1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートになりたいと思う人の理由と現実的な話し

ニートになりたいと思う人の理由と現実的な話し

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートになりたいと思う理由は主に仕事からくるストレスが原因
    ・一生ニートとして暮らすことは現実的に厳しい
    ・ニートになりたいなら先を予測して計画することが大切
    ・時間や心に余裕がないと視野が狭くなってしまう可能性が高い
    ・人生に行き詰ったらまずは人に相談する

ニートになりたいと思う人の理由と現実的な話しの画像


仕事をしていて「ニートになりたい」と思ったことはあるでしょうか。 
「ニート」は「働く意思のない人」を指すようです。仕事を辞めて、そのままずっと家にいたい、働きたくないと考える人はゼロとは言えないでしょう。 
そのような考えをもつ人にはどんな理由があるのか。また、ニートとして生活することは現実的に可能なのか、詳しくまとめました。

ニートになりたいと思う理由 

まずは、仕事を辞めてニート生活に憧れる人はどのような理由があるのか見ていきましょう。 
 

ニートになりたいと思う人は

・仕事ばかりで時間に追われた生活をしている 
・上司や同僚など、人間関係がうまくいかない 
・過度に働いている 
・趣味の時間を作りたい 
・心の余裕が欲しい 
・仕事で失敗ばかりする 
・人と話すのがそもそも苦手 

 

ニートになりたい人は時間の拘束や人間関係など、仕事に対して精神的、体力的に疲れている人が多いようです。 
しかし、実際にニートとして生活した時のことを考えずに、仕事を辞めてしまうと後悔することになり兼ねません。 
ニートとして暮らすことは具体的にどのようなことなのか、詳しく知っておくことが大切です。

 

ニートとして暮らすことはできる? 

実際にニート生活は可能なのでしょうか。ニートになると決める前に、以下のことを考慮しておくべきでしょう。 
 

将来にかかる生活費を算出する

ニートになれば収入がゼロになります。これから生きていく上で、必要なお金を算出しておくことは重要です。 
 

お金を貯蓄する

ニートになりたい期間の必要なお金が算出できたら、その額に到達するまで貯金することが必要になります。 
「一生ニートになりたい」と考えるのであれば、憶単位の貯蓄が必要でしょう。 
 

誰にも頼らないことを条件にするなら 

誰にも頼らずにニート生活を実現させたいのであれば、ニート暮らしを期間限定に定めるなど、現実的に自分の貯蓄で生活できそうな時期を定めるのが大切です。 
「一生ニート暮らし」というのは膨大な金額が必要になり、現実的には厳しいのではないでしょうか。 
 

本当にニートになりたい? 

ニートとして生活することは、さまざまなリスクがあるでしょう。 
どんなリスクがあるのか、まずは例を挙げてみました。 
 

社会との距離を感じ、孤独を感じる

時間に縛られ続けていた人がニートになると、最初はストレスから解放されたような気持ちになることが多いようです。 
しかし、長期的にニート生活を続けると、友人や家族とのライフスタイルの違い、話題の違いなどについて行けないことがあります。また、社会との距離を感じ、孤独なニート生活を送る可能性もあるのです。 
 

ブランクが出て、求人の選択肢が狭まる

例え期間を決めたところで、ニート生活を実現させても、貯金が底をつけば働くことになるでしょう。 
再就職をした時、ニート生活は履歴書で空白期間となるため就職の難易度が上がってしまう恐れがあります。 
また、年齢を重ねるごとに求人の選択肢が少なくなり、希望に合わせた企業に出会えるのも難しくなるでしょう。

 

現状から逃れたいという気持ちだけで、先回りするのはおすすめできません。 
「本当にニートになりたい」と考える前に、まずは「転職」を視野に入れてみることが大切です。 
 

ニートになりたい人に向けたお悩みQ&A

ニートになりたいと思っている人は、今の仕事に不満がある場合が多いでしょう。現状を変えたいけれど、ニートになっても良いのかと悩んでいる人に向けて、不安やお悩みをQ&A形式で解消していきます。

 

ニートで辛いことは何ですか?

ニートになると社会的信用を失う可能性が高いでしょう。
クレジットカードを作れなくなったり、ローンを組めなくなったりするほか、結婚も難しくなる恐れがあります。また、年金や社会保険料の支払いができないと、将来もらえる年金が少なくなったり、医療費の全額が自己負担になったりなど、将来的に辛くなることも。「退職したあとニート生活が長引くと危険?早めの脱出を!」を読んで、メリット・デメリットを確認しましょう。
 

ニートにならずに休む方法はありますか?

勤務先に休職制度があれば、長期で休めるでしょう。
休職制度は雇用を継続しながら休むことが可能です。休職の期間や、復帰の条件は会社によって異なります。医師の診断書が必要な場合もあるので、人事部や上司に確認が必要です。ニートになる前に、「休職ってどんな扱い?仕事を長期間休むときの申請方法」を読んで、休職制度の利用を検討しましょう。
 

ニート生活で気をつけることはありますか?

ニート生活では、規則正しい生活や、社会とのつながりを心がけましょう。
ニートは時間の制約がなく、生活習慣が乱れがちです。また、人と会う機会が減るため、社会から切り離されてしまう恐れも。そのような生活を続けると社会復帰が難しくなるので、ニート期間中も早寝早起きをして、友人や職業紹介施設の相談員などと話す機会を作りましょう。「ニートを脱出するには?効果的な方法をご紹介」を読んで参考にしてください。
 

一度ニートになると再就職は難しいですか?

ニート経験がない人に比べて、就職は難しくなるでしょう。
面接官は「すぐに辞めてしまうのでは」とリスクを考えてしまいます。「何歳まで就職可能?ニートを卒業するために必要なこと」で、ニートの就職について詳しく紹介しているので、参考にしてください。今の仕事が辛いなら、転職を考えるのも良い方法です。ハタラクティブなら、就活アドバイザーと一緒にキャリアの方向性を決められます。自分では気づかなかった強みを見つけて、新しい仕事に挑戦してみましょう。ニートになるのを迷っているなら、まずは相談するのがおすすめです。
 

悩みに対応する就活エージェントがある 

ハタラクティブは、仕事にストレスを抱えている人や就職に疑問を感じる人など、仕事や就職にまつわる悩みに対応。経験豊富なプロの就活アドバイザーが、マンツーマンで相談に応じます。 
 

限界を感じるならまずは相談

現状に行き詰まっていると、視野が狭くなり、さまざまな選択肢があることを見失ってしまいがちです。 
余裕が持てないまま自分だけで、動いてしまうと後々後悔する恐れも。仕事が嫌、人間関係がうまくいかない、という仕事にまつわる悩みはハタラクティブが対応します。 
ニート生活を考える前に、まずはご相談ください。 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる