10年後もなくならない仕事とは?職業や就職する方法を紹介!

10年後もなくならない仕事とは?職業や就職する方法を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・AIやロボットにできないことが将来なくならない仕事だと考えられる
  • ・発想力やコミュニケーションが必要な仕事は、10年後もなくならない
  • ・なくならない仕事としては教師や保育士、医療従事者などが挙げられる
  • ・今後なくなる恐れのあるのは、ルーティン作業など単調な仕事である
  • ・将来なくならない仕事に就くためには、悠長に考えず早めの対策が必要

なくならない仕事に就きたいとお考えの方は多いのではないでしょうか?教育や医療、芸術に関わるものはなくならない仕事といわれています。こうした将来性のある仕事に就くためにはまず、悠長に考えず今から行動することが大切です。このコラムでは、AIやロボットに淘汰されない仕事や、今後の転職に向けて今からやっておくべきことについて紹介します。将来も安心して働けるよう、転職への事前準備を行いましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

10年後もなくならない仕事とは?

IT技術が進化する昨今では、将来的に約半数の仕事がなくなるのではないか噂されています。一方、コニュニケーションが必要な教師や保育士、医療従事者などは、10年後もなくならないと考えられる仕事です。ここでは、なくならない仕事の特徴や仕事の一覧をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

なくならない仕事の特徴

AIやロボットには、プログラミングどおり決まった指示に従って仕事をこなすという特徴があります。そのため、決められた仕事を行うことは得意ですが、予測できない事態や臨機応変に対応すること、無から有を生み出すことはできません。こうした理由から、AIやロボットにできない下記のような仕事は、今後もなくならないと考えられるでしょう。

発想力や個性を求められる仕事

発想力や個性を求められる仕事は、AIやロボットにはできないため、今後もなくならない仕事だといえます。先述のように、AIは事前にプログラミングしたとおりのことをするのが得意ですが、発想力の必要なものづくりなど、クリエイティブな仕事は苦手です。したがって、発想力や個性を求められる仕事は今後もなくならないと考えられます。

コミュニケーションを必要とする仕事

臨機応変なコミュニケーションが求められる仕事も、なくならない仕事といえるでしょう。AIやロボットは、人の感情を読み取って臨機応変に対応することは難しいとされています。そのため、人と接することが好きという方はその能力を磨いて仕事につなげると良いでしょう。

なくならない仕事一覧

ここでは、将来なくならないと考えられる具体的な職業を一覧でご紹介します。

教師

人に関わりながらものを教える教師のような仕事は、AIには不向きのため、なくならない仕事だといえるでしょう。教師の仕事は勉強を教えるだけではなく、生徒の人間性を育てることでもあります。その場の状況に応じた臨機応変な判断や対応、生徒個人やクラスの環境に合わせた教え方やアドバイスをするなど、高度なコミュニケーションスキルが必要不可欠です。したがって、AIやロボットが普及しても、教師という職業はなくなることはないと考えられます。

保育士

上記で紹介した教師と同じ理由で、保育士の仕事もなくならない仕事の1つだといえるでしょう。保育の場では、子どもたちの間で起こるトラブルや、突然の体調不良など予期せぬことが起こります。子どもの普段とは違う体調の変化に気づいたり、状況から怪我などの危険を感知して事前に対処したりするといった細やかな気配りが重要です。こうした配慮は、機械には難しいため、保育士の仕事は、今後もAIに代替されるとは考えにくいでしょう。

コンサルタント

状況に応じた意思決定や、部下の育成を行うコンサルトの仕事も、なくならないと考えられます。AIやロボットはこれまでの数値から統計的な結果を出すことはできても、複合的な判断が必要な経営課題解決まではできません。さらに、部下の助言・指導には個人の状況や性格などを配慮して対応することも求められます。これらは、AIやロボットが苦手とする、判断力やコミュニケーション力が必要な分野です。現在の仕事からキャリアアップし、コンサルタントやマネジメント職を目指すのも良いでしょう。

医療従事者

医師や看護師、介護職などの医療・介護関係は、常に人と関わる仕事のため、将来もなくならない仕事とえいます。コミュニケーションスキルが必須なうえ、臨機応変な対応が求められるためです。患者や要介護者の体調の変化など、機械では感じ取れないような繊細な変化を察知し、必要に応じた対処が必要になることも。AIやロボットにはできない細やかな配慮や観察力が必要なことから、医療従事者の仕事も今後なくなることはないでしょう。

クリエイティブ職

発想力や独創性などのクリエイティブ職は、今後もなくなることはないと考えられます。AIやロボットなどが苦手とする、センスが必要になる仕事であるためです。AIによって作られた楽曲や小説などもありますが、既存の要素の組み合わせから作成されたものが多く、作品の裏にある作者の感性までは表現しきれません。これらのセンスはこれまでの経験などに培われた個性が価値となる職業のため、人間の感性が必要だと考えられます。

法律関係

法的な議論と判断が必要である法律関係の仕事も、今後なくなることはないでしょう。法律関係の仕事では何かしらのトラブルに対し、双方の主張を汲み取ったうえで調停・仲裁を行い、落とし所を見つけなければなりません。機械には人の感情を汲み取ることが難しいため、情状酌量や法整備など、人の感情に関わるこれらの仕事は、この先も人間が行う必要があると考えられるでしょう。

将来性のある仕事
なくならない仕事として、将来性の高さという視点から考えてみるのもおすすめです。「将来性のある仕事とは?不安のない仕事を見つけよう」や「将来性のある業界って何?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント」では将来性のある仕事や、将来性のある業界について紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

将来なくなる可能性がある仕事一覧

ここでは、将来なくなる可能性のある具体的な職業をご紹介します。まず、今後なくなるとされる仕事における共通点は「ルーティン作業など単調な仕事」と「専門的な資格が必要ない仕事」だといえるでしょう。具体的には下記のような仕事が挙げられます。

・ホテルのフロントスタッフ
・スーパーやコンビニのレジ係
・清掃員
・交通機関の運転手
・銀行の窓口
・一般事務
・配達員
・ホールスタッフ

上記の業務には、機械化が導入され始めているようです。身近な例でいうと、コンビニやスーパーのセルフレジやホテルのセルフチェックインなど、実際に体験したり見かけたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。ほかにも、飲食チェーン店の注文をタッチパネルで行い、ロボットが席まで食事を運ぶという飲食チェーン店も。これらの実例から分かるように、ロボットやAIなどに代替可能である上記の仕事は、将来なくなる可能性が高いと考えられます。
なくなる恐れのある仕事については「なくなる仕事って?将来を見据えて職種を選ぼう」でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

将来なくならない仕事に就くための4つのコツ

ここでは、将来なくならない仕事に就くために今からできることを紹介します。今後自分の仕事がなくなるのではないか、と不安に感じている方はぜひ参考にし、行動に移してみましょう!

1.悠長に考えない

「今後なくなるかもしれない、といっても今すぐではないし」と悠長に考えている方は、まずその考えを捨てましょう。今すぐなくなるわけではないとはいえ、先述のコンビニやスーパーのセルフレジの実例のように、すでに機械が導入されている仕事もあります。急になくなることはないとはいえ、いつまでは大丈夫という保証もありません。徐々に仕事は減っていき「気づけば仕事がない…」ということのないよう、今から対策が必要です。

2.世の中のトレンドをキャッチする

世の中のトレンドや社会情勢などをキャッチするためにアンテナを張っておくことは、なくならない仕事に就くために重要なポイントです。日ごろからニュースなどで、この先どのような仕事にニーズがありそうなのか、普段から分析・予測する習慣をつけましょう。また、AIやIoTがどのように進化し、人の仕事を代替できるようになっていくのか知ることで、なくなる恐れのある仕事に就くリスク回避にも繋がります。

新たな仕事が生まれる可能性もある
ITの進化に伴い、仕事がなくなるだけではなく、新たに仕事が生まれる可能性もあるでしょう。たとえば、AIやロボットが仕事を代替するようになることで、それを生み出す仕事や定期メンテナンス、故障の際の修理などの仕事は増えていくと考えられます。このように、新たな需要が生まれる可能性にいち早く気づくためにも、トレンドにアンテナを張ることは欠かせません。

3.スキルアップする

AIやロボットに負けない人材を目指して、スキルアップを目指すのも1つの手です。この先どのような仕事に就きたいのか、今の仕事を続けられるのかなどを踏まえ、その仕事に必要なスキルを磨き、自己啓発をしましょう。スキルを対外的に証明するために、資格の取得を目指すのもおすすめです。

4.業界・企業研究を徹底的に行う

将来なくならない仕事を選ぶにあたって、業界・企業研究は徹底的に行いましょう。現状だけでなく、今後も成長が見込める企業なのか、伸びしろのある市場なのかなど「市場予測」も行うことがポイントです。そうすることで、将来も安定した業界・企業選びにつながるでしょう。

10年後もなくならない仕事に転職したいのであれば、転職エージェントを利用するのもおすすめです。ハタラクティブは20代のフリーターや第二新卒などを対象に就職・転職支援を行うエージェント。将来性のある安定した企業の求人を紹介しているほか、無料で履歴書の作成や面接対策なども実施していますので、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION