仕事が忙しい人の特徴は?繁忙期の乗り越え方を知ろう

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が忙しい人の特徴は?繁忙期の乗り越え方を知ろう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が忙しい人の特徴は、仕事を断らない、業務の効率が悪い、優先順位が考えられないなど
    ・仕事ができる人であったとしても、周囲に協力を求められないと忙しくなる
    ・忙しい時期を乗り越えるためには、時間管理や適度な休憩が必要
    ・残業や過労でつらい思いをしている場合は、早めに上司へ相談することが大切
    ・「現在の職場で状況が改善されそうにない」というときは、転職するのも1つの方法

「仕事が忙しい…」と悩んでいる人はいませんか?仕事が忙しく休養の時間を十分に取れない場合、心身に支障をきたす恐れも。
このコラムでは、仕事が忙しい人の特徴や繁忙期を乗り越えるための方法をご紹介します。興味のある方は参考にしてみてください。

◆仕事が忙しい人の特徴は? 

「仕事が忙しく、プライベートの時間をなかなか確保できない」という人は多いかもしれません。仕事が忙しい人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

【仕事が忙しい人の特徴】

・仕事を断らない
・優先順位が考えられない 
・自己管理ができていない 
・周囲に協力を求められない
・仕事の取捨選択ができない
・職場の人と連携がとれていない
・仕事が遅い(業務の効率が悪い) 
・仕事が早い(仕事を頼まれやすい) など

上記からわかるように、仕事ができる人であったとしても、周囲へ協力を求められない場合は負担が大きくなります。
仕事が忙しくストレス状態が続くと、プライベートの時間を楽しむ余裕が無くなる恐れも。つらい状況になる前に、早めに対策をとることが大切です。

次の項目では、仕事が忙しい時期の乗り越え方をご紹介します。             

◆忙しい時期を乗り越える方法 

繁忙期は気持ちに余裕が無くなり、仕事へのモチベーションが低下することがあるかもしれません。やりがいを感じられない場合は作業の効率が下がり、さらに忙しくなる恐れも。
繁忙期を乗り越えるためには以下のような方法があるため、参考にしてみてください。

【忙しい時期を乗り越える方法】

・時間管理を意識する 
・優先してやるべきことを考える
・頼める仕事は周囲に協力を求める
・短時間であったとしても適度に休憩をとる
・体調管理(食事や睡眠、生活リズム)をしっかり行う

仕事が忙しいときは、優先順位を把握し、時間管理に気を付けながら仕事を進めていくことが大切になります。
また、疲れが溜まると集中力の低下や仕事のミスを引き起こす恐れがあるため、休養の時間もできる限り取るようにしましょう。             

◆忙しくて疲れてしまったら… 

仕事が忙しく休む時間を取れない場合、心身の不調を招く恐れがあります。

もし「連日の残業や過労でつらい」という場合は、早めに上司へ相談することが大切です。
また、休職という選択肢もあるため、心身の状況や将来のことを考えた上で対処するようにしましょう。

「現在の職場で状況が改善されそうにない」というときは、転職を検討してみてはいかがでしょうか。 
自分に合う職場環境を選ぶことで、憂鬱な気分が解消され、高いモチベーションで仕事に取り組めるかもしれません。

「企業選びに不安がある」「転職活動は初めて」という場合は、エージェントを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。経験豊富なアドバイザーが、マンツーマン体制で退職前の相談や書類作成のアドバイス、面接対策などを行うのが特徴です。

後悔しない就職先を選択できるよう、事前のカウンセリングで長所や適性を見出し、業務内容や労働時間、福利厚生などあなたに合った求人をご紹介します。

当サービスのご利用はすべて無料です。「自分にぴったりの求人が見つかるか不安」という方は気軽にご相談ください!

            

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ