受付の正社員になるには?主な仕事内容や平均年収・キャリアパスをご紹介!

受付の正社員になるには?主な仕事内容や平均年収・キャリアパスをご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 受付になるには、受付スタッフが配置されている部署に配属される必要がある
  • 受付の主な就職先は「企業」「商業施設」「宿泊施設」「医療施設」「美容施設」など
  • 受付は来客対応をしながら電話やメールの対応、来客者のデータ管理などを行う
  • 受付になるには、コミュニケーション能力や思いやりのある対応が大事

「受付の正社員になるにはどうしたら良い?」と悩む方もいるでしょう。受付の正社員になるには、特別なスキルや高学歴は基本的に必要ありません。ただし、就職先によっては学歴・実務経験重視の場合があるので、求人情報をよく確認しましょう。このコラムでは、受付の正社員になる方法だけでなく、主な仕事内容や平均年収、キャリアパスなども紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

受付の正社員になるにはどうすれば良い?

受付の正社員になるには、入社後に「総務部」「管理部」「人事部」といった、受付スタッフが配置されている部署に配属される必要があります。高学歴やスキルは基本的に求められません。ただし、企業によっては経歴や能力を重視することもあるため、少しでもチャンスを増やしたい方は、「受付に役立つスキル」を参考に受付の仕事に役立つスキルを身につけましょう。

非正規から正社員を目指す方法もある

受付の正社員になるのが難しい場合は、採用ハードルが低めのアルバイトや派遣から始めて正社員登用を目指すのも良いでしょう。特に、娯楽施設や医療施設といった人手が不足しがちな施設では、アルバイトの受付スタッフが募集されやすいようです。「受付の仕事ができるなら職場はどこでも構わない」という方は、アルバイトから挑戦してみてください。正社員登用制度に関しては、「正社員登用制度とは?特徴や注意点を解説!」で詳しく解説しています。

受付の仕事内容

受付になるには、仕事内容をよく理解しておくことも重要です。「座っているだけだから楽そう」というイメージだけで就職してしまうと、入社後のミスマッチにつながる可能性があります。以下で受付の仕事内容を押さえ、後悔のない就職活動をしましょう。

来客対応

受付の仕事で最も代表的なものは、来客対応です。企業を訪れたお客さまの名前や用件を聞き、内線電話で担当者や担当部署に連絡します。応接室や会議室までお客さまを案内したり、お茶出しをしたりするといった対応も、受付が担当する場合が多いようです。

事務・庶務

受付の仕事には、会議室のスケジュール管理や来客データの整理といった事務作業、使用後の会議室を片付けるといった庶務もあります。来客対応だけではなく、社内外の人々が気持ち良く過ごせるような空間作りのサポートも担当しているのです。

電話やメール対応

外部からの電話やメールに対応するのも、受付の仕事の一つです。電話を受けたら、該当する部署を内線で呼び出してつなぎます。電話やメールの返答を待たせるのは失礼なので、素早い対応を心掛けましょう。就職先によっては、英語での対応が必要な場合もあるようです。

備品管理

備品の貸し出しや返却対応も、基本的に受付が担当します。職場によって備品は異なりますが、文房具やPC周辺機器などを扱う場合が多いようです。「企業受付の正社員を目指すには?仕事内容や必要なスキルを解説!」でも受付の仕事内容を紹介しているので、参考にしてみてください。

受付は大変だけどやりがいのある仕事

受付になるには、どのような状態でも明るく・笑顔で対応する能力が必要といえます。受付は、会社の印象を左右する責任のある仕事だからです。その分、相手に感謝されたときは大きなやりがいを感じられます。また、業務を通してたくさんの人と出会えるので、人と接することが好きな人にとっては最適な環境といえるでしょう。

受付のやりがい

受付業務は、来客応対や電話応対などコミュニケーション能力が求められます。来客に合わせた対応をスピーディーに行えたとき、感謝を伝えられたときにやりがいを感じることが多いようです。毎日多くの人と接するため、変化や出会いが多いのも受付の魅力でしょう。

受付で大変なこと

社員のスケジュールや予定している来客を把握し、連絡や案内をスムーズに進めるのは大変なこと。ときには予定のない来客や対応が求められるなど、イレギュラーに対して冷静に対応する必要があります。また、受付は企業の「顔」といえる仕事。どんなときでも相手を不快にさせない配慮が、ときにはプレッシャーになることもあるでしょう。

受付の主な就職先

受付になるには、受付スタッフを配置している企業や施設に就職する必要があります。自社ビルを持つ企業のほか、多くの人が訪問する施設でも受付を配置していることが多く、就職先は多岐に渡ります。代表的な就職先を以下にまとめました。

・企業:自社ビルや複合オフィス
・商業施設:デパートやショッピングセンター
・アミューズメント施設:遊園地やカラオケ
・宿泊施設:旅館やホテル
・医療施設:病院や診療所
・美容施設:美容室やエステサロン

上記はあくまでも一例です。企業の受付にこだわらなければ就職先は数多くあるので、「受付の正社員になるにはどうすべき?」と悩んでいる方は、視野を広げて求人を探してみてください。「高卒の人が受付の正社員に就職するためにすべきことは?詳しい業務内容も」では、就職先別の仕事内容も紹介しているので、あわせてチェックしましょう。

受付に役立つスキル

受付の仕事は来客対応が多いため、マナーやスキルがあると選考で有利になる可能性があります。受付に役立つスキルは、敬語の使い方やコミュニケーション能力といった接遇スキルやパソコンスキルなどです。

接客・対応スキル

受付として求められるスキルの代表的なものとして、接客・受付スキルがあります。受付はお客様が来社された際に最初にコミュニケーションを取る存在。そのため、受付の接客応対が企業の第一印象を決めることにつながるのです。受付をしながら能力をつけていくことも可能ですが、受付の仕事を目標とするのならば、応募時点できちんとしたスキルを身につけているのが理想。新人だからといって、失礼やミスが許されるポジションではないと心得ましょう。

ビジネスマナーや身だしなみも大切

受付の正社員になるには、ビジネスマナーや身だしなみも重要とされています。受付は、社内だけでなく社外の人とも関わる機会が多い仕事です。受付の対応次第で会社の印象は大きく変わるので、適切な言葉遣いや礼儀作法を身につけ、身なりは清潔に整えておきましょう。

基本的なPCスキル

受付は、接客や対応のスキルのみで成立する仕事ではありません。来客の対応では、来客予定スケジュールの確認や情報登録が必要になることも。また、メールの応対や会議室の予約、備品管理などPCスキルが求められる場面が多くあります。そのため、基本的なパソコンスキルは必須といえるでしょう。

専門スキルが求められる場合もある

医療施設では専門用語の知識、外国からの来客が多いホテルや外資系の会社では語学力、といったように就職先によっては専門スキルが必要な場合もあります。

受付に向いている人の特徴4つ

受付に向いているのは、人との関わりが得意な人やプライベートを充実させたい人。接客業からオフィスワークへ転職を考えている人も向いています。以下で詳しく解説します。

1.人とコミュニケーションを取るのが好きな人

人とコミュニケーションを取るのが好きだったり得意だったりする人は、受付の仕事に向いています。職場によって来客人数は異なりますが、多いところだと1日に数百人以上の来客対応をすることも。受付は会社や施設の顔なので、来客数が多くても笑顔で思いやりのある対応ができる人に向いているでしょう。

2.接客経験がある人

接客経験がある人も受付の仕事に向いているといえます。接客の仕事をしたことがある人は、受付の仕事に求められる接遇スキルやコミュニケーション能力が自然と身についている場合が多いからです。また、接客業で身につきやすい臨機応変な対応力も、受付の仕事で活かせるでしょう。

3.オフィスワークを希望する人

受付の仕事に向いている人の特徴として、オフィスワークを希望する点も挙げられます。冒頭で述べたとおり、受付は高い学歴やスキルを求められにくく、オフィスワークデビューしやすい仕事。仕事についていけるか不安な人は、研修制度が充実している職場や未経験歓迎の求人を出している職場を選んでみてください。

4.プライベートを充実させたい人

仕事だけでなくプライベートの時間も大切にしたい方は、受付の仕事に向いています。企業の受付であれば基本的に定時で帰宅でき、土日休みの場合が多いからです。ただし、商業施設や宿泊施設などでは土日勤務があったり、繁忙期には残業が発生したりするので求人情報や社員の口コミをよく確認してみてください。

受付のキャリアパス

受付のキャリアパスとしては、職場のリーダー・責任者や秘書、マナー講師などが考えられます。キャリアアップを目指す方は、どのような道があるのか事前に確認しておきましょう。

責任者

受付のキャリアパスとして考えられるのは、職場内のリーダーや責任者になることです。リーダーや責任者は、受付スタッフのまとめ役として受付業務が円滑に進むように指揮するのが仕事。受付のリーダーや責任者になるには、自ら立候補する場合と、上司から打診される場合があるようです。

秘書

秘書も受付のキャリアパスの例として挙げられます。秘書の仕事は、役員や社長のスケジュール管理、電話・メール対応、来客対応などです。秘書になるには、受付よりも質の高いビジネスマナーや接遇スキルが必要といわれています。ただ、受付と関連する業務も多いので、キャリアアップを目指す方は挑戦してみてください。また、必須のスキルはありませんが、秘書検定や国際秘書検定を受けておくと選考の際にアピールになるでしょう。受付から秘書を目指す人は、「秘書の向き不向きをご紹介!仕事内容や特徴も知っておこう」も参考にしてみてください。

マナー講師

受付スタッフからのキャリアアップを目指す方は、マナー講師という選択肢も検討してみましょう。マナー講師とは、業界や職種、場面に応じた「マナー」を教える仕事です。ビジネスマナーやテーブルマナー、冠婚葬祭でのマナーなど、教える分野はさまざま。受付で身につけたビジネススキルや接遇マナーを活かしやすいうえ、ほかの分野を勉強してオールマイティに活躍するキャリアも考えられます。

より上質な接客が求められる職場への転職もおすすめ

1つの職場である程度経験を積んだあと、より質の高い接客が求められる職場に転職するのもキャリアアップを目指すにはおすすめです。たとえば、アミューズメント施設といった、比較的カジュアルな接客が求められる職場で働いている人は、企業の受付にチャレンジしてみると良いでしょう。すでに企業の受付をしている人は、VIP対応がメインの受付スタッフを検討してみてください。スキルを高めることで秘書やマナー講師へのキャリアパスが拓けるでしょう。

受付として働きたい人や受付からのキャリアで悩んでいる人は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご相談者の性格や適性、希望に合わせた正社員求人をご紹介。専任アドバイザーが内定までサポートするので、就職や転職が初めての方でも安心してご利用いただけるのが特徴です。応募書類の書き方や効果的な自己アピールの内容、好印象を与える志望動機など就職や転職に関する疑問や悩みならお任せください。

受付の正社員になるにはどうすべきか悩む人のQ&A

ここでは、「受付の正社員になるにはどうしたら良い?」「受付の仕事に将来性はある?」などの悩みをQ&A方式で解決します。受付の正社員を目指している方は、ぜひお役立てください。

受付の仕事は未経験からでもできる?

受付は未経験でも挑戦できます。受付には特別なスキルが必要なく、未経験歓迎の求人が多いからです。ただし、なかには学歴や経験を重視する企業もあるので、募集要項をよく確認しましょう。少しでも就職を有利に進めたい方は、受付業務に役立つスキルを身につけるのがおすすめです。詳しくは「第二新卒が受付の仕事に就く方法は?役立つスキルや求人選びのコツを紹介!」をご参照ください。

大手企業の「受付」になるにはどうしたら良い?

上質なビジネスマナーや接遇スキルを身につけ、資格や実務経験とあわせてアピールしましょう。大手企業は施設や中小企業の受付に比べて難易度が高いので、扱っている商品や業界の知識を身につける努力も必要です。アルバイト採用を実施している企業であれば、アルバイトから初めて正社員を目指す方法を取るのも良いでしょう。大手企業への就職をサポートしてもらいたい人は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

受付の雇用形態は?

受付の雇用形態は、「アルバイト」「派遣社員」「契約社員」「正社員」とさまざま。アルバイトや派遣社員、契約社員の場合は、初めから受付スタッフとして採用される場合が多いようです。正社員の場合は、入社後に総務部・管理部・人事部などに配属され、一部の人が受付業務を担当します。

受付の仕事に将来性はある?

近年は、人工知能による受付の無人化が進んでいるため、以前よりも受付スタッフの需要が減っているといえます。ただし、臨機応変な対応や気配りなど、人間にしかできないこともあるので、需要がゼロになることはないといえるでしょう。受付の将来性は「受付の仕事」でも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

関連タグ