなく、明るく和やかな表情の写真を使用するようにしましょう。

加工したプリントシールはNG

履歴書は企業に提出する重要書類です。履歴書の写真に、アプリで顔を加工したものやシール状のものを使用するのはNG。「常識がない」「ビジネスマナーが身についていない」と判断され、不採用になる可能性が高まります。証明写真機やフォトスタジオで撮影した写真を使うようにしましょう。

履歴書の基本的な書き方やマナーについては「履歴書作成の基本!学歴や志望動機の書き方と封筒を使うときのマナー」でも詳しく解説しています。「履歴書で落ちる」「面接に進めない…」とお悩みの方はぜひご一読ください。

バイトに受からない原因が面接にある場合の対処法

面接でバイトに受からない場合、「時間を守れない」「服装がふさわしくない」「失礼な態度を取っている」など、マナー違反をしているといった原因が考えられます。ここでは「書類選考は通過するのに面接で受からない…」とお悩みの方に向け、原因別の対象法を解説します。ぜひチェックしてみてください。

1.約束の時間を守らない

面接に遅刻したり、遅れることが分かっているのに事前に謝罪の連絡を入れなかったりするなど、約束の時間を守らない場合は、バイトに受からない可能性が高いでしょう。雇用形態に関わらず、働くうえで時間を守るのは基本的なルールです。面接の時点で無断遅刻をすると、採用担当者から「就業時間を守らないのでは」と思われてしまうでしょう。

2.服装がふわさしくない

ダメージジーンズや露出度の高い服装、汚れが付いたままのシャツ、派手なアクセサリーなど、個性が強過ぎたり清潔感がなかったりする服装では、バイトに受からない可能性が高いでしょう。業種や職種にもよりますが、カジュアル過ぎる服装は避けるのが無難です。また、服装だけでなく髪型や無精髭などにも気をつけ、清潔感を意識して身だしなみを整えましょう。

見た目だけでなく匂いにも注意!

香水やタバコ、整髪料などの香りにも注意が必要です。匂いの濃さによっては、採用担当者に不快な思いをさせてしまうことがあります。身だしなみを整えても受からない場合は、香水やスタイリング剤などの匂いが強くないか、第三者に確認してもらうのがおすすめです。

3.失礼な態度を取っている

失礼な態度を取っていると、バイトに受かりにくいでしょう。たとえば、挨拶をしない、ドアの開け方が乱暴、ガムを噛む、足を組んでテーブルに肘をつく、背もたれにより掛かる、といった振る舞いをする応募者を雇いたいと思う採用担当者はいないと考えられます。また、姿勢が悪いとだらしなく見えてしまうので注意が必要です。椅子に座るときは採用担当者の言葉を待ってから、浅く腰掛けるようにしましょう。手は膝の上に置き、背筋もしっかり伸ばすように意識するのがポイントです。

自分では気付きにくい癖にも注意!

面接官と会話している最中、髪を触ったり貧乏ゆすりをしたりするなど、自分では気づきにくい癖が出てしまっている場合もあります。特に、緊張していると普段の癖が出てしまうことがあるので注意しましょう。また、声が小さい、目線を逸らす、おどおどするなど、挙動不審な振る舞いをしていると、採用担当者に落ち着きがないと思われてしまいます。堂々と相手の目を見て受け答えするようにしましょう。

面接で選考に落ち続けている場合は、「挨拶はどうすればいい?面接のマナー」を参考に、まずは挨拶の仕方から見直してみるのもおすすめです。挨拶は応募者の第一印象を決める大切なポイント。すぐに取り組みやすい改善ポイントでもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

バイトに受からないのは電話・メールが原因なことも

バイトに受からない原因の一つとして、電話やメールの対応で採用担当者からの印象を下げてしまっている可能性も考えられます。電話やメールでやりがちなNG行動をまとめましたので、「面接まで進めない」とお悩みの場合は、ぜひ参考にしてみてください。

電話で気をつけること

電話では、採用担当者に自分の姿を見てもらえない分、印象良く聞こえる話し方を意識するようにしましょう。普段話している声よりも少しトーンを上げて話すようにすることで、採用担当者にハツラツとした印象を与えられます。

フランクな言葉を避ける

バイトに受からない場合は、「~しちゃいますね」「やばいです」といったように、敬語の中に友達と話すようなフランクな言葉遣いが出てしまっている可能性があります。電話では、採用担当者には自分の声と言葉しか伝わりません。表情や態度で人となりを伝えられない分、正しい敬語で丁寧な話し方を心がけましょう。

明るくはきはきとした声で話す

ぼそぼそと小さな声で話すのは、自分の印象を下げてしまう可能性があります。採用担当者は業務中であることをふまえ、何度も聞き返されて時間を費やすことがないよう、はっきりと話すようにしましょう。また、応募先が飲食店や小売店などの場合は店内がざわついていて採用担当者に自分の声が届きにくいこともあるので、電話を掛ける際には静かで大きな声を出しても問題ない場所で掛けるのがおすすめです。

忙しい時間を避けて電話する

電話は、応募先の営業時間内かつランチタイムを除いて掛けるなど、忙しい時間と休憩を妨げる時間は避けましょう。また、電話を掛ける際は、最初に「今、お時間よろしいでしょうか?」と電話対応が可能かを確認するのがおすすめです。忙しいようであれば都合の良い時間を聞き、あとでかけ直すようにしましょう。

メールで気をつけること

電話同様、メールも採用担当者に自分の姿を見てもらえない分、文章の作り方や言葉遣いによって印象が左右されます。また、電話と違いメールは何時でも送れるという感覚になってしまいがちですが、応募先に送る際は時間帯に注意しなければなりません。採用担当者が業務中に確認できるよう、応募先の営業時間内に送信するのがベターです。

友達に送るような文面を避ける

絵文字や顔文字、「!」「?」といった記号を使用するなど、友達に送るような砕けた文面のメールを送ると、採用担当者に「常識がない」と思われてしまいます。アルバイトとはいえ、雇用関係を結ぶ限りは最低限のビジネスマナーが求められると覚えておきましょう。「就活メールの返信はどこまでする?送り方や送信時間は?マナーと例文を解説」ではメールの基本的なマナーを紹介していますので、ぜひご一読ください。

誤字脱字がないかをチェックする

メールでは変換ミスによる誤字脱字が起こりがちですが、本文だけでなく応募先の企業名や採用担当者名にも間違いがないか、よく確認してから送信するようにしましょう。また、企業名を(株)で略して入力するのはマナー違反です。必ず「株式会社」と記し、正式名称で入力してから送ることに気をつけてください。

バイトに受からない原因を知って次に活かそう

バイトに受からない状況が続いても、原因を分析して失敗を次に活かしましょう。不採用になっても重く受け止め過ぎず、「落ちた会社とは縁がなかった」と考えて諦めずに前進するのがおすすめです。

しかし、仕事に就いていないニートの状態にある場合は、就労中の人より採用されにくく、ハンデを感じる可能性があります。だからといって、選考に落ちた焦りや「お金がない...」という不安な気持ちから、闇雲に応募するのは避けましょう。むやみに自分の適性と合わない会社や職種に応募すると、採用されなかったり、採用されてもミスマッチを起こしたりする可能性があります。自分に合う会社や職種に応募するために、就職エージェントの利用を検討してみるのも良いでしょう。

「バイトもいいけど正社員にも興味がある」とお考えの方は、就職エージェントのハタラクティブを活用してみるのがおすすめです。ハタラクティブは、第二新卒・既卒などの若年層の方に向けて、就職・転職をサポートしています。プロのアドバイザーとのカウンセリングでは、自分だけのキャリア形成の方向性を一緒に考えられるうえ、最適な求人のご紹介や面接の日程調整の代行、書類選考と面接の対策など、幅広いサポートを受けることが可能です。サービスはすべて無料なので、就職について一人で悩んでいる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

バイトに受からないときのお悩みQ&A

バイトになかなか受からない場合の悩みをQ&A形式で解消します。バイトに受かるコツについてもお答えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイトに受からない原因が分かりません

アルバイトに受からない原因には、履歴書に不備がある、面接での態度や言葉遣い、マナーが悪いといった特徴がみられます。また、丁寧にふるまっていても自信がなさそうな様子が見られたり、シフトに入れる日数が限られていたりする場合も、採用の対象から外れてしまう可能性があるでしょう。

応募先への電話やメールで注意すべきことは何ですか?

正しい敬語を使い、要件を簡潔に分かりやすく伝えることが大切です。友人との電話やメールのような言葉遣いは望ましくありません。電話を掛ける際は、忙しい時間帯の架電を避け、聞き取りやすい声で話すことを意識しましょう。電話を掛ける際の注意点は「バイトに受からないのは電話・メールが原因なことも」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

バイトに受かりやすくなるコツはありますか?

清潔な身だしなみや時間の厳守など、働くうえで必要なマナーを守りましょう。また、面接では相手の目を見てハキハキ話すことも大切です。笑顔でいることで、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。また、履歴書の誤字脱字は、再度書き直すのがおすすめです。空欄は作らず、熱意や自分の強みを前向きに伝えましょう。面接のコツは「ニートにおすすめのアルバイトとは?探すときのコツや面接のポイントも解説!」でも詳しく紹介しています。

履歴書を書くときのポイントは何ですか?

履歴書を書くときに誤字脱字をしても、修正テープや二重線では消さず、汚れや折れ目のない新たなものに書き直すのがポイント。また、「バイトに受からない原因が履歴書にある場合の対処法」でも述べたように、写真は3ヵ月から半年以内に撮影した、明るい表情のものを貼るのがおすすめです。志望動機では、「この応募先だからこそ働きたい理由」と熱意を伝えることを心掛けてみてください。

ニートからバイトに受からず辛いです。働く自信がありません

バイトに落ちたとしても、落ち込み過ぎずに気持ちを切り替えるのがおすすめです。落ちた原因を探り対策を講じれば、採用されやすくなるでしょう。前向きな気持ちを持つことで、採用担当者に好印象を与えられる可能性があります。ニートやフリーターから「バイトをしつつ正社員就職も視野に入れたい」という方は、就職支援サービスのハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ