テレビ業界の仕事業界図鑑

テレビ業界とは

テレビ業界というと、テレビ局が番組の考案から準備、制作、宣伝、放映まで一括して行っているイメージがある人が多いのではないでしょうか。

実際には主に、番組を制作・放送するテレビ局と、テレビ局が流す番組を制作する番組制作会社の2つから成り立っているといえるでしょう。

それぞれどのような特徴があるか、ご紹介します。

・テレビ局

番組を放送することがメインです。

1日に流す番組スケジュールを調整して、自社または番組制作会社が作った番組を放送します。

番組制作費用を後援する広告主など、スポンサーと呼ばれる企業との取引も行うのもテレビ局の仕事です。

テレビ局には、総務省が所轄する公共放送のNHKや、民間放送局(民放)であるフジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京などがあります。

有料で衛星放送を提供しているスカパー、WOWOW、BS、J:COMなどもテレビ局です。

・番組制作会社

番組を作ることが主体である番組制作会社。

テレビ局の組むタイムスケジュール(放送枠内)に納まるよう、番組を制作します。

制作には、コストの安さと作成時間の速さが求められるようです。

主な企業は、イマジカやホリプロ、東北新社、円谷プロダクションなどが挙げられます。

テレビ業界の志望動機例

前項で紹介したように、テレビ業界で活躍する職種は多岐に渡ります。

ここでは、制作スタッフや技術スタッフに求められる人物像を詳しく解説していますので、テレビ業界への就職を検討する時の参考にしてみてください。

・テレビが好き

番組制作時や放映時には時間にシビアになることが多い上、ハードなスケジュールで活動しなければならないケースや、思い通りにいかないこと、思わぬハプニング・トラブルが起こる場合があるようです。

そのような場面でも、テレビが好き、テレビを通して人に感動を与える仕事をしたい、という情熱を強みとして活躍している人が多くいます。

・クリエイティビティがある

トレンドを押さえた内容であるのはもちろんですが、オリジナリティ溢れる番組であることも視聴者が「この番組を観たい」と思うポイント。

ニュースやバラエティなどジャンルを問わず、独創的な番組が求められているといえるでしょう。

企画立案のみならず、使用する道具や衣装、撮影場所、撮影方法、演出の仕方など、どの職種であってもそれぞれが個性を活かしつつ、番組の意図に沿った表現ができることが重視されるようです。

【上記を踏まえた志望動機例】

マッチする人材の傾向としてテレビが好きなことやクリエイティビティのある人などを挙げましたが、志望動機で「テレビが好きなため」や「創作活動が得意なため」という理由だけで臨んでは意欲が伝わりません。

より具体的に、テレビを好きになった理由や個性を活かせると思う根拠を提示する必要があります。

志望動機を作る際、以下の一例を参考にして自分なりにまとめみてはいかがでしょうか。

〈具体例〉

前職では営業職として顧客ニーズに沿った提案を行い、常時新規契約○%を達成してきました。

この度、未経験であるテレビ業界への転職を考えた理由としては、テレビが持つ人への影響力に感慨を受けたことにあります。

営業をしていると、顧客との会話の中にニュースや最近のトレンドなどの話題が出ることがあるのですが、前職で取り扱っていた商品に関しても「先日ニュースで○○という内容をやっていたけど、御社の商品はどうなのか」というような質問が多く見受けられました。

私はこれらの質問に対して顧客の不安感が払拭できるように丁寧に答えてきましたが、ある時ふと「商品について、自分に必要なものかを考えるキッカケを与えるマスメディアは、人に大きな影響力がある」ということに気づきました。

思えば、小さな頃から見ている○○という番組を通して、私も影響を受けていたと思います。

番組で紹介していたお店やイベントへ友達と出掛けたり、映画や本を見る機会を得ていたこと。

大人になった現在でも、スケジュールを立てる時やリフレッシュしたい時、美味しいものを食べたい時の参考にしています。

このような経験から、「人々が安心して自分にとって必要な物を選択できる機会を作りたい」「人の気持ちに触れ、行動を促すキッカケとなる仕事がしたい」と思ったのが大きな理由です。

入社後は、営業職で培ってきた“ニーズを捉える力”を活かして、視聴者が臨む番組作りに貢献できると思っております。

テレビ業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

近年、若者を中心にテレビ離れが進んでいると言われています。

主な要因として、視聴者が求める画期的な番組が少ないことや、インターネットの普及によってYouTubeやニコニコ動画などの動画投稿サイト、Amazon Prime VideoやNetflixといった定額制動画サービスが促進し、自分の求める映像をピンポイントで検索して見れるようになったことが考えられるようです。

また、同時間帯に放送している番組を複数録画できるようにもなりました。

そのため、仕事や交友関係に割く時間の割合が多く、録画して後日ゆっくり時間を作って見る、というライフスタイルを築いている方が少なくありません。

視聴率低迷を防ぐためには、インターネットとの差別化や、番組内容・キャストの質などに焦点を合わせ、テレビ番組を変革していく必要があるでしょう。

【今後の動向】

テレビ業界が視聴率の低迷を危惧しているのは、広告収入が減少するため。

そもそも、テレビ番組は広告主(スポンサー)が広告媒体として利用するために作られています。

つまり、視聴率の減少は、「広告を見て商品やサービスを買う人がいない→広告を出す意味がなくなる→スポンサーが出資する金額が少なくなる→収入が減る」ということです。

テレビ業界は今後、視聴者が求める番組・キャスト編成やインターネットにはないサービスの展開などで視聴率を上げる必要があるでしょう。

現在では広告収入以外での収入を増やすため、不動産業や都市開発事業を広げたり、フィットネスクラブの大手企業や動画配信サービスを行う企業を傘下に加えたりするなど、各局それぞれがテレビ番組以外の事業展開を進めているようです。

テレビ業界の仕事内容

世の中の動きを伝えるニュース番組、生活に笑いをもたらすバラエティ番組、思わずその世界に引き込まれるようなドラマ。テレビ業界は、人々の生活に刺激や彩りをもたらす存在となっているようです。

何気なく見ているテレビ。その背景には制作専門、技術専門とするスタッフによって成り立っています。

ここでは、テレビ業界で活躍する人の仕事の種類とその内容についてご紹介します。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

新卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ