1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説

事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・事務員の一般的な仕事内容は、電話対応や来客対応、書類の作成など

  • ・事務職のメリットは、残業の少なさと内勤ならではの環境の良さ。デメリットは、ルーチン業務に飽きるケースがある点と、デスクワーク特有の体の疲れ

  • ・「誰かをサポートしたい」と思える人が事務に向いている

営業のように直接利益を上げる職種ではないものの、会社の経営に欠かせない事務員。自分の机でコツコツと仕事をしているイメージのある事務職ですが、具体的には一体何をしているのでしょう?
今回のコラムでは、事務員の仕事内容とメリット・デメリットについて解説。事務員を目指す人に向けて、求められる資質や必要なスキルをお教えします。

事務員の仕事内容

事務員や一般事務と呼ばれる職種の主な業務は、電話対応や来客対応、書類作成などの事務作業です。
事務職と一言でいってもその業務内容は企業や部署によって異なり、会社によっては専門的な分野を扱ったり海外とのやり取りが発生するケースもあります。

一般的な事務職が担当する仕事には、契約書や伝票をはじめとする書類の作成や郵便物の仕分け、物品の買出しなどが挙げられます。
一般事務は会社の事務処理全般を担当する職種で、縁の下の力持ちともいうべき存在。デスクワークで一見単調に仕事をしているようにも見えますが、会社の経営に欠かすことのできない職種です。

事務職のメリット・デメリット

メリット

ワークライフバランスを保ちやすい
総合職などと比べて残業や休日出勤が少なく、プライベートの時間を確保しやすいのが特長。「事務職は子育てと両立しやすい」と感じる女性も多いようです。

内勤ならではの働きやすさ
事務職は常に顧客を相手にしている職種とは違い、自分のデスクに座って1日の業務にあたります。そのため好きなタイミングでお茶を飲んだりトイレに立ったりできる自由度の高さが魅力。
職場によっては服装に関する規則が厳しくないところもあり、自分の好きな格好での勤務も可能です。また、年間を通して快適な空調の中で働けるのもメリットの一つです。

デメリット

ルーチンワークに飽きる
先ほど述べた通り、事務員の仕事は所属する企業や部署によってその内容が大きく異なります。職場によっては毎日定型的な業務を繰り返す場合もあり、ルーチン業務が苦手な人にとっては辛い状態となってしまうかもしれません。

デスクワーク特有の身体的な疲れ
事務員はパソコンを使って仕事をするので、ドライアイ等の目の疲れを訴える人が多い職種です。また、座り仕事なので肩こりや腰痛の症状が出やすく、もともと腰痛を抱えている方には難しい仕事となることも。

事務職に向いているタイプ

事務職は、会社の運営を裏方として支える縁の下の力持ち。目立つポジションで華々しく活躍したい人よりは、「誰かをサポートするのが好き」という人に適性があります。

また、データの管理や重要書類の作成など、ちょっとしたミスが許されない場面が多いため、丁寧な仕事をコツコツ積み重ねることができる人に向いているでしょう。電話対応や来客対応では、相手に対する丁寧なコミュニケーションが求められるので、ビジネスマナーの基本が守れることやホスピタリティも大切な要素。

事務員はパソコンを使った仕事がメインとなるため、エクセルやワードの基本操作が求人応募の必須条件である場合がほとんどです。パソコンに不慣れな人は、パソコン教室に通ったり、エクセル・ワードのスキルを証明する『マイクロソフトスペシャリスト(MOS)』の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

こんなときどうする?事務職への転職に関するお悩みQ&A

ここでは、事務職への転職でヒントになるお悩みをQ&A方式で紹介しております。ぜひご参考ください。

事務員になるには資格が必要ですか?

事務職では、企業からの指定がない限り、決まった資格は必要ありません。
しかし、MOS資格やP検(ICTプロフィシエンシー検定試験)、日商簿記など、事務職の実務に活用できる資格はさまざまあります。詳しくは「一般事務の仕事に役立つ資格とは」をご覧ください。

簿記2級の資格を持っていれば、大卒でなくても事務員として就職できるでしょうか?

事務の種類によります。
事務職の種類は、一般事務から総務、営業事務までさまざまです。例えば経理事務では簿記をアピールできるかもしれませんが、会社のフォーマットに沿って入力する作業の事務では、資格はあまり必要ありません。企業や種類によって事務職に求められるものも変わるので、まずはそこを理解することが大切です。その企業の採用ニーズに合った事務職の資質をアピールできれば、就職できる可能性が大きく上がるのではないでしょうか。
事務職の種類や業務内容が知りたい方は、こちらをご参考にしてください。

事務員になるにはどの程度のパソコンスキルが必要ですか?

事務職の種類や企業によっても変わりますが、基本的なパソコンスキルがあるに越したことはありません。基本的なパソコンスキルとは、主に「ある程度入力ができる」「メールの送受信ができる」「Wordや Excelの基本操作ができる」を指します。図の挿入や表やグラフの作成、フォントの使い分けなどができるとなお良いでしょう。PC検定(日商PC検定試験)やMOS資格などを取得すれば、パソコンスキルを証明する判断材料になります。
求められるパソコンスキルについて詳しく理解したい方は、併せて「基本的なPCスキルって?どれくらいの知識が必要なの?」もチェックしてみてください。

事務員に適した服装というのはありますか?

事務員の場合、会社の指定があればそれに従います。
特に指定がないときは、社内の先輩社員の服装に近しいものを選びましょう。事務員は、実直さや丁寧さが求められる職種です。私服が許される職場であっても、短いスカートや派手な色のアウターなど、事務員にふさわしくない服装は控えましょう。基本的には、清楚で清潔感のあるオフィスカジュアルが無難です。


ハタラクティブでは、高卒や既卒フリーター、第二新卒などの若年層に向けた就職・転職支援のサービスを実施中!
自分に事務職の適性があるか知りたい方、他の職種も検討してみたいという方は、ハタラクティブのアドバイザーまでお気軽にご相談ください。
ハタラクティブでは厳選した正社員求人を多数用意し、社会人経験のない方からスキルを生かして働きたい方まで、幅広い求職者を対象にお仕事を紹介。希望条件のヒアリングを行った上で、その方に合った求人をご提案しています。
正社員を目指しているがなかなか就職先が見つからないという方、一人で悩む前にハタラクティブにご登録ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    学校事務の仕事内容は?向いている人の特徴や就職事情をご紹介

  • image

    高卒で目指す事務の就職先

  • image

    未経験から事務職を目指して大丈夫?業務内容と求められるスキルをチェック

  • image

    庶務を目指す人が知っておきたい、詳しい仕事内容や必須スキル

  • image

    基本的なPCスキルって?どれくらいの知識が必要なの?

  • image

    一般事務の仕事に役立つ資格とはについてのページ

  • image

    大学中退からなれる事務の正社員

  • image

    未経験から貿易事務を目指すにはについてのページ

  • image

    高卒の未経験でも医療事務になれる?資格は必要?気になる給料事情を解説

  • image

    就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?

  • image

    業種とは何か?公務員の分類は?一覧や職種との違いも解説!

  • image

    それで合ってる?面接で将来の夢を聞かれた時の対処法

  • image

    団体職員とはどういう職業?公務員との違いや年収相場もご紹介

  • image

    大学職員の採用倍率は高い!?傾向や国立と私立の違いを解説

  • image

    ルーチンワークとは?意味や仕事内容を解説!苦手な人の特徴もご紹介

  • image

    学生や教員を支える、大学職員とは?

  • image

    単調な仕事をしたい!どんな仕事があるの?

  • image

    一般事務への志望動機はどう作る?

  • image

    一般事務についてのページ

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる