1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接の流れを理解しよう!受付から退室まで徹底解説

面接の流れを理解しよう!受付から退室まで徹底解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・会場到着前のポイントは、身だしなみのチェック、到着時間を5~10分前に調整するなど

    ・入室時は3回ノックし、声を掛けられてから着席。目線や姿勢に注意して話すこと

    ・退室時も挨拶やドアの開閉に注意。建物を出るまで面接という意識で油断しないこと

    ・事前に行う面接対策は、練習を重ねて慣れておく、志望動機は具体的で伝わりやすいものにするなど

就活のメインイベントである面接ですが、回答を練習することばかりに意識が向きがちではないでしょうか。

もちろんそれも大事なのですが、面接会場に入る前や退室時の流れを押さえるのも必要なことです。入室時や退室の際に油断して減点されないよう、しっかりとしたマナーを身につけておきましょう。

このページでは面接会場の入り方、面接時の注意点、退室時の流れなどについて解説します。

勝負は受付から始まっている?面接が始まる前のポイント

面接は会場に着いた時から始まるという意識で臨みましょう。まずは会場到着前後のポイントですが、以下の通りです。

会場外のトイレで身だしなみのチェック

寝ぐせがついていたり、スーツが汚れていたりするとマイナスイメージにつながる恐れがあります。携帯できるヘアブラシやホコリとりを持参すると便利。女性は予備のヘアゴムやピン、ストッキングを準備しておくと安心です。

受付には5~10分前に到着する

約束の時間より極端に早く到着してしまうと逆に相手の迷惑になる可能性があります。

もし心配な場合は、事前に会場周辺のカフェなどを探しておくのも1つの手。時間を前倒しても、そこで待ちながら到着時間を調整することができます。

受付後の待機時間もマナーを意識する

受付で手続き後、担当者が来るまでの間は、立って待つようにしましょう。座って待つことは失礼にあたる場合があります。待ち時間が長くなると手持ちぶさたになるかもしれませんが、スマホをいじらないように注意してください。 

就活の肝!面接室に入ってからの注意点について

一番緊張する入室してからの時間ですが、面接の受け答え以外のことも頭に入れておきましょう。

入室時のドアノックは3回

入室するときはドアをゆっくり3回ノックするのが基本です。ドアが開いている場合も同様にノックしましょう。「どうぞ」と声をかけられたら「失礼します」と言って入室します。

ドアを閉める時はドアの方を向き、後ろ手で閉めないように注意。ドアを静かに閉めたら面接官の方へ向き直り、「よろしくお願い致します」と挨拶をしながらお辞儀します。

椅子に座るのは声を掛けられてから

入室してまず椅子の横に立ち、氏名を名乗ってから「よろしくお願いします」と挨拶しましょう。学生であれば名前の前に学校名や学部を言うようにします。 
椅子に座ることを面接官から促された時点で着席です。

面接中は姿勢や目線に注意

猫背になっていたり、足を組んだりするなどはNGです。椅子の座面半分くらいの位置を目安に腰掛け、姿勢を正して胸を張るとしっかりした印象になるでしょう。 
相手の眼を見るのが基本ですが、見つめすぎると相手に圧迫感を与えかねません。適度に目線をはずし、明るい自然なコミュニケーションを心がけましょう。

油断は禁物、退室時のマナーに気をつけて!

面接が終わってホッと一息つくのはまだ早いです。退室時も失礼のない対応ができるようにしておきましょう。

面接終了後はお礼の挨拶を

面接が終了したら、必ずお礼を述べて頭を下げるようにします。椅子から立ち上がった後「本日はありがとうございました」といって一礼するとより印象が良いでしょう。退室前にドアの付近で「失礼致します」と言って再度お辞儀をします。

ドアの開閉は入室時と同様静かに 

退室時も入室時と同様、後ろ手で閉めることはせず、ドアの方を向いて静かに閉めるように気をつけます。

「ドアは開いたままで良いですよ」と声を掛けられる場合はその指示に従いましょう。

退室後も失礼のない行動を

面接室から出ると、解放感で気が緩むこともあるかもしれませんが油断はしないようにしてください。 誰に見られているか分かりませんので、タバコを吸う、ネクタイを緩めるなどの行為は止めましょう。
建物を出るまでが面接という意識で行動することが大切です。

事前に対策しておきたい面接のポイント

多くの人が面接前に実際の場面を想定して練習を行うと思いますが、ポイントを押さえて練習することで、本番も必要以上に緊張せずに済みます。

以下にいくつか挙げてみましたので、練習に役立ててみてはいかがでしょうか。

受け答えは練習回数をこなして慣れる

面接での受け答えの仕方は社会人の入り口ともいえます。普段の会話と違う配慮が必要ですから、練習を重ねて慣れることが大切。以下の点に注意して、適切な対応を身に付けていきましょう。

・自然な笑顔を心がける
・明るくハキハキと話す
・質門への返事&相槌は「はい」
・慌てて早口にならないようにする
・肯定的な表現を基本に話す
・質門に合う回答をする

志望動機は具体的で伝わりやすい内容に

志望動機は必ずと言っていいほど聞かれる質門です。あなたが中途採用であれば転職理由についても、かなりのウェイトが置かれることになるでしょう。 
以下の3つは志望動機を考える上で基本的な注意点ですから、頭に入れておきましょう

・他社でもいえることはNG
・具体的で意欲が伝わりやすい内容にする
・待遇面を理由にするのは避ける

企業は志望動機から「なぜ他社ではなくうちなのか」「入社意欲の強さ」「入社後の貢献度の高さ」をチェックしています。自分の体験や考え、強みなどを洗い出し、具体的な内容になるよう構成しましょう。

また、今は書籍やインターネットでも見本の例文がたくさんありますが、例文をそのまま使っても面接官はお見通し。あなたの言葉で分かりやすく伝えることが大切です。

逆質問は複数用意しておく

最後はこちらから面接官に質問する「逆質問」についてです。一般的な面接では逆質問の機会を与えられることが多く、質門によっては意欲をアピールできることも。面接最後の仕上げとして準備しておきましょう。

企業に対して興味や熱意があれば、自然と質門は出てくることが多いですが、インターネットで調べたらすぐにわかるものや、内容が薄いものは逆に悪印象を与えることがあるので注意が必要です。

例えば、配属部署の雰囲気、社員の1日のスケジュールなどについての質門は、直接企業側に聞くことでしか出てこない情報ですし、入社したい気持ちが伝わります。

ちなみに、逆質問で待遇面のことについて深く聞こうとすると悪い印象を与えかねないので避けたほうが無難です。どうしても聞きたい場合は直接的な表現にならないよう注意します。例えば、給与のことであれば、同年代のモデルケースや平均というような形で質門をしてみましょう。

ハタラクティブでは20代を中心とした既卒、フリーター、第二新卒の就職支援を無料で行っています。面接の流れを事前に確認しておきたいなど、就活の悩みがあればお気軽にご相談ください。
経験豊富な就活アドバイザーが全力であなたをサポートします。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる