35歳以上のニートが就職するには?呼び方や定義をご紹介!

35歳以上のニートが就職するには?呼び方や定義をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 35歳以上のニートの呼び方は「中年無業者」や「高齢ニート」などがある
  • 35歳以上のニートは、社会人経験の少なさから「就職が難しい」といわれている
  • 35歳以上の人がニートになったのは、就職氷河期などの社会情勢が理由の一つ
  • 35歳以上のニートが目指しやすい業界は、求人数が多い飲食や小売、運送業界など
  • 35歳以上のニートが就職するには、就職支援機関を利用すると効率が良い

「35歳以上のニートの呼び方は?」「職歴なしの状態から就職できる?」と気になる方もいるでしょう。35歳以上のニートは「ニート」の本来の定義から外れるため、就職のためにはより早く行動する必要があります。このコラムでは、35歳以上のニートの呼び方や就職活動を成功させるポイントなどを解説。35歳以上のニートが就職を成功させるにはどうしたら良いか知り、就活に向け行動を開始しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

35歳以上のニートの呼び方は?

35歳以上のニートの呼び方は?の画像

一般的にニートとは15歳から34歳までの仕事をしていない人を指し、「若年無業者」とも呼ばれます。35歳以上になると「ニート」という言葉の定義からは外れるため、「中年無業者」と呼ばれるようです

35歳以上は高齢ニートという呼び方もある

35歳以上の場合、「高齢ニート」や「中年ニート」という呼び方もあります。明確な定義はありませんが、ニートのまま40代になった人のことや、働く気がない40~50代の人のことを指すようです。

ニートの定義とは

厚生労働省によると、「15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない」人をニートとして定義しています。仕事をしていない学生や主婦の場合はニートではありませんが、学籍はあっても通学していない人や、既婚者で家事をしていない人はニートと呼ばれることがあるようです。働いていない理由がどのようなものであれ、上記の定義に該当する人はニートと呼ばれます。ニートの定義については「ニートは34歳まで?正社員になるために必要なこと」でも解説しているため、ぜひチェックしてみてください。

無職や引きこもりと35歳以上のニートの違い

混同されがちな「ニート」と「無職」「引きこもり」ですが、詳しくは以下のような違いがあるといわれています。

無職とニートの違い

無職とニートの違いは、年齢にあります。無職とは学生や主婦を除く定職に就いていないすべての人のことを指し、ニートと違って年齢の定義はありません。また、臨時の短期アルバイトや日雇い労働などをしている人も、「定職」に就いているわけではないので無職に含まれます。一般的に無職の人は「働く意思があるにもかかわらず定職に就いていない人」と考えられているようです。

引きこもりとニートの違い

引きこもりとニートの違いは、外出や活動量の差といえるでしょう厚生労働省によると、引きこもりとは「就学や就労、交遊などの社会的参加を避けて、原則的には6ヶ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態」を指します。家庭外での交友関係や交流の場がある場合はニート、そういった社会的参加が一切なく、部屋にとどまっている状態が続くなら引きこもりと呼ばれるようです。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について
まず知ろう!「ひきこもりNOW」!

未経験OK多数!求人を見てみる

「35歳以上のニートの就職が難しい」といわれる理由

「35歳以上のニートの就職が難しい」といわれる理由の画像

35歳以上のニートは正社員・アルバイトを問わず職務経験が少なく、仕事で活かせるスキルが身についていないため就職が困難になりやすいといえます。この項目では、具体的な理由について確認していきましょう。

35歳以上は若年層向けの就職支援の対象外になるため

34歳までは、わかものハローワークやジョブカフェといった若年層向けの就職支援の対象です。専門知識をもったスタッフによる就職相談や職業紹介、セミナーといったサービスを受けられるため、安心して就職活動に臨めるでしょう。しかし、35歳になると若年層向けの支援対象からは外されてしまいます。そのため、利用できる就職支援サービスの幅が一気に狭まってしまうでしょう。

35歳以上は経験やスキルが重視されるため

30代の就職・転職では、即戦力となる経験やスキルが求められる傾向があるため、35歳以上のニートは評価されづらいといえます。一般的に、20代のうちは長期的な目線での育成を念頭に置き、柔軟性や将来性を重視したポテンシャル採用が主流です。しかし、30代は社会人経験やスキルがあることを前提に採用活動が行われることが多いといえます。そのため、ニート期間が長ければ長いほど、職務経験が少ないことで不利になりやすいでしょう。

35歳以上のニートは対人能力が問題視されやすいため

35歳以上で社会人経験が少ないニートは、「仕事でうまく人と関わっていけるか」「社会人として必要なマナーをわきまえているか」といった懸念を抱かれやすいでしょう。新卒入社であれば研修をとおして成長していけますが、35歳以上で職歴なしの場合はマイナスイメージになりやすく、就職に影響する恐れがあります。

就職市場における35歳以上ニートの現状については、「35歳から始める仕事!就職しやすい業界や必要なスキルは?」でも触れているのでご一読ください。

35歳以上のニートの実情

35歳以上のニートの実情の画像

内閣府の調査「令和4年版 子供・若者白書」によると、令和3年における35~39歳のニートは17万人でした。15~39歳の総計が75万人のため、全体のおよそ23%を占めています。このことから、35歳以上のニートも一定数いることが分かるでしょう。

第 3-3 図 若年無業者数の画像

引用:内閣府「令和4年版 子供・若者白書 第3章 第2節 困難な状況ごとの取組 第 3-3 図 若年無業者数

35歳以上の人がニートになった理由

35歳以上の人がニートになった理由は、新卒就活時期の社会情勢が影響している可能性があります。この項目で詳しくみていきましょう。

就職氷河期の影響を受けた

35歳以上のニートのなかには、就職氷河期の影響を受け正社員就職ができなかった人がいます。おおよそ35歳から54歳までの年代は、バブル経済の崩壊を受け就職が非常に厳しかった就職氷河期と呼ばれています。正社員就職が非常に狭き門となったため就活が上手くいかず、アルバイトなどの非正規雇用でしのいできた人もいるようです。

リーマンショックの影響を受けた

35歳以上の人がニートになってしまったもう一つの理由として、2008年のリーマンショックによる世界的な経済危機の影響が挙げられます。バブル崩壊後に次ぐ第二の就職難が訪れ、新卒入社が叶わずにニートのままという方も多いようです。

就職氷河期世代の問題として、アルバイトなどの非正規雇用が多い、年収が低いことなどがあります。「就職氷河期とはいつのこと?世代の特徴や受けられる支援を解説!」では、氷河期世代向けの支援や就職方法について紹介しているので、ぜひご覧ください。

参照元
内閣府
令和4年版 子供・若者白書

35歳以上でニートでいることのデメリット

35歳以上でニートでいることのデメリットの画像

35歳以上でニート生活を送っていると、収入面や将来など、さまざまな理由で不安を感じやすくなるでしょう。具体的なデメリットは以下のとおりです。

・収入がなく自由に使えるお金がない
・社会的信用が得られずローン審査に通らない
・親が高齢となり将来的に心もとない
・就職しづらくなる

注目すべきデメリットは「就職しづらくなる」という点。「35歳以上は経験やスキルが重視されるため」で解説しているとおり、ニートの期間が長くなればなるほど就職が困難になる傾向にあります。就職を考えているニートの方は、自身の年齢を見つめ直し、どのような行動を起こすべきか考える必要があるでしょう。また、安定した収入がないことによる不安や社会的信用の低さなど、収入面や生活面での困難も見過ごせません。「高齢ニートから脱出しよう!就職のために活用できる支援とは?」では、35歳以上のニートが就職を目指すための方法や就職支援機関について解説しています。

35歳以上のニートが就職を成功させる4つのポイント

35歳以上のニートが就職を成功させる4つのポイントの画像

35歳以上のニートの人が就職するには、早めに行動を起こし、就職しやすい業界を理解することが大切です。

1.35歳以上も就職しやすい業界にチャレンジする

35歳以上でニートの場合はアピールできる経歴やスキルが少ないため、まずは就職しやすい業界を選ぶのも一つの方法です。以下に、未経験からチャレンジしやすいおすすめの業界を紹介します。

・飲食業界
・宿泊業界
・介護業界
・不動産業界
・小売業界
・運送業界
・タクシー業界
・警備業界

これらの業界は年間をとおして求人数が多いだけでなく、「未経験OK」「すぐに働ける方歓迎」といった職場が豊富な傾向にあります。「自分に合う仕事ではない」と感じても、実際に挑戦してみると、意外にマッチする可能性も。35歳以上のニートの人が正社員就職を目指す場合は、挑戦しやすさを重視して業界を選んでみましょう。

2.35歳以上のニートはアピールの方法を工夫する

35歳以上のニートであっても、「パソコンが得意」「掃除が好き」などの得意分野が業界によっては効果的なアピールになることも。好きなものや得意分野を深堀りして、企業にアピールできたり仕事に活かせたりできるものはないか探してみましょう。また、アルバイトやパートなどのフリーター経験や正社員経験がある場合は、アピールポイントとして活用できます。

3.35歳以上のニートも対象の公的機関やNPO法人を利用する

国や地方自治体のサポートを利用するのもおすすめ。35歳以上のニートが仕事に就きやすいように、公的機関やNPO法人と連携したサポートを受けられることがあります。団体によってサービスは異なりますが、就職相談や社会活動体験などが受けられるようです。

4.35歳のニートも登録できる就職エージェントを活用する

就職エージェントでは、ヒアリングをもとにぴったりの求人を紹介してもらえます。また、応募書類の作成や面接対策など、35歳以上のニートの人がつまづきやすいポイントのフォローもばっちり。「どのような仕事があるのか分からない」という方も、丁寧なサポートのもと就職を目指せるでしょう

就活の進め方に不安がある35歳以上のニートの方は、プロの視点でアドバイスを受けるとスムーズにいく可能性があります。迷っている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーターなど、若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任の就活アドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、数多くの求人からあなたに合った職場をご提案します。学歴や職歴不問の求人も多く取り揃えているため、35歳以上のニートの方も安心して仕事を探せるでしょう。また、応募書類の添削や面接日の調整など幅広いサポートを実施。一人で就活をするのが心配な方は、ぜひ一度ご相談ください。

35歳のニートの就職に関するお悩みQ&A

35歳以上のニートの方が就職するには困難が伴いますが、不可能ではありません。ここでは、35歳ニートの就職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

35歳のニートは就職できませんか?

社会人未経験の場合、就職には一定の難しさがありますが、あきらめなければ十分可能でしょう。大切なのは、なぜこれまで就職しなかったのかを明確にし、できるだけ早く就活を始めること。身だしなみや就活マナーをチェックし、就職の準備は徹底しましょう。35歳からの就職のコツは「35歳から始める仕事!就職しやすい業界や必要なスキルは?」を参考にしてみてください。

ニートは35歳までって本当ですか?

日本では、ニートは「15歳~34歳の非労働力人口から、学生と専業主婦を除き、求職活動を行っていない人」と定義されています。そのため、35歳を超えると「高齢ニート」や「中年ニート」と呼ばれます。詳しくは、「ニートは34歳まで?正社員になるために必要なこと」をご覧ください。

35歳ニートにおすすめの就職先はありますか?

需要が高い仕事を選ぶのがおすすめです。たとえば、IT業界のプログラマーや介護業界の介護スタッフは、比較的需要が高い傾向があります。需要が高く、入社後に働きながら知識や技術を身に着けられる業界・職種を選びましょう。そのほか、おすすめの就職先や就活のポイントは「35歳ニート就職可能?就職する方法をご紹介」を参考にしてみてください。

35歳までにニートを脱出するにはどうしたら良いですか?

できるだけ早く就職活動をすることが大切です。年齢が若いうちは人間性や可能性を評価する「ポテンシャル採用」が主流ですが、年齢が上がるにつて経験や能力が重視される傾向にあります。一人での就職活動が不安な方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。丁寧なヒアリングやサポートが受けられるため、就活や仕事の経験の少ない人も疑問を解消しながら就活が進められるでしょう。

この記事に関連するタグ