面接でエレベーターまで見送りされた!これって合格?面接官のサインの真意

面接でエレベーターまで見送りされた!これって合格?面接官のサインの真意の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接後にエレベーターまで見送りされても合格とは限らない
  • ・面接後にエレベーターまで応募者を見送りするのは、慣例として行う理由が大きい
  • ・面接後にエレベーターまで見送りをする途中の態度を確認する企業もあるので注意
  • ・合格フラグやお祈りフラグは、面接官や状況によって変わるので参考程度に留める
  • ・面接を突破するにはフラグを重視するよりも基本的な対策が重要

面接後にエレベーターまで見送りされたら合格?不合格?
エレベーターまで見送りされるのは、好印象で採用したいと思われているケースもあれば、丁寧な対応で不合格のマイナスイメージを払拭するためということも考えられます。そのため「見送りがあったら合格・不合格」と一概にはいえません。面接官の態度に手ごたえを感じたり、「落ちたかも」と不安になったりする方は、ひとつの指標として確認してみましょう。

面接後にエレベーターまで見送りがあったら合格?

面接を終えたあとにエレベーターまで見送ることは、合否に関係なく行われているようです。特に、応募者や来客に丁寧に対応する企業は、合否に関わらず全員を見送るのが一般的。中途採用や最終面接などで選考に参加したのが1人だけなら、時間に余裕があるため高確率で見送られるようです。

また、企業によっては見送り担当がいることも。
面接官は席を立つことはありませんが、会場外に見送り担当社員が配置される例も考えられます。
ただし、いずれの場合も「採用だから見送る」ということは基本的にありません。面接後にエレベーターまで見送られるかどうかは、企業の対応によって異なるのです。

エレベーターまで見送りをする理由

面接後にエレベーターまで見送りがあるのは、冒頭でも述べたように「その企業が外部者に対して丁寧な対応を心がけている」のが1つの理由でしょう。
そのほか、時間に余裕があるので見送ったり、社内が複雑でエレベーターまでの道のりを案内したりするのも、見送りを実施する理由に挙げられます。
ただし、すべての企業が目的なく見送りを実施しているわけではありません。企業によっては「面接後の態度を確認するため」にエレベーターまで見送りを行うこともあるようです。面接後は安心感から気を抜きがちですが、会社を出るまでは誰に見られているか分かりません。移動中も選考のうちという意識を持ちましょう。

面接後にエレベーターまで見送りをしない理由

面接後にエレベーターまで見送りをしない理由として、「慣例がない」「時間に余裕がない」などが考えられます。深い意味はなく、慣例的に応募者を見送らなかったり、選考が立て込んでいたりしてエレベーターまで見送る余裕がなかったりすることが要因でしょう。

エレベーターまで見送りされるときの4つの注意点

面接後にエレベーターまで見送りされるときは、面接官や案内係の社員と並んで歩くのはマナー違反。そのほかにも気をつけるべき注意点を以下にまとめました。

1.面接官の後ろを歩く
一般的に、面接官は応募者よりも職位が上です。目上の人の隣を歩くのはビジネスマナーに反するので、たとえ面接後であっても並んで歩くのは避けましょう。

2.挨拶をする
面接会場からエレベーターまでに、社員とすれ違うこともあります。まだ入社が決まっていなくても会釈や挨拶は必ず行いましょう。無視をすると「態度の悪い人」とマイナスイメージを抱かれます。
挨拶は、同じ会社の人間ではないので「お疲れさまです」は不適切。「こんにちは」や「失礼します」を使用します。もしくは、会釈でも問題ありません。

3.エレベーターを呼ぶのは自分で
エレベーターまで見送られても、呼び出しボタンは自分で押すのがマナーです。案内してくれた人がボタンを押すのを待っていては、「なんでも人にやらせるのかな」「自発的に動けない人」と判断されて印象を下げてしまうでしょう。もし、相手が押してくれたら必ずお礼を伝えます。

4.エレベーターに乗る前にお礼とお辞儀を忘れない
エレベーターが到着したら、「本日はありがとうございました」など面接に対するお礼を述べましょう。また、乗り込んだあとも扉が閉まるまでお辞儀をするのがマナー。先に乗っている人がいる場合は会釈程度で問題ありません。

エレベーター内でも気を緩めない

面接官と別れたから、とエレベーター内ですぐにスマホをいじったり、着衣を緩めたりするのは危険です。乗り合わせている人から面接担当に伝わる可能性を考えましょう。
もし1人で乗っていたとしても注意が必要。エレベーター内だけでなく、オフィス内・ビル内にいる間は誰がどこで見ているか分かりません。建物を出るまで気を緩めないよう気をつけてください。

面接のエレベーター見送りは合格フラグ?

これまで解説したように、面接後にエレベーターまで見送りがあっても合格とは言い切れません。しかし、これを「合格フラグ」とする方も少なからずいるようです。合格フラグとは、面接中の質問や面接官の態度などで「◯◯があった・されたら合格」のように、言動や行動から合否を判断するもの。具体例を下記にまとめました。

よくある「合格フラグ」

選考の場においてよく上がる合格フラグは、「具体的な入社スケジュールをいわれる」「質問が多い、回答を深堀りされる」「次の選考に関する話が出る」など。入社後の具体的な話をされるということは、一緒に働きたい・働く前提と考えている証といえるでしょう。質問が多かったり、回答に対してさらに質問されたりするのは、面接官がその人に興味を持っている証。また、次の選考に関する話題は、「次のステップに進んでもらいたい」「採用したいから選考突破のアドバイスをしたい」という考えからくると予測できます。

よくある「お祈りフラグ」

お祈り(不合格)フラグといわれるのは、「回答を深堀りされない」「定型的な対応」「採用後の具体的な話がされない」「最後にアピールはありますか、と聞かれる」など。全体的に、選考参加者に興味を持たない言動や態度がお祈りフラグとされています。

面接官のサインは信じて良い?

結論から述べると、面接官の出す合格・不合格のサインは絶対ではありません。
たとえば、面接時間が短くなるのは、面接の進め方や前後の面接に影響されます。同じく、会社の魅力やメリットについて詳しく話すのも、企業側の方針によるもので、どの応募者にもフラットに対応している可能性も。
ほかにも、「趣味を聞かれたら終わり」「エレベーターまで見送りに来た場合は合格」などもありますが、どれも明確な根拠や理由はないでしょう。

根も葉もないうわさに振り回されて面接に集中できなくなってしまっては元も子もありません。合格・不合格フラグについては参考程度に留め、適切な面接対策を行うことが大切です。

面接を突破するには

エレベーターまでの見送りといった合格・お祈りフラグに惑わされるよりも、確実に面接を突破するためには効果的な自己アピールと基本マナーの徹底がポイントになります。

「一緒に働きたい」と思わせる

面接を突破して内定を得るためには、面接官に「一緒に働きたい」と思わせることが大切。仕事に対する熱意はもちろん、採用するメリットや将来のキャリアプランなどをしっかりと伝え、「採用する価値のある人材」と評価してもらいましょう。

逆質問はアピールチャンス

もし面接中に、いわゆる「お祈りフラグ」に気づいても、最後の「逆質問」で挽回するのは十分可能です。しっかりと企業研究や自己分析を行っていれば、好印象を与える逆質問を用意できます。面接のなかで唯一参加者が主導になれる場面を、うまく活用してください。
もし逆質問でアピールできなくても、エレベーターまで見送られる間に熱意を伝える方法もあります。

基本的なマナーに気をつける

面接では、質問に対する受け答えだけが評価されているわけではありません。
前述したように、エレベーターまで見送られるときの態度や行動以外にも、待機時の態度や入室の所作、面接中の態度、服装の着こなしといった部分もチェックされています。経歴やスキルなどは求める人材に合致しているのに、態度やマナーで不合格になるのはもったいないこと。面接に臨む前に、社会人として基本的なマナーを改めて振り返り、確認しておきましょう。

なかなか面接が通らないときは

書類選考は通過するのに面接が通らないときは、基本を振り返ってみましょう。また、自分に合った会社を選べているかもポイントになります。

基本が出来ているか振り返る

前項でお伝えしたように、どれだけ魅力的な経験やスキルを持っていても、基本が出来ていない人材は採用につながらないことが多いようです。
面接のマナーだけでなく、企業研究や自己分析といった選考に関わる基本は今一度確認しておきましょう。

自分に合った会社を選べているか確認する

会社選びを間違えるのも、選考を突破できない要因に考えられます。ネームバリューやイメージだけで選ぶのは避けたいもの。しっかりと企業研究を行い、自分にとって働きやすいか、どんな点が自分に合っていると感じるのか、再確認してください。

転職のプロの力を借りる

自分なりにしっかり対策しているのに面接でつまずくことが多いなら、プロに相談するのも良いでしょう。第三者から客観的に選考対策を評価してもらうことで、自分では気づけない弱点や強みに気づけることもあります。

転職の相談先を探しているなら、ご利用者一人ひとりに対して専任スタッフがサポートを行うハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒といった社会人経験が少ない方の支援も積極的に実施しています。選考や面接の基本マナーが分からない、こういう質問に対する的確な回答が知りたいなど、転職に関する基本をしっかりとお伝えします。

面接フラグに関するQ&A

最後に、面接フラグに関するよくある質問をQ&A形式でまとめました。面接を控えている方は参考にしてください。

フラグが気になって面接に集中できません

フラグはあくまでも目安。信じ過ぎないようにしましょう。 このコラムの「面接官のサインは信じて良い?」でも述べているように、フラグは選考の状況や面接官によって変わる可能性もありますし、絶対ではありません。 一般的にいわれることが多いので気になる気持ちも分かりますが、フラグに気を取られては面接で十分な力を発揮できません。フラグは参考程度に割り切り、確実な面接対策を行いましょう。

お祈りフラグから挽回するには?

仕事に対する気持ちや熱意を伝えましょう。 面接中にお祈りフラグに気づいても、挽回するタイミングは十分あります。コラム内でもお伝えしたように、逆質問がチャンス。「最終面接突破のポイント!逆質問を成功させるには」を参考に、逆質問の意図を理解したうえで自己アピールにつながる質問をしてください。

書類は通るのに面接が突破できません

面接対策は十分ですか? 面接で落ちやすい人の特徴として、「第一印象がよくない」「マナーが守れない」「これまでの振り返りをしていない」などが挙げられます。書類通過できたということは、企業は少なからずあなたに興味を持っている証拠。しっかり対策をすればチャンスは十分にあります。詳しくは「面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介」でご確認ください。

どうしても面接が苦手です

練習を繰り返して場馴れしましょう。 面接は独特な雰囲気で緊張するかもしれませんが、場数を踏むことで慣れるもの。何度も面接を受けて慣れるのが好ましいですが、たくさんの選考に応募するのは現実的に難しいでしょう。そんなときは転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。本番を模した模擬面接を実施いたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION