就活に自信がない…不安を解消して選考を通過する方法

就活に自信がない…不安を解消して選考を通過する方法の画像

この記事のまとめ

  • 就活に自信がない人には、ネガティブ思考や緊張しやすいといった特徴がある
  • 自信を持てないまま行う就活は失敗しやすい
  • 自信が持てない理由は、人前で話すのが苦手だったり学歴に不安があったりするため
  • 背筋を伸ばして明るい表情でハキハキ話すと、自信があるように見える
  • 自信を持って就活をするためには、面接や試験対策が必須

就活をする人のなかには、「面接でうまく話せる自信がない…」「不採用続きで自信がなくなった」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。就活は、企業に自分を売り込んでアピールする必要があるため、苦手意識を持ってしまう方も多いようです。このコラムでは、自信を持って就活をするための方法について解説。就活に自信がない人に多い特徴や理由についてもご紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就活に自信がない人に多い特徴

就活で自信が持てない人は、「ネガティブ思考」「自己肯定感が低い」「緊張しやすい」といった性格が要因になることが多いようです。

ネガティブ思考

「自分の学歴じゃ採用してもらえない」「どうせうまくいかない」など、自信のない方はネガティブ思考であることが多いです。「周りが就活をしているから」「就職しないと生活できないから」とネガティブな理由で就活をしている方もおり、そのような考えは面接官にも伝わってしまいます。

自分と他人を比較する

自分と他人を比較してしまう方は自己肯定感が低い傾向があり、就活でも自信を無くしている方が多いです。すでに内定をもらっている人が周りにいると、劣等感を抱いてますます自信を喪失してしまうでしょう。

緊張しやすい

元々の性格で緊張しやすかったりプレッシャーに弱かったりする方は、就活でもなかなか自信が持てません。過度な緊張で面接中に頭が真っ白になってしまい、話せなくなるといった状態に陥ってしまうことも。一度失敗すると、次の面接でも「また失敗したらどうしよう」と緊張する原因になってしまい、悪循環に陥ってさらに自信がなくなってしまうでしょう。

面接や試験の対策が不十分

面接や試験の対策が不十分であると、就活になかなか自信を持てません。受験やテストなどでも、準備が不十分だったときは自信がなかったのではないでしょうか。対策をしっかり行っていれば、「これだけ準備をしたからきっと大丈夫だ」と自信を持てますが、何もせずに面接や試験本番を迎えたときは不安を感じやすいでしょう。
就活に自信がない、うまくいかない人の特徴や対処法は「就職が決まらない人の特徴とは?内定が出ない原因や対処法をご紹介」のコラムでも紹介しているので、参考にしてみてください。

就活に自信が持てない6つの理由

ここでは、就活に自信が持てない理由について解説します。理由が分かれば対処法も見えてくるので、なぜ就活に自信がないのかをはっきりさせましょう。

1.面接官からの質問に答えられるか心配

面接官からの質問に答えられるか心配というのは、自信のなさに繋がりやすい悩みの一つです。模擬面接で練習したりよくある質問を調べていたりしても、面接を行うまで実際の内容は分かりません。企業によっては個性的な質問をしてくる場合もあるため、予想外のことを聞かれると言葉に詰まってうまく答えられない方もいるようです。
よくある質問の回答例は「面接練習を行う方法とは?よくある質問の回答例や対策アプリもご紹介!」を、変わった質問への対策は「面接で変わった質問をされても大丈夫!聞く意図と回答例を解説」を参考にご覧ください。

2.人前で話すのが苦手

ほとんどの選考には面接が1回~複数回あるため、人前で話すのが苦手な方は就活に自信が持てないようです。面接では面接官と1対1で話すこともあれば、複数人の社員の前で話さなければならない場合もあります。また、企業の社員はほとんどが自分より年上であるため、目上の人が苦手だとうまく話せなくなってしまうこともあるようです。

3.アピールできることがない

「企業にアピールできることがない…」という悩みから、就活への自信をなくしている方も多いです。面接でアピールする内容は、学生時代に熱心に取り組んだこと、自分の人物像が伝わるエピソードなどで問題ありません。しかし、資格や検定、人に自慢できる経験を持っていないといけない、と思ってしまうと自信を喪失しやすくなるでしょう。

4.経歴に不安がある

大学に進学し、卒業する人が多くなっているなかで、高卒や中退といった経歴に対して自信が持てず、就職に不安を覚えてしまう方もいるでしょう。

5.自分が採用されるイメージが湧かない

自分が採用されるイメージが湧かない、または漠然としていることで自信に繋がらないという理由もあります。そのような方は、対策が不十分なまま筆記試験や面接を受けようとしていることが多いため、なかなか内定をもらえない場合も。不採用が続けば続くほど、現在の自分と採用される自分のイメージがかけ離れていってしまう可能性があるでしょう。

6.どれだけ努力すれば良いのか分からない

就活には答えがないため、どれだけ努力すれば内定がもらえるのか分からないという理由から自信を持てない方もいます。応募して内定をもらうまでには、エントリーシートや履歴書の作成、筆記試験、複数回の面接があり、やることが多く感じるでしょう。加えて、それぞれの選考に対策をしなければ内定獲得は難しい傾向にあるため、先が見えづらい状況に陥りやすいと考えられます。

就活に自信が持てない…企業が重視するポイントは?

経団連の調査によると、企業が若年層の採用にあたって重視しているのは主体性という結果でした。

  大卒者に期待する資質
主体性 84.0%
チームワーク・リーダーシップ・協調性 76.9%
実行力 48.1%
学び続ける力 36.2%
柔軟性 18.4%
倫理観 10.9%
精神力・忍耐力 10.4%
社会性 8.2%
その他 4.5%

引用:経団連「採用と大学改革への期待に関するアンケート結果

主体性とは、周囲の意見や指示を待つのではなく、自ら考えて動き、取り組む姿勢のこと。自分で何をすべきか考え、実行できる能力を求める企業が多いことがわかります。
また、リーダーシップや協調性、実行力も重視する企業が多いことから、ある程度は自分に自信がないと評価されにくいと捉えることもできるでしょう。

参照元
一般社団法人日本経済団体連合会
採用と大学改革への期待に関するアンケート結果

自信のなさは企業にも伝わる!

自分に自信がないと、声が小さくなったり姿勢が悪くなったりしてしまいます。話す内容が曖昧になる、目線が下がる、回答に詰まるといった特徴も出ることから、採用担当社にも自信のなさは伝わってしまうでしょう。
面接で緊張するのは普通ですが、過度に自信のない状態を見せてしまうと「メンタルが弱すぎる」「トラブル対応が苦手」「仕事を任せられない」とマイナスイメージを抱かれる可能性は高まります。自信を持てるようしっかり事前準備を行うとともに、次項でご紹介するコツを取り入れてポジティブな印象を与えられるよう意識しましょう。

自信を持って就活に臨むコツ

ここでは、就活で自信があるように見せる方法をご紹介します。今まで自信のなかった方が急に自信満々になるのは難しいですが、「自信があるように見せる」ことは可能です。形から入っていけば自然と堂々とした態度が身について自信を持てることも。ぜひ実践してみてください。

背筋を伸ばす

就活で自信があるように見せるには、姿勢を正して背筋をしっかり伸ばしましょう。背筋が伸びていると見た目の印象が良くなるほか、猫背でいるより呼吸も楽になるので体がリラックスしやすくなります。緊張でガチガチに固まっているより、ある程度リラックスしている方が余裕があるように見え、面接官が安定した印象を抱きやすいでしょう。

1トーン高めの声を意識してハキハキ話す

面接では、1トーン高めの声を意識してハキハキ話すように心掛けましょう。面接官は話の内容だけでなく、適切な声量か、聞き取りやすい声で話しているかなどもチェックしています。同じ内容の話をしていても、小さな声でぼそぼそ話す人より、大きな声でハキハキ話す人の方が好印象です。面接官と話すときは、少し遠くを意識しつつお腹から声を出すようにすると、はっきりと聞き取りやすい話し方ができます。

明るい表情でいる

就活に自信を持っている方は、面接中に明るい表情でいることを意識しています。明るい表情といっても満面の笑みではなく、軽く口角を上げて微笑む程度で構いません。いくら緊張しているとはいえ、終始むすっとしている人と明るい表情の人とでは、後者の方が好まれるでしょう。表情だけでも明るくしていれば面接官と打ち解けやすくなり、次第に話しやすい雰囲気になっていく可能性があります。
就活で自信があるように見せる上記の方法に加え、「就職面接を成功させるためのポイントと注意点」に掲載されているポイントも、面接を受ける前に参考にしてみてください。

自信を持って就活をするためには?

ここでは、自信を持って就活をするための方法をご紹介します。以下の中で実施できていない項目があれば、ぜひ取り組んでみましょう。

面接対策をする

就活を成功させるためには、面接対策は必須です。人前で話すのが苦手、質問に答えられるか自信がないという方は、特に念入りに行った方が良いでしょう。面接でよく聞かれる質問を調べるほかにも、自己分析や企業研究も念入りに行うことで、焦らず質問に答えられるようになります。
面接に苦手意識のある方は、「面接が怖いときの対処法とは?自分の思いを伝えるにはどうしたら良いのか」のコラムも併せてご覧ください。

自己分析のやり方

おすすめな自己分析のやり方は、まず頑張ったことや楽しかったことなどテーマを1つ決め、そのテーマについて深堀りする方法です。たとえば頑張ったことであれば、部活やアルバイト、受験勉強など、それぞれを時系列順に書き出してみましょう。書き出したことについて「なぜ頑張れたのか」を問いかけていくと、自分の性格や価値観などが見えてきます。

髪や服装など外見を整える

髪や服装などの外見を整え、就活生としてふさわしい姿を自覚することでも自信につながるでしょう。面接での話し方や振る舞いを変えるには慣れが必要ですが、外見はすぐ変えられます。
スーツは着る前にしわや汚れがないかチェックし、状態が悪ければクリーニングに出したりアイロンをかけたりして清潔にしておきましょう。髪が明るい場合は黒か黒に近い茶色に染め直し、長過ぎる場合は適切な長さに切りそろえるか一つに束ねておく必要があります。
身だしなみの改善点は自分では気付かないこともあるので、第三者に確認してもらうのがおすすめです。

自信に結びつく経験をする

自信に結びつく経験をすると、就活でも堂々と振る舞えるようになる可能性があります。自信に結びつく経験は、日常における小さな成功体験で構いません。
「成功体験なんてなかなか経験できない…」という方には、身近な事柄のなかで設定した目標を達成していくやり方がおすすめです。たとえば、「週に1冊は本を読む」「毎日1時間の筋トレを行う」「英単語を一日100語暗記する」など、日常生活で実践できる目標を立ててみてください。それら一つひとつの目標をクリアしていけば、成功体験を得られるだけでなく、知識やスキルも習得でき、自分の自信に繋がるでしょう。

OB訪問等で社会人との会話に慣れる

アルバイトなどの経験がなく社会人と話すことに抵抗を感じている方は、OB訪問などを利用して社会人と話す機会を増やしてみるのもおすすめです。社会人と直接話すことで、現場や社会のリアルな声を聞くことができますし、社会人と会話をする練習にもなります。OB訪問はそこまで厳かな雰囲気で行われることも少ないので、就活初心者の方にもおすすめです。

面接の数をこなす

とにかく面接の数をこなして、就活自体に慣れていきましょう。回数をこなすうちに面接の雰囲気や共通して聞かれる質問を掴むことができ、緊張も薄れてきます。人前で話すのが苦手な方も、本番の面接や模擬面接を繰り返し受けることで、少しずつ自信をつけていけるでしょう。
模擬面接の面接官役は家族や友人などが頼みやすい相手ですが、顔見知りが相手だと本番のような緊張感が持てないのがデメリットです。その場合は就職エージェントを利用しましょう。他人を相手に模擬面接を行うと、緊張感を保った練習ができるのでおすすめです。

自分のことを否定しない

「どうせ採用されない」「自分にはできない」など、自分のことを否定しないようにしましょう。ネガティブな思考は自信喪失に繋がるほか、面接でも緊張しやすくなってしまいます。ポジティブ思考を心掛けるのが最善ですが、なかなかポジティブに考えられない方は「悪い方に考えないようにする」ことを意識してみてください。

第三者に頼る

就活で悩んだときや、失敗して自信をなくしそうなときは、第三者に頼ってみましょう。人の意見に流され過ぎるのは良くありませんが、誰の言葉も聞かず就活を進めてしまうと先入観に囚われがちになり、課題解決への柔軟性を失う恐れがあります。自分の主観のみでは視野が狭くなるため、就活がうまくいかずに落ち込んでしまったとき立ち直りにくくなることもあるでしょう。
家族や友人に面接前の服装や髪形をチェックしてもらったり、アドバイスを求めたりして、第三者の視点を取り入れてみるのがおすすめです。特に1人での就活に行き詰まっている方は、人の意見を聞くことで状況が改善する場合があります。
プロの目線から面接や試験のアドバイスがもらえる就職エージェントを利用するのも良いでしょう。無料で利用できるサービスが多く、就活についての相談にも気軽に乗ってもらえます。

「就活に自信が持てない…」「1社からも内定がもらえない…」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントで、専任のアドバイザーがカウンセリングを元に、希望に合った求人をご紹介。求人紹介以外にも、面接対策や書類添削などのサポートや就活に関する悩み相談にも対応しています。就活に自信のない方でも、安心して選考に臨むことが可能です。ハタラクティブのサービスはすべて無料なので、就活にお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ