1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ルーチンワークとは?意味や仕事内容を解説!苦手な人の特徴もご紹介

ルーチンワークとは?意味や仕事内容を解説!苦手な人の特徴もご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ルーチンワークとは、同じ動作を繰り返し行う仕事や日課のこと
    ・ルーチンワークに分類される職種は、事務・受付・病棟看護師など
    ・ルーチンワークではない仕事には、イベントの企画や自営業などがある
    ・ルーチンワークのメリットは、マニュアル化しやすいことや集中して行えることなど
    ・ルーチンワークが苦手な人は、新しいもの好きな人や忍耐力のない人など

ルーチンワークとは?意味や仕事内容を解説!苦手な人の特徴もご紹介の画像

このコラムでは「ルーチンワークとは何か?」という疑問にお答えしています。ルーチンワークと呼ばれる職種や業務内容について詳しく解説。さらにルーチンワークではない仕事の特徴についても記載しています。メリットやデメリットも挙げていますので、ルーチンワークが自分に合っているかお考えの方は、ぜひご一読ください。
 

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

「ルーチンワーク」とは?

ルーチンワークとは、英語では「routine work」と表記され、日課のように同じ作業を行う仕事のことをいいます。業務の手順やルールがパターン化・マニュアル化されており、効率よく進められる仕事を指す言葉です。

 

同じ意味をもつ「ルーティンワーク/ルーチン」

「ルーチンワーク」と「ルーティンワーク」は発音が違うだけで使い方や意味は同じです。
「ルーチン」もルーチンワークと同じ「決まりきった作業」の意味を持ちます。「朝・夜のルーチン」などと、日常生活上での日課を指して使われることが多いです。

 
「ルーチンワーク」の対義語

ビジネスシーンで、ルーチンの対義語として使われることが多い言葉は以下になります。

・イレギュラー:不規則、変則的(イレギュラーな案件、イレギュラーなスケジュールなど)
・アドホック:特別に、臨時的な(アドホック会議、アドホックな対応など)
・スポット:一回限り、一定の期間(スポット業務、スポット契約など)

それぞれの使う場が異なるので、意味を把握したうえで活用しましょう。

ルーチンワークに分類される職種

ルーチンワークに分類される職種には、事務や清掃、病棟看護師などがあります。パターン化やマニュアル化されているなかにも、高給料が期待できる職種があるようです。

 

ルート営業

既存の顧客を回るルート営業は、ルーチンワークです。顧客との良好な関係を保ち、契約の継続やリピートを増やすため、基本的に決まった顧客のところに訪問します。

 

事務

給与計算や書類作成、データ入力など、事務職はルーチンワークが多い職種。1日や1週間、1ヶ月単位で仕事内容が決まっていることが多いです。毎日の業務内容が大きく変わることはないので、ほとんどの場合マニュアル化されています。

 

受付

来客対応や電話の取次、ご案内など、受付の仕事もルーチンワークです。受付は企業に訪れる人にとって、会社のイメージを保つためには大切な存在。毎日訪れる人は違うので、一見するとルーチンワークではないように感じますが、応対はマニュアル化されていることが多く、状況に合わせた受け答えが決まっています。

 

清掃

ホテルや商業施設での清掃の仕事は、掃除の手順や使う洗剤も決まっているので、ルーチンワークといえる職種です。たとえばホテルの客室清掃ではアメニティの置き場も決まっていますし、ビルの窓拭きはずっと同じ作業の繰り返しとなります。

 

病棟看護師

病棟に配属されている看護師はルーチンワークといえます。特に長期にわたる入院を扱う病棟では、マニュアル化されていることが多く、新人看護師でも業務が覚えやすいようです。看護師は、給与水準が高い職種で、夜勤をすることでさらに高給料が期待できるでしょう。

 

コールセンター

コールセンターもルーチンワークに分類される職種です。電話を介して行われるお客さまとのやり取りや、扱う商品やサービスの説明など、受け答えがマニュアル化されている場合がほとんど。コールセンターの仕事は、成果をあげられたら、インセンティブがつくこともあり、高給料となることもあるようです。

ルーチンワークが多い業種

ルーチンワークが多い業種は、製造業や運輸業など。その一例を紹介します。

 

製造業

製造業のなかでも工場や生産の仕事は、ルーチンワークが多いでしょう。たとえばベルトコンベアーの上を流れてくる製品を加工したり、梱包したりする仕事は、同じ作業を繰り返し行います。

 

運輸業

運輸業のなかでも、ルートが決まっている配達業のほか、エリアの決まっているタクシーやバスの運転手といった旅客運送業ルーチンワークです。また、電車の運転手もルーチンワークに分類されるでしょう。

ルーチンワークではない仕事

ルーチンワークではない仕事として、イベントの企画や接客業などが挙げられます。詳しくは以下を見ていきましょう。

 

新規開拓の営業

営業職のなかでも、新規開拓はルーチンワークではない仕事です。新規なので全く知らない、新しい顧客を見つけるために、臨機応変な対応が必要とされます。

 

イベント企画

イベントの企画は、ルーチンワークではないでしょう。なぜならイベントは季節や需要によって、フード、スポーツ、音楽など、ジャンルも規模も内容もさまざまです。人々のニーズに応えるために試行錯誤するのイベント企画の仕事は、決まった作業をこなすルーチンワークとは異なります。

 

デザイナーやクリエイター

デザイナーやクリエイターは、ルーチンワークではありません。この仕事も季節やニーズに合わせた対応が必要となります。さらに「流行り」があるので、発想力を必要とされる仕事です。

 

接客業

マニュアルが決まっていることもありますが、飲食店やアパレルなどの接客業は、ルーチンワークではない仕事です。美味しい食事やニーズに合った商品を提供し、お客さまに満足してもらえるように手を尽くすのが接客業。何を求めるかはお客様によって異なり、それぞれに応じた適切な対応が求められます。定型的な対応ではこなしきれない仕事といえるでしょう。

 

マーケティング

マーケティングの仕事は、新しい商品の企画や販売、営業、市場調査など多岐にわたります。そのため、決まった仕事に日々取り組むルーチンワークには分類されません。ゼロから商品や新規事業を生み出す仕事なので、リーダーシップのある人や学ぶ意欲のある人などが向いているようです。

 

自営業

自営業は働く場所や時間を自分で決められるので、ルーチンワークではない仕事です。自分の才能やアイデアを発揮して稼ぐ仕事なので、収入に浮き沈みが生じることもあります。

 

ネットビジネス

アフィリエイトやハンドメイド販売などのネットビジネスは、ルーチンワークに分類されません。アフィリエイトはアクセスが増えることで収入が増えますが、増やすためには工夫が必要。ハンドメイド販売も見ている人の目を引く作品でなければ収入が増えないので、オリジナリティーを必要とします。

ルーチンワークのメリットとデメリット

ルーチンワークのメリットは、業務の効率化やクオリティーが確保できることなど。デメリットは業務に飽きてしまうことや誰にでもできると思ってしまいがちなところなどがあります。それぞれに詳しく見ていきましょう。

 

メリット

ルーチンワークのメリットには、以下のようなことがあります。

 
業務の効率化が図れる

ルーチンワークは基本的に業務の流れやプロセスが決まっているため、業務の効率化が図れるというメリットがあります。やるべき仕事が分かっているので、無駄な時間を省けます。

 
時間配分の正確性が高い

作業する量や時間の配分がしやすいところもルーチンワークのメリット。時間を図りながら仕事をすれば、何時頃に業務が終わるかも把握できます。

 
マニュアル化しやすい

同じ業務を繰り返すルーチンワークはマニュアル化しやすいといわれています。マニュアルがあることで新入社員にも教えやすく、ミスの軽減にもなるでしょう。

 
クオリティーが確保できる

ルーチンワークの仕事はマニュアルに沿って行えばある程度のクオリティーを確保できます。取引先や顧客のニーズに左右されるといったこともなく、いつでも変わりない品質や結果を確保できるのがメリットです。

 
スケジュール管理をしやすい

時間管理がしやすいルーチンワークの仕事は、スケジュール管理もしやすいというメリットがあります。たとえば有給休暇を使いたい日があった場合、納期に間に合わせるためのスケジュールを立てて仕事ができるのです。

 
残業が少なめ

ルーチンワークに該当する職種は「やることが決まっている」「イレギュラーが発生しにくい」といった特性上、比較的残業が少なめです。「プライベートの時間をきちんと確保したい」「育児や介護などで残業に対応できない」といった人には、ルーチンワークの仕事をおすすめします。

 

デメリット

では、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。下記のまとめをご確認ください。

 
誰にでもできる仕事というイメージがある

ルーチンワークは誰にでもできると思われがち。しかし、集中力が必要なことや正確に仕事をこなさなければいけないので、必ずしも「誰にでもできる」わけではありません。

 
仕事のやりがいが薄れてしまう

同じサイクルで行うルーチンワークは、新しい仕事はないことが多く、達成感が薄れがち。やりがいが薄れてしまったら、さらに簡略化できる方法を考え、目標を設定しましょう。

 
業務に飽きることがある

同じ動作を行うルーチンワークは、飽きてしまう可能性も。そんなときには、職場の同僚と仕事の重要さを話し合うのなど、自分の仕事の必要性を再確認すると良いでしょう。

 
給与はあまり期待できない

変化の少ないルーチンワークの仕事は、「給与が低い」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし「ルーチンワークの職種」でも述べたように、病棟看護師やコールセンターなどでは、高給与となることもあります。給与に関しては企業規模による部分も大きいです。最初から「少ない」と決めつけず、求める金額に合った求人を探してみましょう。

 
自分の代わりはいくらでもいると思ってしまう

毎日代わり映えのないルーチンワークの仕事は、「自分じゃなくてもできる」と思いがち。そんなときには自分にとっての仕事の必要性を考えましょう。「仕事をしているから、衣食住が成り立っている」といったように、発想の転換をすると良いです。

ルーチンワークが得意な人、苦手な人

ルーチンワークにも、得意な人と苦手な人がいます。下記を読んで、ルーチンワークの仕事を検討するときの参考にしてください。

 

ルーチンワークが得意な人

ルーチンワークが得意な人は、黙々と仕事ができる人や、定型的な作業を心地良く感じられる人などです。

 
黙々と行う仕事が好き

黙々と仕事をこなせる人は、ルーチンワークが得意な人。同じ動作を繰り返すことで集中力を高められる人には向いています。

 
同じことの繰り返しが心地良いと感じる

同じサイクルでなにかをすることが心地良いと思える人も、ルーチンワークに向いています。たとえば「朝は必ず野菜ジュースを飲む」や「夜はジョギングをするのが習慣」など、決まったことを繰り返すことで安心する人にはおすすめです。

 
考えて行動するのが苦手

物事を考えて行動するのが苦手な人には、ルーチンワークがおすすめ。同じことをずっと繰り返して行うルーチンワークなら、それほど考えなくても仕事は進みます。

 
自分のペースで業務を進めたい

自分のペースを乱したくない人は、ルーチンワークに向いています。クライアントや上司からの影響が少ないので、毎日同じサイクルで、自分のルールに取り組めるでしょう。

 

ルーチンワークが苦手な人

逆に苦手な人は、新しいもの好きな人や気分屋の人など。以下で解説します。

 
刺激がほしい人

毎日の生活に刺激がほしい人は、ルーチンワークが苦手なようです。同じ動作を行うルーチンワークには、あまり刺激はありません。

 
アイデアを活かしたい人

自分のアイデアを活かした仕事がしたい人は、ルーチンワークが苦手。なぜなら、ルーチンワークは毎日することが決まっているので、アイデアは必要ないことが多いのです。

 
新しいもの好き

新しいものが好きでいろいろなことに興味があり、常にアンテナを張って変化に対して柔軟な人は、ルーチンワークとあまり相性が良くない場合も。決められた工程を繰り返すルーチンワークに、物足りなさを感じてしまう可能性があります。

 
気分屋

そのときによって気分がコロコロと変わる気分屋の人は、ルーチンワークが苦手なことも。「モチベーション維持のため、折々で仕事の進め方を変化させたい」「日によって進捗にむらがある」といった人はルーチンワークは向いていないでしょう。

 
忍耐力がない

ルーチンワークは苦手な人は、忍耐力がない人も含まれます。忍耐力のない人は、同じことの繰り返しのルーチンワークをしていると飽きてしまうので、続けられないことが多いでしょう。

 
時間にルーズ

時間を守れない人も、ルーチンワークが苦手な傾向があります。プライベートで待ち合わせしても遅刻が多い、時間までに(難しくない)仕事が終わらせられない、という人は、時間通りに進むルーチンワークは苦手でしょう。

ルーチンワークを管理する方法

ルーチンワークはきちんと管理するとさらに効率が上がります。ルーチンワークの管理方法をチェックしていきましょう。

 

スケジュール表で管理

スケジュール表で管理する場合は、1年・半年・1ヶ月・1週間・1日と、ある程度の区切りをつけて作業工程を記載すると良いです。いつ見ても、工程の進み具合がわかるように毎日記入するようにしましょう。

 

マニュアルで管理

多くのルーチンワークはマニュアルで管理されていることが多いですが、マニュアルがない・もっと細かく管理したいという場合は、作業項目を細かく書き出し、仕事内容を明確にするのも方法の一つ。作業工程を順番ごとにまとめると、スムーズに仕事が進められでしょう。自分で作ったマニュアルは、念のため内容に間違いや余計なことが含まれていないか、上司など第三者にチェックしもらうことをおすすめします。

 

アプリで管理

近年では、スマートフォンのパソコンでも、仕事を手軽に管理できるようになりました。無料のアプリやツールもあるので、ルーチンワークの無駄を省くためにも活用すると良いでしょう。

 

ここまで読み進めて、「もしかしたらルーチンワークが向いているかも…?」と思った方もいるでしょう。ハタラクティブでは、ルーチンワークの多い職種、業種などの求人も数多く扱ってしています。どんな仕事内容が良いか悩んでいる方には、就活アドバイザーが親身になって受け答えしますので、お気軽にご相談ください。もちろん、履歴書の添削や面接対策、就活に関する悩みにも応じています。ぜひこの機会にご利用ください。

ルーチンワークに関するQ&A

ルーチンワークにはそれぞれメリットとデメリットがありますが、自分に向いているかわからないという人もいるでしょう。ここでは、ルーチンワークが多い職種や、その働き方に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

 

ルーチンワークの仕事は楽ですか?

環境の変化が苦手な人は、同じ作業を繰り返すルーチンワークが精神的に楽だと感じられるでしょう。「人生一度きり!精神的に楽な仕事へシフトチェンジ」では、精神的に楽だと感じる人が多い職業を紹介しています。

ルーチンワークが多いとされる事務職の具体的な仕事内容を教えてください。

事務職の仕事は電話対応や来客対応、データ管理などです。契約書や伝票をはじめとする書類の作成や郵便物の仕分け、物品の買出しなども行います。詳しくは「事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説」を参考にしてください。

事務の中でもルーチンワークが少ない職種はありますか?

営業事務は、事務職の中でもルーティンワークが少ない職種といえます。突発的な注文への対応や顧客と連絡をとることもあるので、常に臨機応変な対応や冷静な判断が必要です。営業事務については「営業事務の仕事とは?必要なスキルとキャリアパス」に掲載しているので、ご一読ください。

ルーチンワークの仕事にやりがいを感じません。どうしたらいいですか?

会社や部署が提示する目標とは別に、自分だけの1日の達成目標を設定してみましょう。ルーチンワークでも、作業効率を見直すことで生産性がアップすることも。そのほかの対処法については「仕事がつまらない!その理由と対処法」で紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

ルーチンワークが向いているのは、どのような人ですか?

同じ作業を繰り返すため、自分のペースで業務を進めたい方やコツコツと地道に物事を進める方に向いているでしょう。若者向け転職エージェントのハタラクティブでは、ルーチンワークの多い企業紹介はもちろん、適職診断のサポートや自己分析の方法など、さまざまな就活支援を行っています。転職についての悩み相談も対応可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる