人材業界の仕事業界図鑑

人材業界とは

人材派遣や人材紹介などを実際に利用し、人材業界について気になっているという方もいるかもしれません。人材業界は大きく分けると4つの業態に分類できます。

・人材派遣

人材業界と聞いて一番最初に思い浮かぶのがこの人材派遣という方もいるでしょう。

正社員や契約社員の場合は、実際に働く企業と雇用契約を結びますが、派遣の場合では、派遣元の派遣会社と雇用契約を結びます。

派遣会社に登録したあと、実際に働きに行く場所は派遣先の企業。派遣先の企業から支払われる料金の一部が、派遣元の利益になります。

派遣元企業は、派遣社員に仕事、派遣先企業には人材を提供。派遣先企業が派遣元に料金を支払い、派遣元企業はそこから派遣社員への給料を支払うという仕組みです。

人材派遣会社としては、リクルートホールディングスの「リクルートスタッフィング」やパーソルホールディングス(旧・テンプホールディングス)の「テンプスタッフ」、パソナグループの「パソナ」などが有名です。

・人材紹介

人材を採用したい企業が、求人募集を紹介会社に依頼し、条件にあった人材を紹介するのが人材紹介サービス。人材紹介会社は、厚生労働省からの許認可を受けなければ、紹介会社として営業することができません。

人材派遣とは違い雇用形態は正社員で、企業と候補者の間で雇用関係が結ばれたときに、紹介料が発生するという仕組み。

企業側の求める条件と、労働者側の求める条件を理解し、仲介することで、どちらにとってもベストな契約を結べるよう取り組んでいます。

近年では、求人募集に関わるコストや労力を抑えたいと考える企業も多く、人材紹介会社を利用する企業が増えているようです。

「ハタラクティブ」もこの人材紹介を実施しており、ほかにも「DODA」や「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」などが知られています。

またこの人材紹介と人材派遣を組み合わせたサービスが、「紹介予定派遣」で、直接の正社員雇用することを前提として、人材派遣を行うシステム。最初は派遣社員からはじめ、正社員を目指したいという方から多く利用されているようです。

・求人広告

求人広告とは、アルバイトや就職・転職活動を行う方に誌面やwebサイトにて求人情報を提供するサービスのこと。「リクナビ」や「マイナビ」、「タウンワーク」などを実際に活用したことがある方も多いでしょう。

求人広告のメリットは、さまざまな求人情報を一覧にして見れるということ。企業側からすれば、できるだけ多くの人の目に留まるというメリットに繋がるでしょう。その一方、採用に繋がらない場合でも広告掲載料がかかるというデメリットもあります。

・人材コンサルティング

人材コンサルティングとは、企業にとって本当に必要な人材を分析し、ニーズに合った人材を採用するための戦略立案を行うこと。また、企業自体をコンサルティングして、組織や人事の課題解決に取り組むお仕事です。

企業に対して教育研修プログラムを提供したり、学生向けの就活セミナーやイベントを主催したりすることもあります。

人材業界の志望動機例

人材業界で働くためには、一体どのようなスキルが必要でしょうか。

求められる人物像を、以下にまとめてみました。

・コミュニケーション能力

営業やサポートスタッフ、アドバイザー、どの職種をとっても、必要不可欠なのはコミュニケーション能力といえるでしょう。紹介先、派遣先の企業、派遣社員、登録者など人との関わりが多い業務。接客業と同じように、相手にとって気持ち良いコミュニケーションを取ることができることが望ましいでしょう。

登録型の人材紹介や派遣サービスの場合には、登録者の方から相談を受けるということも。場の空気を読み、相手の言いたいことを理解し引き出す力が必要なときもあるかもしれません。

・営業力

クライアントとなる企業への営業ももちろんですが、登録者に仕事を提案する時にも活かされる営業力。相手の話をしっかりと聞き、求められているベネフィットを提案することが重要なポイントの1つになるといえるでしょう。

・目標に向かって努力する意欲

どの企業にも運営理念や企業目標が掲げられるほか、部門ごとの達成目標などを設定されていることが多いでしょう。数字に対する強い意識を持つことやモチベーションを維持することも大事な要素です。

【上記を踏まえた志望動機例】

志望動機を作成する際には、上記の点を意識しながら、自分が企業でやりたいことや、今までの経歴から活かせる部分をうまくまとめるといいでしょう。

また実際に人材派遣・紹介サービスを利用したことがあるという方もいると思います。その時に感じたことや、得た経験などを志望動機に取り入れるのもいいでしょう。

<例>

・人材派遣会社を利用した経験があり、キャリアアドバイザーを志望する場合

私がこれまで派遣社員として働いてこれたのは、派遣会社のスタッフの方がいつも親身になって話を聞き、的確なアドバイスをくれたおかげです。派遣社員を辞め、正社員としての仕事を探そうと思った時に、今度は自分が誰かの支えになりたいと強く思いました。また、貴社の掲げる経営理念は、自分の目指す理想のサービス像により近いものだと感じ、貴社でならばそれを実現できると思っています。貴社に入社した暁には、実際にサービスを利用する立場から得た経験を活かし、より求職者の方に寄り添ったサービスを提供していきたいです。

人材業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

人材業界は、景気や社会情勢などの影響を受けやすい業界といえるでしょう。規制の緩和が影響して業界規模が大幅に増加したり、リーマンショックをうけて企業の雇用環境がし、減少に繋がった過去も。

こうした景気や情勢の影響を少なくするためには、海外への進出が鍵になると言われています。

海外に現地法人を作り、海外での人材派遣サービスを展開すれば、日本の景気に振り回されずに安定した経営が可能になるといえるでしょう。

人材紹介の面においては、無料で求人を登録できる「ハローワーク」で十分と考え、コストのかかる紹介会社は利用しないと考える企業も。

また求職者側からしても、フリーペーパーの求人誌や求人サイトといった従来の求人広告が、気軽に利用できると考えられているようです。

なかには、そもそも人材紹介サービスの存在を知らないという方もいます。

紹介会社は独自のサービスを展開するなど、ハローワークとの差別化を図ると共に、認知度を高めていく必要があるといえるでしょう。

【今後の動向】

2008年のリーマン・ショックの影響を受けて、業界規模が大幅に減少した人材業界。2011年以降は、国内の景気回復や企業の雇用環境改善の効果もあり、業界規模は拡大の傾向にあるようです。

それでも、いつまた金融危機や景気悪化に遭遇するかはわかりません。先にも言ったように、海外進出に力を入れている企業が多いようです。

人材業界の仕事内容

実際に人材業界で働くためには、どのような職種があるのか、人材紹介、派遣企業を例にご紹介したいと思います。

・営業(法人、企画、管理)

実際に求人情報を得るためには、企業への営業が必要不可欠になってきます。人材に関わる提案やヒアリング、営業のほか、アフターフォローも営業担当の業務です。

・サポートスタッフ

サポートスタッフは求職中の登録者や派遣社員などのサポート担当です。登録者の教育や研修に関わり、派遣社員のフォローを行うこともあります。

・アドバイザー

仕事を探している登録者の方に、アドバイスや相談、仕事の紹介を行うお仕事。

リクルーティングアドバイザーや、キャリアアドバイザーなど企業によって名称はさまざまです。

・ライターやデータ入力事務

人材紹介や人材派遣の会社でも、独自の求人広告サイトを作成し、登録者数の増加を目指すことがあります。そのために求人広告をライティングしたり、求人に関するデータを入力するスタッフが在籍。パート、アルバイトの雇用の場合が多いようです。

そのほかにも、一般企業と同じように、経営企画、人事、総務、経理などの職種があります。

また、求人広告やサイトを有する企業の場合には、WEBデザイナーやWEBプログラマーなどが在籍していることもあります。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ