転職活動の服装はスーツが基本?面接に適した身だしなみを徹底解説!

転職活動の服装はスーツが基本?面接に適した身だしなみを徹底解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職の採用面接を受けるときの服装はビジネススーツが基本
  • リクルートスーツしか持っていないときは、インナーを変えると転職活動でも好印象
  • 服装自由のときは、ビジネススーツかオフィスカジュアルを心掛けると良い
  • 服装以外にも、髪型やアクセサリーなどの身だしなみにも注意が必要
  • 転職の面接では、服装の全体的なバランスや清潔感などを見られている

新卒時の面接ではリクルートスーツが基本ですが、転職の採用面接にはどのような服装で臨むのがベストなのでしょうか。企業から服装自由といわれる場合もあり、迷ってしまう人は意外と多いようです。このコラムでは転職活動をしている方向けに、中途採用面接の服装のマナーについて詳しくご紹介します。疑問点をなくしてスムーズに転職活動を進めましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職面接に適した服装とは?

転職面接に適した服装とは?の画像

転職活動の服装にはビジネススーツが適しています。リクルートスーツは就職活動のイメージが強く、転職活動には相応しくないとされているので避けるのが無難です。
以下では、転職面接に適した服装についてより詳しく解説します。転職面接にどのような服装で臨めば良いか分からない方は、ぜひご覧ください。

面接ではビジネススーツが基本

転職で採用面接を受けるときの服装は、ビジネススーツが基本です。転職活動や面接が1回で終わる可能性は低く、職種によっては普段からスーツを着て行う仕事もあるでしょう。ビジネススーツを持っていない場合は、この機会に1着購入しておくことをおすすめします。スーツを選ぶときのポイントは、サイズ感が合っているか、清潔感を感じられるかどうかです。サイズや色、柄などに注意して、長く着用できるような定番アイテムを選びましょう。
すでにビジネススーツを持っていても、購入から期間が空いている場合はサイズの確認が必要です。小さくて着たときにパツパツ、あるいは大きくてぶかぶかになっているのであれば、新しく買い直すのが良いでしょう。

就職活動用のリクルートスーツは避けよう

スーツであっても、社会人経験のない新卒を思わせるリクルートスーツは避けたほうが無難です。前項でも述べたとおり、本来はビジネススーツを新たに購入するのが無難ですが、転職面接までに準備期間がない場合もあるでしょう。リクルートスーツしか持っていない人は、インナーで服装に変化をつけるのがおすすめ。応募する企業にもよりますが、男性なら淡い色やストライプ柄などのシャツ、女性なら白や淡色のカットソー、シフォン素材のブラウスなどが好印象です。

企業から「服装自由」といわれた場合は?

企業から服装自由といわれた場合、ビジネススーツかオフィスカジュアルで転職面接を受けるのが良いでしょう。オフィスカジュアルの場合、男性ならジャケットやシャツにパンツ、女性ならブラウスやニットにスカートを合わせるのがおすすめ。カジュアルな服装で働ける場合も、面接時はデニムやTシャツ、ミニスカートなどの服装は避け、ある程度きちんとした服装を選ぶのがポイントです。
また、転職先がアパレル企業の場合、面接時の服装は企業が展開しているブランドの商品やイメージに近い服装かどうかを見られる傾向があります。応募先企業の人がどんな服装で働いているのかを事前にチェックすると、着ていく服装のイメージがつかめるでしょう。

転職活動では服装以外の身だしなみにも注意

転職活動では服装以外の身だしなみにも注意の画像

せっかく服装に気をつけていても、ヘアスタイルが乱れていたり、派手な装飾品を着けていたりすると、面接官は「TPOをわきまえていない」と感じてしまいます。転職面接の際には服装以外の身だしなみにも注意して、好印象を目指しましょう。

カバン

身だしなみでチェックを忘れてしまいがちなのがカバンです。カバンはA4サイズが入るもので、床に置いたとき自立するタイプを用意しましょう。カバンの口にチャックや留め具が付いていない種類は、セキュリティ意識が低いと判断されてしまう場合があるので要注意です。また、派手なデザインや高価なブランドのカバンも、転職面接の服装には合わないので避けたほうが良いでしょう。

髪型と髪色

髪型や髪色は、清潔感の印象を大きく左右する部分でもあります。転職活動では、服装だけでなく髪にも気を配りましょう。

髪型

男性の場合、短髪が基本です。長髪がNGというわけではありませんが、その場合は後ろで1つに縛るようにしましょう。面接の前に理容室や美容室に行く場合は、前髪は目にかからない長さで、もみあげは短く、襟足の長さはシャツの襟にかからないように整えてもらってください。
女性の場合、男性と同様に前髪は目にかからない長さにし、長髪の人は後ろでまとめましょう。ハーフアップにしてもOKです。サイドの髪が顔にかかってしまう場合は、耳にかけましょう。

髪色

髪色は男女ともに黒が基本です。茶髪であっても、ヘアカラースケール8番以上は面接の場にふさわしくありません。企業によって明るさの基準が異なる場合もあるので、自分の髪色が転職活動に適しているか不安な人は美容室で黒染めしてもらうのが無難です。

化粧やネイル

女性の場合は服装だけでなく、化粧やネイルも気を付けなければならないポイントの1つ。普段と同じような化粧の仕方をすると、転職面接の場では浮いてしまう恐れもあります。

眉毛

眉毛がぼさぼさになっていたり、眉間が繋がっていたりする場合は整えましょう。眉毛が太めで眉山に角度がついていると活発な印象に、細めで角度をなくすと穏やかな印象になります。

アイライン・マスカラ

アイラインやマスカラは目元がはっきりするように調整をします。エクステやつけまつげなどで盛り過ぎると、転職面接に合わない派手な見た目になってしまうので注意しましょう。

ファンデーション

ファンデーションを塗ることで、チークやリップが馴染みやすくなります。普段ファンデーションを使わない方も、スーツを着るときは下地・パウダーで肌を整えましょう。

チーク・リップ

チークやリップを使うと、顔色を良く見せられます。色はオレンジとピンクの中間色であるコーラルカラーがおすすめ。誰にでも合いやすい色で、フレッシュな印象を与えられます。転職面接に適した化粧の方法については、「面接のメイクはどうする?第一印象を良くする方法」をご覧ください。

ネイル

無地のネイル且つ薄いピンクやベージュの色であれば、面接で第一印象を損なうことはないでしょう。ただし、食品を扱う職場や病院などの転職面接の場合は、シンプルなネイルであっても落としたほうが無難です。また、付け爪や長過ぎる爪はどの業界であってもNGなので気を付けましょう。美容系やアパレル業界であっても、派手なネイルで面接に臨むのは「常識がない」と思われてしまう可能性があります。

アクセサリー類

アクセサリー類は、婚約指輪や結婚指輪、腕時計のみに留めておくのがベター。また、腕時計の場合はカバンと同様、高価なブランドだと分かってしまうようなものは控えましょう。ネックレスやピアスなどは、企業によってどの程度許されているかが異なります。
「スーツと合っているのなら多少おしゃれをしても良いのでは?」と思うかもしれませんが、転職面接はあくまでも企業に自分を判断してもらう場です。自分が着たい格好ではなく、どのような企業からでも受け入れられやすい服装を心掛けて面接に臨みましょう。

夏のクールビズや冬の防寒着はOK?

夏の場合、企業から「クールビズでOK」といわれたら、半袖やノーネクタイで転職面接に臨んでも問題ありません。クールビズで面接に行く場合は、面接官と挨拶をする際に「本日はクールビズで失礼いたします」と一言加えると、丁寧な印象を与えられる可能性があります。
冬場のコートやマフラーといった防寒着は着用しても良いですが、面接会場に着いたら受付の前に脱いでおくのがマナーです。また、防寒着はいくら面接前に脱ぐからといって、派手なデザインやカジュアル過ぎるものは印象を悪くする可能性があるので避けましょう。転職面接での服装についてさらに詳しく知りたい方は、「何を着るべき?転職時の面接に適した服装とは」のコラムも参考にご覧ください。

転職活動に適した男性・女性の服装

転職活動に適した男性・女性の服装の画像

ここでは、転職活動に適した男性・女性の服装についてそれぞれ解説します。服装で気を付けるべきポイントは男女で異なる点もあるので、それぞれチェックしてみてください。

男性の場合

男性の場合は、以下の点に注意して服装を選びましょう。

スーツ

転職面接に適したスーツの色は、黒や紺、暗めのグレーなどです。スーツの種類はシングルボタンのテーラードスーツが一般的。白寄りの明るいグレーや凝ったデザインのスーツは派手に見えてしまうので、面接には不向きといえます。また、このコラムの転職面接に適した服装とは?でも触れたように、リクルートスーツは新卒のような印象になってしまうので避けた方が良いでしょう。

シャツ

転職活動では白の無地で、アイロンをかけたしわのないワイシャツを着るのが鉄則です。ただし、白無地のシャツであっても、色付きのボタンであったり台襟が高かったりするシャツはマイナス評価になる場合があります。

ネクタイ

ネクタイの色や柄は、スーツに合わせて選びましょう。紺やえんじ色のネクタイはどのスーツにも合わせやすいのでおすすめです。柄は無地やストライプといった、カジュアルになり過ぎないものを選んでください。

靴下

靴下は黒か濃紺の無地が適しています。転職希望先がクリエイター系やアパレル業界などの企業で、服装のアピールが効果的な場合以外は、派手な色や柄物は避けた方が無難です。また、素足やショートソックスだとスーツに合わず、身だしなみが整っていないように見えてしまいます。

靴は、黒やこげ茶色などの革靴が良いでしょう。つま先がとがっているデザインや明るい色の革靴だと、企業によってはあまり良い印象を受けない場合があります。

女性の場合

女性の場合は、以下の点に注意して服装を選びましょう。

スーツ

女性の転職用スーツの色は黒や紺、暗めのグレーなどが良いでしょう。華やかな色のスーツは、転職面接の服装としては不向きです。
ボトムはパンツとスカートのどちらでも構いません。ただし、ミニスカートやロングスカート、スキニーパンツやワイドパンツといったファッション性の高いデザインや体のラインを強調するタイプのものは避けた方が良いでしょう。

インナー

インナーは白や淡色のカットソーかブラウスがおすすめ。ただし、黒のスーツに白いブラウスの組み合わせは就活生のようにも見えてしまうため、転職活動の服装としては避けた方が無難といえます。カットソーとブラウスのどちらの場合でも、胸元が開き過ぎていないデザインを選びましょう。

ストッキング

ボトムがパンツ・スカートどちらの場合でも、ナチュラルストッキングを履くのがベター。タイツを履いていても気にしない企業もありますが、スーツに合わせるとちぐはぐな服装になりやすいので注意が必要です。

靴は黒のシンプルなパンプスがベストですが、スーツの色に合っていれば紺やグレーなどでも問題ありません。ヒールの高さは5cm程度のものがスーツに合います。ただし、歩いたときにカツカツと音が鳴ってしまうパンプスは避けましょう。また、面接の前日までにパンプスの汚れを落としたり、磨いておいたりするのも忘れずに。転職面接に適した男女別の服装は「女性は転職面接でスーツを着る?男女別服装まとめ」のコラムでも解説しているので、こちらも併せてご覧ください。

在職中、バレずに転職活動をするには?

普段私服で仕事をしている方が面接のためにスーツで出勤すると、服装から転職活動中であることがバレてしまう可能性が高いです。在職中に転職活動していることを気づかれたくない人は、スーツや靴を駅のコインロッカーに一時的に預けておくのが良いでしょう。もしくは、会社から近いクリーニング店にスーツとシャツを出しておき、面接の前に取りに行くのもおすすめ。通勤用のカバンにスーツを無理やり詰め込んで持っていくと、しわになってしまうので注意しましょう。

転職活動では服装の印象が評価の分かれ目になる場合も

転職活動では服装の印象が評価の分かれ目になる場合もの画像

転職活動では、服装の印象で採用されるか否かが決まってしまう場合もあります。たとえば経歴や能力が同じような転職希望者が複数いた場合、服装がだらしない人よりも身だしなみをきちんと整えた人が採用されるでしょう。業務に活かせる資格や前職での実績があっても、不適切な服装で面接に臨めば不採用になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

転職面接で企業が見ている服装のポイント

ここでは、転職面接で企業が見ている服装のポイントをご紹介します。転職面接での身だしなみを整えるときは、主に以下の3点に注目されることを意識しましょう。

全体的なバランスがとれているか

スーツは整っているのに靴だけが汚れている、化粧が派手など、服装の全体的なバランスがとれていないと悪い箇所だけが目立ってしまいます。悪目立ちする箇所がなくバランスがとれていれば、転職面接で一つひとつのアイテムはそこまで細かくチェックされません。

清潔感があるか

清潔感の有無は、第一印象を大きく左右します。スーツやシャツのしわ・汚れはもちろん、服のサイズが合っていなかったり寝癖があったりしても清潔感を損なってしまうので注意しましょう。身だしなみを整え清潔感を保つことは転職面接に限らず、あらゆるビジネスシーンで必須のマナーです。

TPOを守れているか

転職面接がフォーマルな場であることを理解し、TPOを遵守した服装をしているかどうかも企業に見られています。ビジネスシーンにそぐわないカジュアルな服装だと、社会人としてTPOを判断できない人だと思われてしまうでしょう。

採用面接を受ける前には、服装のチェックのほかにもマナーや礼儀の確認、質疑応答の練習など、さまざまな事前準備が必要です。事前準備を万全にしたい方は、就職・転職エージェントサービス「ハタラクティブ」の利用がおすすめ。
ハタラクティブでは、事前カウンセリングを大切にすることで、きめ細やかなサポートを実現しています。適性に沿った求人紹介や応募書類の添削、面接対策、服装のアドバイスなどもしているので、疑問点をしっかり解決できるでしょう。
1人での転職活動が上手くいっていない、第三者の手を借りて効率よく転職活動がしたいという人は、ぜひお気軽にご相談ください!

転職面接の服装に関するお悩みQ&A

ここでは、転職面接の服装についてよくある疑問と回答をまとめました。転職面接の際の服装をどうすれば良いか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

転職面接ではどんな服装をすれば良い?

転職面接での服装は、基本的にはスーツを着れば間違いありません。黒や紺といった暗い色のスーツに、男性はワイシャツ、女性はカットソーやブラウスを合わせると良いでしょう。転職面接に適した服装で各アイテムの詳しいポイント・注意点については、このコラムの「転職活動に適した男性・女性の服装」を参考にしてみてください。

リクルートスーツで転職面接を受けても良い?

リクルートスーツは新卒のようなイメージを抱かせてしまうので、転職活動では適切とはいえません。ただし、20代前半の転職活動であればリクルートスーツも許容範囲です。詳しくは「転職活動でリクルートスーツしかないのはNG?服装のマナーを男女別に解説」を参考にご覧ください。

服装自由といわれたときは何を着る?

服装自由のときは、スーツはもちろんのこと、オフィスカジュアルで面接を受けてもOKです。オフィスカジュアルについて詳しく知りたい方は、「オフィスカジュアルとは?スーツでも良いの?男女別おすすめアイテムを紹介」のコラムも併せてご覧ください。

夏に行う面接はクールビズを着ても良い?

事前に企業から「クールビズでお越しください」といわれていない限り、クールビズで面接を受けるのは避けましょう。また、企業からクールビズでといわれていた場合、面接の最初のあいさつで「本日はクールビズで失礼いたします」と一言添えると、面接官に丁寧な印象を与えられる可能性があります。

面接官には服装のどんなところを見られている?

面接時の服装で主に注目されるのは、全体的なバランス、清潔感、TPOの3点です。この3つが服装から感じられると、第一印象が高評価になるでしょう。転職活動での服装について不安な方は、就職・転職エージェントの「ハタラクティブ」をご利用ください。服装のマナーをはじめ、転職活動で分からないことや不安なことに丁寧にお答えします。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ