ボタンダウン+ネクタイはマナー違反?社会人の装いを学ぼう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ボタンダウン+ネクタイはマナー違反?社会人の装いを学ぼう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ボタンダウンシャツは、カジュアルファッションに類する
    ・ボタンダウンシャツにネクタイを合わせるのはマナー違反
    ・日本ではクールビズファッションとして浸透している
    ・もし、ネクタイを合わせるのならば結び目は小さめのほうが良い
    ・就職転職活動の際は、ボタンダウンシャツの着用は避けたほうが良い

初夏の頃からデパートで目にするようになるボタンダウンシャツ。衿先に付いた小さなボタンとカラーの豊富さが、オシャレ心をくすぐります。
白色だったら就活にも良さそう…と考える方がいるかもしれません。しかし、ボタンダウンシャツにネクタイを締めても良いのでしょうか?
ボタンダウンシャツの定義と、適切な就活ファッションについて確認していきましょう。

◆ボタンダウンシャツとは?

襟の先を小さなボタンで固定できるシャツのことを、ボタンダウンシャツと言います。
発祥は、1900年代の初め。ニューヨークの紳士服店で作られたのが最初だと言われています。
ポロ競技選手の着こなしをヒントに作られていることから、カジュアルファッションのカテゴリーに入ると考えられているようです。
そのため、ネクタイを合わせることはタブーとされており、冠婚葬祭や正式な場での着用もマナー違反だと言われています。

ネクタイを合わせなくて良いことから、日本ではクールビズを機に浸透しました。
今では、多くのビジネスマンが着用していますが、時の流れと共に、着こなしにも変化が生じているようです。
次の項で詳しく見ていきましょう。



◆ネクタイを合わせるのはOK?

元来、ボタンダウンシャツにネクタイを合わせるのは、間違いとみなされてきました。しかし、近年はネクタイをつける人が増えてきたと言われています。
そこで、まずは基本的なスタイルについてご紹介しましょう。ネクタイ着用の正誤については、後に考察します。

襟先を小さなボタンで固定し、ネクタイは着けずに第一ボタンを開襟するのが基本スタイルです。
襟をボタンで止めることにより、首元にカーブができます。そのソフトな雰囲気がボタンダウンシャツの美点でしょう。

しかし、ビジネスシーンにおいては、ネクタイを着用しないことが、だらしなく見えるとの意見も聞かれます。
では、ボタンダウンシャツの時にもネクタイを着ければ良いのか、というと、それはマナー違反とみなされるかもしれません。非常に悩ましいところでしょう。

ただ最近では、多様性が容認されつつあり、ネクタイを合わせる人が見られるようになりました。清潔感を伴っていれば良し、とする風潮があるようです。
もし、ボタンダウンシャツにネクタイをつけるのであれば、第一ボタンは外さない方が良いでしょう。その方がスッキリと見えると言われています。



◆ボタンダウンシャツに合うネクタイの結び方

結び目は、プレーンノットのように小さめの方がオススメです。基本的な結び方なので、初めてネクタイを結ぶ方でも覚えやすいでしょう。
ダブルノットのような大きめの結び目や、かっちりとした雰囲気は、あまり似合わないようです。

ネクタイを合わせることは容認されつつありますが、就活では、ボタンダウンシャツ自体を避けたほうが無難でしょう。まだまだカジュアルなイメージが強いため、面接官によってはマイナスイメージを持たれるかも…。
ビジネスシーンではマナーを守ることが重要です。最初からマナー違反を犯すリスクは必要ありません。

大人の装いは、TPOをわきまえることが大切だと言われています。それは、就職しようとしている学生やフリーターにも言えることでしょう。
ましてや、転職希望者ならば尚更のこと。
相手に好印象を与える方法を知りたい方は、就職転職エージェントに相談するのもひとつの方法です。
ハタラクティブでは、求人情報の提供はもちろんのこと、就活に有利な雰囲気作りや書類の記載方法などもアドバイスしています。
あなたもハタラクティブを利用して、より納得できる就職転職活動をしませんか。ご相談お待ちしています。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ