ルーティンワークとは何?向いている人の特徴や具体的な仕事の例をご紹介!

ルーティンワークとは何?向いている人の特徴や具体的な仕事の例をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • ルーティンワークとは、定型業務や決まった手順で行う仕事を指す
  • 「ルーティンワーク」と「ルーチンワーク」は同じ意味
  • ルーティンワークを行う仕事は、「事務職」「ルート営業職」「受付スタッフ」など
  • 黙々と作業を進めるのが好きな場合は、ルーティンワークに向いている可能性がある
  • ルーティンワークのメリットは、業務の効率化やタスク管理がしやすい点

「ルーティンワーク」の意味や業務内容を知りたい方もいるでしょう。ルーティンワークは、日常的に同じ作業を行う仕事を指します。同じような作業を繰り返し行うため、人によって向き・不向きがあるのが特徴です。

このコラムでは、ルーティンワークを行う職種やメリット、向いている人の特徴などを解説します。ルーティンワークに就くかどうか迷っている方は、内容を参考にして就職・転職活動をスタートさせましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ルーティンワークとは定型業務や決まった順序で行う仕事

ルーティンワークとは、同じことを繰り返す定型業務や、決まった順序で行う仕事を指す言葉です。ルーティンワークの多くは、作業の手順やルールがパターン化・マニュアル化されており、誰が担当しても成果の品質を一定に保てるようになっています。

「ルーティンワーク=ルーチンワーク」

「ルーチンワーク」はルーティンワークの言い換え表現として用いられます。使い方や意味はルーティンワークと同じです。また、「ルーチン」も、ルーティンワークと同じく日常的に行う決まった作業を指します。

例文:「私の朝のルーチンは、起きてすぐに白湯を飲むことです。」

「仕事における定型業務」を指すルーティンワーク(ルーチンワーク)に対し、ルーチンは「日常生活の日課」を指すのが一般的です。

英語では「routine work」

ルーティンワークを英語で言う場合は、「routine work」または「everyday work」です。「routine」には「決まった手順」「日常の仕事」「日課」「慣例」といった意味があり、「everyday=毎日」「work=仕事」を表します。

ルーティンワークの対義語は?

ルーティンワークの対義語は、「イレギュラー」「アドホック」「スポット」などです。意味や使い方を以下の表にまとめました。

ルーティンワークの対義語意味使い方
イレギュラー不規則、変則的イレギュラーな案件、
イレギュラーなスケジュール
アドホック特別に、臨時的なアドホック会議、アドホックな対応
スポット一回限り、一定の期間スポット業務、スポット契約

上記以外にも「ルーティンワーク=定型業務」の対義語として、「非定型業務(ノンルーティン)」を使用することもあります。いずれもビジネスシーンでは耳にする機会があるため、言葉の意味と使い方をしっかりと押さえておきましょう。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ルーティンワークを行う仕事7選

ルーティンワークを行う仕事7選の画像

ルーティンワークが含まれる仕事は、事務職やルート営業職、受付スタッフなどです。以下では、それぞれの職種の特徴や仕事内容を紹介します。

ハタラクティブで扱う未経験OKの求人もあわせて紹介するので、気になる仕事があれば気軽にお声掛け下さい。

1.事務職

事務職は、会社の業務が円滑に進むよう従業員をサポートする仕事です。ルーティンワークとしては、書類作成やデータ入力、電話対応などが挙げられます。

未経験から事務職を目指して大丈夫?業務内容と求められるスキルをチェック」では、役立つ資格やスキルなどを紹介しているので、事務職に興味がある方はあわせてご覧ください。

正社員

事務職

  • 年収 302万円 ~ 346万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり,諸手当あり,土日祝休み

2.ルート営業職

ルート営業職は、既存の顧客を訪問し営業活動を行います。ルート営業の役割は、顧客と良好な関係を保ち、契約のリピーターを増やすことです。「決まった顧客の元を訪問する」という点では、ルーティンワークといえるでしょう。

なお、同じ営業職でも「新規開拓営業」はルーティンワークではありません。両者の違いは、「ルート営業と新規営業の違いとは?業務内容や求められる能力を詳しく解説」で紹介しているので、チェックしてみてください。

正社員

ルート営業職

  • 年収 336万円 ~ 538万円

  • 未経験OK,学歴不問,昇給あり,諸手当あり

3.受付スタッフ

受付スタッフは、「会社の顔」として来客対応や電話の取り次ぎなどを行う職種です。来訪者によって細かい対応は異なるものの、基本的な受け答えは決まっている場合が多いため、「ルーティンワークを行う仕事」といえます。

受付スタッフの具体的な業務内容や年収、やりがいについて詳しく知りたい方は、「受付の仕事内容とは?向いている人や未経験から就職するポイントを解説」もご一読ください。

正社員

フロント事務(受付)

  • 年収 252万円 ~ 288万円

  • 未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ

4.清掃スタッフ

清掃スタッフは、ホテルや商業施設、オフィスビル内の清掃業務に従事する職種です。掃除手順はマニュアル化されている場合が多いため、ルーティンワークを行う仕事といえるでしょう。

清掃場所ごとの仕事内容の違いや、向いている人の特徴は、「清掃の仕事」のコラムでご確認ください。

正社員

清掃職

  • 年収 286万円 ~ 400万円

  • 未経験OK,賞与あり,昇給あり,諸手当あり,土日祝休み

5.コールセンターオペレーター

コールセンターオペレーターは、顧客の電話対応を行う職種です。問い合わせに対する答え方や、商品・サービスの説明方法など、マニュアルに沿って進める業務が多いので、ルーティンワークに含まれます。

コールセンターに就職した場合の年収や、キャリアアップについては「コールセンターの仕事」でも触れているので、興味がある方はぜひご覧ください。

正社員

コールセンター職(教習所選びの相談・サポート)

  • 年収 315万円 ~ 360万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり,残業少なめ,諸手当あり

6.工場作業員

ルーティンワークがしたい方は、工場作業員も視野に入れてみましょう。主な仕事内容は、ベルトコンベアー上を流れてくる製品の、加工・製造・検品・梱包などが挙げられます。工場では同じ製品を大量に生産する場合が多く、一定の品質が求められるため、業務工程がマニュアル化されているのが一般的です。

工場作業員に興味がある方は、「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」もあわせてご覧ください。

正社員

メンテナンススタッフ

  • 年収 319万円 ~ 407万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり,諸手当あり,残業少なめ,プライベート重視

7.ドライバー

ドライバーは、人や物を目的地まで安全に送り届ける仕事です。なかでも、配送ルートが決まっているトラック運転手や、決まったエリアを走るタクシー運転手などはルーティンワークが多い職種といえます。

ドライバーの仕事を詳しく知りたい方は、「正社員ドライバーの種類と仕事内容」も参考にしてみてください。

正社員

配送ドライバー

  • 年収 358万円 ~ 456万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり

ルーティンワークは高い収入を狙える?

職種によって異なるものの、高収入を期待できるルーティンワークもあります。たとえば、店舗・事務所・アパートなどを所有する不動産オーナーは、所有する物件の安全管理や清掃といった定型業務で収入を得ることが可能です。

公務員もルーティンワークが中心の職種があるうえ、なかには高い収入を得られる場合も。ただし、一口に公務員といっても仕事内容は多岐にわたります。気になる方は「公務員になるのに学歴は必要?試験や給料は異なる?」のコラムで、受験の手順や給与額をチェックしてみてください。

ルーティンワークに向いている人の特徴

ルーティンワークに向いている人の特徴の画像

ここでは、ルーティンワークに向いている人の特徴をご紹介します。ただし、以下はあくまでも一例なので、参考程度にご覧ください。

1.黙々と作業するのが好き

黙々と作業をするのが好きな人は、ルーティンワークに向いている可能性があります。ルーティンワークは作業手順が決められていることが多いため、一度手順を覚えてしまえば作業に没頭しやすくなるからです。

また、ルーティンワークはほかの人と関わらずにできる仕事が多くあるので、「コミュニケーションが苦手」という人も挑戦しやすいでしょう。仕事をじっくり進めるのが好きな方は、「コツコツできる仕事とは?タイプ別の職種や正社員を目指すポイントを紹介!」もあわせてご覧ください。

2.決まった手順で物事を進めるのが心地良い

同じサイクルで物事に取り組むのが好きな場合も、ルーティンワークに適性があるでしょう。たとえば、「朝はコーヒーを飲む→新聞を読む→シャワーを浴びる」のように順序を決めている人もいます。

決まった手順や習慣を繰り返すことが心地良いと感じる方は、ルーティンワークも同様にこなせる可能性が高いでしょう。

3.自分のペースで業務に取り組みたい

自分のペースで業務に取り組みたいと考える方は、ルーティンワークを快適に行えるでしょう。ルーティンワークは作業自体に変化が少ないため、自分のペースを維持しながら仕事に取り組むことが可能です。

クオリティーを保ちながらスキルと経験を積み重ねていけば、その仕事のプロフェッショナルとして活躍するチャンスもあります。

ルーティンワークに向いていない人もいる?

人によってはルーティンワークが合わないこともあります。たとえば、「定型業務ばかりだと、つまらない」「刺激が欲しい」「常に新しいことにチャレンジしたい」という思いがある場合は、同じ作業の繰り返しを苦痛に感じる可能性があるでしょう。

ハタラクティブの調査(18p)でも、仕事に満足していない理由として「おもしろみを感じない」と回答する人の割合が高いため、自分がやりたいことと応募先企業の業務内容がマッチしているか、よく吟味することが大切です。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2023

ルーティンワークの4つのメリット

ルーティンワークの4つのメリットの画像

ルーティンワークのメリットには、「業務の効率化が図れる」「タスク管理がしやすい」「マニュアルに沿って業務を行える」「残業が少ない傾向にある」が挙げられます。以下で解説するので、正社員就職を目指している方は企業を選ぶ際の参考にしてみてください。

1.業務の効率化が図れる

ルーティンワークのメリットの一つは、業務の効率化を図りやすい点です。ルーティンワークは基本的に作業の流れやプロセスが決まっているため、作業を繰り返し行ううちに不要な工程が明確になります

「不要な工程を洗い出す→改善方法を考える」という手順を繰り返せば、より効率的に業務を行えるでしょう。

2.タスク管理がしやすい

与えられたタスクの量に対して、どの程度の時間が必要か見極めやすいのも、ルーティンワークの魅力です。ルーティンワークは、日によって作業内容が大きく変わらないため、納期に合わせて計画的に作業を進められます

とはいえ、ときにはイレギュラーな業務を任される場合もあるかもしれません。しかし、ルーティンワークはベースとなる作業が一定なので優先順位をつけやすく、自分のペースを大幅に変更することなく業務を遂行できるでしょう。

3.マニュアルに沿って業務を行える

ルーティンワークはマニュアル化されている場合が多く、未経験から始めたとしても業務手順を理解しやすいのがメリットです。また、業務の流れや、誰が担当している作業なのかがすぐに把握できるので、ミスが発生した場合の原因究明がしやすく、再発防止につながるのも利点といえます。

4.残業が少ない傾向にある

ルーティンワークに該当する職種は、「やることがある程度決まっている」「イレギュラーが発生しにくい」といった特性上、残業が比較的少ない傾向にあるようです。「プライベートの時間をきちんと確保したい」「育児や介護などで残業に対応できない」という人にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

ルーティンワークのデメリットも知っておこう

ルーティンワークの主なデメリットには、「やりがいが薄れやすい」「昇給や昇格が期待できない」「将来的にAIに置き換わる可能性がある」などが挙げられます。

ルーティンワークは日々同じ作業を繰り返すため、自分の仕事が誰かの役に立っているという実感が湧きにくく、モチベーションを維持しづらい人もいるようです。また、特別なスキルが必要ない職種は、ほかの社員との差別化が難しいため、長期間勤務したとしても大幅な給与アップが期待できない可能性も。近年のITの進歩によって、単純な作業ほど将来的にはAIに置き換わる可能性が高いという点も、ルーティンワークのデメリットとして覚えておきましょう。

将来性を重視して就職・転職先を選びたい方は、「10年後もなくならない仕事とは?職業や就職する方法を紹介!」のコラムもあわせてご覧ください。

「自分にルーティンワークが向いているか知りたい」「仕事の選び方が分からない」と悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは既卒や第二新卒、フリーターなど若年層に特化した就職・転職支援を実施。キャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりの適性に合った求人をご紹介します。また、履歴書の添削や面接対策、選考のスケジュール調整なども行うため、就職・転職活動がはじめての方も安心です。サービスはすべて無料なので、ぜひ一度お問い合わせください。

ルーティンワークに関するQ&A

ここでは、ルーティンワークに関する疑問をQ&A方式で解決します。

ルーティンワークとは?

ルーティンワークとは、「同じことを繰り返す定型業務・決まった順序で行う仕事」を指します。「ルーチンワーク」と言い換える場合もありますが意味は同じです。ルーティンワークを行う会社の業務はマニュアル化されていることが多いので、一度覚えてしまえば自分のペースで作業を進められるでしょう。
覚えることが少ない仕事とは?正社員の楽な仕事や負担が少ない仕事を紹介」のコラムでも、ルーティンワークの特徴についてご紹介しています。

ルーティンワークの仕事を具体的に教えてください

工場作業員や事務職、清掃スタッフ、受付スタッフといった職種がルーティンワークを行う仕事に含まれます。ほかにも、ドライバーやルート営業職なども、基本的にはルーティンワークです。
このコラムの「ルーティンワークを行う仕事7選」では、ルーティンワークを行う職種の仕事内容を解説しているのでご覧ください。

ルーティンワークに向いているかどうか判断する方法は?

マニュアルに沿って作業を進めたい人や、黙々と業務に取り組みたい人は、ルーティンワークに向いているといえます。反対に、クリエイティブな発想を活かしたい、自分の裁量で物事を進められる仕事がしたい人は、ルーティンワーク以外の職種のほうが向いている可能性があるでしょう。
自分に向いている仕事を見つけたい方は、「自分に向いてる仕事に就くには?性格タイプから適職を診断する方法!」をチェックしてみてください。

ルーティンワークに向いていないと感じるときは?

1日の達成目標を設定してみましょう。作業効率を見直し生産性が上がれば、やりがいを感じられる可能性があります。そのほかの対処法については「仕事にやりがいを感じない原因とは?対処法も合わせて紹介」をご一読ください。
ルーティンワークが苦手だと感じ、転職を考えている方は、就職・転職エージェントを活用するのもおすすめ。ハタラクティブでは、求人紹介だけでなく無料の適職診断や自己分析のサポートなど、さまざまな支援を行っています。

この記事に関連するタグ