29歳ニートが就職するコツ!職歴なし・無職から就活を成功させるには?

29歳ニートが就職するコツ!職歴なし・無職から就活を成功させるには?の画像

この記事のまとめ

  • 29歳は、ニートや職歴なしから就職しやすい20代のうち最後の年齢
  • ニートから就職するメリットは「金銭面に余裕ができる」「スキルアップしやすい」など
  • 29歳のニートにおすすめの仕事は、介護職やIT関連職など
  • 29歳のニートは、応募条件が緩過ぎたり長く募集をかけていたりする求人に注意しよう
  • 29歳のニートは、.就職への熱意や意欲をアピールすることが大切

「29歳のニートから正社員になれるだろうか」と不安に感じている方もいるでしょう。29歳は、ポテンシャル採用が見込まれやすい最後の年齢といわれています。30代に入ると採用の判断基準が厳しくなりがちなため、就職を希望するなら早めの行動がおすすめです。このコラムでは、ニートの方におすすめの仕事や就職を成功させるコツを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

29歳のニートは正社員として就職できる?

29歳のニートは正社員として就職できる?の画像

29歳という年齢は、男性女性ともにニートから就職を目指しやすい最後の年齢だといえます。無職やニートの状態から正社員就職を目指す場合には、人柄や将来性を重視する「ポテンシャル採用」を積極的に行っている企業が狙い目です。
しかし、ポテンシャル採用は20代を中心に行われるのが一般的。30歳を超えても正社員就職は目指せますが、年齢を重ねるごとにスキルや経験が重視されやすくなるため、ニートからのスタートでは就職が厳しいと感じる場合も。少しでも就職の選択肢を広げたいニートの方は、なるべく20代のうちに就職活動を始めるのが得策でしょう。

29歳まで正社員経験なしの場合もチャンスはある?

29歳まで職歴なしの方も、十分に就職を目指せます。スキルや経験を重視する企業への就職は難しいものの、未経験者を積極的に採用している企業を中心に探せば、就職のチャンスを増やせるはずです。前向きな気持ちで就職活動ができるかどうかが就職成功のカギとなるでしょう。正社員経験がない29歳の方は「29歳職歴なしは手遅れじゃない!フリーター・ニートが就職成功する鍵は?」のコラムもあわせてご覧ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

29歳ニートが正社員に就職するメリット

29歳のニートの方が正社員に就職するメリットには、「金銭的余裕ができる」「スキルを身につけられる」などが挙げられます。以下で詳しく解説するので、就職すべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

1.金銭的余裕ができる

29歳のニートの方が正社員になるメリットのひとつ目は、安定した収入を得られるようになり、金銭的余裕ができることです。正社員は毎月一定の収入を得られるだけでなく、昇給や賞与があることもめずらしくありません。趣味にお金をかけたり、貯金に回すお金ができたりするなど、生活に余裕が生まれやすいでしょう。

正社員の平均収入はどれくらい?

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況(6) 雇用形態別にみた賃金」によると、正社員の平均賃金は32万8.000円。フリーターを含む正社員以外の平均賃金は22万1.300円なので、約10万円の差があります。また、正社員は年齢や経験に合わせて昇給するのが一般的なのに対して、フリーターは昇給があっても小さい額の時給アップがほとんどといえます。正社員とフリーターの給与の差については、「正社員の平均給料はどれくらい?フリーターとの差は?年齢別の給与も紹介」のコラムもご覧ください。

2.スキルを身につけられる

正社員として働くと、コミュニケーションスキルが向上したり、仕事に関する知識が増えて視野が広がったりするなど、自己成長につながります。また、研修や資格取得支援といった社員の知識・スキルの習得に積極的な企業も多くあり、スキルアップを認められれば昇進や昇給につながる可能性も。「なかなか自分に自信がもてない…」と感じるニートの方は、仕事でスキルを身につけることが自信につながる場合もあるでしょう。

3.社会的信用を得られる

社会的信用を得られることも、29歳ニートから正社員になる大きなメリットです。企業に正規雇用されていれば「信頼できる」「安定的な収入がある」と判断されやすいため、賃貸契約やローン審査に通りやすくなるでしょう。結婚や出産といった、ライフイベントも計画しやすくなる可能性があります。

4.新たな出会いがある

無職の状態にあると、どうしても行動範囲や交友関係が限定的になりがちです。しかし、正社員として働けば、同僚や先輩はもちろん、取引先や同業界・同業種の人と関わる機会も増えるでしょう。新たな出会いが増えれば、自分の考えや目標がはっきりしたり新たに挑戦したいことが増えたりと、良い影響が期待できます。

ずっとニートでいるとどうなる?

家族や親族など生活を支えてくれる人がいつまでも元気に働けるとは限りません。年を取ってから「親に収入がなくなったから働かないと」と思っても、年齢や空白期間の長さから就職が難しくなる可能性も考えられます。現状に不安があるニートの方は「ニートという生き方に不安がある?働かないリスクと行動を起こすポイント」のコラムも参考にしながら、将来を見据えた行動を起こしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況

29歳ニートにおすすめの7つの仕事

29歳のニートから正社員を目指すなら、人材が不足している業界や、未経験から挑戦しやすい仕事を中心に探すのがおすすめです。ここでは、市場が拡大していて狙い目の業界や、未経験から働ける環境が整っている仕事などをまとめました。

1.介護の仕事

介護業界は国民の高齢化によって需要が拡大しているため、未経験者を歓迎する企業が多くあります。職歴がない29歳のニートの方も正社員を目指しやすいといえるでしょう。介護の仕事は人と接する仕事なので、働くやりがいを感じやすい点がメリットです。研修制度や資格サポートが充実している企業を選べば、キャリアアップも目指せます。
ニートから介護職に挑戦できる?就職方法と業務内容」のコラムでは、介護職のメリットを解説しているので、介護職に興味がある方は、ぜひご覧ください。

正社員

介護職

  • 年収 244万円 ~ 289万円

  • 残業少なめ,大手企業,安定的な仕事,未経験OK,学歴不問,昇給あり,諸手当あり

2.ITやWeb関連の仕事

IT業界は社会の急速なIT化に伴って人手が不足しているため、意欲や熱意があれば未経験での採用もめずらしくありません。ITやWeb関連の仕事は、最新の情報をアップデートしながら業務に取り組む必要があるので、新しいことを身につけることが苦にならない方におすすめです。

企業によっては、在宅ワークが可能なところもあるので、家で仕事がしたいニートの方も一度検討してみるといいでしょう。IT業界に興味がある方は「IT企業とは?その意味や含まれる職種を分かりやすく解説!」のコラムをあわせて参考にしてみてください。

正社員

ITエンジニア職・ヘルプデスク職

  • 年収 328万円 ~ 506万円

  • 大手企業,安定的な仕事,未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ,プライベート重視

3.ドライバーの仕事

配送ドライバーやトラック運転手といったドライバーの仕事も、オンラインショッピングの普及から人手が不足しているため、現在無職の方も比較的挑戦しやすい業界です。基本的に運転中は一人の空間になるため、自分のペースで仕事ができるのがメリット。ドライバーを目指すには、普通免許のほかに中型や大型の免許が必要になる場合もあります。

また、「頑張りを評価されたい」という方は、歩合制が基本のタクシードライバーの検討もおすすめです。ドライバーの種類や仕事内容については「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」のコラムで詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

正社員

配送ドライバー

  • 年収 358万円 ~ 456万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり

4.人材業界の仕事

人材派遣や人材紹介の仕事は、近年市場が拡大してきている人気の仕事です。ニート経験があれば、フリーターやニートの方の相談にも親身になれるでしょう。「人の気持ちに寄り添える」「人の話を聞くのが好き」という方は適性がある可能性があります
「人材業界って具体的にどんな仕事をするの?」と興味をもった方は、「人材業界の仕事」をご覧ください。

正社員

DXコンサルタント

  • 年収 347万円 ~ 561万円

  • 賞与あり,学歴不問,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ,プライベート重視

5.工場勤務の仕事

工場勤務の場合は基本的にルーティン作業が多いため、人との関わりは少なめです。コツコツと作業できる人や、同じ作業が苦にならない方に向いているでしょう。また、工場勤務の仕事は学歴や職歴が求められることは少なく、工程もマニュアル化されているため、仕事に慣れていないニートの方にとっても挑戦しやすいといえます。

正社員

製造・物流(現場運営・スタッフ管理)

  • 年収 330万円 ~ 420万円

  • 大手企業,安定的な仕事,未経験OK,賞与あり,学歴不問,諸手当あり

6.接客の仕事

接客業は、人材が定着しにくく人手不足であることから、比較的採用されやすいといわれています。また、仕事をするのに専門的な知識が必要ないことが多いため、ニートの経歴が不利に働きにくいでしょう。これまで飲食やサービス業などの接客のアルバイト経験があれば、アピールポイントになります

正社員

若手総合職

  • 年収 337万円 ~ 472万円

  • 残業少なめ,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,プライベート重視,産休/育休

7.ルート営業の仕事

ルート営業は、すでに取引実績のある既存顧客に営業をかける仕事です。決まった取引先を回ることから、新規顧客の獲得を目指す一般的な営業職よりも始めやすいのがポイント。また、成果が給与に反映されやすいため、やりがいをもって働けるでしょう。

営業には、ルート営業のほかにも内勤営業という社内で行うスタイルもあります。詳しい営業の種類は「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

正社員

ルート営業

  • 年収 279万円 ~ 446万円

  • 賞与あり,昇給あり,諸手当あり

29歳ニートが気をつけたい求人とは?

ニートから正社員を目指す場合、できるだけ就職しやすい求人を探そうと考える方もいるでしょう。しかし、求人サイトが扱っている求人のなかには、いわゆる「ブラック企業」の求人が混ざっている可能性もあるので注意が必要です。ここでは29歳ニートが気をつけるべき求人について解説するので、参考にしてみてください。

1.応募条件がゆる過ぎる求人

明らかにほかの求人に比べて条件がゆる過ぎる場合は注意が必要です。29歳のニートの方にとって「未経験歓迎」「学歴不問」といった採用の間口を広げている求人が狙い目なのは事実ですが、この条件だけを見て応募するとブラック企業を選んでしまう恐れも。ブラック企業は慢性的な人員不足に陥っている可能性が高いため、条件をゆるく設定して大量に人を集めている場合も考えられます。

2.求人情報が長期間出ている求人

求人情報が長期間出ている場合もブラック企業の可能性が疑われます。前述のとおり、ブラック企業は仕事内容や勤務環境の不満から定着率が悪く、慢性的に人手不足になっている可能性が高いようです。一年中求人を出しているような企業は離職率が高いと考えられるため、慎重に検討する必要があります

3.給与が異常に高い求人

給与が相場に対して異常に高い場合も注意が必要です。待遇が良いからではなく、残業や休日出勤が前提となっているために、給与が高く設定されている可能性があります。給与が高い求人は、ほかの求人と比較してなぜ賃金が高いのか、業務内容や残業時間などに注目して、求人情報をよくチェックしましょう。

みなし残業代やインセンティブの有無も確認しよう

賃金が高い場合、すでに「みなし残業代」が含まれている可能性があります。残業代は通常、所定労働時間を超えた労働に対して支払われますが、あらかじめ「△時間の残業をする」と想定して支給している企業も少なくありません。みなし残業代の場合は、何時間の残業に対する賃金なのかを確認する必要があります。
また、高い賃金はすでにインセンティブが含まれた金額であることも。基本給が極端に低く、インセンティブで引き上げて高い賃金として表示している企業も見受けられるので、注意が必要です。基本給が低いと仕事のモチベーションや生活にも影響が出るため、求人に提示されている賃金内訳や条件は必ず確認しましょう。

29歳ニートが企業にアピールすべき4つのこと

29歳ニートが企業にアピールすべき4つのことの画像

ニートの方は職歴やスキルをアピールしにくいため、そのぶん働くことに対する意欲や熱意をきちんと示すことが大切です。ここでは、29歳のニートの方が面接や履歴書でアピールすべきことを4つにしぼって紹介するので「企業に何をアピールすれば良いか分からない」という方はぜひチェックしてみてください。

1.就職への熱意や向上心

無職からの就職活動では、就職に対する熱意や向上心をアピールするのが効果的です。人材採用にはコストがかかるため、企業はできるだけ長く働ける人を採用したいと考えています。無職の期間がある29歳のニートを採用する場合「すぐに辞めてしまうのでは?」という懸念を抱かれやすいため、より継続力や忍耐力を求められることも。面接の際は、長期的に企業に貢献できることをアピールしましょう。

志望動機を充実させられるかが合否のカギ

ニートから正社員を目指す場合、職歴をアピールできないぶん、志望動機でのアピールが大切です。「正社員になりたい理由」「その仕事に就きたい理由」「その企業で仕事がしたい理由」の3点を盛り込むと、採用担当者が納得しやすい志望動機に仕上がります。「ニートの就職に役立つ!意欲が伝わる志望動機とは」のコラムも参考にしてみてください。

2.社会の一般常識やマナー

29歳までニートだった人材に対して、社会人としての基本的なマナーが身についているかを不安に思う採用担当者は多いと考えられます。企業は、応募時のメールのやり取りや履歴書の内容・面接の話し方などから、常識やマナーが備わっているかどうかをチェックしています。正しい敬語が使われていたり、ハキハキとした立ち振る舞いができていたりすれば、企業から好印象を抱かれやすいでしょう。

ビジネスマナーに自信がない方は「仕事での立ち振る舞いのマナーとは?就活に活かせるコツをご紹介」のコラムも参考にしながら、基本的なビジネスマナーを確認してくのがおすすめです。

3.具体的な将来のビジョン

ニートから正社員就職を決意した理由や目的もアピールしましょう。明確なビジョンや目標があることを伝えれば、業務に対する高い意欲や長期的な勤務のアピールにもつながります。将来について上手くイメージできないときは「キャリアビジョンとは?就活・転職活動で使える具体例と書き方」のコラムを参考にしてみましょう。

4.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはどのような仕事でも求められるため、身についていれば好評価につながります。ニートとして生活していると、他者とのコミュニケーションが希薄になってしまいがちです。自信のない方は、面接時に笑顔を意識したり、声のボリュームに配慮したりするだけでも、印象が変わるでしょう
コミュニケーションスキルを上げたい方は「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」をご覧ください。

「アピールできることがない」と感じているニートの方は「自己PRが書けないときは視点を変えよう!ニート経験があっても大丈夫?」のコラムもあわせてチェックしてみてください。自分のアピールポイントを見つけるきっかけになるはずです。

29歳ニートが面接で問われやすい質問

ニートからの就職活動では空白期間について聞かれることが多いため、事前に対策してベストな答えを準備しておきましょう。自分を良く見せようとしたり、言い訳がましい回答をしてしまったりするのは逆効果です。できるだけ正直に答えることを心掛けましょう。下記でニートが聞かれやすい質問への解答例を紹介するので、参考にしてみてください。

「無職の期間は何をしていましたか」

採用担当者は、応募者の働いていない期間の過ごし方を知ることにより「長期的に働けるか」「問題なく業務ができるか」などを探りたいと考えています。以下で、2つのパターンについて回答例と答え方のポイントを見てみましょう。

体調不良が理由でニート期間がある場合

体調不良で療養のためにやむなく29歳までニートをしていた場合は正直に伝えましょう。ただし、就職後も体調不良で頻繁に休んだり、病気が再発して退職したりするのではないかと心配される可能性があります。「病気で療養していましたが、完治したため就職活動を始めました。健康管理を意識しているため、現在は問題なく過ごしています」のように、面接官の不安を取り除くことが大切です。

希望の就職先が見つからないためにニートだった場合

「29歳まで正社員経験なし」「無職の期間が長い」といったニートの方は、理由の伝え方を工夫する必要があります。「アルバイトを経験し、キャリアを積むために正社員を目指す必要があると実感しました。自己分析や企業研究の結果、御社であれば自分の望むキャリアを得られると考えました」のように、就職したいと思うようになった理由や志望企業を選んだ理由をアピールしましょう

「無職の期間に何を得ましたか」

無職の期間に得たことは、面接の場で質問されないこともありますが、無職の期間について問われたらセットで答えるように意識しましょう。経験を学びに変えることは、仕事において重要な要素です。きちんと伝えることができれば、好評価につながります。2つのパターンについて見ていきましょう。

体調不良が理由でニート期間がある場合

療養していた場合であれば、病気を克服して得たことや療養中に感じたことなどを伝えましょう。「健康の大切さを知り、健康管理にいっそう注意するようになりました」といった答え方が考えられます。

希望の就職先が見つからないためにニートだった場合

正社員として働いていなかったとはいえ、ニートの期間に何かしらの活動をしていたのであれば経験から得たことをアピールしましょう。正社員経験がなくてもアルバイトをしていたのであれば「働くことの大切さや楽しさを知りました。しかし、アルバイトという立場ではキャリアを積むうえで限界があることを感じ、正社員を目指すことにしました」のようなアピールができます。

ニート期間について問われたときの回答のポイント

回答のポイントは「働くことへの意欲を示す」ことです。採用担当者は、ニート期間に何をしていたのかを聞きたいだけではなく「ニート期間を踏まえてこれからどうしていきたいのか」を知りたいと考えています。無職の期間について問われた際は、事情を話すだけに留まらず、将来の展望や自分なりの目標を示すようにしましょう。

29歳ニートから正社員就職を成功させるポイント

29歳ニートから正社員就職を成功させるポイントの画像

29歳のニートから正社員就職を成功させるには、まずは行動を起こすことが大切です。いきなり正社員になるのに抵抗があるなら、まずはアルバイトなども検討してみましょう。ここでは、正社員就職をする際に押さえておきたいポイントについて解説します。

1.早めに就活をスタートさせる

企業は、教育のしやすさの観点から若い人材を採用したいと考えています。また、先述したとおり、、ポテンシャル採用が狙えるのは20代までです。正社員就職を希望するならなるべく早く行動を起こしましょう

いきなり正社員としてフルタイムで働くのに抵抗がある場合は、まずは派遣社員やアルバイトなど非正規雇用社員から始めてみるのも一つの方法です。非正規雇用社員として働く場合は、期間を決めて取り組みましょう。

2.しっかりと自己分析する

自分に合った求人を見つけるためには、自己分析が重要です。自己分析をすれば、自分の得意・不得意や興味・関心を把握できるため、就職先のミスマッチを防げるでしょう。自己分析で大切なのは、今までの経験を掘り下げることです。ニートの場合は、「なぜニートになったのか」という理由を明白にしましょう。
自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」のコラムで詳しいやり方を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.多くの求人に応募する

ニートは新卒や既卒と比べると、どうしても選考に通りにくいのが現状です。そのため、できるだけ多くの選択肢を持ち、内定獲得のチャンスを増やすことが大切といえます

ただし、闇雲に応募しても選考は通過しません。前述した自己分析をもとに自分に合う企業を見つけたり、採用の窓口を広げるために「未経験歓迎」「未経験OK」などと記載のある企業を探したりするのがポイント。応募先を増やせば、それだけ書類を作成する手間も増えるため、自分のペースを大切にしながら応募数を調整してみてください。

4.身だしなみに気を配る

社会人のマナーとして、面接の際は身だしなみに気を配りましょう。はじめての就職活動でスーツを揃えるのであれば、ビジネススーツを購入しましょう。新卒向けのリクルートスーツしか持っていなければ、これを機に購入を検討してみることをおすすめします。

面接に進んでから「あれがない」「どうすればいいだろう」と慌てることのないように、就職活動を始めることを決めた時点での準備が大切です。「転職の服装!面接官が重視するマナーや20代・30代が示したい印象を解説」のコラムでも、服装について説明しているのでご確認ください。

29歳ニートが就職するときに活用できるサービス

転職サイトや企業のホームページなどでは、ニートから応募できる求人を見つけにくいことも。ニートから就活を始めるならハローワークや就職・転職エージェントといった支援機関を活用するのがおすすめです。以下で、29歳のニートの方が活用できるサービスをまとめたので、参考にしてみてください。

ハローワーク・ジョブカフェ

ハローワークは年齢や職歴に関係なく利用できる公共機関なため、29歳のニートの方も無料で就職支援や職業紹介といったサービスを受けられます。また、より若者向けの支援を受けたい方は、ジョブカフェの活用もおすすめです。若年層の就職支援に特化しており、就職セミナーや職場体験などを行っています。気になる方は「わかものハローワークとジョブカフェの違いとは」もチェックしてみてください。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。民間企業ならではの情報網や手厚い支援が特徴で、求人の紹介から応募書類の書き方・面接対策などさまざまなサポートを行ってくれます。

ただし、ハイキャリア専門の転職エージェントなどは扱う求人の多くが経験者向けなので、ニートの方はニートの就職に強い就職・転職エージェントを選びましょう。エージェントについては「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」のコラムで詳しく解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。
ポイント:「29歳フリーター」「29歳からの転職が厳しい」という方にもおすすめ
29歳までフリーターをしていて経歴に自信がなかったり、選考になかなか通らず悩んでいたりする方も、就職・転職エージェントの利用を検討してみましょう。就職・転職エージェントでは、プロの視点からアドバイスが受けられます。「選考に通らない」「フリーターの経歴をどうアピールすればいいか分からない」という方も、自分では気づけない改善点が見つかるでしょう。

「どのエージェントを使えばいいか分からない」「良い求人が見つかるか不安」というニートの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒といった若年層に特化した就職サポートを行っています。専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行ったうえで、適性に応じたお仕事をご紹介。未経験者歓迎の求人を多数扱っているため、ニートやフリーターの方も選択肢を増やしながら応募先を検討できます。
メールやチャットツールを通しての相談も可能なため「人と話すのは緊張する」といった場合にも安心です。まずは、お気軽にハタラクティブへお問い合わせください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ