新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験でクリエイティブな仕事に就く方法とは?職種ややりがいも紹介

未経験でクリエイティブな仕事に就く方法とは?職種ややりがいも紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・クリエイティブな仕事とは、新しいものを作り出す創造的な仕事のこと
  • ・職種によっては、未経験からでもクリエイティブな仕事に就ける
  • ・クリエイティブな仕事には、「デザイナー」「ライター」「ディレクター」などがある
  • ・未経験からクリエイティブな仕事に就くためには、スキルを身に付けておくと有利
  • ・未経験でもクリエイティブな仕事で活躍できる人は、トレンドに敏感な場合が多い

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「未経験からでもクリエイティブな仕事に就けるの?」「経験者以外は採用されないの?」と疑問に思う人もいるでしょう。このコラムでは未経験からクリエイティブな仕事に就く方法や、クリエイターとして活躍できる人の特徴を紹介します。また、分野別にクリエイティブな仕事の種類を解説。クリエイティブな仕事に就きたいと思っている人は参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

クリエイティブな仕事とはどういうもの?

クリエイティブな仕事とは、新しく何かを作り出したり、創造物をさらにブラシュアップしたりする仕事を指します。絵や音楽といった芸術作品を作るだけでなく、企画やアイデアを生み出すのもクリエイティブな仕事です。クリエイティブな仕事に携わる人のことを、「クリエイター」と呼ぶ場合もあります。ものづくりが好きな人にとって、クリエイターは憧れの職業といえるでしょう。
代表的なクリエイティブな仕事にデザイナーがあります。「デザイナーとして就職したい!未経験だと厳しい?代表的な仕事内容も紹介」のコラムでは仕事内容について詳しく触れているので、参考にしてください。

クリエイティブの語源
クリエイティブは英語の「creative」から来ています。creativeは本来、「創造的な」「独創的な」「工夫して作った」などの意味を持つ形容詞です。しかし、日本では「創造物」を指すカタカナ語として用いられています。

クリエイティブな仕事を分野別に紹介

ここでは、クリエイティブな仕事を分野別に紹介します。未経験からクリエイティブな仕事を目指す人は、まずどのような仕事が存在するかを知っておきましょう。デザインや文章を作るといった代表的なもののほか、ディレクションもクリエイティブな仕事の一つです。

ディレクションをする仕事

ディレクションとは、物事の方向性を示し、ものづくりの方向性を決めたり進捗管理をしたりすることです。自分で何かを作り出すわけではありませんが、重要なクリエイティブな仕事といえるでしょう。ディレクションをする仕事は、「ディレクター」「プロデューサー」などの職種が該当します。なお、「クリエイティブディレクター」とは、直接的にクリエイティブに携わる人達をまとめて、陣頭指揮を取る仕事です

デザインをする仕事

デザインをする仕事には「ファッションデザイナー」「グラフィックデザイナー」「Webデザイナー」などがあります。ファッションデザイナーは洋服や服飾雑貨をデザインする仕事です。クリエイティブな仕事のなかで比較的、馴染みのある職種といえるでしょう。グラフィックデザイナーは広告やゲームのグラフィックを作る仕事で、WebデザイナーとはWebサイトを作る仕事です。デザイナーは専門的な知識が必要であるため、全くの未経験で仕事を始めるのは難しいといわれています。専門学校に通ったり通信教育を利用したりして、スキルを身に付けてから職に就くのが一般的です。

映像を作る仕事

映像を作るクリエイティブな仕事には、テレビ番組やコマーシャル、ミュージックビデオの制作スタッフが該当します。また、広告代理店や制作会社に所属し、どのような映像を作るかを企画する人も含まれるでしょう。
昨今注目されているのは「YouTuber」です。YouTuberとは、YouTubeに動画を投稿し広告収入やPR案件で収益を得ている人のことで「動画クリエイター」とも呼ばれます。自分のYouTubeチャンネルの登録者数が多ければ収益も増えるため、成功すればかなりの高収入を得られるようです。

YouTuberは未経験でもなれる?
YouTubeへの動画投稿は、未経験でも必要な機材があればすぐに始められます。どのような動画を作るかにもよりますが、動画編集の知識も高度なレベルは必要ではない場合が多いようです。ただし、職業として成立できるほど収益を得られるクリエイターはそう多くはありません。安定した収入を得たい人は注意しましょう。

文章を書く仕事

文章に関わるクリエイティブな仕事は「小説家」「エッセイスト」「ライター」などです。ライターは文章を書く媒体によって「Webライター」や「コピーライター」と名称が変わります。ライターは主に紙の出版物に文章を書き、記事の内容によっては取材も必要です。Webライターは、自社や依頼元の企業のWebサイトに文章を書きます。コピーライターは、企業の広告のキャッチコピーを考える仕事です。どのような媒体に関わるかによって必要とされる知識や技術は異なるものの、文章力があれば未経験でも始められる仕事といえるでしょう。なお、小説家やエッセイストも未経験でも挑戦できますが、世間から高い評価を受けて職業として成立させられる人は、そう多くはありません。

そのほかの仕事

クリエイティブな仕事は世の中に多数存在しています。画家や彫刻家といった芸術分野の仕事はもちろん、手作りの作品を販売するハンドメイド作家や、体の動きで感情を表現するダンサーもクリエイティブな仕事といえるでしょう。クリエイティブな仕事に共通していえるのは、自分の発想や想像力を活かし、何かを作り上げる仕事であることです。

未経験でもクリエイティブな仕事はできる?

未経験でも、職種を選べばクリエイティブな仕事に就くのは可能です。ファッションデザイナーやグラフィック系の仕事は、専門的な知識が必要であるため、まず専門学校や通信教育を利用してスキルを身に付ける必要があるでしょう。専門的な知識がなくてもできる仕事は、経験より成果物のクオリティのほうが重視される傾向にあります。たとえば、Webライターは書いた文章が高く評価されれば未経験からでも十分活躍できるでしょう。

どうしたら未経験でクリエイティブな仕事に就ける?

ここでは未経験からクリエイティブな仕事に就く方法を紹介します。スキルを習得したり、未経験者OKの求人に応募したりするのが近道です。また、目標とする人を見つけ、どのようなクリエイターになりたいのかを明確にするのも、クリエイティブな仕事に就くには必要なプロセスでしょう。

ロールモデルを見つける

未経験の場合、まずはクリエイティブな仕事で活動している人のなかから、ロールモデルを見つけるのがおすすめです。「この人のようなクリエイターになりたい」「この人の作るような作品を自分も作りたい」といった明確な目標ができると、具体的にどのような行動に移せば良いかが見えてくることも。自分が興味のある分野の作品にたくさん触れ、強く心を惹かれた作品を手掛けた人について詳しく調べると、目標となる人物が見つけやすくなります。

どのような人材になりたいかを明確にする

未経験からクリエイティブな仕事に就くためには、どのような人材になりたいかを明確にしておきましょう。「自分の納得いく作品を作り続けたい」「自分の作品を有名にしたい」といったように、目標はクリエイターによってさまざまです。どのような仕事をしたいかによって、選ぶ企業や学ぶべきスキルも変わってくるでしょう。将来なりたいクリエイターになるためにはどうすべきかを考え、無駄なく行動に移すのが大切です

実務で役立つスキルを習得する

実際に仕事で役立つスキルを習得すると、未経験からクリエイティブな仕事に就くのに役立つでしょう。必要なスキルは職種によって異なります。たとえば、Webデザイナーとして働く場合、「Photoshop」や「Illustrator」といったツールを使いこなすスキルは必須です。そのため、ある程度使い方を習得しておくと、採用選考で有利になります。
クリエイティブな仕事に役立つ資格を取得するのもおすすめです。クリエイターの仕事は成果物のクオリティが重要視されるため、必ずしも資格が必要なわけではありません。しかし、採用選考においては自らの持つ知識やスキルを示す指標になるため、資格があると役立つでしょう。

クリエイターにおすすめの資格は?
クリエイティブな仕事に就くうえであると良い資格は、職種によって異なります。Webデザイン系の仕事を目指すのであれば、Webサイトを作成するスキルを測る「ウェブデザイン技能検定」や「Web検定」がおすすめです。広告や出版に関わる仕事に就きたいのであれば「DTP検定」や「DTPエキスパート」といった資格があります。また、色に関する知識はデザインに関わる仕事であればどのような職種でも役に立つので「色彩検定」や「カラーコーディネーター検定」を取得するのも良いでしょう。

未経験を募集する求人に応募する

「未経験者OK」の求人の応募するのが、クリエイティブな仕事に就く近道です。この場合、働きながらスキルを身に付けていくことになるでしょう。経験者だけではなく、応募者のポテンシャルを重視している企業は多くあります。未経験だからといって諦めずに、希望職種で根気強く求人を探してみましょう。
未経験者OKの求人は、応募者が多く競争率も高くなりがち。「内定もらえる人はどんな人?特徴や性格は?」のコラムでは、内定を得る方法を紹介していますので、参考にしてください。

未経験でもクリエイティブな仕事で活躍できる人の特徴

未経験でもクリエイティブな仕事で活躍できる人には、フットワークが軽く、トレンドに敏感といった特徴があります。また、クライアントの求めるものを的確に読み取るセンスがある人は、クリエイティブな仕事に向いているといえるでしょう。

フットワークが軽い

フットワークが軽い人はクリエイティブな仕事に向いているでしょう。企業に所属しているクリエイターは、創作物をコンスタントに作る必要があります。そのため、思いついたアイデアをすぐ形にする行動力が重要です。また、新たなアイデアを生み出すためにインプットは欠かせません。アイデアの元になりそうなものを探しに展覧会やワークショップに参加したり、新たなスキルを身に付けたりといった行動ができる人は、クリエイティブな仕事に適性があります。

地味な作業が得意

地味な作業が苦ではない人は、クリエイティブな仕事で力を発揮できるでしょう。クリエイティブな仕事は、華やかな側面が注目されがちですしかし、実際には単調な作業を毎日続ける必要があり、とても根気のいる仕事といえます。たとえば、デザイナーはクライアントの要望に合わせて、何度も創作物に修正を加えたり、ときには一から作り直したりすることもあるようです。そのため、毎日地味な作業が続いても手を抜かず、真摯に仕事に向き合える人は仕事で良い結果が残せるでしょう。

相手のニーズを的確に読み取れる

相手のニーズを的確に読み取れる能力は、クリエイティブな仕事で役に立ちます。クリエイティブな仕事といっても、自分の思うように創作できる職種は一部です。多くのクリエイターは企業や個人といった依頼主(クライアント)の要望を汲み取ったうえで、仕事を進めます。そのため、クライアントの求めているものが的確に分からない人は、結果を残しづらいようです。クリエイティブな仕事で活躍したい人は、ニーズを把握する力を鍛えると良いでしょう。

ニーズの把握にはコミュニケーション能力が必要
ニーズを把握するのに必要なのはコミュニケーション能力です。クライアントと意思の疎通をスムーズに行い、円滑に求めているものを聞き出せる力が、クリエイターには求められます。クライアントに自分の意見だけを押し付けていては、思いを聞き出すのは難しいでしょう。相手の話をよく聞いたうえで、相手が答えやすい質問を投げかけます。

新しいものに関心がある

新しいものに関心があることは、クリエイティブな仕事をするうえで重要な要素です。すべてのクリエイターが流行に乗った創作物を作っているわけではありません。しかし、文章やグラフィック、雑誌といった媒体は多くの人に向けて発信するため、流行に沿っているかどうかで人々の反応が変わります。流行を全く意識しない人よりも、ある程度新しいものを取り入れていける人のほうが、クリエイティブな仕事で成功する確率が高いでしょう。

ビジネスにも精通している

クリエイティブな仕事で良い結果を残すには、ビジネススキルも問われます。クリエイターは「良いアイデアや作品を作れば良いのでは?」と思われがちです。しかし、実際には納期や予算、人員の管理といったビジネスを円滑に進めるための調整能力も求められます。特に、ディレクターやプロデューサーといった仕事の場合、ビジネススキルは必須の能力といえるでしょう。クリエイティブな仕事で活躍するには、アイデアを生み出す能力のほか、ビジネスに関する知識も身に付ける必要があります。「仕事できる人の特徵とできる人になるためのヒントまとめ」のコラムでは、仕事ができる人の特徴について触れているので、参考にしてください。

クリエイティブな仕事は働く会社で業務内容が異なる

ここでは、制作会社と事業会社それぞれの仕事内容を紹介。クリエイティブな仕事は、働く場所によって業務内容が異なります。以下で説明する点を、会社選びの参考にしてください。

制作会社

制作会社は、自社以外のクライアントからの依頼で創作物を提供します。クライアントの要望に答えるのが第一であるため、臨機応変に対応する力が求められるでしょう。クリエイターとしてのスキルが鍛えられるため、「将来クリエイティブな仕事で活躍したい」「独立したい」と考える未経験の人におすすめです。制作会社と似た業態に代理店があります。制作会社は創作物の企画や制作を中心に行うのに対し、代理店は市場調査や分析といったさらに幅広い業務にまで関わる組織です。

事業会社

事業会社とは、製品やサービスを作り出し、自ら事業を行う会社のことです。事業会社で働くクリエイターは、自社のメディアで記事を書いたり、自社で販売する商品をデザインしたりします。ある程度同じ方向性の仕事を進めていくため、一つの事に対して深く追及していきたい人に向いているでしょう。同じサービスや商品に関わることになるため、落ち着いてクリエイティブな仕事をしたい人におすすめです。

クリエイティブな仕事のやりがいとは

クリエイティブな仕事のやりがいは、自分の創作物が多くの人の目に触れ、評価してもらえることです。なかなかアイデアが沸いてこなかったり、何度もやり直しになったりと辛いこともときにはあるでしょう。しかし、作り上げる過程が大変であればその分、完成したときの達成感を味わえます。クリエイティブな仕事に就きたいと思う人は多く、未経験からだと内定を得る難易度は高いといえます。そのため、自分の将来像を明確にし、採用選考では熱意やポテンシャルを効果的にアピールする必要があるでしょう。

未経験からクリエイティブな仕事を目指す人は「ハタラクティブ」を利用してみませんか。
ハタラクティブは、若年層を中心に求職活動のサポートを行う就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーがカウンセリングを行ったうえで、あなたに適性がある求人をご紹介します。また、自己分析や企業研究、面接対策などのサポートもすべて無料で提供。
ハタラクティブと一緒に、クリエイティブな仕事への就職・転職を成功させましょう。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ