新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で好印象を与えるスーツの選び方はコレ!

面接で好印象を与えるスーツの選び方はコレ!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接の際は服装の指定がない場合スーツが無難。私服を指定された場合はオフィスカジュアルを選ぶと良い
    ・オフィスカジュアルとは、スーツよりもややカジュアルで落ち着いた服装のこと。シャツ+ジャケットのような格好が一般的
    ・スーツの色は黒、濃紺、濃いグレーなどが一般的。中に着るシャツは白が基本
    ・靴やバッグ、時計など小物にも注意。どれも華美でビジネスの場にふさわしくないものは避ける
    ・髪型やヒゲ、姿勢、話し方なども大切。清潔感を第一に心がける
    ・受付や入退室など、面接マナーをしっかり身につけて挑もう
    ・面接が不安…そんな方は転職エージェントに相談してみよう

面接の場面ではどんなスーツを選ぶのが適切?普段スーツ以外の服装で働いている職業でもスーツで行くべき?そんな風に悩んでいませんか?
このコラムでは、面接時の服装の基本やスーツとオフィスカジュアルの違い、第一印象を変える小物の選び方などをご紹介。
基本的な面接マナーについてもまとめているので、面接の服装で悩んでいる方は必見です。

◆面接では何を着れば良い?

面接時に服装の指定がない場合は、スーツで行くのが基本です。
新卒の場合はリクルートスーツを選び、中途採用の場合は少しこなれたデザインのものを選ぶと良いでしょう。
クリエイティブ系、マスコミ系などの服装に厳しくない業界ではオフィスカジュアルが可能な場合も。
また、美容系やアパレル系などの企業では、自分の個性を出した服装が求められることもあります。

服装を指定している文言がある場合、「実際は何を着ればいいの?」と悩みがち。言葉ごとの意味は企業にもよりますが、傾向としては以下の通りです。

【私服・普段着でお越しください】

応募者の私服の雰囲気や、面接という場にどんな私服を選ぶのかという常識を見られています。
スーツで行っても問題ない企業もありますが、「なぜ私服を指定したのにスーツなのか?」と思われてしまうことも。企業の風土を見て判断しましょう。
私服を選択する場合は、オフィスカジュアルなどの落ち着いた格好がおすすめです。

【服装自由、私服可】

どちらでも可能という場合もありますが、強いていうならスーツがおすすめ。
企業側が社交辞令的に「私服も可能」と言っていることもあるので、心配な方はスーツで行きましょう。
私服で行く場合も、面接にふさわしい落ち着いた服装を選んだほうが良いです。

【自分らしい服装でお越しください】

クリエイティブな職業やアパレル系の業界などではこのように指定されることも。
「応募者の個性が見たい」という意図で行われていることが多いので、没個性的なスーツは逆にNGとなってしまう可能性があります。TPOをわきまえつつも、個性をアピールできる私服を選びましょう。
ブランドの傾向に合わない、カジュアルすぎる、露出が多い…等、面接の場にそぐわない服装は避けたほうが良いです。


◆オフィスカジュアル・ビジネスカジュアルとは

オフィスカジュアルやビジネスカジュアルとは、スーツよりも柔らかい印象の服装のこと。
職場の雰囲気や企業ごとの規定によって異なりますが、ジャケット+襟付きのシャツのような綺麗めの服装を指します。
男性と女性のそれぞれのポイントは以下の通りです。

【男性】

「襟付きのシャツ+ジャケット+スラックス+革靴」のような服装が基本。
派手な柄物の靴下や、くるぶし丈のスポーツソックスはNGです。
全体的な色味は黒や焦げ茶を中心に、シンプルなものを選びましょう。

【女性】

「ブラウス+ジャケット+スカートorパンツ+パンプス」のような服装が基本。
ビジネスの場で素足はNGなので、ストッキングやタイツを着用しましょう。
シャツやブラウスは白やパステルカラーを基調とした、清潔感のある印象のものを選ぶと良いでしょう。

どちらも色数を押さえ、シンプルなデザインのものを選ぶのがポイント。
どんなものを選べばいいのか心配…というときには、実際に働いている先輩よりフォーマルな印象のものを選べば間違いないでしょう。


◆面接で好印象なスーツの選び方

面接時に好印象を与えるスーツに大切なのは、「清潔感」と「サイズ感」。
シワや汚れがあるのは論外ですが、新しいスーツでもサイズ感が合っていないとスーツを着慣れていない、頼りない印象を与えることになってしまいます。
特に前職でスーツを着用しない仕事だった…という人の場合、就活時のリクルートスーツではサイズが合わなくなっている可能性があります。事前に着用し、確認しておくようにしましょう。

サイズ感が適切か分からないときには、鏡の前に立って確認するだけではなく、写真に撮る、家族や友人に見てもらうなどの手段で客観的に確認するのがおすすめ。
スーツ店で店員に相談し、プロの意見を聞いてみるのも一つの手です。


◆スーツを選ぶときのポイント

スーツを選ぶときにはいくつかポイントがあります。これらのポイントを押さえて、印象のいいスーツ姿を目指しましょう。

・スーツの色

黒・濃紺、濃いグレーなどシンプルな色が無難。柄は基本的には無地ですが、転職時など、ある程度キャリアのある人の転職では、リクルートスーツを思わせるデザインのものではなく、薄いストライプなどを選んでも良いかもしれません。

・シャツ、ブラウスの色

男性の場合は白のシャツが基本。女性の場合は淡いカラーシャツ、カットソーなども可です。フリルなどで華美な印象になりすぎないものを選びましょう。

・ボタンの数

就活時のスーツは2つボタンのものか3つボタンのものが主流。
2つボタンはシャープな印象を与え、3つボタンは誠実な印象を与えるのが特徴です。
どちらを選んでも間違いではありませんが、気をつけたいのがボタンの留め方。男性のスーツの場合、「一番下のボタンは外しておく」のが正式な着方となります。
女性の場合は「全て留める」のが正しいので、間違わないように覚えておきましょう。

・素材感

スーツには夏用、冬用と季節毎に異なる素材感のものがあります。
季節に合わない素材のスーツを着ていると、見た目に違和感がありますし、ふさわしい服装を選ぶことができないという印象にもつながり兼ねません。適切な素材感のものを選びましょう。

・ネクタイ

男性の場合、クールビズなどで不要と明言されていない限り必ず着用するのがネクタイ。色や柄で印象が変わるため、顔映りがよく、好印象を与えるものを選びましょう。
一般的に、やる気や熱意をアピールしたい場合は赤系統の色、知性や冷静さをアピールしたい場合には青系統の色が良いようです。

・スカートorパンツ

女性の場合はスーツにスカートとパンツのどちらを合わせるかで悩むことも多いかと思いますが、結論からいうとどちらでも問題はありません。自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。
パンツスーツは「活動的、仕事ができる」という印象を与えやすく、スカートスーツは「華やか、フレッシュ」という印象を与えやすい傾向にあります。希望する業界や職種によって使い分けるというのも一つの手です。


◆スーツだけじゃない!印象を決める小物にも注意

面接時に見られるのは、スーツだけではなく全体の印象。特に、靴や鞄などの小物でイメージが変わることは珍しくありません。
この項目では、スーツ姿の印象を決める小物についての注意点を解説します。

・鞄、バッグ

応募書類をしまったり、会社のパンフレット等を受け取ったりする可能性があるためA4サイズ以上のものにしましょう。
面接時にはイスの横に立てておくことが一般的なため、鞄の底がしっかりした自立するタイプのものを選ぶのがおすすめです。
ビジネスバッグなど、シンプルなものが無難。トートバッグやリュックサックなど、カジュアルな印象のものはNGです。
色は黒や焦げ茶など、靴、ベルトの色と合わせると綺麗にまとまります。落ち着いた色味であっても、ブランドのロゴや飾りが目立つものは避けましょう。

・靴

男性は黒か焦げ茶の革靴を選びましょう。ベルトの色と合わせるのがマナーです。つま先が尖ったものや装飾が施されているものは避けましょう。
女性は3~5センチメートル程度のヒールがあるパンプスが無難。色は黒や茶色の他、ベージュなども可です。
性別に関わらず、傷や汚れは悪印象。事前に磨いたり修理に出したりして、綺麗な状態のものを履いていきましょう。

・腕時計

普段は携帯電話やスマートフォンで時間を確認する…という人も多いかもしれませんが、腕時計は社会人のマナーとして見られることも。携帯を確認できない場面などでも重宝するので、着用するようにしましょう。
黒や茶色など、靴、鞄と色を合わせた革のベルトのものか、シンプルなシルバーのものが無難です。派手な色のものや、デジタル時計、ハイブランドのものなどは避けましょう。


◆髪型や話し方のチェックはOK?ビジネスマナーを身に着けて第一印象アップ

第一印象は努力しても変えられないと思っていませんか?
身だしなみを整え、話し方のマナーを身に付けることで面接官に好印象を与えることは可能です。清潔感と明るく丁寧な話し方で、第一印象アップを目指しましょう。

・髪型

〈男性〉
清潔感のあるヘアスタイルがポイント。長髪や、ワックスで立てたような髪型は遊びのような印象を与えやすいため、避けたほうが良いでしょう。色は業界にもよりますが、黒色が一般的です。

〈女性〉
長い髪ならハーフアップかひとつにまとめ、顔に髪の毛がかからないように工夫しましょう。ヘアアクセサリーは華美なものはNG。黒や茶色、紺色などの落ち着いた色味のバレッタやクリップは可とされている業界が多いですが、シュシュはカジュアル過ぎると捉えられる可能性があります。
女性の場合は髪色は黒~ダークブラウンが一般的。歴史のある企業や黒髪での勤務が義務付けられている企業の場合は黒色にしましょう。

・ヒゲ

男性が忘れてしまいがちなのがヒゲ。おしゃれで生やしている…という方もいるかもしれませんが、就職活動という場では不適切だと思う面接官が多いようです。職種や業界にもよりますが、基本的には剃ったほうが良いでしょう。

・姿勢

入室してしばらくは背筋を伸ばして着席していたはずが、だんだん背筋が曲がる、座る位置が浅くなる、揃えていた足が広がる…というように姿勢が崩れることは珍しくないようです。
特に長時間の面接では、最後までしっかりと姿勢を保つことを意識し、気を抜かないようにしましょう。

・言葉遣い

敬語の使い方を間違ってはいませんか?面接時には話の内容だけではなく、話し方や言葉遣いなども含めて見られています。失礼のないように丁寧で感じの良い言葉遣いを心掛けましょう。
特に、「食べれる」のように文中の「ら」を抜く「ら抜き言葉」や、「言わさせていただく」のように不要な位置に「さ」を挿入する「さ入れ言葉」などは間違いやすいポイント。日常でも注意するようにしましょう。

・挨拶

入室時の「失礼します」や、面接後の「ありがとうございました」という言葉。特に最初の挨拶は緊張して声が小さくなったり目をそらしてしまったりしやすいですが、目を見てはっきりと伝えられると好印象です。


◆面接前に要確認!受付時や入退室のマナーとは

せっかく良い第一印象を与えるために身だしなみや仕草に気を使っていても、面接マナーを知らなければ効果は半減してしまいます。
面接時に重要な「受付」と「入室から着席」「退室」のマナーを紹介するので、しっかり確認しましょう。

【受付】

受付到着は5分~15分前が基本。遅刻は厳禁ですが、早く着きすぎるのもNGです。
万が一遅刻しそうになった際は、どんな理由でどの程度遅れるのか、遅くなりそうであれば別の日程に変更してもらうことは可能か企業に電話で指示を仰ぎましょう。交通機関の遅延などは予測できる事態だと捉えられることもあるので、最寄り駅には30分程度早く着く予定でいると安心です。

受付では自分の名前と用件、分かれば採用担当者の名前を伝えましょう。受付に担当の方がいる場合の他、チャイムで人を呼ぶ、内線電話をかける…など、企業によって受付方法はまちまちですが、伝える内容は同じです。

例:「お忙しいところすみません。本日○時より採用面接のお約束を頂いております、○○と申します。恐れ入りますが、採用担当の××様にお取り次ぎいただけますでしょうか」


【入室から着席】

面接室のノックは軽く、うるさくならないように行います。2回のノックでは失礼と捉える方もいるので、3回にしておくと良いでしょう。
室内から返事があったら、「失礼します」と声をかけて入室します。

面接室の中まで案内された場合や、ドアがない場合、最初から開いている場合にはノックは不要です。「失礼します」と言い、お辞儀をしてから入室しましょう。

着席する場所は、基本的には面接官や受付の方の指示に従います。指示がない場合には一番下座を選びましょう。
通常の会議室などでは、出入り口に一番近い席が下座となります。

「どうぞおかけください」と言われるまではイスの横に立って待ちます。
面接官が到着していない場合などは「おかけになってお待ち下さい」とイスを勧められることがあるので、そのときには指示に従いましょう。
一度着席した場合も、面接官の姿が見えたらすぐに立ち上がって再度挨拶をします。

鞄やコートなどはイスの横に置きましょう。荷物置きなどを勧められた場合には、お礼を言って借りれば問題ありません。


【退室】

面接官が「本日はありがとうございました。面接は以上です」など、面接を終える言葉を述べたら、「本日はお忙しい中ありがとうございました」と座ったまま礼をします。
その後立ち上がり、イスの横に立って再度礼をしましょう。

退室時にはドアの前で面接官を振り返り、「失礼します」とお辞儀をします。

面接後、受付やエレベーター、会社の出入り口まで見送りがある場合がありますが、その際には別れ際に再度お礼とお辞儀をするようにしましょう。


押さえておきたい面接マナーをいくつかご紹介しました。
自分でできていたこと、知らなかったこと等あるかと思いますが、これらのポイントを押さえることでそつなく面接をこなせるのではないでしょうか。


◆面接について分からないことがある人は

コラムを読んでも面接への不安が拭えない、まだわからないところがある…そんな方は、ハタラクティブを活用してみませんか?

ハタラクティブは、20代の方を中心とした若い世代に特化した就職支援サービス。専任の就活アドバイザーが、利用者の方に寄り添って就職活動を支援しています。
マンツーマンのカウンセリングを通じて、利用者の方の強みを分析。応募企業ごとに効果的な面接対策を実施しています。
書類作成のアドバイスや、非公開求人の紹介、面接日時の調整など、就職活動を幅広くサポートしているサービスです。

「就職活動は初めてで不安」「自分が正社員になれるかわからない」…そんな悩みを抱えている方は、まずはお気軽にご相談ください。
ハタラクティブと一緒に、内定獲得を目指してみませんか?

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ