第二新卒が面接で着るべきスーツとは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒が面接で着るべきスーツとは?

公開日:

最終更新日:

面接の時に着るスーツ、どうしますか?第二新卒の就職活動では服装に悩む方が多いようですが、実はリクルートスーツでもよいのか、それともビジネススーツにすべきか?と迷うよりも先に、もっと大切なポイントがあるんです。

◆面接は第一印象

まず大前提として「面接では特に第一印象が重要」ということをお伝えしておきたいと思います。
もちろん就活に限らず、人の印象は初対面でほぼ決まるという説もあるように、どのような場面であれ、第一印象は人物像の評価に大きく影響します。
では転職のための面接で、企業の採用担当者に好印象を持ってもらいやすい服装とはどのようなものでしょうか?

◆リクルートスーツ?ビジネススーツ?

第二新卒の方にとっては「リクルートスーツでよいのか、それとも一般的なビジネススーツにすべきか?」という点が服装選びの悩みどころでしょう。

結論から言うと、答えは「どちらでも大丈夫」です。

新卒と同じリクルートスーツではダメだなんてことはありませんのでどうぞご安心を。
そもそも就職活動の際に着用するリクルートスーツは、無地のネイビーやダークグレー、黒などのベーシックカラー。
男性であればこれに白いワイシャツと落ち着いた色合いのネクタイ、黒の革靴を、女性も白いプレーンなシャツと黒いパンプスを合わせることがほとんどでしょう。
企業側にとっても「見慣れた」コーディネートですから、特別奇異な印象を与えることもなく、服装基準には適っているのです。前職での社会人期間が短いほど、入社後もリクルートスーツを着ていたという方も多いのではないでしょうか。

一方、ある程度の期間正社員として在職していた方や、営業職などに就いて、普段から一般的なビジネススーツで仕事をしていた方などは、着慣れたスーツで面接を受けたいと考えるかもしれません。
これももちろんOKなのですが、ストライプなどの柄が入ったスーツやダブルボタンのジャケット、派手な色合いのシャツ、ネクタイなどは避け、やはりベーシックカラーでまとめる方が望ましいようです。
社員の服装の基準は業界や職種によっても異なりますが、就職活動中であれば、どの企業に出向いても通用する「ニュートラル」なスーツのコーディネートがベストです。

◆キーワードは「清潔感」

第二新卒の就活で、リクルートスーツにするかビジネススーツにするかということよりも第一印象を大きく左右する大切なこと、それは「清潔感があるかどうか」です。
スーツにしわやほつれはありませんか?ワイシャツの襟は黒ずんでいませんか?ビジネスバッグや靴は汚れていませんか?
面接を受けに来る求職者はみな似たようなスーツ姿だからこそ、こうした違いはかなり目立ちます。
くたびれてだらしない服装をしている人よりも、清潔感があって手入れの行き届いた身なりの人を正社員として採用したいと企業が思うのは当然のことではないでしょうか。
スーツ以外にも、髪型や髪の色、髭などに清潔感があるかどうかも大きなポイントです。女性は濃すぎるメイクや目立つピアス、きつ過ぎる香水などにも気をつけましょう。
これらの点は、営業職系の求人に応募するのであれば、特に気を遣いたいところです。

◆身なりと振る舞いはワンセット

どんなにスーツ姿が決まっていても、立ち居振る舞いがだらしないと、面接官によくない印象を与えてしまいかねません。
猫背、無表情、覇気のない返事などは好印象どころか社会人として失礼な態度ですから、正しい言葉遣いと共に気をつけたい礼儀の部分です。この点は、新卒よりも社会人経験のある第二新卒のみなさんの方が既にマスターしているのではないでしょうか。礼儀正しい態度や笑顔でしっかり自己PRしましょう。


服装や身なりがきちんとしていると、面接のように緊張する場面であっても、自然と自信を持って受け答えできるのではないでしょうか。
若年層に特化した転職サービスのハタラクティブでは、一人ひとりの悩みや要望にお応えしながら、面接対策やアドバイスなどを行っています。
求人も第二新卒だけでなく、高卒、既卒、大学中退など学歴ごとにご紹介していますので、就職、転職をお考えの方はぜひご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ