35歳以上のニートが直面する就職事情とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 35歳以上のニートが直面する就職事情とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・35歳以上のニートは就職しづらいため、すこしでも早く動くほうが良い
  • ・一度ニートになると、社会から厳しい評価をされがち
  • ・就職しやすい業界に目を向けてみるのも得策
  • ・公的もしくは民間の就職支援を利用するのも良い

一般社会へ「ニート」という言葉が浸透して随分経ちます。しかし、ニートの定義や就職を考えたときの実情などは、よく知られていないのが現状のようです。このコラムでは定義を踏まえつつ、30歳代のニートが向き合う就職事情を言及し、対策方法を考えていきます。

ニートについて

「ニート」という言葉から想像するのは、何歳くらいのどのような人物でしょうか。おそらく、20歳代の無職者を思い浮かべる人が多いと思います。
果たしてそのイメージは合っているのか、またニートになった背景なども確認していきましょう。

ニートの定義

厚生労働省は、ニートのことを「非労働力人口のうち、15~34歳に限定し、家事も通学もしていないその他の者」 と定義しています。また、内閣府は「学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事をしていない15~34歳の個人」というカテゴリーに分類。
また、収入がないため、経済的に親や兄弟の世話になっているというケースがほとんどです。
これらをまとめると、ニートとは下記のような人物だといえます。

・15~34歳
・学校に通っていない
・職についていない(アルバイト含む)
・経済的に自立していない
・実家に親と暮らしているケースが多い

いわゆる「ひきこもり」と似ているように感じますが、両者は似て非なるもの。ひきこもりは、社会や外部の人間あるいは家族との交流すらも行わず、頑なに殻に閉じこもっている状態です。
しかし、ニートには数多くのタイプがあり、外に出るのを好まない人もいれば、そうでない人もいます。友人との付き合いも同様です。

ニートになった理由

ニートのことを一般的に見ると、おそらく「どうして仕事をしないのだろう」「働けばいいのに」といった声があがることでしょう。しかし、ニートには、自分なりの理由があって今の状況にいるようです。
どうしてニートになったのか、ということに目を向けてみましょう。

・就活に失敗し、心が折れてしまった
・就職したものの、上手く馴染めず辞めてしまい今にいたる
・家族の介護や看病のため、未就職もしくは離職
・自分自身の病気や怪我、ハンデがネックになっている
・苦労したくない、できれば仕事をせずにいたい

上記のような理由を見ると、積極的にニートの道を選んだ人は少ないことが分かります。なかには職に就きたいと考えている人もいるでしょう。そこで、今の状況から危惧されることを次の項で考察していきます。

ニートでいることのデメリット

仕事に就いていない、ということで生じるデメリットについて見ていきましょう。

・収入がないため、自由に使えるお金がない
・社会的信用が得られないためローン審査に通らない
・親が高齢となり将来的に心もとない
・婚期が遠のく
・就職しづらくなる

お金のことはもちろん心配ですが、ここで注目すべきは「就職しづらくなる」という点。ニートの期間が長くなればなるほど、就職が困難になるようです。特に30代半ばにさしかかると、その傾向があります。
就職を考えているニートの方は、自身の年齢を見つめ直し、どのような策を取ればいいのか考える必要があるようです。

35歳の壁とは

ニートである期間が長ければ長いほど、就職しづらいといわれています。また、期間だけではなく年齢にもタイムリミットがあるとの説も。
それが「35歳の壁」といわれるものです。

若者向けの就職支援機関

ハローワークの存在はよく知られていますが、国や都道府県は、新卒応援ハローワーク・わかものハローワーク・ジョブカフェといった、若年層に特化した就職支援機関も数多く設置しています。
しかし、これらの機関はおおよそ34歳までの人を対象としているため、35歳のニートはあぶれてしまうことになります。また、支援機関に限らず、企業側も35歳以上のニートを採用することは稀なのが実情のようです。

高齢ニート

35歳の壁、と共に耳にするフレーズに「高齢ニート」という造語があります。明確な定義はありませんが、ニートのまま40代になった人のことや働く気がない40~50代の人のことを指すようです。
この年代になると、就職に対して、焦燥感よりも諦め感の方が増してくるかもしれません。本当に就職を望むのであれば、1歳でも若い内に行動するほうが賢明でしょう。

かつての就職氷河期の影響

日本の就職事情を語るうえで知っておきたい出来事に「就職氷河期」というものがあります。日本の経済が低迷期にあり、企業は新卒の新規雇用を控えていた時期のことです。
なかでも、次項で扱う「失われた10年」の影響は、今なお余波があります。

失われた10年

1990年前半にバブルが崩壊したのち2000年くらいまで、各企業は新規採用を控えていました。その影響をダイレクトに受けたのが団塊ジュニア世代です。
この世代のなかには、就職ができないまま現在にいたっているというケースが少なくありません。

つまり、35歳以上のニートは実はたくさんいるということです。自分だけではなかった…という安堵感を得る必要はありませんが、「30代後半職歴なし」は珍しくないということが認識できます。それだけ、一度ニートになると抜け出すのが困難であるということです。

リーマンショック以降

失われた10年ほどではありませんが、2008年のリーマンショック以降も経済は低迷期に突入。
この時期、就活がうまくいかず当面の生活費を得るため、非正規雇用に就いたという人が大勢いました。その後、上手く正規雇用に結びついた人もいれば、雇用期間が終わり図らずもニートになったという人も多数います。

自分が望んでいないにもかかわらず、ニートになってしまうのは不本意でしょう。ましてや、その状況から抜け出せないというのであれば、人生に対する希望が持てなくなりそうです。
なんとか就職へつながる策を次項で考察していきましょう。

就職活動のポイント

一度ニートになると、社会人経験が少ないと見られがちなため、就活は大変困難です。しかし、可能性はゼロではありません。
ニートが少しでも効果的な就活をするには、どのようなことに気をつければいいのか、見ていきましょう。

自分の立ち位置を確認

就職するのであれば、大手企業が良い、給与が高いほうが良い、福利厚生が手厚い方が…など希望をいえばきりがありません。
しかし、果たして自分にそれに見合うスキルや知識、経験があるかということを考えることが大切です。

・自分を過大評価していないか
・自分にできることはなにか
・自分に続けられそうか

上記のようなことを自身に問いかけてみてください。自ずと、自分か活躍できるフィールドが見えてくるでしょう。

就職しやすい業界

特にこだわりがない場合は、就職しやすい業界に目を向けてみるのも効果的な方法です。以下に、狙い所の業界を紹介します。

・飲食業界
・宿泊業界
・介護業界
・不動産業界
・小売業界
・運送業界
・タクシー業界
・警備業界

これらの業界では、通年を通して求人があるようです。
実際に挑戦してみると、意外にマッチするかもしれません。万が一、合わない場合でも次へのステップと考え、ひとまず取り組んでみることが大切です。

職歴が希薄でもアピール次第

履歴書の職歴欄に空白が目立っても、臆する必要はありません。ニート状態ではあったが希望をもって就活にはげんでいることをアピールしてください。
あなたの勇気と正直さを評価してくれる会社があると思われます。

公的機関やNPO法人の利用

国や地方自治体のアプローチを利用するのもオススメ。ニートや高齢ニートが仕事に就きやすいように、公的機関やNPO法人とタッグを組んでサポートすることがあります。せっかくの機会を無駄にしないよう心がけたいものです。

就職エージェントの活用

目新しいところで、民間の就職エージェントを利用するのも良いでしょう。ハタラクティブでは、個々人の状況を考慮しつつ適当な会社を紹介しています。
また、面接のアポ取りや質疑応答の練習なども実施。些細なことから就職後のサポートまで、真摯に行います。まずはお気軽にご相談ください。

35歳のニートの就職に関するお悩みQ&A

35歳以上のニートの方が就職するには一定の難しさがあります。ここでは、35歳ニートの就職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

35歳のニートは就職できませんか?

社会人未経験の場合、就職には一定の難しさがありますが、あきらめなければ十分可能でしょう。大切なのは、なぜこれまで就職しなかったのかを明確にし、できるだけ早く就活を始めること。身だしなみや就活マナーをチェックし、就職の準備は徹底するようにしましょう。35歳からの就職のコツは「35歳からでも遅くない!ニートから就職を目指そう」を参考にしてみてください。

ニートは35歳までって本当ですか?

日本でニートは、「15歳~34歳の非労働力人口から、学生と専業主婦を除き、求職活動を行っていない人」を指すのが一般的。35歳を超えると「高齢ニート」や「中年ニート」と呼ばれます。詳しくは、「ニートは34歳まで?正社員になるために必要なこと」をご覧ください。

35歳ニートにおすすめの就職先はありますか?

需要が高い仕事を選ぶのがおすすめです。IT業界のプログラマーや介護業界の介護スタッフは、比較的需要が高い傾向があります。必須となる資格はありませんが、できれば資格を取得しておいた方が就職に有利になる可能性があるでしょう。そのほか、おすすめの就職先や就活のポイントは「就職したい!35歳ニートができること」を参考にしてみてください。

35歳までにニートを脱出するにはどうしたら良いですか?

できるだけ早く就職活動をすることが大切です。年齢が若いうちは人間性や可能性を評価する「ポテンシャル採用」が主流ですが、年齢が上がるにつて経験や能力が重視されます。就職が不安な場合は「35歳までに就職したい…ニートを抜け出すには?」をチェックしてみましょう。それでも心配な場合は、就職支援サービスを受けてみるのもおすすめです。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ