ニート脱出はアルバイトからって本当?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニート脱出の方法
  6. >
  7. ニート脱出はアルバイトからって本当?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニート期間が長いと生活リズムが不規則になりがちなので、コンディションを整えるためにもアルバイトから始めるのがベター
    ・アルバイトを探すときは、自分の状況や志望している職種などに合わせよう
    ・アルバイトの面接でニート期間について聞かれた場合は、トラブル防止のためにも正直に理由を答えよう

ニートを抜け出すには、まずアルバイトから…という説があります。
そのようにいわれる所以を当コラムで詳しく解説していきますので、「今後のためにもニートを抜け出して就職したい」と考えている方はぜひご一読ください。

◆ニート脱出にはアルバイトがベターといわれる理由

長いニート生活を送っている方は、そこから抜け出すために就職活動をしたいと考えることがあるのではないでしょうか。
しかし、「年齢的に正社員としての就職を目指したい」「やりたい仕事はあるが、正社員の募集しか行っていない」などの理由から、いきなり正社員を目指そうとしていませんか?

長い間ニートとして過ごしてきた方は、これまでの自由な生活スタイルが身についている傾向にあります。
そのため、いきなり一般的な社会人の生活リズムに合わせて労働をしようとすると、体力と精神を保てず、長続きしない可能性も。

まずはアルバイトから始めて仕事を含む生活スタイルに体を慣らしていき、正社員として支障なく働けるようコンディションを整えておくことが大切です。


◆アルバイトを探す時のコツ

いざアルバイトを始めるとなると、どのような基準で選べば良いのか悩んでしまうかもしれません。

アルバイトは、社会に出てから役立つ経験やスキルを身につけるのに効果的なので、自分が希望する業界や職種などに合わせて選ぶと良いでしょう。
そのためには、自分がこれからどのような業界で働き、活躍していきたいかをしっかり考えておくことが大切です。

まず仕事のある生活に慣れることを優先したいという場合は、自分の現状に合わせてアルバイトを選びましょう。
たとえば、コミュニケーションに自信がない場合は、警備員や検品作業のような、人と接する機会が少ないアルバイトをすると良いかもしれません。

また、ゆくゆくは就職活動を並行することになるため、なるべく短時間で少ない日数のシフトから入れるアルバイトを選択するのがベストです。


◆面接ではニート期間をどう答えれば良い?

アルバイトの採用面接でも、経歴に長い空白期間が合った場合は理由を聞かれる可能性があります。

「何故ニートになってしまったのか」「ニート期間をどのように過ごしていたのか」「アルバイトをしようと思い始めたきっかけは何か」などを明確に伝えられるようにしておきましょう。
このようなことは答えにくく、つい見栄を張りたくなってしまうかもしれません。
しかし、嘘をつくとかえって印象が下がり、後々トラブルに発展する恐れがあります。
きちんと筋立てて説明ができていれば問題はないので、正直に答えることを心がけましょう。

無事アルバイトを始めることができ、働くことに体が慣れてきたら、いよいよ就職活動に取り掛かります。
初めての就職活動なら、一人で全てをこなそうとするよりも、エージェントを活用したほうが効率よく進められるかもしれません。

ハタラクティブでは、専属のアドバイザーが一人ひとりの就職活動をきめ細やかにサポート。
マンツーマンで丁寧なカウンセリングを行った上で求人情報を紹介するので、あなたの希望にマッチしたお仕事がきっと見つかります。
書類作成や面接対策などもしっかり指導するので、就職活動が初めての方も安心です。
ニートやフリーターからの正社員就職を目指している方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ