仕事が忙しすぎるときはどうしたら良い?原因や対処法を解説

仕事が忙しすぎるときはどうしたら良い?原因や対処法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・人手不足や残業が続くと、「仕事が忙しすぎる」と感じやすい
  • ・仕事が忙しすぎると、体力の限界を感じたりイライラしたりすることが増える
  • ・仕事が忙しすぎる原因は「周囲を頼らない」「仕事を断れない」など
  • ・仕事が忙しすぎると仕事のミスが増えたり体調を崩したりする恐れがある
  • ・仕事が忙しすぎるときは、優先順位を決めたり上司や同僚に相談したりしよう

「仕事が忙しすぎるけれど、どうしたら良いか分からない」という方もいるでしょう。仕事が忙しすぎるときは、業務量について上司に相談したり、同僚に仕事を頼んだりする方法があります。
このコラムでは、仕事が忙しすぎる原因や対処法について解説します。「仕事が忙しすぎて疲れている…」という方は、このコラムをぜひ参考にしてください。

仕事が忙しすぎると感じる3つの理由

人手不足の状態や残業が続く場合、「仕事が忙しすぎる」と感じてしまうでしょう。

1.人手が足りていない

自分一人では対応しきれない業務を抱えている場合、仕事が忙しすぎると感じることがあります。普段から忙しすぎる職場は社員の定着率が悪く、慢性的な人手不足に陥りやすいでしょう。人手が足りない状況が続けば、在籍している社員で仕事を回すしかないため、一人で二人分の仕事をしているような状態にもなります。

2.休みをとれない

仕事が忙しすぎると、希望日に有給休暇をとれないことがあるようです。会社側は、原則として社員の希望日に有給休暇を与える必要があります(労働基準法第39条)。

参照元
厚生労働省
年次有給休暇のポイント

3.残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が続くと「仕事が忙しすぎる」と感じるでしょう。周りの友人が定時で帰っている話を聞き、「自分の職場は忙しすぎる…」と感じる場合もあります。

仕事が忙しすぎる原因については「仕事が終わらない人は必見!原因&解決法まとめ」のコラムで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

仕事が忙しすぎると起こる3つのこと

仕事が忙しすぎると、「プライベートの時間を確保できない」「体力に限界を感じる」「イライラが続く」という悩みが生じやすくなります。

1.プライベートの時間を確保できない

仕事が忙しすぎると、プライベートの時間を確保するのが難しくなります。仕事が忙しすぎる場合、多忙な業務状況を少しでも楽にするために、家でも仕事をしてしまうことがあるでしょう。パートナーとの会話が減ったり、子どもと遊ぶ時間がとれなかったりと恋人・家族との時間を奪われてしまうことがあります。

2.体力の限界を感じる

仕事が忙しすぎると体を十分に休められず、体力の限界を感じるケースもあります。体調を崩して会社を休んだ場合、仕事が溜まってしまい、負担がさらに大きくなってしまうでしょう。

3.イライラが続く

仕事が忙しすぎると気持ちに余裕がなくなり、イライラが続いてしまうことも。仕事に追われるプレッシャー・ストレスで心のゆとりがなくなれば、上司・同僚の些細なミスが許せなくなったり、口調が厳しくなったりすることもあるでしょう。周囲に攻撃的な態度をとってしまうと、職場での人間関係に支障をきたす恐れがあります。

仕事が忙しすぎる場合の悪影響や改善策は「働きすぎは病気になる?超過労働時の対処法や過労サインを詳しく解説!」のコラムでご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

仕事が忙しすぎる状態に陥りやすい人の4つの特徴

仕事が忙しすぎる状態に陥りやすい人には、「上司や同僚を頼らない」「仕事を断れない」などの特徴があります。

1.上司や同僚を頼らない

一人ですべての業務をこなそうとすると、「仕事で忙しすぎる」という状態になりやすい傾向があります。「最後まで自分でやるべき」「周囲に迷惑をかけたくない」と仕事をやり遂げようとする意思は大切ですが、勤務時間内に業務が終わらないほど仕事が溜まり、残業が続くのは考えもの。「自分一人で抱え込んでいないか」「周りの上司・同僚の進捗状況はどうか」を確認しながら、必要に応じて周囲の力も借りるようにしましょう。

2.仕事を断れない

仕事が忙しすぎる人には、「頼まれた仕事を何でも引き受けてしまう」という特徴があります。「納期までに終えられるか」「ほかに優先度の高い仕事はないか」など、自身の状況とキャパシティを見極めて引き受けるか検討することが大切です。
「仕事を頼みやすい人」と認識されると、その後も継続的に仕事を依頼されることがあります。断らない限り、手元の仕事は減らず、忙しい状態が続くと考えましょう。

3.効率よく仕事ができない

仕事が忙しすぎる人の中には、業務を効率よく回せないという方もいるようです。同じ業務量にかかる時間がほかの社員よりも大幅に多ければ、その分仕事は溜まりやすくなります。「余計な仕事を自ら増やしていないか」「同じようなミスで手間どることがないか」などを確認し、改善を図ると良いでしょう。

4.完璧に仕事をこなそうとする

完璧に仕事をこなそうとする人は、忙しすぎる状況になりやすいでしょう。「クオリティを落としたくない」「ミスをしたくない」と考えるのは問題ありませんが、一つひとつの仕事に時間をかけすぎてしまうと、スケジュールどおりに業務を終えられないこともあります。期限内に業務を完了するのが難しいと感じたときは、仕事の妥協点を探るといった対応策も検討しましょう。

キャパオーバーで仕事が大変?6つの対処法で予防も対処もばっちり!」のコラムでは、仕事が忙しすぎる原因や対処法をご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

仕事が忙しすぎる際の3つの注意点

仕事が忙しすぎると、業務効率の低下や心身の不調を招くことも。思い当たる部分がある方は、状況改善に向けた対応策を講じることをおすすめします。

1.仕事でのミスが増える

仕事が忙しすぎると、内容の確認や精査をする時間を確保できず、仕事でのミスが増える恐れがあります。また、仕事が忙しすぎて睡眠不足になると、集中力が低下してケアレスミスが増えると考えられるでしょう。

2.心身に支障をきたす恐れがある

忙しすぎる状況が続いて休日返上で働くと、心身の疲労が蓄積し、体調に支障をきたすリスクも。何も対処を施さずに放置すれば、状態が深刻化して仕事の継続が困難になることもありえます。心身の不調を感じたら、意識的に休息やリフレッシュする時間を持ち、自身の疲労回復に努めることが大切です。

3.モチベーションが下がる

仕事が忙しすぎると、いつも作業が山積みの状態になり、「こんなに頑張っているのに一向に仕事が減らない」と、不満が募ってしまいます。仕事がなかなか片付かないと、「仕事が面白いと思えない」「状況が変わらないなら頑張ってもしょうがない」など、仕事に対してネガティブな気持ちを抱く恐れもあるでしょう。

仕事が忙しすぎるときの7つの対処法

仕事が忙しすぎる場合には、業務の効率化やストレス発散を図るのがおすすめです。

1.仕事の段取りや優先順位を決める

「仕事が忙しすぎる…」と感じている人は、1日単位、週単位、月単位と短期・長期で仕事の段取りを組み、時間を意識しながら各作業を進めるようにしましょう。
あらかじめ各業務の完了時期や大まかな作業時間を見積もっておけば、「どの仕事がより重要で急を要しているか」を明確にできるはずです。仕事の優先度を把握しやすくなるため、自身の裁量に収まりきらない仕事の引き受け防止につながり、業務の効率を高められる可能性があります。

2.ストレスを溜め込まない

忙しすぎる状況が続いてストレスを感じたときは、我慢しすぎず気分転換を図ることも大切です。自分の趣味を楽しむ、自然に触れる、運動で汗を流すなど、日ごろからストレスを発散する習慣をつけておくと良いでしょう。
仕事から離れる時間を持てば、自身の状況を俯瞰でき、業務上の問題点や改善点などが見えやすくなる可能性もあります。仕事が忙しすぎて自分の好きなことにも興味が湧かない…という場合は、心身の疲労がピークに達している恐れも。できるだけ休養する時間をしっかりと取り、英気を養うことをおすすめします。

3.悩みごとを紙に書き出す

忙しすぎる状況に関する不安や悩みを紙に書き出して、それらが「自分で解決できるもの」か「周囲や環境が変わらなければ解決できないもの」かを考えてみるのも対処法の一つです。書き出すことで頭の中を整理できるとともに、自身の悩みを客観的に捉えられ、冷静に問題の打開策を探れるでしょう。

4.信頼できる上司や同僚に相談する

自分一人では解決できないと感じたら、信頼できる上司や同僚に相談してみましょう。忙しすぎる状況について周囲に意見を求めれば、思いも寄らない解決方法を見出だせることもあります。また、誰かに話を聞いてもらうだけで、心の負担が減って気持ちが軽くなる場合も。責任感を持って仕事に励むのは良いことですが、一人で抱え込んで無理をしすぎると体を壊しかねません。「体が資本」という考えを念頭に置き、ときには信頼できる相手に相談してみることも必要です。

5.同僚に仕事をお願いする

一人で業務をこなそうとする人は、周りを頼ることを心掛けましょう。手が空いている人に仕事をお願いすれば、今よりも業務量を軽減でき、忙しすぎる状態から脱出できます。自分から人に作業をお願いしにくい人は、業務量について上司に相談してみましょう。

6.仕事量をコントロールする

忙しすぎる状態になるのは、仕事量をコントロールできていないことも原因として考えられます。自分の力量に合わない仕事は、頼まれた際に断るのも一つの手。自分の仕事が片付いたときに「手が空いたので手伝います」と言えば、相手も嫌な気持ちにはならないはずです。

7.転職活動をする

対応策をとっても状況の改善が見込めなければ、転職活動を検討するのも一つの手。「転職活動する時間がない」という方は、電車での移動時間や休憩時間といったスキマ時間を利用して、求人サイトで興味のある仕事を検索するのがおすすめです。自分に無理のない範囲で行えば、気分転換になったり、実際に転職活動を始める際の下準備にできたりする可能性もあります。

「効率的に転職活動を進めたい」「アドバイスをもらいながら転職活動をしたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層を対象に就職活動を支援しています。専任の就活アドバイザーが求人探しから内定までを全面的にバックアップ。求人紹介だけでなく、履歴書作成や面接対策などもサポートします。「会社を辞めたいけれど、転職するか決めかねている」という方も、無料でカウンセリングを受けられますので、ぜひお気軽にご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION