面接でヒゲはだめ?知っておきたい身だしなみのポイント

面接でヒゲはだめ?知っておきたい身だしなみのポイントの画像

この記事のまとめ

  • 面接では身だしなみやマナーを見られるため、ヒゲは剃っておこう 
  • アパレルや美容関連の仕事ではヒゲをOKとする企業も 
  • ヒゲ以外に、服装や腕時計などにも気をつけ、ビジネスシーンに合ったものをチョイスしよう

「デザインヒゲにしているけど、面接のときは剃らないといけないの?」
男性であれば、ヒゲを伸ばしている方もいらっしゃると思いますが、面接時はヒゲを剃ったほうが良いとされます。
では、なぜヒゲを剃ったほうが良いのでしょうか。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

トレードマークなのに…ヒゲは剃らなくちゃいけないの?

面接時は、清潔感のある格好が求められるため、伸ばしているヒゲは剃っておいたほうが良いとされます。
ヒゲを伸ばしたまま面接を行うと、担当者から「不衛生だ」「身だしなみがなっていない」と思われてしまいます。
特に、接客業や食品を扱う仕事であれば、ヒゲは絶対に剃らなければなりません。

※ただし、アパレルや美容関連の企業など、一部の企業ではヒゲをOKとしていることもあります。

面接前にしておくこと

履歴書などに使用する証明写真も、面接時と同様にヒゲを剃り、清潔感のある格好で撮っておきましょう。
面接当日は、ヒゲの剃り残しに気をつけます。
カミソリ負けをしやすい人は、剃る前や剃った後のスキンケアを十分に行っておくと良いでしょう。

「夕方から面接だけどヒゲが濃いから朝剃っても夕方には生えてしまう…」
そんな方は、電気シェーバーを持ち歩き、面接前にトイレで剃るという方法も考えておきましょう。

服装で気をつけたいポイント

ここでは、ヒゲ以外に気をつけておくべき身だしなみのポイントをご紹介します。


スーツやシャツ、靴の汚れ
スーツは面接前に一度クリーニングに出しておき、シミやシワ、汚れ、ほつれがないか確認しておきましょう。
また、靴の泥や汚れは丁寧に落とし、綺麗に磨いておくと良いでしょう。


ネクタイ
ネクタイは派手な色味や季節はずれの色、大柄、キャラクターが描かれているデザインは避け、シンプルかつ爽やかなデザインのものを選びましょう。
ただし、暗すぎる色は全体的にも暗く見えてしまうので注意が必要です。

面接当日は、ネクタイが綺麗に結べているか、曲がっていないかを確認しておきましょう。


腕時計
腕時計はキャラクターものや派手なもの、プラスチック製のものは避け、金属や革のベルトのもののようにビジネスシーンに合うデザインのものを選びましょう。


香水
体臭はエチケットとして気をつけておきたいですが、香水はつけない方が良いでしょう。
もしも気になるようであれば無香性の制汗スプレーなどを使うことをおすすめします。

面接では良い印象を持たれるようにヒゲを剃り、清潔感のある身だしなみにしておきましょう。
このほかにも面接で気をつけることや受け答えの対策を知りたい方は、エージェントサービスを利用することをおすすめします。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービスです。
自分に合った企業選びのコツや面接対策など、さまざまなサービスを無料でご提供。
知っておきたい就職・転職のあれこれをプロのアドバイザーが丁寧にお教えします。

面接対策をしたい・より良い就職先を勝ち取りたい方は、是非一度、サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連タグ