タイムリミットはいつ?29歳ニートが就職を目指すには

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. タイムリミットはいつ?29歳ニートが就職を目指すには

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・29歳のニートは金銭面やブランク期間のことを不安に感じている 
    ・若ければ未経験でも採用のチャンスがあるため、若いうちにニートを卒業することが重要 
    ・ニートは正社員として働くことに良くないイメージを持っていることが多い 
    ・正社員には金銭面で余裕ができることや成長できるといったメリットがある 
    ・サポート機関の助けを借りることで効率的に就職活動を進めることができる

29歳までニート生活を続けていた人は、正社員として採用してもらえるかといった不安を抱えているかもしれません。30代の就職活動ではスキルや経験が重要視されるようになるため、将来性を期待してもらえる20代のうちに行動を起こすことが重要です。正社員になるメリットや効率的な就職活動の進め方についてご紹介しますので、ニート脱却を目指したい方はぜひ参考にしてみてください。

◆29歳のニートの悩み

まずは、29歳のニートが抱える悩みについて考えてみます。

【金銭面】

ニートには収入がなく、親からの援助を受けたり貯金を切り崩したりして生活しています。そのため自由になるお金はない、または少ないと言えるでしょう。
自分で収入を得るようになるまでは好きなことにお金を使うことも難し上に、いつ援助がストップするかや貯金が底をつくかといった不安を持ち続けることになると考えられます。

【ブランクがあること】

前職を退職してから仕事をしていない期間があると、また就職できるのか不安になる人もいるようです。それは、採用してもらえるかといったことと、自分が正社員としてやっていけるかといったことの2つの面での不安があると言えます。
しかしブランク期間が長引けばその分就職が難しくなるため、早めにニート卒業を目指すことが重要です。

【社会に対する恐怖】

働かずに家で過ごす時間が多い日々を過ごしているうちに、孤立していることもあるでしょう。そうなると社会に出て人と関わるということに恐怖を感じるケースもあるようです。ブランク期間の不安と同様、こちらも長くなればなるほど最初の一歩を踏み出すことに、より大きな勇気が必要になります。

◆若い方が就職に有利

ニートは何歳までなら就職へ希望を持てるのでしょうか。年齢を重ねてからの就職活動では、スキルや経験を見られます。一方で、若ければ人柄や将来性に期待して採用されることも多く、ニートにとっては若いうちに就職する方が有利だと言えるでしょう。

就職活動において重要視されるのは、年齢と経験です。年齢という面では、29歳と34歳のときに壁があるとも言われています。「29歳まで」「34歳まで」と制限されている求人サイトもあり、それ以上の年齢になると就職するのが難しくなるようです。

20代であれば未経験でも採用されるケースが少なくないため、選択の幅が狭まったり条件が厳しくなったりする前に、正社員を目指して動き始めると良いでしょう。

◆ニートが持つ正社員へのイメージ

ニートの多くは正社員に対して、以下のようなあまり良くないイメージを持っているようです。

・自由がない
・人間関係が大変
・責任が重い
・やりたくないことをやらなければいけない

正社員は残業や休日出勤をすることもあり、拘束時間が長いといったイメージを持つ人が多いでしょう。ニート生活では好きな時間に好きなことができるため、時間の自由がなくなることが不満で就職せずにいる人もいるかもしれません。
また、上司や先輩などとの人間関係が大変そうと感じる人や責任重大な仕事を任されそう、やりたくない仕事でも断れないといったことを、良くないイメージとして持っている人もいるようです。それは人とのつながりが希薄になっていたり、好きなことだけをして過ごしていたりすることが原因として考えられます。

◆正社員はメリットも大きい

正社員になることは上記のようなマイナスイメージとは違い、実際には大きなメリットがあります。どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

【金銭的余裕ができる】

最大のメリットはやはり収入を得るようになり、金銭的余裕ができることでしょう。正社員であれば昇給や賞与があることもあり、趣味にお金をかけられるようになるため、メリハリのある生活を送ることもできると考えられます。

【成長できる】

正社員として働くことで、任された仕事を成功させたり大きな目標を達成したりする経験を積むことができるのがメリットの1つです。それは自己成長につながり、自分に自信を持てるようになるでしょう。

【社会的信用を得られる】

社会的信用を得られることも大きなメリットです。賃貸契約を結べるようになったりローンを組みやすくなったりするため、将来のビジョンを明確に描けるようになるかもしれません。

【新たな出会いがある】

社会に出ることで、尊敬できる人や自分とは違う価値観を持つ人との出会いもあるでしょう。人生や考え方に大きな影響を受けるきっかけとなる可能性もあります。

正社員として働くことに不安がある場合、良くないイメージを持ってしまいがちですが、そのようなときこそ視野を広げてみることが大切です。きちんとメリットを把握できれば、正社員として働くことへの不安を払拭できるのではないでしょうか。

◆サポート機関の助けを借りて就職を目指そう

一人で就職活動を行おうとしても、やり方がわからなかったり時間を無駄にしてしまったりすることも多いでしょう。そのような場合には、サポート機関の助けを借りるのも1つの方法です。就職の支援を行っているのは、ハローワークやジョブカフェといった公的な機関のほかに民間の就職支援サービスなどがあります。

ハローワークは年齢に関係なく仕事を探したい人が利用できる機関です。国が所管しており、無料で就職支援や職業紹介といったサービスを受けることができます。公共職業訓練も実施しているため、いきなり正社員を目指すことに不安がある方は職業訓練について相談してみても良いかもしれません。

ジョブカフェも公的機関ですが、本来の名称を「若年者のためのワンストップサービスセンター」と言うように、若者を対象としています。就職セミナーや職場体験などを行っているのが特徴です。職業相談もできます。

専任のアドバイザーがカウンセリングを行ったり仕事を紹介してくれたりするのが、民間企業が運営する就職支援サービスです。公的機関に比べて柔軟に対応してもらえることや、質の高い求人を取り扱っていることが多いのが利点と言えるでしょう。

不安や疑問を相談できる場所があるというのは心強いものです。効率的に仕事探しを行うためにも、自分に合うサポート機関を探してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは若年層に特化し、就職活動全般をサポートする就職支援サービスです。
未経験者歓迎の求人も多数取り扱っており、就活アドバイザーによるカウンセリングを行った上で適性に応じたお仕事をご紹介しています。
メールやチャットツールを通して相談することもでき、人と話すのは緊張するといった場合にも安心です。まずは、お気軽にハタラクティブへお問い合わせください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ