仕事が続かない人に向いてる仕事とは?長続きしづらい特徴や対処法も解説

仕事が続かない人に向いてる仕事とは?長続きしづらい特徴や対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が続かない原因は「飽き性」「会社にやりがいを求めている」などがある
  • 仕事が続かない人に向いてる仕事には、工場勤務やドライバーなどがある
  • 仕事が続かないと「経済的に安定しない」「転職しづらくなる」などのデメリットがある
  • 仕事を長続きさせたい人は、続かない理由や自分に向いてる仕事を知ることが大切
  • 向いてる仕事が分からずどうしても仕事が続かない場合は、自分で起業するのもあり

「仕事が続かない」「自分に向いてる職業が何か分からない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。仕事が続かない人には「モチベーションが保てない」「人間関係を築くのが苦手」といった特徴があります。仕事を長続きさせるには、仕事が続かない理由を把握することが大切。このコラムでは、仕事が続かない人に向いてる職業や長続きさせるための方法をご紹介するので、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が続かない人によくある特徴

仕事が続かない人には、「モチベーションが保てない」「努力や我慢するのが嫌い」などの特徴があります。「なぜか仕事が続かない」と思っている人は、自分に当てはまる項目がないか確かめてみましょう。

1.モチベーションが保てない

仕事が続かない人の特徴に、モチベーションが保てないというものがあります。仕事にやりがいを感じなくなったり、自分の仕事に満足がいかなかったりすると、モチベーションが低くなりやすいようです。仕事のモチベーションが低くなり、飽きてくるとほかの仕事のほうが面白そうに見えるでしょう。モチベーションが続かないと、次々と興味が移ってしまい、結果として仕事を辞めて転職を繰り返す人もいるようです。

2.コミュニケーションを取るのが苦手

仕事が続かない人のなかには、人間関係を築くことが苦手な人もいます。社会に出て仕事をするなかでは、チームで行動して業務を進めたり、人に仕事をお願いしたりすることも必要です。人間関係を築くことが苦手な場合、そのようなときにコミュニケーションをうまくとれないことも。結果、職場の人間関係がうまく築けなくなり、孤立することも考えられます。職場での人間関係がストレスになり、結果として仕事を辞めようと思うこともあるでしょう。

3.努力や我慢するのが嫌い

努力や我慢することが嫌いというのも、仕事が続かない人に多い特徴の一つです。社会に出ると、好きな仕事であっても、ときには嫌いな業務をこなさなくてはならない場面があります。また、仕事をしていれば人間関係のトラブルや、自分のミスによるトラブルなどが起こることもあるでしょう。少しの工夫や努力で問題が解決できそうなときでも、努力や我慢が嫌いな人は、問題を解決することなく自分の理想の職場を求めて仕事を辞めてしまいやすい傾向があります。

4.理想が高過ぎる

仕事に対する理想が高過ぎることも、仕事が続かない人によくある特徴です。理想が高過ぎると、自分に対する評価も高いことが多いため、周囲からの自分に対する評価とのギャップが大きくなりやすい傾向があります。そのため、社会に出た際に自分が思ったような仕事を任せてもらえないと、疑問を持つ場面もあるでしょう。理想の自分しか見えていないと、「周りがわざと自分のやりたい仕事を回してくれない」と思い込み、仕事に対する意気込みを下げてしまいかねません。その結果、自分の能力が活かせる職場に転職しようと考えるようになることがあります。

5.自分に自信がない

自分に自信がない人も、仕事が続かないことが多いようです。仕事をしていれば、ミスすることは誰にでも起こること。仕事でミスしても、多くの人は落ち込んでしまった気持ちを切り替えて、次の仕事に取り組みます。しかし、自分に自信がないために仕事が続かない人は、ちょっとしたミスでもひどく落ち込んでしまうようです。ミスをしたことにより、思考がどんどんマイナスになってしまって、仕事を続けられなくなる場合があるでしょう。

6.飽き性

飽き性も、仕事が続かない人の特徴の一つです。飽き性な人は、新しい仕事を始めても自分の仕事よりもほかの仕事に魅力を感じてしまう可能性が高いでしょう。そのため、始めたばかりの仕事でもすぐに飽きてしまい、転職するといった行動を繰り返す傾向があるようです。

7.仕事を辞めても経済的に余裕がある

仕事を辞めても経済的に余裕があるという場合、仕事が続かないことが多い可能性があります。多くの社会人は、生活するための費用を賄うために働くのが一般的です。しかし、仕事を辞めても経済的に余裕がある人は、やりがいや自分探しのために仕事をしています。そのため、自分が仕事に求めている条件が満たされなくなると、その職場には魅力を感じなくなってしまうようです。その結果、自分の欲求を満たしてくれる次の職場を求めて転職活動を繰り返すことになります。

8.プライドが高い

プライドが高い人も、転職を繰り返す傾向があるようです。たとえば、経歴からも素晴らしい人材であることはわかっているのに、プライドが邪魔して、新しい職場に馴染めない場合などが挙げられます。こうした場合、実力を発揮する前に仕事を続けるのが辛くなってしまうこともあるでしょう。

9.完璧主義者

完璧主義な人も仕事が続かないことがあるでしょう。完璧主義な人は少しのミスでも許せない傾向があるため、仕事でミスしてしまった場合、たとえ小さなミスであっても大事にとらえてしまいがちです。そして、そのミスを引きずり続けてしまうことで、仕事に対するモチベーションが下がっていき、結果として退職してしまいます。

10.ストレスを抱えている

ストレスを抱えている場合も、仕事が続かないことが考えられます。職場環境が合っておらず、そのせいで過労やストレスを抱えてしまっていることも。もし仕事が続かない理由がストレスである場合は、無理せず休息を取ることも大事です。

11.会社にやりがいを求めている

会社にやりがいを求めていることも、仕事が長続きしない人の特徴です。自分探しのために就職するタイプの人が該当します。希望する企業へ就職が決まっても、社会に出てすぐに希望する仕事がもらえるとは限りません。また、多くの企業では、新人の場合は先輩の補助や雑務などから仕事が始まります。会社にやりがいを求めて就職した人は、就職できればすぐにやりたい仕事をやらせてもらえると思っている人が多いでしょう。そのため、雑用や先輩のフォローといった仕事に対して「思っていたのと違う」という気持ちを抱きがちです。その気持ちが大きくなってくると、理想の仕事ができる職場を求めて退職してしまう可能性があります。

12.仕事が自分に合っていない

仕事が自分に合っていない場合も、仕事が続かない原因となります。たとえば、「正確に数字を計算するのが苦手なのに、経理へ配属されてしまった」といった場合です。仕事が合わないと感じると、仕事自体がストレスとなり、モチベーションも下がってしまうため、そのまま仕事を続けるのは難しくなるでしょう。

仕事が続かない人の特徴は「仕事が続かない原因とは?対処法を知って長く働ける職場を選ぼう」のコラムでもご紹介しています。仕事が続かない人に共通する特徴について詳しく知りたい人は、あわせてチェックしてみてください。

仕事が長続きしない人に多い辞める理由とは?

仕事が続かない人が仕事を辞める理由として、給料や人間関係、職場環境に対する不満が多いようです。具体的には「仕事内容が聞いていたものと違い、やりがいを感じられなくなった」「頑張っているはずなのに、頑張りに見合う給与をもらっていない」といったことが挙げられます。仕事をすぐに辞める人は、こうした不満を持っている可能性が高いようです。仕事が続かない理由については「仕事が続かない理由とは?原因と辞めたい状況を打破するポイントを紹介」のコラムでもご紹介しているので、あわせて確認してみましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が続かない人に向いてる仕事

仕事がなかなか続かないことで、「自分は社会不適合者だ」などと思い詰めてしまう人もいるようです。しかし、自分に向いている仕事が分かれば、長続きさせられる可能性はあります。ここでは、仕事が続かない人に向いている仕事についてご紹介します。

1.工場勤務

人間関係が理由で仕事がなかなか続かないという人におすすめの仕事の一つとして、工場勤務があります。工場内でライン作業などに従事するのが主な仕事なので、多くの人とコミュニケーションを取る場面は少ないでしょう。一人で黙々と作業をするのが好きな人には、向いている仕事といえます。
工場勤務の評判や仕事内容が知りたい方は、「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」をご覧ください。

2.配達員やドライバー

配達員やドライバーは、車の運転が好きな人には向いている仕事といえるでしょう。また、配送担当などであれば基本的に一人で作業をするため、他者とのコミュニケーションにストレスを感じやすい人におすすめです。
ドライバーについて詳しく知りたい方は、「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」をご一読ください。

3.Webライター

一人で黙々と仕事がしたい方には、Webライターがおすすめ。Webライターとは、Webサイトの記事を作成したり執筆依頼を受けて台本を書いたりする仕事です。納期はありますが、比較的自分のペースで作業を進められるので、継続して働ける人も多いでしょう。

4.Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントからの依頼に合わせたWebサイトを制作する仕事です。プログラミングのスキルに自信がある方には、おすすめの仕事といえます。また、ある程度スキルや実績を積めば、独立して働くことも可能です。在宅でもできる仕事なので、将来的に個人で仕事がしたい方にも向いているでしょう。

5.エンジニアやプログラマー

エンジニアやプログラマーは、チームのメンバーやクライアントとのコミュニケーションは発生するものの、作業自体は一人で黙々と進められることが多いため、人間関係がストレスな人におすすめの仕事といえます。また、経験を積めばフリーランスで働けるところも魅力です。
エンジニアについて詳しく知りたい方は、「エンジニアとは何をする人?仕事内容や求められる能力をわかりやすく解説!」もあわせてご覧ください。

6.動画編集者

動画編集者は、広告動画などを作成したり、クライアントから依頼を受けて動画を編集したりするのが主な仕事内容。企業に勤めなくてもフリーランスで働けるため、動画の編集スキルが身についている人におすすめです。また、自分が動画クリエイターとなり、編集作業も一人で行うという働き方もあるでしょう。

7.警備員

警備員は、基本的に少人数で仕事をする場面が多いため、周囲とのコミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事です。長時間立ち続けたり夜勤が発生したりすることも考えられるため、体力に自信がある人には特に向いているでしょう。
警備員の仕事に対する評判や仕事内容が知りたい方は、「警備員に資格は必要?種類や難易度・給料への影響も解説」を参考にしてみてください。

メンタル弱い人が向いてる仕事はある?

メンタルが弱い場合、社会に出たあとも仕事でミスをすると引きずってしまったり、周囲からの自分の評判が気になって仕事自体がストレスになってしまったりすることがあるようです。職場の人間関係に悩みを抱える場合も多いため、一人で黙々と作業を進められる仕事が向いているでしょう。また、厳しいノルマなども精神的負担につながりやすいため、ノルマがない仕事もおすすめです。メンタルが弱い人に向いている仕事については、「メンタルが弱い人の特徴は?克服の仕方や向いている仕事を解説!」もあわせてご参照ください。

仕事が続かない人に生じやすい5つのデメリット

仕事が続かないことにより、「経済的に不安定になる」「スキルアップが難しくなる」などのデメリットが生じます。具体的には以下のようなデメリットです。

1.経済的に不安定になる恐れがある

仕事が続かないと、経済的に不安定になります。転職を繰り返していると、安定した収入を得にくくなるからです。たとえば、短期間で辞めてしまうとボーナスの査定対象にならないため、ボーナスがもらえないこともあり、年収が変わってくることもあります。若いうちは同年代との年収の差も感じにくいですが、年齢を重ねると感じるようになるでしょう。また、経済的に不安定になると、精神的にも不安定になってくる場合があるので注意が必要です。

2.辞めることが当たり前に感じやすくなる

仕事を辞めることが当たり前になってしまうと、辞める癖がつきやすくなり、デメリットとなります。仕事を辞める癖がついてしまうと、転職先の職場でも何かあれば転職すれば良いと思ってしまいかねません。そうなると、仕事を継続させる努力をすることなく、小さなことで仕事を辞めようと考えるようになってしまうでしょう。

3.社会的な信用を落としやすくなる

仕事が続かないと、社会的信用を落としやすくなります。たとえば、車や住宅のローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなくなったりする可能性があるでしょう。ローンを組むときは、勤続年数がチェックされます。よって、転職を繰り返していると、収入が不安定であると判断されるため、ローンの審査が下りない場合があるでしょう

4.転職しづらくなる

仕事が続かないと、転職もしづらくなります。就活時に転職の回数が多いと、面接官が「うちの企業もすぐに辞めるのではないか」と考えて採用を見送る可能性があるからです。このように、転職を繰り返していると、就職にも影響が及ぶ場合も考えられるでしょう。

5.スキルアップが難しくなる

継続して仕事を続けていないと、スキルアップも難しくなってきます。継続することにより、身につくスキルもあるからです。特に、若いうちにスキル不足を実感するような業種の場合は、スキルアップのために仕事を続けていくことが必要になります。仕事が続かない人の多くは、スキルが身につく前に仕事を辞めてしまうため、スキルが中途半端な状態になってしまいがちです。スキルを身につける前に仕事を辞めていると、高い技術力がある人たちが揃っている職場で技術を習得できるチャンスが巡ってきても、チャンスを逃すことになってしまいます。

仕事が続かないことのデメリットは「仕事が続かないと悩む20代が注意したいポイントと取り組みたい改善法」のコラムでもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

仕事が続かないことを回避するための9つのポイント

仕事を長続きさせるためには、「責任転嫁をしない」「続かない原因を知る」などいくつかのポイントを押さえることが大切です。以下に紹介するので、仕事が続かない人の特徴に当てはまった人は、ぜひ実践してみてください。

1.責任転嫁をしない

人に責任転嫁をしないよう心掛けましょう。責任転嫁は、人間関係に不満を持つ場合に多くみられる特徴です。社会に出てから自分が正当に評価してもらえなかったり、希望の仕事を任せてもらえなかったりするのは、人のせいではありません。嫌なことがあっても、すべて周りの人のせいだと思わず、自分の言動を振り返って、改善しなければならない箇所がないかどうか確かめてみましょう

2.仕事が続かない原因を知る

仕事が続かない原因がよく分からない場合は、続かない原因を知ることがおすすめです。仕事が続かない原因を特定できたら、どうすれば問題を解決できるのか考えて、適切な行動をとるようにすると良いでしょう。仕事を辞める理由を探すのではなく、どうしたら仕事を続けていけるのか考えることが大事です

3.ある程度手を抜くことを覚える

完璧主義が理由で仕事が続かない場合は、ある程度手を抜くことを覚えましょう。仕事でミスしたら、次に同じ失敗をしないよう気をつけることが大事です。書類の作成なども完璧を求め過ぎず、許される範囲内で手を抜きながら仕事をしてみましょう。また、完璧主義の人は、周りの人にも完璧を求めてしまうことがあります。周囲の人のミスが気になったとしても、「ミスしない人はいない」と割り切って仕事をするよう意識しましょう。

4.プライベートで楽しいことを見つける

プライベートで楽しいことを見つけるのも、仕事を継続させていくコツです。仕事にやりがいを求めて仕事を辞めてしまう人は、プライベートを充実させてみましょう。仕事以外で楽しみを見つけられれば、仕事は収入を得るものと割り切れるようになるはずです。会社と家の往復をするだけでは、仕事のことばかり考えてしまいます。それでは息が詰まってしまうので、趣味やプライベートを充実させて、視野を広げましょう。

5.プライドが高くなり過ぎないよう心掛ける

プライドや理想が高くなり過ぎないようにしましょう。社会に出たあと、プライドのせいで周りに馴染めないなら、周りの人をよく見てみることから始めてみるのも一つの手。違う視点から見ることにより、周囲の人に対する評価も変わってくるでしょう。社会人になってすぐに自分が理想としていることばかりを実現できる職場はありません。実力が足りなければ、自分の理想とする仕事を任せてもらえないこともあります。謙虚な気持ちを持って、理想の自分へ向けてステップアップできる人を目指しましょう。

6.職場での人間関係は最小限にとどめる

人間関係が原因で仕事が続かない人は、職場での人間関係を最小限にとどめるようにしましょう。社会人の人間関係は学生の人間関係とは異なり、出世争いや評価の取り合いなど競争関係の上に成り立つことも多いからです。職場の人と無理に仲良くなる必要はなく「職場は仕事をするところで、会社の人は偶然一緒に仕事をすることになった人だ」と思うようにしてみると、社会に出たあとも気楽に人付き合いができることがあります。

7.ストレス解消方法を見つける

上手なストレス解消方法を見つけましょう。たとえば、深呼吸を行うことは職場でも気軽に行えるストレス発散方法です。人間関係に疲れたときや、ミスをしてイライラしてしまったときなど、職場でストレスが溜まったと思ったら深呼吸してみることをおすすめします。

8.環境に慣れるまで我慢する

環境に慣れるまで我慢することも、仕事を長続きさせるための方法の一つです。人間には適応力が備わっています。適応力は、仕事にも発揮できる能力です。仕事をすぐに「辞めたい」と思う人にとって、環境に慣れるまで我慢することはつらく感じるでしょう。しかし、数ヶ月、年単位で仕事を続けていくうちに適応力が発揮され環境に慣れてきます。

9.会社にやりがいだけを求めることをやめる

会社にやりがいだけを求めることをやめましょう。会社は自分探しや、やりがいを見つけに行くだけの場所ではなく、お金を稼ぎに行くところでもあります。また、会社もやりがいを追求している組織だけではなく、利益を追求している組織も多いようです。そのため、利益を上げて社会に貢献することを目標とし、自分にできることは何か考えるようにしましょう。

「自分は社会人に向いていないかも…」とお悩みの方は、「社会人に向いていないと感じるのはなぜ?社会人経験がない人の特徴も解説」のコラムもあわせてご参照ください。

どうしても仕事が続かない人におすすめの3つの対処法

どうしても仕事が続かない場合は、働く環境や働き方を変えてみるのもおすすめの方法です。「仕事が続かない人によくある特徴」に当てはまらない人のなかで、同じ勤務先に勤め続けられない場合もあります。どうしても仕事が続かないときは、以下のような対処法も視野に入れてみてください。

1.起業またはフリーランスへ転身する

どうしても仕事が続かない場合は、起業またはフリーランスへ転身するのも一つの方法です。起業やフリーランスになると、すべて一人で責任をとらなければなりません。しかし、「誰と働くのか」「どのような仕事をするのか」など、企業で働くより選択肢に対する自由度が高くなります。また、起業やフリーランスとして働くことにより、企業で働いていたときには見えていなかったことが見えてくるでしょう。
企業で働く以外の方法で仕事がしたい人は、「企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!」のコラムを参考にしてみてください。

2.副業を始めてみる

仕事を辞めたいと思ったときは、副業を始めてみるのもおすすめです。副業を始めることで、今の仕事とは別のやりがいを見つけられる可能性があります。ただし、副業を禁止している企業もあるため、本業の求人情報を見て、副業しても良い企業かどうかを事前に確認するのがおすすめです。副業は資格の取得でも良いですが、仕事以外の場所で評価されていることを実感すると自己肯定感が高くなるため、本業以外で評価されている実感があるスキルが活かせるものを選びましょう。また、副業がうまくいくようになったら、本業を辞めたくなったとき、副業を本業にするという方法もあります。

3.自分に合った求人を探してみる

仕事が続かないときは、自分に合った職種の求人を探してみましょう。たとえば、時間や場所に縛られるのが嫌いな人は、自宅で好きなときに働ける求人を探すのがおすすめ。黙々と作業することが好きなら、ルーチンワークが基本となる仕事の求人を探すと良いでしょう。また、就活時にこれだけは譲れないといった条件を決めておくと、自分に合った仕事が見つけやすくなります。一人では求人選びに迷ってしまう場合、転職エージェントを利用すれば、好条件の求人が見つかりやすいでしょう。転職エージェントは直近で転職を考えている人に向けたサービスを行っていることが多いため、まだ転職するかどうか迷っているという方は、キャリア相談サービスを利用するのも一つの手です。

「仕事が続かない」「どのような仕事を選べば良いか分からない…」とお悩みの方は、就職・転職エージェントを利用するのがおすすめ。就職・転職エージェントでは、それぞれの利用者に合わせた求人を紹介してくれるので、仕事が続かなくて悩んでいる方も安心して利用できます。ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職エージェントです。一人ひとりの希望に合った求人を紹介するほか、応募書類の添削や面接対策など、手厚いサポートが充実。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ