1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. この面接、落ちたかも!?面接官の出すサインとは?

この面接、落ちたかも!?面接官の出すサインとは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・お祈りor合格フラグは面接官の対応から合否の結果を判断するものだが、根拠はないので鵜呑みにしないこと

    ・面接突破ができない理由には、志望動機が曖昧、マニュアル回答などさまざま

    ・基本的な面接マナーができていないことで不採用になることもある

    ・面接前の準備や基本マナーをおさらいして次の面接に備えよう

    ・面接に落ちたからといってネガティブになるのではなく「その企業とは縁がなかっただけ」と捉え前向きに活動を続けよう

面接中、面接官の態度に手ごたえを感じたり、反対に「落ちたかも」と不安になったりすることはありませんか。面接中はなるべく冷静に受け答えをしようとは思いつつも、面接官の一挙一動が気になって集中できない人も中にはいるかもしれません。"面接官は不採用のサインを出している"と言われることもありますが、どのようなものなのでしょうか。

面接官のサイン「お祈りフラグ」「合格フラグ」とは

不採用なのでは…と感じられるような面接官の言動や行動をサインとして捉え、合否の結果を自分で判断する人がいるようです。

まず、不採用のサインについてですが、不採用通知に記載されている、「お祈りしております」という言葉から「お祈りフラグ」と呼ばれることも。具体的には以下のようなものがあります。

・予定していた時間よりも短い時間で面接が終わる
・面接時間を最後の方に設定された
・企業の商品パンフレットを渡される
・休日の過ごし方について聞かれる
・面接時間の多くを業務内容の説明について割かれる


一方、合格のサインである「合格フラグ」も就活生の間では話題に上るようです。こちらも具体的な内容としては以下のようなものが挙げられます。

・入社可能日について聞かれる
・「うちの仕事や社風に向いている」と言われた
・面接時間が予定よりも長い
・制服のサイズなど入社時の支給品について聞かれた
・会社の魅力や入社時のメリットについて話してくれた

これらを不採用または合格のサインだと感じる人もいるようですが、実際には判断材料になりうるものとはいえません。

例えば、面接時間が短くなるのは、面接の進め方によることで不採用とは限りません。同じく、会社の魅力やメリットについて詳しく話すのも、企業側の方針によるもので、どの応募者にもフラットに対応しているとも言えます。

他にも「趣味を聞かれたら終わりだ」「エレベーターまで見送りに来た場合は合格」などと言われることがありますが、どれも根拠があってそのように言われているわけではないでしょう。 

根も葉もないうわさに振り回されて面接に集中できなくなってしまっては元も子もありません。参考程度に留め、適切な面接対策をするようにしましょう。

面接突破ができない理由

面接に落ちてしまうのは不採用のサインがあったからではなく、面接官に「一緒に働きたい」と感じてもらえない受け答えをしてしまったから。

その事実から目を背けていては、また同じ失敗を繰り返してしまうこともあるかもしれません。 

面接に落ちる要因や理由はいろいろあるでしょうが、志望動機をあいまいにしてしまうと合格が遠ざかってしまうことが多いようです。

たとえば「人の役に立ちたいと思ったから」などといった表現では、どの企業でも使い回しが可能ですし、応募先の企業でどのようにその希望を実現するのかもあいまいです。 

もっと具体的に、「その会社でなくてはならない理由」を考えてみましょう。

また、マニュアル的な回答も入社への熱意が伝わりにくく、面接官の心をつかむのはなかなか難しいかもしれません。面接官はさまざまな質問の中で、あなたの人柄や性格、能力などを感じ取り、会社にマッチするかどうかを判断しています。 

マニュアル的な受け答えではあなたの個性が見えづらくなりますし、熱意ややる気も伝わりづらくなるでしょう。

言葉遣いや入退室時の所作など、基本的なマナーをおろそかにしてしまうのも面接官の印象を悪くすることがあります。 

受け答えは良かったのに、退室時にうっかりマナー違反をしてしまった…となってしまうことのないように、しっかり確認しておきましょう。 

もう一度おさらい!面接の基本

面接に落ちる原因として、意外と多いのが面接の基本を見落としていること。

「今さら?」と思う人もいるかもしれませんが、準備にやり過ぎということはありません。

改めて確認して、再度挑戦する面接に備えましょう。

面接前の準備はOK?

・スーツに汚れやシワがないか
・清潔感を与える身だしなみか
・面接日時、経路、は再確認したか
・履歴書、職務経歴書など必要書類は準備したか

面接の流れは頭に入ってますか?

・10分前には面接先へ到着する
・受付では氏名と用件、誰に会いにきたのかを伝え、面接開始のつもりで振る舞う
・待機する時間もマナーのある振る舞いを。携帯電話の電源は切っておく
・入室時のノックは3回、入室後は扉の方を向いて閉める
・ドアを閉め終わった時点で面接官の方を向き「失礼します」と一礼して椅子へ向かう
・椅子の左側または後ろに立ち、氏名と挨拶を。
・面接官から「おかけください」と勧められたら「はい、失礼いたします」と着席
・面接官の目を見ながら自然な感じで受け答え。堅すぎずフランクすぎない対応を
・面接終了後は着席のまま「本日はありがとうございました」とお礼を伝えて一礼
・ドアの手前で面接官に向き直り「失礼いたします」と挨拶して退室

ネガティブにならず、次を見据えて

面接で落ちてしまうと、「自分は無能な人間なのだ」などと落ち込んでしまう人もいるでしょう。自分を否定された気がして、自信を失ってしまう人も中にはいるかもしれません。 

しかし、そんなネガティブな気持ちを抱えたまま次の面接を受ければ、自然と言動に影響が出て面接官に悪い印象を与えてしまうことも。あくまで「その企業とは縁がなかっただけで自分のことを評価してくれる企業はある」と前向きに捉え、次の面接に挑むようにしましょう。 

同じ失敗を繰り返さないために、面接を振り返って落ちた理由を考えるのは重要です。

面接官とのやりとりを反省し、自分に何が足りなかったのかを考えてみましょう。 

どれだけ考えても落ちる理由が見えてこない…という人は、1度客観的な立場からの意見を仰いでみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで求職者のサポートをしています。面接などの選考に関する相談にも応じていますので、ぜひ1度お問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる