1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 質問を予想し、最終面接を完全攻略!

質問を予想し、最終面接を完全攻略!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・よくある最終面接の質問は、志望理由や自社が第一志望であるかなど
  • ・退職理由を述べる際は、前向きな姿勢を示すことが大切
  • ・面接対策に不安のあるときは、ハタラクティブの就活アドバイザーに相談しよう


内定というゴール間近の最終面接は、転職者の方が最も緊張する場面でもあります。
面接前の不安を解消する一番の方法は、事前に質問を想定しその回答をしっかり考えておくこと。自分の思いを不足なく伝えるためにも、面接前の準備を万全に整えましょう。

◆よくある最終面接の質問パターン

最終面接は、役員や社長など会社のトップ・中枢を担う人が面接官を務めます。最終面接の雰囲気をつかむために、まずはよくある質問の例を見ていきましょう。

○「内定を出したら入社いただけますか?」「当社は第一志望ですか?」

最終面接は入社直前の意思確認の場でもあり、転職活動の状況や入社の意思を問う質問をされることがあります。
質問の意図は、応募者が本当に自社の一員として働いてくれるのか、辞退の可能性があるかを判断することです。

志望度をはかる質問は、質問を受けた会社が第一志望でない転職者にとって答えづらいもの。
入社の熱意を示すために「第一志望です」と答えたいところですが、事実と違う回答をした場合、以下のような問題が起こる可能性があります。

・内定をもらった後にすぐ返事をする必要が生じ、第一志望の企業の合否発表までの時間を確保できない
・内定後、ほかに第一志望があると明らかになった場合、内定取り消しになるケースがある
・第一志望ではないことが面接官に見抜かれると、印象を損ねてしまう

志望度を問う質問には入社意欲を判断する意味もありますが、企業によっては入社後のギャップを防ぐために質問を投げかけている可能性もあります。他社と比較検討した上で、うちを選んでくれているのか?という点も採用する企業としては気になるところ。

「選考に進んでいる企業それぞれに良さがあり、じっくり検討した上で答えを出したい」など、その場にふさわしい回答ができるように準備しておきましょう。

○「志望理由は何ですか?」

最終面接では、それまでの面接で聞かれた志望動機を改めて尋ねられることがあります。

志望動機に関する質問には、会社がその人材に期待することと、転職者が会社で実現したいことにズレがないかを確かめる意図があります。
一次面接や二次面接の志望動機とブレがあると面接官は疑問を抱きますが、最初の面接の前に準備をしておけば一貫した志望動機を答えられるでしょう。

最終面接の特徴として、志望動機についてそれまでの面接よりもさらに突っ込んだ質問をされることがあります。
なぜその企業に入社したいのか、準備した回答に自ら疑問を投げかけ、より深い答えが導き出せるようにしましょう。よくある失敗は、面接官に「それはうちでなくても実現できるのでは?」と思われてしまうこと。

最終面接では、その企業でなければならない理由、役員クラスの面接官を頷かせるような回答を準備する必要があります。

○「質問はありますか?」

大抵の面接では、最後に面接官が転職者に質問はないかを尋ねてきます。
逆質問の目的は、応募者の志望度の高さを測る意味や、入社の前に自社を理解してもらい入社後のギャップをなくすこと。

事前にホームページなどで企業についての情報を手に入れた上で、具体的な質問をするようにしましょう。
面接官への質問は相手先の企業を知るチャンスでもあり、企業への関心や成長意欲を感じさせる質問は応募者の評価にもつながります。

◆第二新卒がされる質問とは

○「退職理由は何ですか?」

これは第二新卒の応募者が必ずと言っていいほど受ける質問です。
採用を行う企業側は、短期間で会社を辞めている第二新卒に対して「またすぐに仕事を辞めてしまうのではないか」「人間関係が構築できないのではないか」といった不安を持っていることが少なくありません。

面接ではそんな不安や疑問を払拭するため、前の職場や仕事への不満や愚痴ととられるような回答は避け、前職でできなかったことをこれからどう実現していきたいのか、前向きな姿勢を示すようにしましょう。

◆意欲の高さを伝えよう

最終面接で問われる質問の例をご紹介してきましたが、第二新卒の方の採用にあたって企業が最も重視するのは志望度の高さと熱意です。

採用側から見た第二新卒者のメリットして、前の職場で基本的なマナーやビジネススキルを身につけていることが挙げられますが、そうはいっても正社員としての経験はまだ浅く、即戦力になるようなスキルがある人はそれほど多くありません。

そこで、経験やスキルが少ない第二新卒には他の転職者と比べてより一層仕事へのやる気と熱意が求められます。
現時点でスキルが十分でなかったとしても、面接での受け答えを通してこれからの成長の可能性や意欲を伝えることが大切です。

第二新卒の転職活動は新卒時の就活と異なる点が多く、戸惑う場面も多いでしょう。

今回のコラムで取り上げた質問への回答がなかなか思い浮かばない第二新卒の方は、ハタラクティブの就活アドバイザーと一緒にこれからの転職活動を考えていきませんか?

ハタラクティブでは、プロ視点のカウンセリングや面接対策で転職活動の不安や疑問を解消することが可能です。

若手の採用に積極的な求人が集まっているため、第二新卒をはじめ高卒や既卒の方など正社員を目指す若年層に対する就職・転職支援に強みがあります。

サービスのご利用はすべて無料のため、気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる