将来性のある業界は?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイント

将来性のある業界は?需要の高い仕事の特徴と企業選びのポイントの画像

この記事のまとめ

  • 将来性のある業界の特徴は、「人工知能に代替できない」「生活に欠かせない」など
  • 将来的に需要がダウンしそうなのは、システムの導入によって簡略化できる仕事など
  • 応募先企業を選ぶ際は、その仕事を長期的に続けられるかどうかも確認することが大切
  • 将来性のある仕事に就くために、ニュースなどで業界の動向をチェックしておこう

将来性のある業界に就くために、需要の高い仕事を押さえておきたい求職者の方は多いのではないでしょうか。将来性のある仕事には、「機械や人工知能に代替不可能な仕事」や「生活に欠かせない仕事」といった特徴があるようです。このコラムでは、将来性に期待できる業界の特徴や、仕事選びのポイントなどを分かりやすく解説しています。就職・転職における会社選びの1つの要素としてチェックしておくと良いでしょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

将来性が期待できる業界に共通する4つの特徴

将来性に期待できる業界や仕事には、以下のような特徴があります。
将来伸びていくという意味だけでなく、長期的に安定して働けそうかも意識して確認してみましょう。

1.AIでは代替できない仕事

AI(Artificial Intelligence)、つまり人工知能で代替できない仕事は、将来も一定の需要があると考えられます。人工知能の良さは、スピーディーに業務が進むこと。導入する会社にとっても、人件費の削減などのメリットがあります。
しかし、意思を持たない人工知能ではどうしても対応が機械的になってしまいます。人と関わる機会の多いサービス業では、細かな気持ちに寄り添える人でしかできない対応もあるはずです。「この人なら安心して任せられる」「この人に相談してよかった」と感じられるサービスが求められる仕事は、今後も需要が減退しないでしょう。

2.生活になくてはならない仕事

生活に密接した仕事は、比較的安定して働ける傾向があります。
たとえば、水道・ガス・電気などのインフラに関わる仕事や農業・漁業・畜産業などの食に関わる仕事は、生活に欠かせない仕事です。生活になくてはならない仕事は流行に左右されることも少なく、需要が減ることもないでしょう。

また、少子高齢化にともなう介護施設、子育て中の女性の社会進出に必要な保育園といった、社会問題に関わる仕事も増加傾向にあります。今後も一定数増加が見込まれるので、長期的に働くことが可能でしょう。

3.成長が見込まれる業界

将来的に成長が見込まれる業界も、長期的に安定して働けるでしょう。
近年、スマートフォンの普及から、ネット通販やアプリを使用する人は非常に多くなりました。それにともない、Webビジネスの市場規模は年々拡大傾向。AIの導入やWebデザインといった、新たな価値を生み出すIT業界の仕事は、今後ともさらに拡大していくことが予想されます。

4.需要に対して働き手が少ない業界

需要が増えているのにも関わらず働き手が少ない業界も、将来的に伸びていく可能性があります。需要が高いものの働き手が少ない仕事として挙げられるのは、介護業界の介護スタッフ、IT業界のエンジニア、医療業界の看護師など。IT技術の進歩や少子高齢化といった時代背景も、少なからず影響しているでしょう。

なお、これらの特徴がなければ将来性がないというわけではありません。あくまで需要の高い仕事における特徴の1つとして、参考程度にとどめておいてください。
その他、将来性が見込まれる業界の特徴は「将来性のある仕事とは?不安のない仕事を見つけよう」の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

将来的に需要ダウンしそうな仕事は?

ここでは、将来的に需要がダウンしそうな仕事の特徴について解説します。以下のような特徴の仕事が必ずしも需要が下がるとは言い切れないものの、技術発展などの影響から縮小傾向の可能性は高いでしょう。

システムの導入によって簡略化されそうな仕事

これから需要が減っていくことが予想されるのは、システムの導入によって簡略化できる仕事です。
クラウドの活用やIT機器・システムの導入によって業務の効率化が図れれば、人件費の削減につながります。今すぐ実施される様子がなくても、多くの企業でクラウドやシステムを導入する動きが見られているため、念頭においておきましょう。

人工知能に替われる単純な定型業務

最近増えてきているのが、人工知能による窓口業務や文書整理、データ入力など。事務職やオペレーターが担っていた単純な定型業務の部分を人工知能に任せるというものです。手作業よりも正確に行えるため、業務の効率化が図れると期待されています。
現時点で人工知能にすべての業務を任せるのは難しいですが、定型業務を行う職種のニーズは減っていく可能性は高いでしょう。

顧客が減少傾向にある仕事

時代の移り変わりにより顧客が減少傾向にある仕事は、今後は衰退していく可能性があります。
たとえば、近年厳しいという声が聞かれる出版業界。スマートフォンや電子書籍リーダーで本や雑誌を読む人が増えていることから、市場規模が縮小されてきているようです。
とはいえ、これは紙市場におけるもの。出版社によっては、紙媒体からほかのメディアでコンテンツを発信するなど、新しい事業に力を入れている場合もあるので、会社ごとの取り組み内容を見て判断する必要があるでしょう。

将来性に期待できるおすすめ業界

ここでは、将来性のあるといわれているおすすめ業界をいくつかピックアップしました。
以下のような業界では、将来安定して働ける可能性があります。転職を検討しているなら、以下の業界に着目して会社選びを検討してみると良いでしょう。

1.IT業界

IT業界は、今後も成長が見込まれる業界です。
近年、IT技術は目まぐるしい進歩を遂げており、次世代通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」の実用化や、械が減速・加速を判断する自動運転の実現化といった、さまざまな技術の進化が話題になりました。

膨大なビッグデータを解析するには人工知能が欠かせません。今後もこのようなIT業界技術は、人の生活に大きく関わるようになると予想されるため、ニーズは一層高まっていくでしょう。仕事内容については「IT企業とは?その意味や含まれる職種を分かりやすく解説!」のコラムで紹介しています。

2.医療・看護業界

医療や看護の仕事は人でしか持てないスキルが必要であり、人工知能やロボットに替わることはできません。さらに人の生活と密接している仕事なので、安定して働ける業界であるといえます。

2020年の新型コロナウイルスの流行時には、医療や看護の重要性が再認識されました。IT技術を取り入れて遠隔で診療する「オンライン診療」といった新しい形の医療ニーズが高まっているほか、少子高齢化が進む国の背景から、医療従事者のニーズは今後ますます高まっていくでしょう。

3.介護業界

介護業界も医療・看護業界と同じく、人との関わりに価値が生まれる仕事です。機械ではなく、人の手が必要とされているので、将来も仕事がなくなることはないでしょう。

少子高齢化が進む中、介護スタッフの需要は増加傾向にあります。介護を必要とする人はさらに増えると予想されていますが、慢性的な人手不足であるのが現状です。
介護スタッフは、未経験からでも就業できます。働きながら資格取得やスキルアップを行い、キャリアを積むことも十分可能な業界です。「未経験から介護職に転職したい!無資格も大丈夫?仕事内容も紹介」のコラムもご覧ください。

4.広告業界

広告業界は、従来の雑誌・新聞・テレビといった媒体から、Web広告へ以降する動きが活発化してきていることから、今後市場が伸びることが期待される業界です。特にWeb広告関連の市場は、IT業界の発展とともに今後とも拡大してくことが予想されています。

広告代理店には、クライアントと交渉する営業職、Webデザイナー、コピーライター、マーケターなど多彩な職種があり、適性に合った仕事が見つかる可能性も高いでしょう。商品やサービスを消費者にPRするクリエイティブに興味がある人は、広告代理店に注目して応募先企業を探してみてください。

5.電子部品・半導体業界

電子部品や半導体は、IT技術の成長にともなってニーズが高まっている業界です。スマホやPCなど電子機器が一般家庭に広く浸透しているのが大きな理由ですが、今後は電気自動車などより一層の需要の高まりが予想できます。需要増にともない、これから欠かせない事業の一つになるでしょう。

6.農業業界

農業業界も、IT業界の成長にともなって注目されている業界です。
以前は農業人材の不足や後継者問題が深刻になりつつありました。しかし、AIやドローンを使用した「IT×農業」の事業はスタートアップ企業や大手企業の新規事業として着目されています。
農業に興味のある方は、「農家へ転職するには?農業の現実や失敗しないために必要なことを解説」のコラムをご覧ください。

就職・転職を成功させる仕事選びのポイント

「業界としての将来性に期待できるから就職すれば安心」と考えているなら要注意。たとえ安定した業界に就職したとしても、働き方や仕事に対する意欲が伴わなければ就職・転職に成功したとはいえないでしょう。

業界・職種だけで将来は決まらないことを理解する

業界や職種選びだけで将来は決まりません。誰しも「将来性の高い業界」や「安定して働ける仕事」に就きたいと思うのは当然だといえますが、将来が決まるのは、会社を選んだときではなく入社してから。入社後どのように働いたかで、将来の仕事の満足度が変わる場合があります。

「やる気がない」「安定している仕事だから」といって仕事を疎かにしていると、将来のキャリアに悪影響を及ぼす可能性も。仕事を成功させるには、スキルアップに努める姿勢も大切な要素になることを心得ておきましょう。

自分にぴったりの仕事を探す

自分の適性や性格・スキルに合った業界・職種を探しましょう。「将来性があるから」「安定しているから」という理由だけで適性に沿わない仕事に就いても、入社後に仕事と自分の能力とのギャップを感じ、仕事がうまくいかなくなります。

仕事が合わないことでストレスや辛さを感じると、「仕事を辞めたい…」と考えるようになることも。仕事とのミスマッチで転職するのはよくあることですが、転職を繰り返すのは避けたほうが無難。転職回数が増える度に、採用担当者へ「また辞めてしまうのでは」という疑念を与えやすくなります。

就職・転職の際は、会社が求める人物像と自分の能力・性格・相性を確認してからにしましょう。なお、相性の良い会社を探すためには転職エージェントなどに相談をして客観的視点から見つけてもらう方法もおすすめです。

将来的にその仕事を長く続けられるかを考慮する

長期的にその業界・職種を続けていられそうかをイメージしてみましょう。
就職・転職する場合は、将来のキャリアについて考えることも大切。キャリアを築くためには、同じ業種または同じ職種で一定期間働きつつスキルアップに務める必要があるためです。

将来のビジョンを考えるときは、1年後、3年後、5年後、10年後など段階的に考えてみるのがおすすめです。もしイメージできなければその仕事が合っていない可能性も。業界や職種、応募先企業についての理解が不足しているだけの場合もあるため、もう一度業界・企業研究を徹底してみると良いでしょう。

キャリアビジョンについては、「キャリアビジョンとは?就職・転職活動で使える具体例と書き方」のコラムでも解説しています。

将来性に期待できる業界で働くためにやるべき3つの準備

将来性に期待できる業界で働くためには、どの業界に将来性があるかを見極めることが大切です。イメージや一過性で考えるのではなく、長期的な視野で考えてみましょう。なかなか情報がつかめないときは、業界情報に詳しいエージェントに相談するのもおすすめです。

業界・企業研究を徹底する

就職・転職を決める際は、現在の業界の動向や会社の経営状況などを確認するようにしてください。
将来性のある仕事かどうかを判断するためには、業界・企業研究を徹底しておく必要があります。

先述したように将来性のある業界にはIT業界や介護業界などざまざまありますが、それらの業界であっても、そのときの市場動向や会社の経営状況によって、将来性が変わる可能性があるためです。
業界・企業研究をせず、応募先企業についてよく知らないまま応募してしまうのは、リスクになります。人の話やうわさを鵜呑みにせず、必ず自分の目で確かめましょう。
業界・企業研究のやり方については「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」の記事でもご紹介しています。

倒産や大量リストラのリスクが低い企業を探す

企業研究の段階で倒産やリストラのリスクを見抜ければ、安定して働ける会社を見つけられるでしょう。たとえば、習慣的にリストラを行っている会社は経営が安定しておらず倒産のリスクが高いと判断できるはずです。離職率が高い会社も、一定数の社員が辞める何らかの理由があるはず。勤続年数や取引先、定期昇給やボーナスなどから判断しましょう。

ニュース・コミュニティで最新の情報をチェックする

日頃から、テレビやWebなどのニュースをチェックし、業界の動向にアンテナを張っておきましょう。ニュースからは最新の情報を得られるので、市場の変化や社会のニーズがよく分かります。また、志望する業界がある程度定まってきたら、関連のあるコミュニティに参加してみるのも手。活きた情報が得られるほか、人脈が広がる可能性があります。

スキル・資格を得る

将来性のある仕事に就きたくても、転職サイトに「要資格」と書かれている場合は資格がなければ応募できません。必須となる資格やスキル、経験がある場合は、転職サイトの応募資格欄をあらかじめチェックしておきましょう。

また、応募する業界に役立ちそうな資格がある場合は、取得しておくと高評価を得られる可能性も。資格の取得が間に合わない場合でも、その努力をアピールすれば評価してもらえる場合もあります。就職・転職のスケジュールに余裕がある場合は、資格やスキル習得を積極的に行い、自分の強みを増やしておくのがおすすめです。

汎用性の高い資格やスキルは?

どんな仕事でも活用できる汎用性の高い資格やスキルとして挙げられるのが、英語力やIT知識。また、経営や経理の資格も、ビジネスパーソンとしての基礎が身についている証明となるでしょう。「就職に役立つ汎用性の高い資格とは?企業が求めるスキルを解説します!」のコラムでも、就職に役立つ汎用性の高い資格を紹介しています。

業界情報に詳しいプロに相談する

将来性のある仕事や安定が見込める業界への就職・転職を希望していても、業界情報や企業情報がうまく集められず判断しづらいこともあるでしょう。そんな時は、情報に詳しい就職・転職のプロに相談するのがおすすめ。プロの視点から、仕事選びのコツや将来性について意見をもらえます。
求職活動における会社選びに不安を感じている方は、就職・転職のプロであるエージェントのアドバイスを受けてみることをおすすめします。

就職エージェント・転職エージェントサービスのハタラクティブでは、若年層向けに希望条件や適性・スキルに沿った求人をご紹介しています。専任の就活アドバイザーがマンツーマンで対応するため、「将来性のある業界が知りたい」「将来性のある業界に就くにはどうすれば良い?」といったお悩み相談がしやすいのが特徴です。

ハタラクティブでは、エージェントによる求人紹介のほか、応募書類の添削や面接対策のアドバイス、選考のスケジュール調整などもお任せいただけます。転職活動は1人で行うより、エージェントの力を頼った方が効率的。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ