ニートにおすすめのアルバイトとは?探すときのコツや面接のポイントも解説!

ニートにおすすめのアルバイトとは?探すときのコツや面接のポイントも解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートから脱するためにはアルバイトから始めるのがおすすめ
  • ・ニートにおすすめのアルバイト探しは、シフトの融通や業務内容の簡単さを確認すること
  • ・とくにニート期間が長い人におすすめなのは、人との関わりが少ないアルバイト
  • ・アルバイトの面接を通過するには、清潔感を意識して事前練習することが重要

ニート生活を辞めて働き始めるときは、アルバイトから始めるのがおすすめです。正社員よりもシフトの融通が利き、難しくなくて働きやすい仕事も多くあります。アルバイトで少しずつ社会経験を積むことで、ゆくゆくは正社員を目指したいと考えたときの面接でも役に立つでしょう。
このコラムでは、ニートの人向けにおすすめのアルバイトや面接対策をご紹介します。脱ニートを考えている人は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートを脱するにはアルバイトから始めるのがおすすめ

ニートを脱するには、まずアルバイトを始めるのがおすすめです。長い間ニートとして過ごしてきた方は、これまでの自由な生活スタイルが身についている傾向にあります。そのため、いきなり一般的な社会人の生活リズムに合わせた労働をすると、気力や体力を保てず、長続きしない可能性も考えられるでしょう。
まずはシフトや働く時間帯をある程度自分の都合に合わせられるアルバイトを始めれば、少しずつニート生活が長くても仕事のある生活へ対応できるようになります。アルバイトを通して経験やスキルを身につけると、将来的に正社員として働く前準備につながるでしょう。

「学歴がないことでアルバイトすらできないのではないか」と不安なニートの方は、「バイトを始めたい!中卒ニートが面接で注意すべき点とは」のコラムも併せてご参照ください。

ニートがアルバイトを探す際におすすめも9つのコツ

ここでは、ニートの方におすすめのアルバイト探しのコツをまとめました。脱ニートを目指してアルバイトを探すときは、通いやすさやシフト調整のしやすさに目を向けましょう。社会経験が少ないときは業務内容が簡単なアルバイトから始めるのがおすすめです。

1.自宅からの通いやすさで探す

アルバイトのほとんどは時給制のため、自宅からなるべく近いところで働くと効率的です。ニート生活からアルバイトを始めるのは体力的な負担がかかる場合もあるので、通いやすい場所だと時間を有効に使えます。徒歩や自転車、車で移動しやすいところだと継続的に働きやすいでしょう。公共交通機関を利用する場合は、交通費支給の有無をチェックするのも大事です。

2.1ヶ月で稼ぎたい金額と時給が見合っているか

アルバイトを始めるときは、1ヶ月で稼ぎたい目標金額を設定すると、モチベーション維持につなげられます。1週間に何日シフトを入れたいのかを決め、目標金額から逆算すると、どのぐらいの時給で働くべきなのかが見えてくるでしょう。目標の時給金額がどうしても高くなる場合は、1週間の日数を調整するか、1ヶ月の目標金額を調整することが必要です。

3.シフトに融通が利くかどうか

シフトの融通が利くかどうかは、アルバイトをする上で重要なポイントです。ニート生活からアルバイトを始めるときは、週に1~3回で入って体を慣らすと無理なく働けます。いきなり週5回のフルタイムで活躍しようとすると、ストレスを感じたり早期離職につながったりするので注意が必要です。
まずは週1回の勤務から募集しているところや、シフトを1週間ごとに提出できるアルバイトを探しましょう。仕事に慣れてきたら、徐々に勤務する時間や日数を増やすのがおすすめです。

4.応募する前に雰囲気を確かめる

求人へ申し込む前に、実際に足を運んで職場の雰囲気を掴むのもおすすめです。たとえば飲食店やアパレル店などの店舗を構えているところであれば、働く人の様子や客層などを確認しておくと安心材料になります。「仕事内容は良さそうだけど人間関係が...」「一緒に働く人は良い人そうだけど業務内容が大変そう...」と感じたら、応募を避けることが可能です。自分が働く側の視点をもって観察すれば、ミスマッチを防げるでしょう。

5.自分の働きやすい時間帯のバイトを選ぶ

自分の生活リズムや体調を考慮して、一日の中で活動しやすい時間帯は何時頃か考えてみてください。これまで夜型の生活をしていた方が無理して日中帯に働くと、体調を崩してしまう可能性もあります。まずは、自分の働きやすい時間帯でのアルバイト探しをおすすめします。
朝に働ける仕事であれば新聞配達やビル清掃など、夜であればコンビニの夜勤や警備員などがあります。早朝にできるアルバイトは生活リズムを整えることができるので、夜型生活をしていた方にもおすすめです。

6.業務内容の難しすぎないものを選ぶ

ニート期間が長い方は、まずは業務内容が難しすぎないシンプルな仕事から始めることをおすすめします。たとえば、ポスティングや倉庫作業などの軽作業であれば、あまり難しいことを覚えなくても作業できるので、安心して働き始めることができるでしょう。

7.人との関わりが少ないバイトから始める

これまで人との関わりが少なかった方や、コミュニケーションに苦手意識のある方は、人と話す機会が少ない仕事から始めましょう。人との関わりに慣れるまでは、チームでの作業は比較的難しく感じるかもしれません。たとえば、倉庫作業や清掃員などの自分のペースで黙々と作業できるアルバイトがおすすめです。

8.単発シフトのバイトから始める

自分のやりたい仕事が見つからない方や、仕事を続けられるか不安な方は、単発シフトのアルバイトから始めるのがおすすめです。たとえば、イベントやコンサートなどのアルバイトは、1日や数日間といった単発シフトで終わるものがほとんどです。継続する必要がないため、仕事内容が合わなくても精神的な負担が軽くなります。

9.自分の性格や特性に合う仕事を選ぶ

仕事を長期間続けるためには、自分の性格や特性に合う仕事を選ぶことが重要です。アルバイトを探す前に、まずは自分の性格や特性はどんなものか考えてみましょう。たとえば、人との関わりが苦手な場合は、一人で淡々と作業することができる仕事を選ぶと無理なく仕事を継続できます。

「まずはアルバイトから始めたい」と考えているニートの方は、「まずはバイトから!ニートからの脱却方法と就職のコツ」のコラムも併せてご参照ください。

ニートにおすすめの20種類のアルバイト

ここでは、長くニート生活をしていた人でも始めやすいアルバイトをご紹介します。月1回から始められるものや、自分のペースを維持して働けるものもあるので、少しずつアルバイトを始めていきたい人にもおすすめです。

1.登録型のアルバイト

登録型のアルバイトは、派遣会社に登録して日雇いの仕事をする方法です。登録説明会に参加して仕事の流れを確認し、自分の情報を登録したら働けるようになります。最近ではWebで登録を完了できるところもあり、即日で働き始められる派遣会社も。
月1回や数ヵ月に1回の勤務でも応募可能な求人が用意されています。登録型のアルバイトは単発の仕事が多いですが、うまく都合をつければ週5回で働くことも可能です。

2.倉庫作業

倉庫のアルバイトは、商品の運搬や梱包、ピッキングなどのシンプルな業務がほとんど。その日中に覚えられる業務もあるので、難しいアルバイトはしたくないという人におすすめです。また、黙々と作業を進められる仕事が多いので、コミュニケーションを避けたい人や物事をコツコツと取り組める人に向いているでしょう。

3.コンビニの夜勤

コンビニの夜勤は、夜型の生活に慣れている人に向いています。ニート生活で不規則な生活になっていても、夜勤に携わることが可能です。夜間はお客さんの数が少ないため、人と接するのが苦手な人も活躍できるでしょう。
また、深夜手当が付くので時給は少し高めになっていることもポイントです。コンビニは接客業がメインのため、働くうちに笑顔や挨拶する姿勢が身につくでしょう。

4.警備員

警備員には、施設警備・雑踏警備・輸送警備・身辺警備などの種類があります。アルバイトの求人でよくあるのが施設警備です。施設警備では、ショッピングモールやオフィスビル、病院などの施設を巡回したりモニターで監視したりします。警備員の仕事は人と接する機会が少なく、シフトも日勤と夜勤があるので、ライフスタイルに合わせて働けるでしょう。

5.飲食店のキッチン

居酒屋やファミレス、レストランなどのキッチンアルバイトは、接客する機会がほとんどないのでニートから始めるのにおすすめです。賄いが出ることも多く、食費を浮かせられるのも魅力の一つ。キッチンの仕事は未経験で働ける場合もあるので、料理の腕に磨きをかけられます。

6.デリバリー

デリバリーのアルバイトには、ピザ屋・寿司屋・ファミレスなどが該当します。バイクで配達することが多いため、原付免許を取得していると良いでしょう。なお、最近では個人でデリバリーサービスに登録して自転車で配達できる仕事もあるので、免許を持っていなくても始めることが可能です。

7.本屋

本屋のアルバイトは1勤務あたりの労働時間が短くても応募可能なところもあり、ニートの方が始めるのにおすすめです。また、本が好きな人であれば常に本に囲まれた環境で働くことができるうえ、新刊の情報を得られるのもメリット。ただし、駅構内にある書店や大型書店は、絶え間なくお客様が来店するので忙しい場合があることを理解しておきましょう。

8.ネットカフェ・漫画喫茶

ネットカフェや漫画喫茶では、来店時・退店時のレジ応対や清掃、パソコン操作に関する対応などを行います。飲食物を提供している場所もあるので、店舗によっては調理を担当することも。24時間営業の店舗が多いため、希望の時間帯にシフトを入れ、自分のペースを維持しながら働けるでしょう。

9.清掃員

清掃の仕事は、オフィスビルや商業施設、病院、駅、ホテルなどさまざまな場面で見かけます。物を綺麗にする仕事なので、人と接する機会はほぼないでしょう。ただ、決められた時間内で清掃を完了する必要があるため、テキパキとした動きを求められる職場もあります。
会社によっては正社員登用をしていることもあるので、アルバイトをして肌に合えばそのまま正社員として働くことも可能です。

10.覆面調査モニター

長くニート生活をしていた人でも、自分の都合に合ったタイミングでアルバイトできるのが覆面調査モニターです。調査内容はさまざまで、店舗に行って店員の接客を確認したり、電話で会社に問い合わせをしてその応対を受けたりします。会社の基準に沿って評価するので、自分の感情を優先することはできません。調査の場所や期限に合わせてモニターしたい人が担当するため、自分のペースに合わせてアルバイトができます。

11.家事代行サービス

家事代行サービスは、週1勤務や短時間勤務でも応募可能なところがあるため、「いきなり働き出すのは不安」というニートの人にもおすすめです。特別な資格は必要なく、未経験でも働けるのも魅力の1つ。具体的な業務内容は、料理や掃除、片付け、洗濯、買い物、ペットの世話、子供の世話などです。時給が高めの会社もあるので、効率的に時間を使えます。

12.文字起こし

文字起こしとは、講演会やインタビューなどの録音された音声を文字に起こす仕事です。録音音声をもとに一人で黙々と作業できるので、「人との関わりが苦手」というニートの人にもおすすめです。ただし、専門知識を持っていないと聞き取りにくいものや、正確な日本語表記を求められる文字起こしの仕事もあります。文字起こしの仕事を探す場合は、求められる難易度をしっかり確認してから応募しましょう。

13.データ入力作業

データ入力の仕事にはさまざまな種類があり、出社せずに在宅のみで行える仕事もあります。たとえば、書類を郵送で受け取って締め切りまでにデータ化する仕事や、リストアップされたデータを受け取りWebシステムに入力していく仕事などがあります。タイピングに自信がなくても、在宅で行えるので時間帯を気にせず自分のペースで仕事を進めることができます。

14.Webライター

Webライターはネットで記事を書く人のことで、専門知識やスキルが無くても気軽に始めることができます。「文才がないので不安」という人も、文字数の少ない記事から始めて数をこなしていくうちに、文章力が鍛えられて長文が書けるようになります。ランサーズやクラウドワークスのような大手クラウドソーシングサイトに登録すると、数多くのライティングの求人がありますので、自分の興味やスキルに合う依頼を探して挑戦してみましょう。

15.アンケートや商品モニター

アンケートや商品モニターの仕事は、空いた時間でさっと作業できるので気軽に始められます。単価が数円などの安い案件が多いので、複数のアンケートサイトなどに登録しておき、1日の作業量を増やしていくことが重要です。
自分の得意分野のアンケートや商品モニターならば楽しみながら数をこなせます。たとえば、化粧品が好きな方なら、様々な試供品を試せる化粧品の商品モニターをおすすめします。

16.梱包作業

梱包作業とは商品をダンボールや袋に詰める仕事です。単純作業なので専門知識やスキルが無くても始められます。扱う商品は家具家電などの大きなものから、おもちゃ、本、食品などさまざまなものがあります。場所は基本的に工場や倉庫での作業になります。

17.ポスティング

ポスティングとは、指定されたエリア内の各家庭のポストにチラシを投函して回る仕事です。移動手段は徒歩、自転車、バイクなどの自分の移動しやすい方法でマイペースに行えます。ポスティングはひたすら投函するだけなので覚えることも少なく、移動し続けることで体力をつけられるメリットもあり、ニート生活が長い方におすすめの仕事です。

18.コールセンター

コールセンターは電話越しに人と話す仕事ですが、特別なスキルは不要でありコミュニケーション能力が問われることもありませんので、人と話すのが苦手という方にもおすすめの仕事です。
お客様相談センターなど、相手からの電話を待つインバウンドのコールセンターならば、対応方法がマニュアル化されているので臆することはありません。マニュアルで対応できない案件は、アルバイトではなく社員が対応してくれます。

19.セルフのガソリンスタンド

セルフのガソリンスタンドは、建物の中でお客様の給油を監視することがメインの仕事です。給油方法の説明などで多少の接客はありますが、有人のガソリンスタンドより覚えることが少なくて働きやすいです。手が汚れることが苦手な人にはこの仕事は向きませんが、車好きの方ならばより楽しく働けるでしょう。

20.工場のライン作業

工場のライン作業では、人との関りがほとんどなく一人で黙々と作業を進めることができます。最初に仕事を覚えるまでは他の人から教えてもらう必要がありますが、その後は一人でマニュアル通りの作業を行い、生産ノルマを達成していくことになるでしょう。

ニートがアルバイト面接に受かるための7つのポイント

ニートの方がアルバイトの面接に受かるためには、身だしなみを整えたり笑顔を意識したりすることが大切です。また、よくある質問への答え方を考えておき、事前に面接練習をするなどの対策も有効です。ここでは面接を通過するためのコツについてまとめましたので、詳しくご紹介します。

1.清潔感を意識した身だしなみで挑む

アルバイトの面接では、清潔感を出して好印象を与えることが大切です。髪が伸びてぼさぼさになっていたら、理髪店に行って身だしなみを整えましょう。面接の際は、前髪を流して額を見えるようにすると、明るい印象につなげられます。
男性の場合は髭も剃ることも大事です。意図的に伸ばしているのであれば、髭の形を整えると綺麗に見えます。髪が長い女性の場合は、後ろで一つにまとめるとさっぱりとした印象につながるでしょう。
アルバイトの面接の場合は、指定がなければ私服で問題ありません。ただし、カジュアルな服装は避け、落ち着いた印象を与えられるものにしましょう。

2.笑顔や話し方を意識する

面接官と話すときは、広角を上げて笑顔を作ると、人当たりの良い印象を与えられます。相手の目を見ながらハキハキと対応するようにしましょう。目を見るのが苦手と感じる人は、面接官の鼻辺りやネクタイ付近を見るのがおすすめです。
また、相手の話を上手く汲み取れなかったときは、遠慮することなく「今のは△△という意味でしょうか?」と確認するようにしましょう。曖昧な受け答えをして的外れな回答をすると、マイナスなイメージを持たれかねません。自分が話すときも、ゆっくりで問題ないので自分が意図している内容を正確に伝えましょう。

3.空白期間についての質問に答えられるようにする

アルバイトの面接では、空白期間に何をしていたのかを答えられるようにしましょう。面接官は、空白期間のある応募者に対してその理由があるかを質問します。回答時は嘘をつくことなく、本当のことを伝えるのが大切です。
家庭の事情で介護をしなければいけなかった場合は、その旨を説明しましょう。ニート期間に資格取得や趣味関係の学習に励んでいた場合は、その内容や身につけたスキルについて伝えます。空白期間をネガティブに捉えられないよう、前向きな姿勢をアピールしましょう。

4.具体的な志望動機を用意する

具体的な志望理由を用意していれば、面接官に「大変な仕事であってもきちんと働いてくれそう」「その理由であればこの仕事に向いていそう」といった前向きな印象を与えられます。なぜそのアルバイトをしたいのか、その理由に説得力があると、面接官は採否を決めやすくなるでしょう。
たとえば倉庫アルバイトの場合、「黙々とした作業が好き」といった理由を伝えられます。コンビニの夜勤であれば「接客に挑戦してみたい」という理由を挙げられるでしょう。ただし、志望理由と仕事内容があまりにもかけ離れていると、ミスマッチだと判断される可能性があるので注意が必要です。

5.事前に面接練習をしっかりしておく

定番の質問への答え方を準備しておき、事前に面接のシミュレーションをしておくことが大切です。答え方を準備していても、いざ面接本番になると緊張してしまってうまく答えられないことがあります。準備した答えをしっかり声に出して練習しておき、うまく話せるように慣らしておきましょう。

6.履歴書は正直に書く

履歴書に空白期間があると「採用されないのでは」と不安に思う方もいると思いますが、履歴書は正直に書きましょう。嘘を書いてしまうと、面接のときはうまくごまかせたとしても、後々話がかみ合わなくなり気付かれてしまう可能性が高いです。嘘をついたとなると信用は一気に下がります。履歴書は正直に書き、前述のとおり空白期間についての質問に答えられるようにしておきましょう。

7.落ちてしまってもネガティブになりすぎない

アルバイトの求人は幅広く展開されているため、万が一面接に落ちたとしても、「次の機会がある」と前向きな気持ちを持つようにしましょう。とはいえ、面接に落ちたのには何かしらの理由があるはずです。不採用になった場合は、面接官とのやり取りを振り返り、「なぜ落ちたのか」を考えるようにしましょう。
万が一連続して面接に落ちると、志望動機や面接の態度など、共通した原因があることも考えられます。アルバイトの面接に不安を感じるときは、家族や友人に面接の練習を頼み、客観的な視点からアドバイスをお願いしてみましょう。次の面接に合格できるよう、対策を練ることが大切です。

アルバイトの面接に受かるポイントについてさらに詳しく知りたい方は、「ニートがバイトの面接に受かるコツ!空白期間はどう説明する?マナーも解説」のコラムも併せてご参照ください。

自分に合うバイトを見つけてニートから卒業しよう

上記のコツやポイントを参考に、自分に合うアルバイトを見つけてニートからの卒業を目指しましょう。アルバイトに受かれば、毎月の収入を得られるようになります。金銭面で余裕を感じられると、ニート生活をしていたときよりも心にも余裕を持てるようになり、次第に自分のやりたいことが見えてくる人もいます。働くことに体が慣れてきたら、就職活動に取り組むのも一つの手です。

一人で就活をするのが不安なニートの方は、就職エージェントを活用してみましょう。既卒者やフリーターなどの若年層を対象としたハタラクティブでは、専属のアドバイザーが一人ひとりの就職活動をきめ細やかにサポートします。未経験で応募が可能な求人も多数あり、書類選考や面接の対策なども行っているので、就職活動が初めての方も安心です。ニートやフリーターからの正社員就職を目指している方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION