最終面接の結果が遅い!問い合わせ時期や方法、合格の可能性は?

最終面接の結果が遅い!問い合わせ時期や方法、合格の可能性は?の画像

この記事のまとめ

  • 最終面接の結果は、面接後3日~1週間以内にくることが多い
  • 即日内定が出る企業もあれば、結果が届くまで2~3週間かかる企業もある
  • 最終面接の結果連絡が遅れる理由は、審議の長期化や補欠候補となっていることなど
  • 最終面接日から10日以上経ったら、メールか電話で問い合わせよう
  • なかなか内定が出ないのは、自分に合わない企業を受けているからかもしれない

最終面接の結果が遅れていると、不安な気持ちが強くなりがちです。とはいえ、「連絡が遅い=不合格」とは限らないので、まずは心を落ち着けましょう。
このコラムでは、最終面接の結果が届くまでの日数や、連絡が遅れる場合の企業側の事情について解説しています。具体的な連絡手段や、あまりに遅い場合の問い合わせ方法についてもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。つらい時間を、上手に乗り越えていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

最終面接の結果がくるのはいつごろ?

最終面接の連絡がくるタイミングは企業によってさまざまで、一概に何日以内とは言い切れません。目安としては、面接終了後から3日~1週間程度ですが、中には当日に連絡がきたり、その場で内定が決まったりすることもあります。
一般的に、最終面接は企業の役員クラスが対応するもの。事前にある程度の選考が終わっており、「最終面接では役員クラスによる確認のみ」という場合では、即採用が決定することもあるでしょう。
また、中小企業やベンチャー企業は、内定通知が早い傾向にあります。それは、小規模な企業は社内でのフローや手続きが少なく、結果が早めに出ることが多いからです。

一方で、企業によっては通知まで2~3週間かかることも。そのため、「連絡が来ないまま、1週間過ぎたから不合格」と簡単に判斷はできません。

土日を挟む場合はいつ結果がくる?

土日も営業している企業の場合は、土日に関係なく最終面接の結果が伝えられる可能性が高いです。
しかし、土日が休みの企業の場合は、休み中に連絡がくることは少ないでしょう。
面接で「○日後に連絡します」と言われた場合、日付は企業の営業日で数えるのが基本。土日休みの企業では、土日を飛ばした日数を数えましょう。

最終面接の結果が遅い理由

では、最終面接結果の通知が遅れるのはなぜなのでしょうか。具体的には、以下のような理由が考えられます。

・想定以上の応募があり、対応に追われている
・採用者候補のレベルが同等で決めかねている
・複数部署で審議するため時間がかかっている
・決定権を持つ人が出張などで不在にしている
・ほかの応募者の面接が終わっていない
・合格者に優先して通知している
・内定辞退があったときの補欠候補にされている
・不合格者には連絡しない方針になっている

企業によっては単純なミスで通知を忘れていることもあるため、通知が遅いときは自ら問い合わせる必要があるでしょう。

結果が出るまでの時間がつらい…という方は、「最終面接の結果を待つ心構えとは?」のコラムも併せてご覧ください。気持ちの準備を整えられます。

最終面接の結果を連絡する手段で多いのは「電話」

最終面接後の結果通知の手段として、多く選ばれているのは「電話」です。電話なら、内定者本人に直接結果を伝え、その場で入社意思があるかどうかを確認できます。また、内定後のスケジュールについての連絡も同時に済ませられるため、電話で結果を通知する企業が多いようです。
一方で、最終面接の結果が不合格の場合、郵送やメールで通知されることが多くなります。志望者の人数によっても対応方法は変わってきますが、不合格者それぞれに電話連絡をする企業は少ないでしょう。
そのため、最終面接後は企業からの電話に気をつけるようにしてください。
もちろん、状況によっては「企業側から電話をもらったが出られなかった」ということもあるでしょう。その場合は、連絡に気づいた時点で、できるだけ早く折り返せば大丈夫です。始業直後や終業間際の忙しい時間帯は避け、丁寧な言葉遣いで対応してください。

また、最終面接の結果が合格でも郵送やメールで知らされることもあるので、通知を見落とさないよう注意しましょう。通知方法は企業ごとに決められている場合がほとんどです。特に第一志望の企業では事前にどのような方法で通知されるのか確かめておくと安心できます。

「最終面接の結果連絡が遅い」のは不合格の証拠?

最終面接の結果がなかなか届かないと、「不合格だったのか…」と自信を失ってしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にはそうとは限りません。
企業が連絡できないのは、まだ合否が決まっていないからという可能性があります。ネガティブな思いが強くなり過ぎると、ほかの企業の選考にも悪影響を及ぼしがちです。連絡が遅いのは企業側の都合である場合もあるので、落ち着いて対処しましょう。

サイレントお祈りとは

サイレントお祈りとは、不採用になった応募者に対して、企業側が合否結果を連絡しない状態を指します。連絡が来ない理由がサイレントお祈りの場合、すでに不合格が確定していることに。一方で、「辞退者が出た場合の補欠要員」として確保されている可能性もあるので、結果の連絡が遅い場合はまずは問い合わせてみてください。問い合わせの方法については、次の項目で詳しく解説していきます。

「なぜか最終面接で落とされてしまう…」という方には、「最終面接の合格率を上げるには?」のコラムがおすすめです。自身の課題を把握して、改善していきましょう。

最終面接の結果通知が遅いときは問い合わせよう

「いつになったら通知がくるんだろう…」と悩まないためには、最終面接の場で結果通知を知らされる期日と連絡手段を確認するのがおすすめです。普通は面接の最後に知らされることが多いですが、特に話がなかったときは尋ねておくと良いでしょう。
期日を過ぎても結果通知がない、最終面接から10日以上経っているのに連絡がないときは、問い合わせるのはマナー違反ではありません。
電話とメールそれぞれの問い合わせ方法をご紹介するので、参考にしてください。

電話での問い合わせ

電話での問い合わせは、出退勤時間の前後や昼休みを避け、電波状態の良い静かな場所で行いましょう。

会話の例

「お忙しいところ失礼いたします。×月×日に最終面接をしていただきました××と申します。まだ結果をいただいておりませんでしたので、確認のためご連絡を差し上げました。選考結果はいつお知らせいただけますでしょうか?」

 

メールでの問い合わせ

「最終面接結果のお問い合わせ」のように、本文の内容がひと目で分かる件名をつけましょう。
メールであっても、営業時間内に送信した方がマナーを守った印象になります。

本文の例

××株式会社
人事部 △△様

いつもお世話になっております。×月×日に最終面接をしていただきました、××と申します。
先日は貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
合否の結果についてですが、選考結果をいつごろご連絡いただけるか教えていただくことは可能でしょうか。

お忙しい中、お手数をお掛けし大変恐縮ですが、お返事をいただけますと幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。

(署名)

問い合わせ時の注意点は3つ

メールでも電話でも、最終面接結果の問い合わせ時に意識したい注意点は以下の3つです。相手に不快な思いをさせないためにも、ぜひ頭に入れておいてください。

・相手を責めない
・結果を直接聞こうとしない
・問い合わせまでに時間を置き過ぎない

合否連絡を待っている立場としては、「どちらにしても早く返事が欲しい」と思いがちです。とはいえ、企業側にも何らかの事情があるはず。それを無視して、相手を責めるのは避けてください。あくまで丁寧に冷静な口調で問い合わせましょう。
また、問い合わせるのは「合否結果」そのものではなく、「結果連絡が来る日程」についてです。「結果が来ない=まだ合否が決まっていない」という点を頭に入れ、行動しましょう。

最後のポイントは、問い合わせをするタイミングについてです。問い合わせして良いかどうか悩む気持ちも分かりますが、最終面接から時間を置き過ぎると話が伝わりにくくなります。結果の連絡日が明らかな場合は、その翌日もしくは翌々日に。特に明らかになっていない場合には、最終面接日から2週間までには問い合わせするのがおすすめです。

最終面接結果の問い合わせについては、「最終面接の結果が来ない時に取るべき行動は?問い合わせの仕方をご紹介」でも詳しく解説しています。メールでの問い合わせについて、特に詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

最終面接で不採用が続いても落ち込まなくて良い

最終面接で不採用が続くと「自分には価値がない」と自己否定してしまう人がいますが、企業との相性が悪かっただけで、あなたの人柄や能力に問題があるわけではありません。なので必要以上に落ち込まず、「縁がなかっただけ」と考え気持ちを切り替えましょう。
その際、面接で良くなかったと思う点があったら、次回の面接では反省を活かせるように対策することが大切です。
あまりにも不採用が続く場合は、相手先の企業が求める人物像とあなたの資質やスキルが合致していない可能性があります。そんなときは、以下の点に注意して企業選びのやり方を見直してみましょう。

・特定の業種や職種に先入観を持って除外していないか
・大手企業や有名企業ばかり選んでいないか
・希望条件が多過ぎないか

就職・転職活動では、あまり視野を狭めると自分に合った企業や仕事を見逃す可能性があります。面接対策以前に、自分の適性に合っていて評価されやすい企業を選ぶことも大切なので、必要に応じて求人の選び方を見直しましょう。

自分に合った求人を見つけたいなら、仕事探しのプロに相談してみませんか?
ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職エージェントで、丁寧なカウンセリングを通してその方に合った求人をご提案しています。
当サービスでは応募企業ごとの面接対策を行うため、「面接が苦手」「アピールポイントが分からない」という方も安心。必要があれば自己分析のお手伝いをしますし、基本のマナーもお教えできます。
また、担当者が企業とのやり取りをすべて代行するため、「結果がこない」というトラブルも起こりません。
不安なく就職・転職活動を進めたい方は、ハタラクティブをご活用ください!