仕事が忙しすぎるときの悩みとその対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が忙しすぎるときの悩みとその対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が忙しすぎて悩んでいる人は、「休日出勤」「サービス残業」が多い傾向にある
    ・仕事が忙しすぎるときは、無理をせずリフレッシュを心がけることが大切
    ・自分の趣味にも興味が湧かなくなったら要注意
    ・明らかに人手不足で忙しすぎるようであれば、会社側に問題があると考えよう
    ・悩みや不安があれば、ノートや紙に書き出して客観的に見てみよう
    ・職場環境を変えないと問題を解決できない場合、転職も視野に入れるのも1つの方法

「仕事が忙しすぎる…」と、常日頃から感じてしまっていませんか。

会社には繁忙期があるところも多く、仕事量が多すぎて体がついていかないという人もいるのではないでしょうか。

頑張りすぎてしまう人は、つい無理をして体調を崩してしまうこともあるでしょう。

とはいえ、あまりにも限界を超えるような忙しさであれば、会社側に問題があるということも。

 

◆仕事が忙しすぎると生じる悩み

今回は、仕事が忙しすぎるときに抱える悩みと、その対処法についてご紹介しています。

 

具体的に、仕事が忙しい、仕事量が多すぎると感じてしまう時はどんな時でしょうか。

次のような悩みを抱えることが多いようです。

 

【仕事が忙しすぎることで生じる悩み】

・残業、休日出勤が多い

・体力的に限界を感じている

・休みがない日が続いている

・仕事の終わりが見えてこない

 

「サービス残業ばかり」「休日出勤が多く、休みがほとんど取れない」などの理由で、20代でも転職を考える人も少なくありません。

会社側から残業を強要されないにしても、人手が足りず断れない状況だという人も多いのではないでしょうか。

◆仕事が忙しすぎて悩んでいる人の特徴

では、具体的に忙しすぎて悩みを抱えてしまう人は、どんな特徴があるのでしょうか?

 

【悩みを抱えてしまう人の特徴】

・真面目で頑張りすぎてしまう人

・周囲へ気を使いすぎる優しい人

・限界を超えても我慢してしまう人

・自己否定しがちな人

・周囲に頼れない人

 

プライベートの時間も十分に取れず、「忙しい」「きつい」などが口癖になっていたら注意が必要です。

会社から帰っても頭の中が常に仕事のことばかりな人はストレスを発散する必要があるといえるでしょう。

◆仕事が忙しすぎて倒れてしまう前に…

では、仕事が多すぎてどうしようもないときは、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

仕事が忙しすぎる時の対処法を、以下のようにまとめてみました。

 

【仕事が忙しすぎるときの対処法】

・ストレスを限界まで溜め込まない

・悩み事や不安なことを紙に書き出す

・信頼できる上司、仕事仲間に相談する

・転職活動をしてみる

・困ったときはハタラクティブに相談しよう

 

それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

・ストレスを限界まで溜め込まない

まず、ストレスを感じるようであれば我慢しすぎないことが大切。

自分の趣味を楽しんだり自然に触れてみたり運動で汗を流したり。気分転換を行ってストレスを発散する習慣をつけておきましょう。

もし、自分の好きなことにも興味が湧かなくなったというのであれば要注意。しっかり時間をかけて休養を取ることをおすすめします。

 

・悩みごとや不安なことを紙に書き出す

先ほど休養を取るのがおすすめ、といいましたが、実際には辛くても休養を取れる状況ではない人もいるでしょう。

そんなときは、まず今不安に思っていることをメモ帳などに書き出して、頭の中を整理整頓してみましょう。

例えば「〇〇のことで上司に怒られた」というストレスの原因を書き、その横に、自分がその時思った感情を書いてみます。

自分で解決できるものなのか、それとも周囲や環境が変わらなければ解決できないものなのか、客観的にみて一つずつ考えてみましょう。

そしてここで大切なのが、ネガティブな感情にならず、ポジティブな考えに変えていくこと。「今回は〇〇の件で怒られてしまったが、以前は〇〇のことで評価してもらえた」など、良かったことを思い出すようにしましょう。

人はつい悪い方に物事を考えてしまいがちです。そこでポジティブな思考に切り替えられるよう、いい癖をつけておくといいでしょう。

 

・信頼できる上司、仕事仲間に相談する

紙に書き出した問題を解決するにはどうしたらいいのか、もし答えが出ないのであれば、自分ひとりで抱え込まず、話を聞いてくれる人に相談してみましょう。

ただ、毎日忙しくて辛い思いをしていても、なかなか周りに相談できないという人もいるようです。

上司や同僚、部下から「仕事ができない人だ」と思われたくないという気持ちが強いのかもしれません。しかし、このように自分の体調を考えるよりプライドが勝ってしまうと、あとで取り返しのつかない状況になってしまう可能性も。

一生懸命頑張ることはもちろん良いことですが、無理をしすぎて体を壊してしまっては意味がありません。

そうらならないためにも、ひとりで抱え込まずに、信頼できる人に相談する勇気を持つことが大切です。

「体が資本」という考えを忘れず、自分の体調に不安を感じたら、誰かに話をしてみることをおすすめします。

 

・転職活動をしてみる

時間がない人にとっては、転職活動をする暇さえないという場合も多いかもしれません。

もちろん、実際に転職をするには、履歴書を書いたり面接を受けたりと、時間がかかります。

しかし、自分の興味のある求人がないかWebなどで探してみると気分転換になることがあり、いざ転職したいときの準備期間にもなるでしょう。

電車での移動時間や、休憩時間など、スキマ時間を有効に使って転職活動を視野に入れておく、というのも一つの手です。

 

・困ったときはハタラクティブに相談してみよう

自分ひとりで転職・就職活動を行うのが不安という方は、エージェントであるハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

実際に転職するか決めていなくても、相談だけでも無料で利用できるのでおすすめです。

身近に相談できる人がいない人は、ぜひハタラクティブに頼ってみませんか。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ