土日休みの職種って?休日数の見方や仕事探しの方法も紹介

土日休みの職種って?休日数の見方や仕事探しの方法も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・土日休みの職種はBtoBメーカーや事務、経理関係に多い
  • ・サービス業で土日休みの職種は少ない
  • ・土日休みのメリットは、友人や家族と予定を合わせやすいこと
  • ・土日休みの職種を探すなら「完全週休2日制(土日+祝日)」かどうかを確認する

仕事を探している方の中には、土日休みの職種を希望する方もいるでしょう。しかし、職業によっては平日休みが基本となっていることもあります。このコラムでは、土日休みの職種や週末に休めるメリットとデメリット、求人を探す際のポイントをまとめました。また、求人票に記載された年間休日数の見方についても触れています。今後の就職や転職の参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

土日休みの職種とは

土日休みの職種は、事務職や経理職、メーカー・IT・商社・金融業界などの仕事が中心。企業が顧客となるBtoBの会社や、相手が一般消費者でも休日に稼働せずに成立する仕事は、土日休みである場合が多いようです。しかし、休日は同じ業界でも職種によって異なるので、以下で具体的に紹介します。

事務職、経理職

公務員か民間企業かを問わず、事務職や経理職は基本的に土日休みの仕事が多い傾向です。特に経理は、入金確認や振り込み、経費精算といった業務を担う職種のため、銀行が閉まっている土日に出勤することは少ないでしょう。ただし、公務員の場合は、事務職でも選挙の投票日前後は休日出勤をする場合があります。

メーカー業の仕事

メーカー業には、工場でのライン作業や商品管理、営業、事務など多様な業務があります。どの職種であっても、企業を相手に取引しているメーカーであれば、相手企業が土日休みの場合は自社も休みになることが多いでしょう。工場の仕事は、週末に機械の稼働を停止するところも多く、その場合は平日のみの勤務です。しかし、24時間機械をフル稼働している工場では、シフト制で土日に出勤する場合もあります。

郵便局の内勤職

郵便局の内勤職は、基本的に土日休みです。民営化前の郵便局は公務員の仕事であったことから、その名残で土日休みの職場が多い傾向にあります。ただし、土日に開いている郵便局もある都市部では出勤する必要があるでしょう。

IT関係の職種

エンジニアやプログラマーといった職種は、主に土日休みです。プロジェクトの進行状況によっては休日出勤する可能性もありますが、一般的なIT関連の企業は土日休みの傾向があります。

商社の仕事

商社の仕事には事務職や営業職、企画職などがあり、どの職種でも基本的に土日休みで、カレンダー通りに休める企業が大半です。しかし、取引先が海外の場合は、相手国との時差により土日の対応が必要になる場合もあります。納期が迫っているときは、土日出勤をして間に合わせることもあるでしょう。

金融業界の仕事

銀行や信用金庫といった金融機関の仕事は、代表的な土日休みの職種といえます。ATMは稼働していている場合が多いですが、窓口業務はないので基本的に土日休みでしょう。

土日休みの仕事を望む方は、「土日休みがいい人におすすめの仕事とは」もご覧ください。

平日休みの職種とは

土日が書き入れどきになる施設や店舗、運輸・交通業、不動産業界など稼働しないと消費者の生活に支障をきたす業界の職種は、平日休みの場合が多いでしょう。以下で仕事別に説明します。土日休みの仕事を探している方も、平日休みの職種を知ると企業選びの幅が広がる可能性がもあるので、参考にしてみてください。

サービス・娯楽業界の仕事

販売や接客を伴う仕事は、基本的には土日勤務であることが大半です。商店や飲食店、娯楽・宿泊施設、美容、ブライダル業界のスタッフなど、週末も営業する施設で働く仕事が該当します。店舗や施設のの休業日に従って、平日に休みとなるでしょう。

運輸・交通業、不動産業界の仕事

引っ越し業者のスタッフやタクシードライバーといった運輸・交通業界の職種も、土日に勤務します。電車やバスなど、自分が消費者として土日に利用しているサービスの仕事は、基本的に土日も稼働すると考えると良いでしょう。
また、不動産業界でも平日休みが一般的。一般消費者が物件探しをする際は、土日に不動産屋に出向くことが多いため、スタッフは土日に出勤し、平日に休みを取ります。

医療・福祉業界の仕事

病院や介護施設のスタッフも平日休みであることが多い職種です。しかし、施設によって休業日は異なります。なかには、平日に1日と、土日のどちらかに1日の、計2日を休業・休診日として設けている職場もも。病院や施設の就業規則次第では、土日休みが取れる場合もあるでしょう。

接客業で土日休みの職種はある?

接客が主な仕事となるサービス・娯楽業界は、基本的に土日勤務です。しかし、保育士や教師、市区町村の役所の窓口担当者といった職種は就業先に合わせて土日休みが多いようです。ただし、施設や学校は、行事がある際に土日出勤する場合もあるでしょう。接客を伴う飲食やアパレル関係の仕事は、個人店やスタッフが多い職場であれば、土日休みを取れる可能性もあります。

土日休みで残業なしの職種はある?

事務職やシフト制の工場勤務の仕事は、土日休みで残業もほぼない場合があります。平日は定時に帰宅できるので、プライベートの時間を確保しやすいのがメリットです。家族や友人と過ごしたり、趣味に没頭したりする時間を大切にしたい方にも向いています。ルーチンワークが中心になりやすいので、就職や転職を考える際は自分に合うかどうかを見極めることが大切です。
事務職や工場勤務以外の仕事でも、企業によっては残業を禁止しているところもあるほか、同じ部署内でも人によって残業の有無が異なる場合もあります。残業に関するリアルな情報を知りたいのであれば、実際にその企業で働いている方や人事の方に聞いてみても良いでしょう。

残業が少なめの職種やメリットが知りたい方は、「残業が少ない仕事のメリットとは?」も参考にしましょう。

土日休みの職種のメリット

土日休みの職種に就くと、家族と生活スタイルが合わせやすく、連休が取りやすいことから、プライベートが充実できるといったメリットがあります。

家族や友人と予定が合う

土日休みの職種の場合、家族や友人と予定を合わせやすいのがメリットです。休みが合わないと平日の夜に少し会うだけ、といった状況になりがちですが、土日休みなら丸一日使って遊びに行ったり、用事を済ませたりできるでしょう。

結婚式や学校行事に参加しやすい

結婚式や学校行事などのイベントの多くは週末に開催されるので、土日休みの職種であれば参加できます。休みを取るために事前に面倒な調整をする必要もありません。

生活リズムが安定する

多くの人は義務教育を通して就学時から「平日は通学、土日は休み」というリズムで過ごしており、土日休みは慣れ親しんだ生活スタイルです。そのため、社会に出ても土日休みの職種であれば生活リズムが整いやすく、計画的に予定を考えらえるという人は多いでしょう。

連休を取りやすい

土日休みであれば、金曜もしくは月曜を1日有給にするだけで3連休を過ごせます。まとまった有給休暇は取りにくくても、土日休みを利用すれば、比較的簡単に3連休が取れるでしょう。

仕事の連絡が入ってこない

会社全体が土日休みである場合、休日に仕事の電話やメールが来ることは少なく、プライベートを満喫できます。シフト制の仕事で平日に休みを取っていると、「休日に職場から何かしらの連絡がくる」という事態になりがちです。

土日休みの職種のデメリット

土日休みの職種のデメリットは、「休日に出かけた先が混んでいる」「平日しか開いていない場所に行きにくい」などがあります。下記で詳しく解説しているので参考にしてください。

行楽地や病院などの施設が混んでいる

土日は行楽地やお店、病院などが混んでおり、交通機関も平日に比べて混雑します。人ごみが苦手だと、「せっかくの休日なのに出かけて疲れた」と思う人もいるでしょう。また、人が多いと待ち時間も長くなります。店の行列に並んだり、道路の渋滞に遭遇したりしてストレスに感じる人もいるでしょう。

役所や銀行に行くのが難しい

役所や銀行は土日に開いていないことが多く、土日休みの職種に就いていると行きにくいのがデメリットです。必要な手続きがあるときは、平日に仕事を休まなければいけません。平日に休むには、「事前に有給休暇の申請をする」「業務を調整する」といった手間も増えます。

休日料金が適用される

一部のレジャー施設や商業施設は、土日だと平日よりも料金が割り増しになる休日料金を導入しています。病院でも土日診療は割増になることがあり、土日休みの職種の場合は損をしたと感じる場面もあるでしょう。

土日休みの仕事をお探しの方は、メリット・デメリットを十分に理解することが大切です。「土日休みより楽しめる?平日休みの魅力」では、平日休みの過ごし方を紹介しています。

産業別にみる年間休日の総数

厚生労働省による「平成30年就労条件総合調査結果の概況(p3)」の平均年間休日の総数を産業別にみると、「情報通信業」「学術研究、専門・技術サービス業」が最も長く118.8日、「宿泊業、飲食サービス業」が最も短く97.1日です。この数字から、比較的接客を伴うことが多く土日に稼働する業界では、そうでない業界と比べ、年間の休日数は少ないのが分かります。土日休みの職種を希望する場合、業界ごとの年間休日数にも目を向けると良いでしょう。

参照元
厚生労働省
平成30年就労条件総合調査結果の概況

産業別にみる年次有給休暇の取得率

厚生労働省の「令和2年就労条件総合調査結果の概況(p6)」によると、産業別による一年間に有給休暇を取得した割合は、「電気・ガス・熱供給・水道業」が最も高く76.8%、「宿泊業、飲食サービス業」が最も低い41.2%とされています。前述した内容と合わせて考えると、土日に働くこと多い「宿泊業、飲食サービス業」の方は土日休みが多い業界の方と比べ、休める日数が少なく、有給休暇も取りにくい傾向にあるのが分かります。

参照元
厚生労働省
令和2年就労条件総合調査結果の概況

土日休みの職種を求人票で確認する方法

求人票には、年間休日数が記載されており、この数から一週間あたりの休日数を予測できます。ここでは一般的な年間休日数や、それを週休に換算した例と注意点をまとめました。土日休みの職種に就きたい方は、参考にしてみてください。

年間休日数の確認方法

求人票で年間休日を見る際は、以下の方法で土日休みかどうかをチェックしましょう。

・年間休日100日未満…週2日の休みがない週もある
・年間休日104日…週休2日制だが、祝日は出勤の可能性が高い
・年間休日110日前後…週休2日制が基本で、月に1回程度の休日出勤がある
・年間休日120日…完全週休2日制で、祝日も休み
・年間休日121~129日…完全週休2日制で祝日休みに加え、夏季休暇などがある
・年間休日130日以上…完全週休2日制で祝日休みに加え、長めの夏季休暇などがある

上記はあくまでも例です。完全週休2日制であっても、必ずしも土日休みとは限らないので注意しましょう。気をつけるポイントは、下記のとおりです。

「週休2日制」は必ず週2回休みがあるわけではない

「週休2日制」は月に1回以上、週休2日の週がある勤務形態を指すため、毎週必ず2日の休日があるとは限りません。「1週目は休日が2日あったけど、2~4週目は休日が1日だけ…」というケースでも、週休2日制にあたります。

「完全週休2日制」は土日休みとは限らない

毎週2日の休日を設ける完全週休2日制を採用すると「年間休日数は104日」になりますが、この表記では休日が土日とは限りません。また、祝日も出勤する可能性があります

「完全週休2日制(土・日・祝)」は休みが週2日

「完全週休2日制(土・日・祝)」の場合、休日は週に2日で、平日に祝日がある週は祝日または土曜に出勤するケースが多いようです。毎週2日の休日を設ける完全週休2日制を基本とし、その休日が土日祝のいずれかになる勤務形態を指します。

土日休みたいなら「完全週休2日制(土日+祝日)」を探す

休みの日数を重視するならば、土日を休みとする「完全週休2日制」に加え、「祝日も休みになる勤務形態」であるかチェックしましょう。この場合の年間休日数は120日以上です。

休みが多い仕事を探す方法は、「休みが多い仕事とは?休日が多めの業界や公務員との違いも解説」で紹介しています。

土日休みの職種に転職する方法と注意点

土日休みの職種に転職する際、休日ばかりに目を向けず、仕事内容が自分に合っているかも確認する必要があります。ここでは、就職・転職するときに注意すべきポイントをまとめました。

異業種への転職は教育制度を重視しよう

未経験の業種にチャレンジする際は、教育制度が整っている企業を選ぶのがポイントです。土日休みか平日休みかは、業種や職種によって異なるため、休日のスタイルを変えたい場合は、異業種への転職になりやすいでしょう。未経験の業種は新たに身につける知識やスキルも多いので、研修制度が整っていると安心です。さらに、キャリアアップの道筋が明確な職場であれば、将来のプランも描きやすくなります。

業務内容にも注意を向けよう

勤務形態や休日制度は転職に重要な条件の一つですが、休みばかりを重視すると自分に合わない仕事を選んでしまう可能性があります。業務内容や社風、休日以外の福利厚生にも目を向けて、入社後のミスマッチを防ぎましょう。

第三者の意見も取り入れよう

土日休みの職種を探すには、転職サイトで求人を検索したり、ハローワークや転職エージェントで求人を紹介してもらったりする方法があります。志望先が定まっている人は、企業のWebサイトに直接アクセスし、募集情報をチェックするのも良いでしょう。自分に合った仕事がうまく見つけられない方は、第三者のアドバイスをもとに仕事を探せる、ハローワークや転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは専任の担当者が一貫したサポートをしてくれるので、就職・転職が初めての方も安心。カウンセリングから求人提案、選考対策、入社後のフォローまで手厚くバックアップしてくれます。
希望条件に合う仕事を見つけたいなら、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブを活用してみませんか?
ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの適性に合った仕事を提案します。もちろん、「土日休みが良い・平日休みが良い」といった希望にも対応するので、優良企業に就職したい方はぜひご相談ください。
応募書類の添削や面接スケジュールの調整、企業との条件交渉などもサポートするため、効率的に就職・転職活動が進められます。

土日休みの仕事に関するお悩みQ&A

このコラムでは、土日休みの仕事やメリットを紹介しました。ここでは、それ以外で想定される悩みや疑問にQ&A方式でお答えします。参考にしてみてください。

平日休みと土日休みの給与の違いはある?

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査結果(p18)」によると、平日休みが多いとされる宿泊業、飲食サービス業の1年間の平均給与は260万円、医療・福祉系は401万円とその職業によっても差があります。一方、土日休みの多い金融・保険業はおよそ627万円、情報通信業は599万円です。休みに関わらず専門的なスキルを求められる仕事は給与も高いので、自分に合ったスキルで仕事を探しましょう。

参照元
国税庁Webサイト
令和元年分民間給与実態統計調査

シフト制と平日休みの違いは?

「シフト制」は交代勤務のことで、24時間稼働する工場や病院などで採用されている勤務スタイル。一方で「平日休み」の勤務スタイルは夜勤のない職業で、販売職や不動産業などで採用される傾向が強めです。シフト制の仕事は「交代勤務で働くメリット・デメリット」平日休みの仕事は「平日休みのメリット・デメリットは?仕事の例をご紹介」で紹介しています。

土日休みのメリットとデメリットを知りたい!

土日休みの仕事のメリットは、家族や友人と予定を合わせやすいことやライフバランスが崩れにくいことなど。デメリットは行楽地が混んでいる、役所の手続きがしにくいなどがあります。詳しくはこのコラムの「土日休みの職種のメリット」「土日休みの職種のデメリット」に記載してあるので、ご参考ください。

異業種で働くのはちょっと不安…

異業種での転職をしたい場合は、急成長している企業を選ぶのがおすすめです。たとえばIT企業はアシスタントからでも活躍することもできますし、営業職はコミュニケーション能力が必要なことから、前職がサービス業だった方には適しているでしょう。「異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは」で詳しく説明しています。土日休みの仕事がしたいけど、どんな職業が自分に合うのかわからないという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION