契約社員面接はどのような服装をしていくべき?仕事別に解説!

契約社員面接はどのような服装をしていくべき?仕事別に解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・契約社員面接の服装は、スーツ着用が基本
  • ・契約社員に関わらず、面接の服装は清潔感があることが大切
  • ・契約社員の面接でも、仕事によって気に掛ける服装のポイントは異なる
  • ・服装やマナーなど、契約社員と正社員の面接に大きな違いはない

「契約社員の面接はどんな格好をすれば良いの?」「職種によって着ていく服は違うの?」など、契約社員面接に着ていく服装で悩む方は多いでしょう。契約社員面接では、スーツを着用するのが基本です。
このコラムでは、契約社員面接における男女別や仕事別、季節別の服装を紹介。また、服装以外に留意するポイントをまとめています。契約社員の面接を受ける方は、ぜひご一読ください。

契約社員面接の合否に服装は関係あるか

契約社員の面接では応募者のマナーや話の内容、保有スキルなどを見られますが、チェック項目の一つに身だしなみも含まれる場合が多いです。
面接官によって程度の差はありますが、服装が面接の合否に影響すると考えている人は多いとされています。服装以外にも髪型やメイク、アクセサリーなどがチェックされるため、契約社員の採用面接に行く前にはTPOを考慮した身だしなみができているか確認しましょう。

契約社員と正社員の面接に違いはある?

契約社員と正社員の面接に大きな違いはありません。
契約社員と正社員の違いは雇用期間がきまっている「有期雇用」か、雇用期間に定めがない「無期雇用」かという違いのみです。業務内容に関しても、契約社員と正社員ではあまり変わらない企業が多いでしょう。顧客や取引先から見ても、契約社員と正社員の違いは分からないことがほとんどです。そのため、契約社員の面接だからラフな服装でも良いということはありません。正社員面接に行くのと同様の服装をすることが大切です。

契約社員と正社員の違いについては、「契約社員と正社員の違いとは?登用制度や無期転換についても解説」や「契約社員の面接の前に!正社員との違いと必要な心構え」で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

契約社員の面接はどんな服装で行くと良い?

契約社員の面接では、スーツを着用するのが無難であると考えられます。先に述べた通り、面接ではTPOへの配慮が重要視されることもあるからです。
「契約社員なのだから、少しくらいラフでも構わない」と思うこともあるかもしれません。
しかし、契約社員が正社員と同等の業務を請け負うこともありますし、応募者は将来自分達の仲間となる可能性がある人物とみなされることから、面接官からはシビアに受け止められる場合もあるということを忘れないようにしましょう。

着用するスーツに関しては、新卒者を連想させるリクルートスーツは避けた方が良いとされます。社会経験があまりない人物のように見えてしまうというデメリットがあるためです。
リクルートスーツではない黒やネイビーなど落ち着いた色のスーツを選び、インナーや靴に汚れ・シミ・シワがないかどうかあらかじめ確認しておくことが大切であるといえるでしょう。
髪は派手な色・奇抜なスタイルを避け、ビジネスにふさわしい髪型をするようにします。具体的には、「長い髪はまとめる」「前髪が目にかからないようにする」「顔の両側の髪は耳に掛ける」などです。また、メイクは華美になりすぎず、ナチュラルさを大切にするのが好ましいでしょう。

どうしても着ていくものに迷うというときは、応募先企業の従業員がどのような服装をしているか事前に確認し、参考にするのも手です。企業によっては、社内の様子を撮影した写真をWebサイトやSNS上に掲載していることもあります。ただし、面接の段階でそうしたファッションが通用するかどうかは、慎重に考えた方が良さそうです。

なお、面接だけでなく履歴書に貼る証明写真でも身だしなみは大切。「証明写真の正しい服装マナーとは?転職の履歴書で好印象を狙おう」では、証明写真を撮るときの服装や好印象を与える撮影方法について紹介しています。また、Web面接を受ける方は「Web面接に適した服装とは?選考の流れやマナーもチェックしよう」も、ぜひご確認ください。

契約社員面接に適している服装と注意するポイント

契約社員や正社員に関わらず、面接では清潔感のある服装であることが大切です。スーツにシワや汚れがないか、靴は綺麗に磨かれているかなどをチェックしましょう。また、自分の体型に合ったスーツを着用していることも大切。ダボダボの大きなスーツだと、だらしない印象を与えてしまいます。
ここでは、契約社員面接に適している服装を男女別で紹介。注意するポイントもまとめているので、ぜひ参考にして身だしなみを整えてください。

男性の場合

黒やグレー、ネイビーのシンプルなデザインのスーツを着用します。ネクタイも、シンプルな色とデザインのものを選ぶと良いでしょう。インナーのワイシャツは白が無難です。靴とカバン、ベルトは黒や濃い茶色など、色を合わせると統一感が出ます。なお、靴下は靴やスーツの色に合わせて、黒やネイビー、グレーなどの色にしましょう。白の靴下はNGです。

ネクタイは色によって印象が変わる
黒や白のネクタイは、冠婚葬祭をイメージさせるので避けましょう。ネイビーは知的、赤は積極的、グレーは落ち着いたイメージを与えます。ブルーはフレッシュで若々しいイメージを与えるので、若い方にぴったりです。自分の与えたいイメージのネクタイを選んで着けると良いでしょう。

女性の場合

女性も男性と同じく、黒やグレー、ネイビーのシンプルなデザインのスーツを着用します。ボトムスはパンツとスカートのどちらでも問題ありません。パンツはアクティブな印象を与えるため、営業職の面接を受ける方におすすめです。インナーのブラウスは白や淡い色のものを選びましょう。パンツの場合はベルトを着用します。足元はナチュラルな色のストッキングを着用するのがマナーです。

ナチュラルメイクを心掛ける
派手なメイクは避け、落ち着いた印象のナチュラルメイクをするのが基本です。契約社員の面接であっても、つけまつげやカラーコンタクトは、面接の場にふさわしくありません。また、ノーメイクで面接に行くのもNGです。身だしなみに気を配らない人という印象を与えかねません。社会人の最低限のマナーとして、ナチュラルなメイクを心掛けましょう。

なお、「面接の服装を選ぶ上で気をつけるべき点」や「私服面接をする意味とは?外さない服装をマスターしよう」でも、面接時の服装について詳しく紹介しているので、ぜひご確認ください。

契約社員面接の服装は季節によって変わる?

契約社員面接の服装は季節に関わらず、スーツで行くのが基本です。ただし、夏はクールビズで来るように指示があったり冬はコートを羽織ったりなど、季節によって多少異なります。以下では、契約社員面接に行く際の服装を夏と冬に分けて解説。「何を着ていけば良いのか分からない…」という方は、ぜひ参考にしてください。

夏の服装

夏もスーツを着用するのが基本ですが、汗ジミがついていると清潔感に欠けてしまうので注意が必要です。面接会場に行くまでは、ジャケットを脱いでシワにならないよう手に持っていくと良いでしょう。
なお、企業から「クールビズの服装」と指定があれば従います。男性の場合、ノーネクタイで構いませんがジャケットは着用しましょう。女性も同様にジャケットを着用します。

クールビズの服装とは?
環境省では「クールビズの服装の可否」において、ノーネクタイ・半袖シャツをクールビズの服装と提唱しています。ノージャケットもクールビズの服装として提唱されていますが、契約社員面接という場面ではTPOを考えて着用したほうが良いでしょう。

参照元
環境省
環境省におけるクールビズの服装の可否

冬の服装

冬もスーツを着ますが、防寒のためにコートやマフラー、手袋を着用しても構いません。ただし、建物内に入る前に、必ず脱ぐようにしましょう。マフラーや手袋はカバンに入れ、コートは綺麗に折りたたんで、片手に掛けるようにして持ちます。なお、面接中は椅子の背もたれに掛けるのではなく、カバンの上に折りたたんで置くのがマナーです。

コートのデザインや色はシンプルなものを選ぼう
コートは、フォーマルなトレンチコートやステンカラーコートを選ぶのがおすすめ。ダウンコートやダッフルコート、ファー付きのコートなどは、カジュアルな印象になるので面接にはふさわしくありません。色はスーツスタイルに合う黒やネイビー、ベージュを選ぶのがおすすめです。

面接でクールビズはOK?就職・転職活動時の夏の服装」や「面接時のコートのたたみ方や置き場所を解説!冬の就活ならではの注意点とは」では、季節に合わせた面接時の服装を詳しく解説しています。

仕事別!契約社員面接に適している服装とは?

契約社員面接でも、職種によって気に掛ける服装のポイントは異なります。ここでは、契約社員面接に適している服装を、飲食店勤務や工場勤務、郵便局・役所勤務など仕事別に解説。ぜひ、参考にしてください。

飲食店勤務

飲食店勤務は特に清潔感が重要です。スーツにシワや汚れがないか、しっかりと確認しておきましょう。髪の毛が長い方は結ぶなどしてまとめます。また、女性の場合、特に注意すべきなのはネイルです。食べ物を扱う仕事なので、ジェルネイルをしたりマニキュア塗ったりするのは避けましょう。

工場勤務

工場勤務にスーツのイメージはありませんが、基本的にはスーツを着用していくのが無難です。スーツを着ない仕事だからといって、ラフな格好で面接に行くのは避けましょう。食品系の工場の場合は飲食店勤務と同様、清潔感が大切です。髪の毛はまとめ、爪にはジェルネイルをしたりマニキュア塗ったりするのは避けましょう。

接客・販売業

接客・販売業は、お客さまと関わる仕事なので清潔感が大切です。スーツや靴、カバンにシワや汚れがないか、確認しておきましょう。なお、アパレル販売はファッションセンスやブランドのイメージに合っているかを見るために、面接には私服で来るよう指示がある場合も。私服と指示があっても、カジュアルすぎたり派手すぎたりする服装はNGです。オフィスカジュアルをベースに、ブランドの雰囲気に合った服装にしましょう。

郵便局・役所勤務など

郵便局や役所、教育関係の事務などでは、フォーマルな印象を好まれるので黒かグレーのスーツを着用するのがベターです。ストライプのスーツは、カジュアルになりすぎるので避けたほうが良いでしょう。女性はネイルをする場合、ベージュや薄いピンクなどのシンプルな色にします。

契約社員面接に行く際のスーツは、職種に合う色やデザインを選ぶのがおすすめです。また、服装だけでなく、髪型やネイルなど清潔感のある身だしなみを心掛けましょう。「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」では、未経験でもチャレンジできる仕事を紹介しているので、契約社員や正社員を目指す方はぜひ参考にしてください。

服装だけじゃない!契約社員面接は準備と対策が重要

契約社員面接では、服装以外にも気をつけるべきポイントがあります。以下では、契約社員面接に行く前の準備や対策、面接中の注意点について解説。これから面接を受ける方は、事前にチェックしておきましょう。

遅刻厳禁!余裕を持った行動をする

どんなに身だしなみに気を遣っていても、遅刻をしては意味がありません。特別な理由がない限り、時間にルーズな人を採用する企業はほぼないでしょう。交通機関の遅延やトラブルが起こった際にも対応できるよう、時間に余裕を持って行動するのが大切です。ただし、面接会場に早く着きすぎるのも好ましくありません。5分前を目安に、面接会場に到着するよう心掛けると良いでしょう。

挨拶は明るくハキハキと行う

面接では、第一印象が重要です。面接官と目を合わせなかったり、ボソボソと聞き取りづらい声だったりすると良い印象は与えません。面接官の目を見て、明るくハキハキと挨拶を行いましょう。
なお、話しながらお辞儀をするのはNGです。「よろしくお願いいたします」と目を見て伝えてから、お辞儀をしましょう。

面接マナーを身に着けておく

面接では入退室の方法や受け答え、振る舞いなど、さまざまな項目をチェックされます。そのため、面接におけるマナーはしっかりと身に着けておきましょう。
入室時のノックの回数やお辞儀の角度、面接中の姿勢・表情など、面接のマナーについて「面接の一連の流れやマナーを理解しよう!受付から退室までを徹底解説」で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

簡潔で分かりやすい受け答えをする

面接の質問には、簡潔で分かりやすい受け答えを行いましょう。質問内容からブレていたり、長々と話をしてしまったりすると良い印象は与えません。また、丁寧に話そうとするあまり、間違った敬語を使ってしまう場合もあります。そのため、よくある質問に対する受け答えは、事前に何度か練習を行っておくと良いでしょう。

志望動機や自己PRを答えられるようにしておく

志望動機や自己PRは、面接で必ず聞かれるといっても過言ではありません。そのため、伝える内容は事前にまとめておきましょう。
志望動機では、「なぜ契約社員としてこの会社を選んだのか」を具体的な理由とともに伝えるのがポイントです。待遇面を志望動機にするのは、良い印象を与えないので避けましょう。なお、自己PRでは「自分の強みを仕事にどのように活かせるか」を伝えるのが大切です。

逆質問を準備しておく

多くの面接では、最後に面接官から「何か質問はありますか?」と逆質問の機会を与えられます。このときに調べたら分かる内容の質問をしたり、「特にありません」と答えたりするのは避けましょう。逆質問は、入社意欲をアピールする絶好の機会です。「入社までに何を勉強しておくと良いか?」「活躍している社員に共通する特徴はあるか?」など、熱意を伝えられる質問を準備しておきましょう。

就職面接を成功させるためのポイントと注意点」では、面接でよく聞かれる質問や注意すべきポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

契約社員面接に合格するには?

契約社員面接では服装だけでなく、挨拶の仕方をはじめとしたマナー面もチェックされます。そのため、基本的なビジネスマナーは身に着けておきましょう。また、質疑応答では応募者がどの程度の意欲を持っているかを見られます。このとき、ネガティブな発言は控え、応募先企業や仕事に対する意欲が伝わる回答を心掛けるようにしましょう。

契約社員の面接特有の質問としては、「あえて契約社員を志望するのはなぜなのか」ということが挙げられます。正社員の方が責任が重く大変なのは事実かもしれませんが、契約社員になる理由として「楽そうだから」という理由を挙げるのは相手にマイナスイメージを与えるため避けましょう。
契約社員であるとはいえ、正社員の面接と同等の気持ちを持って臨むのが大切です。

正社員になるか契約社員になるかで迷っている方は、ハタラクティブにご相談ください。正社員には契約社員と比べて雇用が安定しているほか、賞与や福利厚生が充実しやすいというメリットがあります。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが一人ひとりの相談に親身になって対応。カウンセリングから面接対策まで、就活を幅広くサポートします。
サービスのご利用はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION