ネガティブな口癖をやめてポジティブシンキングになろう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ネガティブな口癖をやめてポジティブシンキングになろう

2017/10/20

【このページのまとめ】

  • ・「ポジティブシンキング」は世界的に使われている言葉。日本では”プラス思考”のことを指す
    ・よく使うネガティブな口癖がある人は、思考もマイナスに偏りがちになる
    ・「口癖は心を映す鏡」と心得て、無意識なネガティブ思考をなくすことが大切
    ・ポジティブな言葉によって、未来の方向性を変えられることもある
    ・”適度なネガティブ”は、経験や知識を身につけられる可能性を秘めている

積極的に考えることができる「ポジティブシンキング(positive thinking)」。

日本人は特に、プラス思考で考えることが苦手という人も多いようです。
しかし、物事をポジティブに考えることは、自分の自信にもつながり、気持ちを楽に持てる方法でもあります。

今日からあなたも、”ポジティブシンキング”を取り入れてみませんか?


◆ポジティブシンキングとは?

「ポジティブシンキング(ポジティブ思考)」は世界的に使われている言葉です。
日本で言われている「プラス思考」と同じ意味を指します。

日本独自の表現でもあるプラス思考の「プラス」は、加える、良いこと、前向きなどの意味を持つ語句です。
プラス思考を持ち、「考えを良い方向に変える」「前向きに物事を捉える」といった行動を起こすことで、1に1をプラスしてポジティブな気持ちを増やすことができます。

プラスのパワーはとても大きなエネルギーを持っている、と言われています。
ポジティブな一面を持っていることで、変えられることもたくさんあるでしょう。わずかなポジティブシンキングを持っているだけでも未来を大きく変えられる可能性を秘めているかもしれません。

今の人生にほんの少しのポジティブシンキングを足して、一歩先の未来を明るい方向へと変えてみませんか?




◆ポジティブ人間になるために、「ポジティブシンキング」を身につけよう!

もともとネガティブ思考の人が急にポジティブ人間に生まれ変わることは難しいでしょう。
ネガティブな考え方をすぐには変えられない…という人も簡単にポジティブシンキングを実践できる方法をご紹介します。

【よく使う口癖をチェックしよう】

まずは、ネガティブな人がよく言葉にしている「口癖」に着目してみます。

●ネガティブ思考の人に多い口癖

どうせ・できない・めんどくさい・無理・嫌い・最悪・ダメだ・だって・イライラする・はぁ~・忙しい・疲れた など

上記以外にもたくさんの口癖があることでしょう。

「どうせ私には無理」「めんどくさいなぁ~」「やっぱりダメだ~」など、ついつい口に出てしまっているネガティブワードはありませんか?

知らず知らずのうちに言葉にしてしまっているネガティブな口癖は、意外にもあなたの気持ちをマイナスへと下げてしまっているかもしれません。
しかし、毎日のちょっとした行動の変化で、ネガティブワードをなくし、ポジティブ思考へと生まれ変わることも可能です。

【ポジティブな言葉に言い換えてみる】

ポジティブシンキングの人が話す言葉は、前向きで明るい思考が印象的です。しかし、ネガティブ思考の人は、言葉より先に気持ちがネガティブに陥りやすく、後ろ向きな言葉を口癖のように使ってしまう傾向にあります。

口癖は心理的な部分の影響が出やすいため、「口癖は心を映す鏡」とも言われています。まずは、ネガティブな口癖を無意識に使っているという状況に、自分自身で気づくことが大切です。


思考と発する言葉は一心同体である、とも言えます。
深層心理が言葉となり、言霊として動きはじめると、ネガティブな口癖は悪い方へと進むばかりです。少しでもポジティブな言葉に言い換えることができたなら…その言霊に乗って、良い方向へと動きはじめるかもしれません。

たとえ「私には無理…」と思っている仕事が回ってきたとしても、その言葉をグッと飲み込み、「できるところからやってみようかな」と前向きな言葉を口にしてみてください。
その小さなキッカケが、その後の方向性を大きく変えることでしょう。



◆ポジティブだけが”正解”ではない?

ネガティブな口癖を避けて、ポジティブな行動に変えることは未来へ良い影響を与えますが、ネガティブにも良い一面があります。

【適度なネガティブはメリットになるときもある】

ネガティブ思考の人が考えてしまいがちな物事へのリスクや気にしすぎによる対策など、ポジティブシンキングの人には見られない行動がいくつもあります。
けっして、ポジティブな考え方が成功に近い、というわけではありません。さまざまなことを考えて、チャレンジすることも一つの経験として身につくでしょう。

また、ポジティブ人間にはない「生き残るための能力」が高いのもネガティブ思考の人だと言われています。
安全面や危険回避などの能力を発揮できたり、人一倍悩んで考え抜くことで思考の幅が広がったり、努力を惜しまなかったり…。ポジティブに変わる一歩手前の適度なネガティブ思考は、豊富な経験と知識を身につけることができる可能性を秘めているとも言えます。

【ネガティブ思考をポジティブに変えようと努力することが大切】

必ずしも、ポジティブ思考の人が良い人生を歩むとは限りません。

どうしても気持ちが沈んでしまうときもある。
とことん考え込んで答えに辿りつきたいときも…。
何もかも投げ捨てて、新しい世界に飛び込みたいときもある。

ネガティブかポジティブか、どちらか一方に偏った考え方は、歪んだ行動を起こす可能性も考えられます。
どちらが良いという答えを導き出すことはとても困難です。
ネガティブに陥り過ぎて悲観的にならないこと、ポジティブ思考に偏り過ぎて楽観的にならないことが重要なポイントと言えるでしょう。

ちょっとしたネガティブシンキングをポジティブな気持ちに変えた、という「努力」が一番大切です。



◆気づかないネガティブな口癖が就活にも影響する!?

自分では気づいていないネガティブな口癖があるとしたら…。
未来を左右する”就活”に及ぼす影響も大きいことでしょう。

面接のときに、知らないうちにネガティブな発言をしてしまわないためにも、プロの就活サポーターが支援する就職エージェントのサービスを活用しませんか?

当ハタラクティブでも、プロの就活アドバイザーが就活者一人ひとりに合った面接対策や自己PRの仕方、前向きな志望動機など、企業側の求めている人物像に近づけるように、精一杯のサポートを行っています。
相談や転職時の手続き方法、退職するベストなタイミングなど、さまざまな相談も大歓迎です。

ポジティブシンキングを持っている人も、これから身につけて就活に再チャレンジしたいという人も、ぜひお気軽にご利用ください。


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ