新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就活で「私服でお越しください」と言われたら?男女別に解説!

就活で「私服でお越しください」と言われたら?男女別に解説!

公開日:

最終更新日:

就活で「私服でお越しください」と言われたら?男女別に解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業が就活で「私服で構いません」と指示する理由は応募者の素やセンスを見たいから
  • ・就活で「私服でお越しください」と指示されたら、オフィスカジュアルで行くのが基本
  • ・就活で「私服でお越しください」と指示されたら、スーツは避けよう
  • ・面接に私服で行く際は清潔感に注意しよう
  • ・面接に私服で行く際はジャケットを羽織るとフォーマルな印象になるのでおすすめ

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

就活で「私服でお越しください」と言われて、「何を着て行けば良いのだろう…」と悩む方もいるでしょう。このコラムでは、就活で採用担当者に好印象を与える私服の選び方をご紹介。また、取り入れるべきアイテムや服を選ぶ際の注意点、企業が私服を指定する意図についても解説します。就活や転職活動をしている方は、ぜひ参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

就活で「私服で構いません」という企業の意図は?

企業が「私服で構いません」「私服でお越しください」などと指示するのには、求職者への気遣いや普段の雰囲気の確認といった理由があります。以下で企業の意図について詳しく見ていきましょう。

応募者に気を遣っている

スーツは着慣れていない人にとっては動きにくい服装なので、応募者がリラックスして就活や転職活動を行えるように「私服で構いません」と指示する場合があります。特に夏場はスーツを着ると暑いので、応募者の気持ちを考慮して私服を許可することがあるようです。

私服から応募者の素の部分を見たい

就活や転職活動の場ではスーツを着るのが一般的ですが、応募者が全員同じスタイルだと個性が見えづらいので、素を見るために私服面接を行う企業もあります。私服にはその人の趣味趣向や考え方が表れるため、採用の判断材料になるからです。
また、「応募者に肩の力を抜いて話をしてほしい」という狙いもあるでしょう。

応募者のファッションセンスを見たい

アパレル業界の面接では、応募者のファッションセンスを見るために「私服でお越しください」と指定する場合があります。応募者のセンスが業務に関係することがあるため、私服は採用における判断材料の一つなのです。また、流行を読み取る力やTPOに応じた着こなしができるかどうかを見ている場合もあります。
ほかにも、私服でお客さまと接する仕事では、スタッフの服装が店のイメージに影響するため、企業のカラーとズレがないかチェックすることがあるようです。

私服で企業の雰囲気とマッチしているかを見たい

企業と応募者の相性を見ている場合もあります。企業にはそれぞれ社風があるので、人によっては自分の性格と合わないと感じることがあるでしょう。企業は入社後のミスマッチをできるだけ防ぎたいと考えますが、相性の良し悪しは感覚的な面も含まれるため判断が難しいもの。そこで、私服を通して応募者の雰囲気や人柄を見たいと考えるようです。

企業の意図を知ることで、就活の場に最適な服装を選べます。ほかにも企業が私服を指定する理由が気になる方は「私服面接をする意味とは?外さない服装をマスターしよう」をご覧ください。

就活で着ていくべき「私服」とはどんなもの?

この項では就活や転職活動で私服や自分らしい格好で来るよう指示された際に、どんな服を選べば良いかをご紹介します。服装は、前述したような採用担当者の意図を考慮して決めると効果的。ただし、応募する業種や指示の内容によって選ぶべき服装は異なるので、以下で詳しく見ていきましょう。

「私服でお越しください」という場合

「私服でお越しください」と指示された場合は、オフィスカジュアルで行くのが基本です。
ただし、企業によっては、普段着で良いという場合もあります。オフィスカジュアルや普段着の選び方は以下のとおりです。

オフィスカジュアル

オフィスカジュアルとは、社内で仕事をするのに適した服装を指します。スーツほどのフォーマルではないけれど、きちんとした印象に見えることが大切。ビジネスパーソンとして周りの人に不快感を与えず、来客を迎えても失礼に当たらないようなスタイルだと好印象につながります。具体的なイメージが浮かばない方は「目上の人とちょっと良いレストランへ行くとき」を想像して服を選ぶと良いでしょう。
オフィスカジュアルの選び方について詳しく知りたい方は「何を着れば良い?スーツとは違うオフィスカジュアルとは」をご覧ください。

応募者らしい普段着

私服で仕事をする企業では、自分らしさが伝わる、かつ社風にマッチする服装を選ぶのが効果的です。ただし、あくまで就活の場なので、カジュアル過ぎる服装はNG。働くシーンを想定して、相手に誠実な印象を与えられるようなスタイルを選びましょう。
また、前述したように、企業が「私服でお越しください」という場合は何かしらの意図があるので、スーツではないほうが無難です。
面接に私服を着ていく際の心得について知りたい方は、『「面接は私服でお越しください」何を着ていくのが正解?』をご覧ください。

「服装自由」という場合

「自由な服装でお越しください」と指示された場合は、スーツと私服のどちらを着ても構いません。ただし、私服を着る場合は、オフィスカジュアルが良いでしょう。応募者の多くがスーツを着てきた場合に、自分だけカジュアルな格好をしていると浮いてしまう可能性があるからです。「自由」と言われても、ビジネスシーンにふさわしいかどうかという観点は忘れずに服を選びましょう。

「自分らしい服装」を指定された場合

なかには、「自分らしい服装でお越しください」と指示する企業もあります。その場合は、自分の個性や考えを表現できるスタイルで行くと良いでしょう。
特に前述のとおり、アパレル業界の面接では、企業は応募者のセンスを見ています。
ファッションはアピールポイントの一つなので、その服を選んだ理由やテーマを話せるようにしておきましょう。
また、応募する企業のブランドイメージに合う服装をすることも大切なポイント。ブランドイメージとかけ離れた服装をしていくと「自社の指針とマッチしない」と判断され、不採用になってしまう可能性があるからです。
反対に、応募する企業のファッションアイテムを自分らしく取り入れると、ブランドへの愛着心やセンスが見えるので効果的といえます。就活の面接に着ていく私服選びのポイントや注意点について知りたい方は、「面接の服装を選ぶ上で気をつけるべき点」をご覧ください。

就活で着ていくべき私服を男女別に解説!

この項では、就活や転職活動の場にふさわしい私服を、男女別にみていきます。アイテムを選ぶ際の参考にご覧ください。

男性の私服

男性の私服はシャツの上にジャケットを羽織り、スラックスやチノパンを合わせたスタイルがおすすめです。以下でアイテムごとにポイントをご紹介します。

ジャケット

シャツの上にテーラードジャケットを羽織ると、就活向けの、ほどよくカチッとした印象になるでしょう。テーラードジャケットは、パンツとセットになっていない上着のこと。ジャケットを着るとスーツほどかしこまらずに、フォーマルな印象を与えることできます。夏であれば綿素材や鹿の子素材を選ぶと、涼し気な印象をプラスできるのでおすすめです。
冬はピーコートやトレンチコートを着て防寒すると良いでしょう。コートは会場に入る前に脱ぎますが、会場周辺で関係者に遭遇する可能性もあるので、選ぶ際は気を抜けません。

Yシャツ

ジャケットの下にはYシャツを着てフォーマルな雰囲気を出しましょう。Yシャツには種類がいくつかありますが、襟にボタンがついたボタンダウンは、かしこまったなかにラフさを演出できるのでおすすめです。また、薄いチェックやストライプの柄物を選ぶと、ほどよくカジュアルな印象になります。入社後も役立つアイテムなので、白や淡いブルーなど定番を複数揃えるのもおすすめです。

カットソー

業界によっては、私服としてカットソーを着ていくのもOKです。特にファッションやメディア関係の企業ではラフな服装で働くことがあるので、就活でカットソーを着ても問題ない場合があります。
ただし、カットソーはカジュアルな雰囲気になりやすいアイテム。就活で着用する場合は、業界問わず応募する企業のイメージに合うかどうかをよく確認することが大切です。判断に迷う場合は、襟付きのシャツを着る方が無難でしょう。

チノパン

私服就活で着用するパンツは、チノパンやスラックスがおすすめです。丈は長過ぎず、シルエットは比較的細身のタイプを選ぶとスッキリした印象になるでしょう。ジャケットやトップスとのバランスを考えて選ぶのもポイントです。また、アパレル業界の面接を受ける場合は、チェックやストライプなど柄の入ったパンツを選んで個性を出すのも良いでしょう。ただし、企業のブランドイメージに合っていることが重要です。

革靴

靴は革靴を選びましょう。爪先に縫い目のあるデザインのストレートチップやシンプルなデザインのプレーントゥを選ぶと、スーツにも合わせられるので就活シーンでは便利。多少デザイン性のあるものも、オフィスカジュアルや私服の場合はOKです。

男性は、ボトムズにブラック、ネイビー、グレー、ブラウンなどの色を使用すると落ち着いた雰囲気になります。また、トップスは明るいトーンを用いると上下でメリハリをつけられるのでおすすめです。ほかにも、面接で着るべき男性の私服に知りたい方は、『何を着ていくべき?「私服」指定の採用面接(男性編)』をご覧ください。

女性の私服

女性の場合は、露出が多過ぎない明るい色のアイテムを選ぶのがポイントです。以下でアイテムごとにご紹介します。

Yシャツ

男性と同様、トップスにはストライプや無地のYシャツを取り入れましょう。顔が明るく見えるように、白やパステルカラーなどの淡い色を選ぶのがおすすめです。シャツの上には、テーラードジャケットやノーカラージャケットを合わせると、就活にふさわしいフォーマルな印象をプラスできます。

ブラウス

ブラウスはシャツよりも柔らかい印象を与えるので、服装の自由度が高い企業の面接を受ける際にはおすすめです。白のブラウスは1つ持っておくと、幅広いシーンで活躍してくれます。夏は下着が透けないよう生地やデザインには注意しましょう。

カットソー

カットソーはプリント柄を避け、無地でシンプルなデザインのものを選びます。就活でカットソーを着るのはおすすめできませんが、企業によっては用いても良いアイテムです。着用する際はジャケットを上に羽織るとカジュアルなイメージを軽減できます。首元が大きく空いているものは避け、レーヨンやポリエステルなど光沢のある素材を選ぶと良いでしょう。

膝丈のスカート

ボトムスはスカートとパンツのどちらでも構いません。スカートを履く際は膝が隠れる程度の長さのものを選びます。大きなスリットが入っていると、動いたときに足が見えてしまうので避けた方が良いでしょう。就活や面接で着用する際は、立つ・座るなどの動作をしたときに足が見えていないか確認しておくと安心です。

パンツ

パンツスタイルの場合は、ストレートタイプか裾に向かって細くなるスリムタイプが良いでしょう。一方、裾が広がっているワイドパンツや丈の短いショートパンツは、就活では避けた方が良いアイテムです。

パンプス

靴はシンプルなデザインのパンプスを合わせます。ヒールは、3~5センチ程度の高過ぎないものを選びましょう。中に低反発素材のクッションが入っていると歩きやすいのでおすすめです。
ほかにも、就活に適した女性の私服について知りたい方は、「オフィスカジュアルって何?最適な女性の服装は?」をご覧ください。

就活で着ていく私服についての注意点

この項では私服を選ぶ際に注意したいポイントを紹介します。私服のせいで採用担当者に悪い印象を与えてしまうことがないよう、以下で詳しく見ていきましょう。

私服では清潔感を心掛ける

清潔感があるかどうかは私服を選ぶうえで重要なポイントの一つです。コーディネートは完璧なのに、服にシワや汚れ、毛玉などがあるとだらしない印象を与えてしまいます。 服を選ぶ際だけでなく、面接会場へ行く前にも汚れていないかチェックしましょう。携帯できるホコリ取りやチェック用の手鏡を持ち歩くと便利です。

男女ともにジーンズやスニーカーは避ける

Tシャツにジーンズといったラフ過ぎる格好は、就活や転職活動の場にはふさわしくありません。アパレル業界の面接で、そのアイテムにこだわりがあるといった場合を除いては避けた方が良いでしょう。

季節に合わせた私服や色を選ぶ

就活の服装には季節感を取り入れるのも大切なポイントです。明るくさわやかな色は涼しげな雰囲気になりますが、秋冬はかえって寒々しい印象を与えてしまう可能性も。季節に合わせて選ぶ色を考えましょう。

私服でも派手な印象の時計やアクセサリーは避ける

時計やアクセサリーをつける場合は、目立ち過ぎないシンプルなものを選びましょう。アクセサリーの選び方について知りたい方は、「面接に結婚指輪はOK?カラコンなどアクセの注意一覧!」をご覧ください。また、どんな時計を身につければ良いか具体的に知りたい方は、「あなたのは大丈夫?面接時に着ける腕時計の選び方」を参考にしてみると良いでしょう。

以上、就活や転職活動における私服の選び方についてご紹介しました。
「面接で私服を指定されたけれど、服装選びに自信がない」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒の方の就職・転職を支援するエージェントです。服装だけでなく、就活や転職活動におけるお悩みをヒアリングしプロのアドバイザーがサポートします。
就活や転職活動に不安を感じる方は、ぜひハタラクティブをご利用ください!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ