土日休みの職種とは?探すときのポイントやメリット・デメリットを紹介

土日休みの職種とは?探すときのポイントやメリット・デメリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 土日休みの職種はBtoBメーカーや事務、経理関係に多い
  • サービス業で土日休みの職種は少ない
  • 土日休みの職種に就くメリットは、友人や家族と予定を合わせやすいこと
  • 土日休みの職種に就くデメリットは、役所や病院などの施設が混んでいること
  • 土日休みの職種を探すなら「完全週休2日制(土日+祝日)」かどうかを確認する

仕事を探している方の中には、土日休みの職種を希望する方もいるでしょう。土日休みになりやすい主な職種は、事務職や経理職などです。このコラムでは、土日休みの職種に就くメリット・デメリットや、求人を探す際のポイントをまとめました。また、求人票に記載された年間休日数の見方についても触れているので、今後の就職や転職の参考にご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

土日休みの職種や業界とは

土日休みの職種や業界とはの画像

土日休みになりやすいのは、事務職・経理職といった職種や、メーカー・IT・商社・金融などの業界です。また、企業が顧客となるBtoBの会社や、相手が一般消費者でも休日に稼働せずに成立する仕事は、土日休みである場合が多いでしょう。下記では、土日休みになりやすい職種や業界をご紹介するので、就職先選びの参考にしてください。

事務職や経理職

事務職や経理職は土日休みになりやすい職種です。特に、経理職は入金確認や振り込み、経費精算などの業務を担う職種のため、銀行が閉まっている土日に出勤することは少ないでしょう。ただし公務員の場合は、選挙の投票日前後に休日出勤が必要な場合があります。

メーカー業

メーカー業には、工場でのライン作業や商品管理、営業、事務など多様な職種があります。企業を相手に取引しているメーカーの場合、相手企業が土日休みであれば、基本的にどの職種も土日休みになるでしょう。しかし、24時間機械をフル稼働している工場では、シフト制で土日に出勤が必要な場合もあります。

郵便局の内勤職

郵便局の内勤職は基本的に土日休みの傾向にあります。郵政民営化前の郵便局員は公務員であったことから、その名残で土日休みの職場が多いようです。ただし、土日に開いている郵便局もあるので、募集要項をよく確認しましょう。

IT関係の職種

エンジニアやプログラマーといったIT関連の職種は、土日休みの場合が多いようです。ただし、プロジェクトの進捗状況によっては休日出勤が必要なことも。また、土日休みの分、平日の残業時間が長い会社もあるので、求人を探すときは休日だけでなく残業時間にも目を向けましょう

商社業界

商社業界には事務職や営業職、企画職などがあります。どの職種でも基本的に土日休みで、カレンダー通りに休める企業が大半です。しかし、取引先が海外の場合は、相手国との時差により土日の対応が必要になる場合もあります。納期が迫っているときは、土日出勤をして間に合わせることもあるでしょう。

金融業界

銀行や信用金庫といった金融機関の仕事は、土日休みの職種が多いといえます。ATMは土日も稼働していている場合が多いですが、窓口業務は基本的に平日のみだからです。

公務員

公務員は基本的に土日休みです。しかし、消防士や警察官の場合、勤務形態によっては土日祝日に出勤することも。また、教員も、学校行事や部活動の指導などで休日出勤が必要な場合があります。

上記でご紹介した以外の土日休みの仕事を探している方は、「土日休みがいい人におすすめの仕事とは」もご覧ください。

平日休みの職種が多い業界一覧

土日が書き入れどきになる施設や店舗、運輸・交通業、不動産業界など、稼働しないと消費者の生活に支障をきたす業界の職種は、平日休みの場合が多いでしょう。以下で仕事別に解説するので、土日休みの仕事を探している方も、就職先選びに役立ててください。

サービス・娯楽業界

販売や接客を伴う仕事は、土日勤務であることが大半です。そのため、商店や飲食店、娯楽・宿泊施設、美容、ブライダル業界など、週末も営業する施設で働く職種は、基本的に平日休みとなります。

運輸・交通業

引っ越し業者のスタッフやタクシードライバーといった運輸・交通業界の職種も、土日に勤務します。電車やバスなど、自分が消費者として土日に利用しているサービスの仕事は、基本的に土日も稼働すると考えると良いでしょう。

不動産業界

不動産業界の職種も平日休みが一般的です。一般消費者が物件探しをする際は、土日に不動産屋に出向くことが多いため、スタッフも土日に出勤する必要があります。

医療・福祉業界の仕事

医療・福祉業界の職種も、平日休みであることが多いようです。しかし、施設によって休業日は異なります。なかには、平日に1日と、土日のどちらかに1日の、計2日を休業・休診日として設けている職場も。病院や施設の就業規則次第では、土日休みが取れる場合もあるでしょう。

接客業で土日休みの職種はある?

保育士や教師、市区町村の役所の窓口担当者などの職種は、就業先に合わせて土日休みになることが多いようです。また、飲食やアパレル関係の、接客を伴う職種の場合、個人店やスタッフが多い職場であれば土日休みを取れる可能性もあります。

平日休みの職種の詳細を知りたい方は、「平日休みの仕事にはどんな職種がある?メリットとデメリットも解説!」のコラムをご覧ください。

土日休みの職種の5つのメリット

土日休みの職種に就くメリットは、家族や友人と生活スタイルが合わせやすい・連休が取りやすいなどが挙げられます。ここでは、土日休みのメリットを5つまとめました。

1.家族や友人と予定が合う

土日休みの職種の場合、同じ土日休みの家族や友人と予定を合わせやすいのがメリットです。自分だけ平日休みだと、友人の仕事が終わったあとの短時間しか一緒に過ごせないこともあるでしょう。しかし、お互いに土日休みであれば、丸一日使って遊んだり、連休を利用して旅行の予定を立てたりできます

2.結婚式や学校行事などに参加しやすい

土日休みの職種であれば、結婚式や学校行事といった、週末に開催されやすいイベントに参加できます。平日休みの場合、事前に休みの連絡を入れたり、代わりの人を探したりしなければなりません。そういった手間を省けるのは、土日休みの職種のメリットといえます。

3.生活リズムが安定する

土日休みの職種の場合、平日は勤務・土日は休みという決まったサイクルが出来るので、生活リズムが安定します。心身ともに健康な状態を維持しやすいのが大きなメリットです。平日休みでも、休みが固定の場合は生活リズムが安定しやすいですが、シフト制の場合は週によって勤務日が異なるので、ライフサイクルが乱れやすくなってしまいます。

4.連休を取りやすい

連休を取りやすいのも、土日休みの職種に就くメリットです。土日休みを利用すれば、金曜もしくは月曜に有給を取るだけで3日以上の連休が作れます。平日休みでも有給を使って連休を作ることは可能ですが、土日休みに比べると調整が難しいでしょう。

5.仕事の連絡が入ってこない

会社全体が土日休みである場合、休日に仕事の電話やメールが来ることは少なく、プライベートを満喫できます。シフト制の職種で平日に休みを取っていると、「職場から連絡が来るかもしれない」と考えてしまい、心から休めない可能性があるでしょう。

土日休みの職種の4つのデメリット

土日休みの職種の4つのデメリットの画像

土日休みの職種のデメリットには、「休日に出かけた先が混んでいる」「平日しか開いていない場所に行きにくい」などがあります。下記で詳しく解説しているので参考にしてください。

1.行楽地や病院などの施設が混んでいる

土日は行楽地やお店、病院、交通機関などが平日に比べて混雑します。また、人が多いと、その分待ち時間も長くなることに。望んで土日休みの職種に就いたものの、店の行列に並んだり、道路の渋滞に遭遇したりするとストレスを感じる人もいるでしょう。

2.役所や銀行に行くのが難しい

役所や銀行は土日に開いていないことが多く、土日休みの職種に就いていると行きにくいのがデメリットです。必要な手続きがあるときは、平日に仕事を休まなければいけません。平日に休む場合、「事前に有給休暇の申請をする」「業務を調整する」といった手間も増えます。

3.休日料金が適用される

一部のレジャー施設や商業施設は、土日の料金が平日よりも割り増しになる「休日料金」を導入しています。診療所の場合は診療時間内でも土日に「夜間・早朝等手当」が加算されるため、「土日休みの職種は損だ」と感じる場面もあるでしょう。

4.平日に残業が発生する可能性がある

土日休みの職種だと、平日の間に業務を終わらせなければならず、残業が発生する場合があります。「土日にゆっくり休めれば、平日はいくら忙しくても良い」という方であれば問題ありませんが、「平日も仕事と私生活のメリハリをつけて働きたい」という方にとっては大きな負担となるでしょう。

土日休みで残業なしの職種はある?

事務職やシフト制の工場作業員といった職種は、土日休みで残業もほぼない傾向にあります。平日は基本的に定時帰宅でき、プライベートの時間を確保しやすいのがメリット。ただし、ルーチンワークが中心になりやすいので、モチベーションを維持して働けるかどうか見極めることが大切です。また、同じ部署内でも担当する業務によって残業の有無が異なる場合もあるので、実際にその企業で働いている方や人事の方に聞いてみることをおすすめします。

残業が少なめの職種が知りたい方は、「残業が少ない仕事はある?」のコラムも参考にしてみましょう。

土日休みの職種を求人票で確認する方法

求人票には年間休日数が記載されており、そこから一週間あたりの休日数を予測できます。以下では一般的な年間休日数や、それを週休に換算した例をまとめました。土日休みの職種に就きたい方は、参考にしてください。

・年間休日100日未満…週2日の休みがない週もある
・年間休日104日…週休2日制だが、祝日は出勤の可能性が高い
・年間休日110日前後…週休2日制が基本で、月に1回程度の休日出勤がある
・年間休日120日…完全週休2日制で、祝日も休み
・年間休日121~129日…完全週休2日制で祝日休みに加え、夏季休暇などがある
・年間休日130日以上…完全週休2日制で祝日休みに加えて長めの夏季休暇がある

 

上記はあくまでも例なので、応募先企業の募集要項をよく確認しましょう。

企業規模別にみる年間休日数

厚生労働省の「令和3年就労条件総合調査結果の概況(第4表)」によると、企業規模別の平均年間休日数は、1,000人以上が116.8日、300~999人が115.2日、100~299人が112.9日、30~99人が109.0日です。従業員数の多さに比例して、年間休日数も増える傾向にあることが分かります。ちなみに、​​1企業の年間休日の平均は110.5日、労働者1人の平均年間休日総数は116.1日です。

年間休日118日は多い?少ない?休日数の内訳や求人の表記について解説」のコラムでは、年間休日に関する情報をまとめているので、ぜひご一読ください。

参照元
厚生労働省
令和3年就労条件総合調査 結果の概況

土日休みの職種を探すときのチェックポイント

土日休みの職種を探すときのチェックポイントの画像

以下では、土日休みの職種を探すときのチェックポイントをご紹介します。入社後に「思っていた休日制度と違った…!」とならないように、週休2日制と完全週休2日制の違いを理解しましょう。

「完全週休2日制(土日+祝日)」の職種を探す

確実に土日休みの職種に就きたい方は、「完全週休2日制(土日+祝日)」の求人を探しましょう。「完全週休2日制(土日+祝日)」の場合、土日休みに加えて祝日も休みとなります。

「週休2日制」は必ず週2回休みがあるわけではない

「週休2日制」は、週休2日の週が月に1回以上ある勤務形態を指します。そのため、「1週目は休日が2日あったけど、2~4週目は休日が1日だけ…」という場合でも、週休2日制に当たります。毎週必ず2日間の休日があるとは限らないので注意が必要です。

「完全週休2日制(土・日・祝)」は休みが週2日

「完全週休2日制(土・日・祝)」とは、毎週必ず2日間の休日があり、その休日が土日祝のいずれかになる勤務形態を指します。祝日がある週は、「祝日+土曜・日曜のどちらか」が休みになる場合が多いようです。ただし、「完全週休2日制」とのみ書かれている場合は、土日休みとは限らないので気をつけましょう。

完全週休2日制については「完全週休2日制とは?週休2日制と何が違う?自分に合った休日制度を知ろう」のコラムでも解説しています。

土日休みの職種に転職する方法と注意点

土日休みの職種に転職する際、休日ばかりに目を向けず、仕事内容が自分に合っているかも確認する必要があります。ここでは、土日休みの職種に就職・転職するときに注意すべきポイントをまとめました。

異業種への転職の場合は教育制度を重視する

土日休みの職種に就くために未経験の分野にチャレンジする場合は、教育制度が整っている企業を選ぶのがポイントです。研修制度が整っていれば、未経験でも安心して業務をスタートできます。さらに、キャリアアップの道筋が明確な職場であれば、将来のプランも描きやすくなるでしょう。

業務内容にも注意を向ける

転職する際、土日休みにこだわり過ぎると、自分に合わない仕事を選んでしまう可能性があります。業務内容や社風といった休日以外の福利厚生にも目を向け、入社後のミスマッチを防ぎましょう。

転職サイトやエージェントを活用する

土日休みの職種を探すには、転職サイトで求人を検索したり、ハローワークや転職エージェントで求人を紹介してもらったりする方法があります。志望先が定まっている人は、企業のWebサイトに直接アクセスし、募集情報をチェックするのも良いでしょう。
自分に合った仕事がうまく見つけられない方には、第三者のアドバイスをもとに仕事を探せる、ハローワークや転職エージェントの利用がおすすめです。「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」のコラムでは、エージェントのサービス内容やポイントをご紹介しています。

「土日休みの職種に就きたいけど、探し方が分からない」という方は、ハタラクティブの利用をご検討ください。転職エージェントのハタラクティブは、若年層の就職・転職支援に特化したサービスです。経験豊富なアドバイザーが、カウンセリングから求人提案、選考対策、入社後のフォローまで手厚くバックアップ。面接スケジュールの調整や企業との条件交渉もサポートするため、就職・転職活動を効率的に進められます。「土日休みが良い・平日休みが良い」といった希望にも対応するので、納得のいく就活がしたい方は、ぜひご相談ください。

土日休みの仕事に関するお悩みQ&A

ここでは、土日休みの仕事に関する悩みや疑問にQ&A方式でお答えします。

平日休みと土日休みの給与の違いはある?

国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査結果(p18)」によると、平日休みが多いとされる宿泊業、飲食サービス業の1年間の平均給与は251万円です。一方、土日休みの多い金融・保険業はおよそ630万円、電気・ガス・熱供給・水道業は715万円です。休みに関わらず専門的なスキルを求められる仕事は給与も高いので、自分に合ったスキルで仕事を探しましょう。

参照元
国税庁
令和2年分民間給与実態統計調査結果

シフト制と平日休みの違いは?

「シフト制」は交代勤務のことで、24時間稼働する工場や病院などで採用されている勤務スタイル。一方で「平日休み」の勤務スタイルは夜勤のない職業で、販売職や不動産業などで採用される傾向が強いです。シフト制の仕事は「シフト制とは?正社員にもある?固定制との違いとメリット・デメリット」平日休みの仕事は「平日休みのメリット・デメリットは?仕事の例をご紹介」でご紹介しています。

土日休みのメリットとデメリットを知りたい!

土日休みの仕事のメリットは、家族や友人と予定を合わせやすいことやライフバランスが崩れにくいことなど。デメリットは行楽地が混んでいる、役所の手続きがしにくいなどがあります。詳しくはこのコラムの「土日休みの職種の5つのメリット」「土日休みの職種の4つのデメリット」に記載してあるので、ご参考ください。

異業種で働くのはちょっと不安…

異業種での転職をしたい場合は、急成長している企業を選ぶのがおすすめです。たとえば、IT企業はアシスタントからでも活躍できますし、営業職はコミュニケーション能力が必要なことから、前職がサービス業だった方に適しているでしょう。詳しくは、「異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは」で説明しています。土日休みの仕事がしたいけど、どんな職業が自分に合うのかわからないという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ