新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 何を着れば良い?スーツとは違うオフィスカジュアルとは

何を着れば良い?スーツとは違うオフィスカジュアルとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・オフィスカジュアルとは、スーツよりもカジュアルでビジネスに適した格好のこと
    ・ジャケットにシャツ、パンツ(スカート)が基本で、素材や色は自由
    ・派手すぎる色や過度な露出、ジーンズなどのカジュアル過ぎる格好は好ましくないので避ける
    ・取引先への訪問や来客にも対応できるよう、社会人として適切な服装を心がけよう

近年、スーツを着用しないオフィスカジュアルを推奨する企業も増えているようですが、具体的にどのような服装が当てはまるのでしょうか。
当コラムでは「オフィスカジュアルとはどんな格好か」に焦点を当てて解説。
具体的なアイテム例や適さない服装、企業から服装指定があった場合の対応などをまとめているので、参考にしてください。

◆オフィスカジュアルとは

近年、社内規定で「オフィスカジュアル」を指定する企業も増えているようです。
「スーツを着なくていい」「好きな服が着れる」という意見の一方で、「どのような格好が適しているかよく分からない」「コーディネートを考えるのが大変」という意見もあるようですが、オフィスカジュアルとは具体的にどのような服装を指しているのでしょうか。

定義は会社によって違うものの、基本的には「スーツよりカジュアルな、ビジネスに適した服装」という認識が一般的。
ビジネスにおけるフォーマルをスーツとしたときに、それに準じる格好がオフィスカジュアルに当てはまります。

ベースとなるのは「ジャケット+シャツ+パンツもしくはスカート」で、靴は革靴が基本。
また、業界や業種によっても認識が異なり、ITやデザインといったクリエイティブな業界ではTシャツやジーンズでもOKな傾向が強く、金融や商社などの固いイメージの業界や営業、受付などの社外対応をメインとする職種ではシャツにスラックスなどのスーツに近い服装を求められることが多いようです。

もし、応募先の企業の面接が「私服指定」「スーツ禁止」のときは、清潔感のあるオフィスカジュアルで行くことを覚えておきましょう。

◆男性のオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルはビジネスカジュアルとも呼ばれており、ジャケットとパンツは色や素材で変化をつけるのが特徴です。

【ジャケット】

会社の規定にもよりますが、基本的に必須アイテム。
スーツのジャケットを使用するほか、夏なら麻、冬ならウールといった素材を取り入れたり、チェックや千鳥格子といった柄物を取り入れる人もいるようです。

【シャツ】

シャツやポロシャツなどの襟がついているものを着用するのが基本。
会社によってはTシャツが容認されていることもあるようです。

【パンツ】

スーツのスラックスか、チノパンを着用する人が大半。
ネイビー、グレー、白、ベージュ、茶色といった色は着回しやすく重宝します。

【靴】

オフィスカジュアルの場合でも革靴を着用しましょう。
また、選ぶ際にベルトと靴の色を合わせると、全体的に統一感が出てすっきりとした印象になります。

【ネクタイ】

ニットなど、スーツのときよりカジュアルな素材を選んでOKです。
また、少し派手な柄や色のものを合わせてみても良いでしょう。

スーツに比べて自由度の高いオフィスカジュアルですが、避けたほうが良い格好は以下のとおりです。

【適さない色】

全身黒のコーディネートは、リクルートや冠婚葬祭をイメージさせるので好ましくありません。
また、派手な色もビジネスにふさわしくないので避けましょう。

【ジーンズ】

スキニージーンズやノンウォッシュデニムなど、きれいめな印象のジーンズが多くありますが、いずれも「作業着」としての印象が強いのでオフィスカジュアルには適していません。

【短パン、Tシャツ】

あまりにもカジュアルすぎる服装にも気をつけてください。
ただし、自由な社風の会社では認めているケースもあるようなので、心配なら企業に確認しておきましょう。
また、ビジネスの場で足を出すのは良くないとされているため、サンダルは控えます。

◆女性のオフィスカジュアル

男性よりも自由度が高いぶん、選択肢が多くて悩む方も多いと思います。
女性の場合は、どのような格好が適しているのでしょうか。

【ジャケット】

よりフォーマルならジャケット、カジュアルならカーディガンが良いでしょう。
素材に特徴を持たせたりノーカラー(襟なし)のものを取り入れたりするほか、明るい色を着用するのもおすすめです。

【インナー】

レースやフリルのついたシャツや、きれいめなカットソーが人気。
装飾がついている場合は華美にならないようなものを選びましょう。

【スカート、パンツ】

黒や白、ベージュ、グレーなどのベーシックな色のほか、柄物やレース素材でもOKです。

【靴】

パンプスが基本で、ストッキングも着用しましょう。
男性と同様に、サンダルやミュールはビジネスにふさわしくないので避けたほうが無難です。

女性の場合も、オフィスカジュアルに適さないのはジーンズなどのカジュアル過ぎる服装や派手な色。
また、丈の短いスカートやノースリーブといった露出が目立つ格好もNGとする企業が多いので気をつけましょう。

スーツよりカジュアルな服装が許されるオフィスカジュアルですが、あくまでも「ビジネスの場で着る服装」です。
取引先への訪問や来客対応といった業務を想定し、社会人としてふさわしい格好を心がけましょう。

今の会社の社風が合わない…と感じている方は、転職を検討してみてはいかがですか?
転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーによるカウンセリングを行っています。
あなたの適性やスキルのほか、仕事に求める条件や勤務環境もヒアリング。
保有する豊富な企業情報から、あなたにぴったりの求人をご紹介いたします。
自由な社風の企業を探している、個人の裁量が大きい仕事を知りたいなどのご相談はお任せください!

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ