新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が忙しすぎる時はどうする?悩みやストレスの対処法をご紹介

仕事が忙しすぎる時はどうする?悩みやストレスの対処法をご紹介

公開日:

最終更新日:

仕事が忙しすぎる時はどうする?悩みやストレスの対処法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が忙しすぎると「プライベートがない」「イライラが続く」などの悩みが生じる
  • ・仕事が忙しすぎる人には「周囲を頼らない」「仕事を断れない」などの特徴がある
  • ・仕事が忙しすぎると「作業効率の低下」や「心身の不調」を招くリスクがある
  • ・仕事が忙しすぎる時の対処法は「仕事の段取りを組む」「上司や仲間に相談する」など
  • ・職場環境を変えないと問題を解決できない場合、転職を検討するのも一つの方法

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

「仕事が忙しすぎる…」と感じている方も多いのではないでしょうか。仕事が忙しすぎると残業や休日出勤が増え、プライベートの確保や感情のコントロールが難しくなることも。無理に働き続ければ心身に不調をきたすこともあり得るため、自身に合った必要な対策を講じることが大切です。
このコラムでは、仕事が忙しすぎる人の悩みや特徴などを解説。現状を改善するための対処法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事が忙しすぎると生じる3つの悩み

仕事が忙しすぎると、「体力に限界を感じる」「イライラが続く」といった悩みが生じやすくなります。下記では、仕事が忙しすぎると抱えやすい主な悩みを挙げました。自身の現状と照らし合わせて、当てはまるところがないかチェックしてみましょう。

1.プライベートな時間を持てない

仕事が忙しすぎると、残業や休日出勤が増えてプライベートな時間を確保できない方が多いようです。
主な要因として、勤務時間に見合わない業務量や納期ギリギリの仕事を抱えるなどが考えられます。常態化してしまえば、趣味に投じる時間や家族・友人と過ごす時間を持てず、仕事の意義を見失ったり、孤独やストレスを感じてしまったりすることもあるでしょう。

2.体力的に限界を感じる

仕事の過密スケジュールで身体を休められず、体力的な限界を感じて悩むケースもあります。
前述のとおり、仕事が忙しすぎると、残業や休日出勤が増えがちになることも。睡眠を削ってでも、仕事をしたり業務について考えたりといった状況が続けば、自身の体力が持つか不安になる方もいるでしょう。

3.イライラが続く

忙しさから切羽詰まり、イライラが続いてしまうことを悩む場合も。
仕事に追われるプレッシャーやストレスで心のゆとりがなくなれば、些細な他人のミスが許せなくなったり、口調が厳しくなったりすることもあるでしょう。イライラが長期化すると、職場での人間関係に支障をきたす恐れもあるため、自身の現状に悩む方もいるようです。

仕事が忙しすぎる状態に陥りやすい人の4つの特徴

仕事が忙しすぎる状態に陥りやすい人には「周囲を頼らない」「仕事を断れない」などの特徴がみられます。下記で、仕事に追われがちな人の主な特徴を詳しく見ていきましょう。

1.周囲を頼らない

周囲が手すきであるにも関わらず、一人ですべての業務をこなそうとする人は、「仕事で忙しすぎる」という状態になりやすい傾向があります。
「最後まで自分でやるべき」「周囲に迷惑をかけたくない」と仕事をやり遂げようとする意思は大切ですが、規定の勤務時間内に業務が終わらないほど仕事を溜め込んで残業が続くのは考えもの。「自分一人で抱え込んでいないか」「他スタッフの状況はどうか」など現状を省みながら、必要に応じて周囲の力も借りるようにしましょう。

2.仕事を断れない

仕事が忙しすぎる人には、頼まれた仕事を断れずなんでも引き受けてしまうという特徴も。自身の許容量を超える業務を抱えれば、仕事に追われる状況に陥ることもあるでしょう。
「納期までに終えられるか」「ほかに優先度の高い仕事は多くないか」など、自身の状況とキャパシティを見極めたうえで仕事を受けるか否かを検討することも必要です。

3.効率よく仕事ができない

仕事が忙しすぎる人の中には、業務を効率よく回せないという方もいるようです。同じ業務量にかかる時間が周囲よりも大幅に多ければ、その分仕事は溜まりがちに。場合によっては、いつも仕事を抱えているという状況もあり得ます。
「余計な仕事を自ら増やしていないか」「優先して進めるべき仕事はどれか」など、仕事の量と質のバランスを考慮しつつ、業務を進めていくよう意識すると良いでしょう。

4.完璧に仕事をこなそうとする

完璧に仕事をこなそうとする人は、仕事が多忙化してしまう場合もあるでしょう。
「クオリティを落としたくない」「ミスをしたくない」といった理由から、一つひとつの仕事に時間をかけすぎてしまうと、スケジュールどおりに業務を終えられないことも。期限内に業務を完了するのが難しいと感じた時は、仕事の妥協点を探るといった対応策も検討することをおすすめします。

仕事が忙しすぎるのは、人手不足などに起因する場合も

仕事が忙しすぎる原因には、各々の業界や職種による人手不足や繁忙期なども考えられます。業務量に対して人材が足りていなければ、その分個人にかかる仕事の負担は増えてしまうもの。「人手不足だから仕方ない」「この時期は忙しいのが当たり前」と残業や休日出勤をしてしまう人もいるでしょう。
課される業務量が自身のキャパシティを超える状況が続くのであれば、企業方針や業務計画といった職場環境に問題がある可能性もあります。周囲や上長に相談したり、転職も視野に入れたりするなど必要な対応を検討しましょう。

仕事が忙しすぎるとどうなる?

仕事が忙しすぎると、業務効率の低下や心身の不調を招くことも。思い当たる部分がある方は、状況改善に向けた対応策を講じることをおすすめします。

仕事でのミスが増える

業務量が多すぎれば、内容の確認や精査する時間を確保できず、仕事でのミスが増える恐れがあります。また、仕事が忙しすぎて睡眠不足などに陥れば、集中力低下や注意力散漫に繋がり、結果として業務効率が下がることも考えられるでしょう。

体調を崩す恐れがある

休日返上で働き続ければ心身の疲労が蓄積し、体調に支障をきたすリスクも。何も対処を施さずに放置すれば、状態が深刻化して仕事の継続が困難になることもあり得ます。心身の不調を感じたら、意識的に休息やリフレッシュする時間を持ち、自身の疲労回復に努めることも大切です。

仕事が忙しすぎる時の5つの対処法

「仕事が忙しすぎる」「残業続きで身体が持たない」「休みが取れなくてイライラする」といった場合には、業務の効率化やストレス発散を図るのがおすすめです。また、信頼できる第三者に相談するのも良いでしょう。

1.仕事の段取りを組む

1日単位、週単位、月単位と短期・長期で仕事の段取りを組み、時間を意識しながら各作業を進めるようにしましょう。
あらかじめ各業務の完了時期や大まかな作業時間を見積もっておけば、「どの仕事がより重要で急を要しているか」を明確にできるはずです。仕事の優先度を把握しやすくなるため、自身の裁量に収まりきらない仕事の引き受け防止に繋がり、業務の効率を高められる可能性があります。

2.ストレスを溜め込まない

ストレスを感じた時には、我慢しすぎず気分転換を図ることも大切です。自分の趣味を楽しむ、自然に触れる、運動で汗を流すなど、日ごろからストレスを発散する習慣をつけておくと良いでしょう。
仕事から離れる時間を持てば、自身の状況を俯瞰でき、業務上の問題点や改善点などが見えやすくなる可能性もあります。仕事が忙しすぎて自分の好きなことにも興味が湧かない…という場合は、心身の疲労がピークに達している恐れも。できるだけ休養する時間をしっかりと取り、英気を養うことをおすすめします。

3.悩みごとを紙に書き出す

不安や悩みを紙に書き出して、それらが「自分で解決できるもの」か、「周囲や環境が変わらなければ解決できないもの」かを考えてみるのも対処法の一つ。
紙とペンがあればどこでも試せるため、「休みたくても実際には休めない」という人にもおすすめです。書き出すことで頭の中を整理できるとともに、自身の悩みを客観的に捉えられ、冷静に問題の打開策を探れるでしょう。

4.信頼できる上司や仲間に相談する

自分一人では解決しきれないと感じたら、信頼できる上司や仲間に相談してみましょう。
周囲に意見を仰げば、思いも寄らない解決方法を見出だせることもあります。また、誰かに話を聞いてもらうだけで、心の負担が減って気持ちが軽くなる場合も。責任感を持って仕事に励むのは良いことですが、一人で抱え込んで無理をしすぎると身体を壊しかねません。「体が資本」という考えを念頭に置き、ときには信頼できる相手に相談してみることも必要です。

5.転職活動をしてみる

どうしても状況の改善が見込めなければ、転職活動を検討するのも一つの手です。とはいえ、転職を実現するにはそれなりの労力と時間がかかるもの。「転職活動する時間がない」という方は、電車での移動時間や休憩時間といったスキマ時間を利用して、求人サイトで興味のある仕事を検索するなどの行動から始めるのもおすすめです。自分に無理のない範囲で行えば、気分転換になったり、実際に転職活動を始める際の下準備にできたりする可能性もあります。

忙しすぎて辞めたい…そんなときは第三者に相談してみよう

「仕事が忙しすぎるから辞めたい」「周囲に相談できるような相手がいない」という方は、就職エージェントに相談するのも有効です。自分の適性や要望を加味した求人を紹介してもらえるため、効率よく希望する仕事を探せます。また、プロのアドバイスを受けながら就活を進められるのも魅力の一つ。自分一人で転職・就職活動を行うのが不安な方は、就職エージェントを検討してみても良いでしょう。

ハタラクティブでは、若年層を対象とした就職活動の支援サービスを行っています。専任の就活アドバイザーが求人探しから内定までを全面的にバックアップ。求人紹介だけでなく、履歴書作成や面接対策などもサポートします。「まだ転職するか決めかねているけど相談だけしたい」という方も、無料でカウンセリングを受けられますので、ぜひお気軽にご利用ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?