新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 何を着ていくべき?「私服」指定の採用面接(男性編)

何を着ていくべき?「私服」指定の採用面接(男性編)

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・基本的に採用のシーンで求められる「私服」=ビジネスカジュアル
    ・面接ではビジネスシーンを意識した服装を選択できているかが見られている
    ・ビジネスカジュアル=「スーツよりラフだが、職場にふさわしい清潔感のある服装」
    ・アウターやシャツ、パンツなどのアイテムは「清潔感」を基準に選べば間違いない

採用面接のドレスコードとして、あえて「服装自由」や「私服」を指定する企業が増えてます。私服=普段着なのか、それともやっぱりスーツにしておくべきかなど、解釈に悩む人は少なくありません。今回は、面接で「私服」が指定される理由、「私服」を指定された時の対処法をご紹介します。

◆面接で私服が指定される理由

企業側が「私服」を指定する理由がわかれば、どんなアイテムをチョイスすればいいかがわかってきます。企業側の意図に則したファッションで、落ち着いて面接に臨みましょう。

【TPOに合わせた対応ができるか知りたい】

面接でスーツを着るのは常識なので、ほとんど悩まずに用意することが可能です。しかし、「私服」の縛りがあれば、応募者は各自の判断で服装を選択することになります。企業側は、応募者が採用面接という場を意識して、何がふさわしい服装か判断できているかを知ろうとしています。

【社風に合う人材か見極めたい】

オフィスカジュアルと一口にいっても、それぞれの業種や企業によってその基準はさまざまです。業界の特徴やその企業の社風を考えて「カジュアル具合」を判断し、ふさわしい服装を選択しましょう。
説明会やOB訪問などで目にした一般社員のビジネスカジュアルの着こなしを覚えておくと、参考になるでしょう。

【ファッションセンスを見たい】

広告業界、ファッション業界の面接では、応募者のファッションセンス、着こなし自体をチェックするために「私服」を指定することがあります。
その場合、「そのファッションのコンセプトは?」「どんな基準でそのコーディネートを選びましたか?」などの質問も想定されるので、しっかり準備しましょう。

【雰囲気の自由さをアピールしたい】

風通しの良い自由な社風を応募者にも感じてほしいという理由で、「私服」を指定している企業も多いようです。この場合、応募者に個性のアピールは求められていませんから、おとなしめのビジネスカジュアルでまとめるのがベストということになります。


◆服装を決める目安

「そもそもビジネスカジュアルってなに?」「職場にふさわしい私服のマストアイテムは?」と悩んたことはありませんか。以下では、面接にふさわしい「私服」について、詳しくご紹介します。

【面接案内で使われている言葉から選択肢を絞る】

面接案内の文言から、ある程度求められている服装を推測することができます。

・私服で行ったほうが良い場合
面接案内に「私服で」「あなたらしさを表現する服装で」「カジュアルな服装で」という文言が使われていたら、基本的にはリクルートスーツ不可です。ビジネスカジュアルを基本に、企業の社風も考慮した服装選びが必要になります。

・スーツでも良い場合
「私服可」「服装自由」と書かれていたら、リクルートスーツでも問題ありません。もし、自分の選んだ服装の応募者が他にいなかったとしても、何を着てきたかだけで採・不採を判断されることはないので落ち着いて面接に臨みましょう。

・私服指定で服装に迷う場合
私服指定の面接で求められる服装は、ビジネスシーンにふさわしい私服です。ビジネスカジュアルを基準に、清潔感のあるアイテムでまとめましょう。

【オフィスカジュアルとは】

ビジネスカジュアルの定義は会社によって異なりますが、「スーツよりもラフで清潔感のある服装」を目安にすれば間違いないでしょう。
清潔感の演出は、以下の条件を参考にすると上手くいきます。

・ジャストサイズのアイテムを選ぶ
・パンツやシャツにシワがない
・上質な素材のアイテムを取り入れる
・ネイビーやブラック、ホワイト、ベージュを中心に落ち着いたカラーでまとめる


◆男性がアイテム選びで注意すること

ビジネスカジュアルに則したアイテム選びの基準をご紹介します。

【アウター】

アウターの基本は落ち着いた暗めの色のテーラードジャケット、ニット、カーディガンですが、迷ったらテーラードジャケットにしておけば間違いないでしょう。ニットやカーディガンを選ぶ場合は、リブ編みなど光沢のない素材のものは、ラフ過ぎる印象になるので避けます。

肩幅や袖の長さの丁度よい、ジャストサイズのアウターを選べば、清潔感のあるきれいめコーデが作りやすくなります。

【インナー】

インナーは明るめ無地の襟つきシャツかポロシャツが基本。シワの寄らないデザインのコットン素材のものを選びましょう。シャツの上にアウターと同系色のベストやセーターを合わせるのもおすすめです。

また、夏場はアウターなしのポロシャツ、シャツだけでも問題ありません。

【パンツ】

パンツはチノパン、細身のスラックス、色落ちやダメージのない濃いめのジーンズが基本。立ったり座ったりしてもシワの寄らない、スッキリしたデザインのものを選びましょう。

【鞄】

A4ファイルの入るレザー素材のトートバックやプラスチックのキャリングケースがおすすめ。トートバッグは、無地のものであればキャンパス地のものでも構いません。

【靴】

派手な色、先端がとがったデザイン、存在感のあるブーツなどを避け、落ち着いた色の革靴を選びましょう。踵がすり減っていたり、汚れている靴は避けてください。新品である必要はありませんが、きちんとメンテンナンスされた清潔な靴を履いていきましょう。

就職、転職活動中の不安や心配は、就職エージェントに相談してみませんか。

ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職・転職支援サービス。プロの就職アドバイザーが、就職や転職に欠かせない履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策までをマンツーマンでアドバイスしています。

自分の選んだビジネスカジュアルに自信がない、第三者の客観的なアドバイスを聞いてみたいという方も、ぜひお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ