ITとは何か?概要や略称を解説!関連業界・職種も紹介します

ITとは何か?概要や略称を解説!関連業界・職種も紹介しますの画像

【このページのまとめ】

  • ・ITとは、コンピューターネットワークを使用した情報技術の総称のこと
  • ・ITとは、「Information Technology」の略称である
  • ・ITは交通機関や教育現場など、身近な生活の場に活かされている
  • ・IT業界は通信業界やソフトウェア業界など、主に5つに分類される
  • ・IT業界ではシステムエンジニアやプログラマーなど、さまざまな職種が活躍している

 

「ITとは具体的には何を指すの?」と疑問を持ちつつ、今さら聞けない…と思っている方もいるのではないでしょうか。
ITとは、簡単にいうと「情報を入手・保存・伝達する技術」のことです。スマートフォンや交通ICカードなども、ITの活用例。ITは人々の生活を便利にしています。
このコラムでは、ITにまつわる用語を解説。IT業界の種類や職種、おすすめの資格なども紹介しています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「IT」とは何か?

「IT」とは、パソコンやスマートフォンなどのコンピューターネットワークを使った情報技術の総称。簡単に説明すると、「情報を入手・保存・伝達する技術」がITです。
ITはインターネットだけでなく、情報処理やセキュリティなども含まれます。また、普段使っているスマートフォンや電子マネーなどもITです。ITは身の回りに溢れています。

「IT」とは何の略?

「IT」とは、「Information Technology(インフォメーション・テクノロジー)」の略です。英語の頭文字をとって「IT」と呼んでいます。直訳は「情報技術」ですが、日常生活やビジネスにおいては「IT化」や「IT企業」など、「IT」という語句のほうが使われることがほとんどです。

 

ITが身近になり、IT企業の求人も増えています。IT業界に興味がある方は、「IT業界への就職が未経験におすすめな理由とは?業務内容も詳しく紹介!」の記事もご覧ください。

IT関連の用語はほかにもある

IT関連の用語は数多くあります。ここでは、そのなかでもよく耳にする「ICT」「IoT」「ITリテラシー」「グリーンIT」の4つを紹介。語句の意味の違いについても理解を深めていきましょう。

「ICT」とは?

「ICT」とは、「Information and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)」の略称です。意味は「IT」とほぼ同じですが、情報技術を共有する部分が強調されています。
国際的には「IT」よりも「ICT」のほうが広く使われている用語です。

「IoT」とは?

「IoT」とは、「Internet of Things(インターネット・オブ・スィングス)」の略で、パソコンや携帯電話だけでなく、あらゆるモノがインターネットを経由してつながる仕組みのことです。インターネット通信により、自動で認識・制御することができたり、遠隔で計測できたりするようになります。

「ITリテラシー」とは?

「ITリテラシー」とは、ITに関する理解力や、ITを使いこなす能力のことです。身の回りにITが溢れた現代では、情報技術についての知識やモラルは個人にも求められます。また、パソコンやスマートフォンなどの基本操作も必要とされるスキルです。

「グリーンIT」とは?

「グリーンIT」とは、地球の環境にやさしいIT機器・システムのことです。また、ITを駆使して環境への負荷を減らすこともグリーンITに含まれます。グリーンITの身近な例は、パソコンやスマートフォンなどの省電力モードの機能などです。

IT関連のビジネス用語

ここでは、ITに関連するビジネス用語5つを解説します。ITが発達した現代では、働くなかでIT用語を耳にする機会も多いでしょう。仕事を円滑に進めるためにも、用語を知っておくことがおすすめです。

「ITガバナンス」とは?

「ITガバナンス」とは、企業のIT戦略に関する統治プロセスをコントロールすることです。IT戦略における不具合や不祥事を事前に防止したり、早期に解決したりします。ITガバナンスは、企業の信頼を守るために重要です。

「ITベンダー」とは?

「ITベンダー」とは、IT関連の機器やソフトウェア、システムなどを販売する企業のことです。また、機器やソフトウェアなどを組み合わせて新たにシステムを開発する企業もITベンダーに含まれます。ITベンダーは、ITをニーズに応じて商品化を進め、世に普及される重要な役割を果たしているといえるでしょう。

「ビッグデータ」とは?

「ビッグデータ」とは、さまざまな形・性格・種類のデータのことです。ビッグデータの量や種類、発生頻度・更新頻度などを記録し、分析することによって、有用性の高い新たな仕組みを構築することが可能になります。また、ビッグデータを活用することで、マーケットの需要予測も可能です。

「機械学習」とは?

「機械学習」とは、コンピューターがビッグデータなどの大量のデータを学習し、その中にあるアルゴリズムや傾向などを自動で見つけ出す技術のことです。アパレルの流行やユーザーの購入パターンなどのさまざまな予測が可能になります。

「AI」とは?

「AI」とは、「Artificial Intelligence(アーティフィシャル・インテリジェンス)」の略で、人工知能のこと。「人工知能」とは、人間の脳で行われる知的な作業をコンピューターに模倣させて、システム化したものです。AIはスマートスピーカーやチャットボット、文字変換システムなど、生活にまつわる場にも取り入れられています。

IT・ICTの5つの導入例

ここでは、IT・ICTの導入例を5つ紹介。IT・ICTは身近なところにも取り入れられていて、人々の生活を豊かにしてくれています。
 

1.医療現場

従来は病院内や系列グループ内にとどまっていた患者・症例の情報を、IT・ICTを活用することで、内外問わず広く共有できるようになりました。情報共有できるようになったことは、医療の質向上や効率化につながっています。
また、遠隔診療もIT・ICTの導入によって可能になったことの一つです。パソコンやスマートフォンを利用し、遠隔での再診を行っています。自宅にいながら医師の診察を受けられるため、交通機関の利便性が低い地域に住む人や高齢者も安心です。

2.交通機関

交通ICカードは、交通機関の分野におけるIT・ICT導入の代表例といえるでしょう。あらかじめICカードに入金しておくことによって駅で切符を買う手間がなくなるため、券売機に並んで時間をロスすることもありません。ワンタッチで電車やバスなどに乗ることが可能です。
また、リアルタイムで運行・運休の情報を手に入れられるアプリも普及しています。

3.教育現場

電子黒板を使って授業を行ったり、タブレットにインストールされた教科書を使用したりと、教育現場にもIT・ICTが導入されています。スマートフォンのアプリを使った自宅学習を推奨している学校も。学校側の負担が減って効率的に授業を進められるメリットがあります。生徒側もゲーム感覚で勉強に取り組めて、楽しく学習することが可能です。

4.自動車産業

IT・ICTを活用し、「自動運転車」の開発が進められています。自動運転システムでは走行ルートや車間距離、道路の交通情報などのさまざまな情報を収集し、分析を実施。そしてAIによって安全な運転方法が導き出されます。そのほか、危険を察知した際に自動でブレーキがかかるシステムも、IT・ICTの活用例です。

5.防災

防災・減災にもIT・ICTが取り入れられています。緊急地震速報や災害時掲示板もIT・ICTの活用例です。また、津波の浸水被害の予測にも活かされており、IT・ICTは人々の安全を守るのに大いに役立っています。

5種のIT業界

ここでは5種に分けられるIT業界、「通信業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「インターネット・Web業界」「情報処理サービス業界」について解説します。

1.通信業界

通信業界は、IT業界の根幹をなす業界です。電話回線やインターネットの回線などの通信に関するインフラを提供しています。スマートフォンやタブレットなどの通信機器を取り扱うのも通信業界です。

2.ソフトウェア業界

ソフトウェア業界は、コンピューターを動かすためのOS(オペレーティングシステム)やスマートフォンアプリなどを開発する業界です。パソコンを使って仕事ができたり、ゲームアプリで遊べたりするのは、ソフトウェア業界が開発を行っているからだといえます。

3.ハードウェア業界

ハードウェア業界では、パソコンやスマートフォン、家電などの企画・販売を行っています。モノがインターネットを経由してつながるIoTの広がりに大きく貢献している業界です。

4.インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、検索エンジンサイトやECサイトなどを提供しています。また、Webサイトを制作したり、Web広告を出したりするのもインターネット・Web業界です。そのほか、SNSの提供も行っています。

5.情報処理サービス業界

情報処理サービス業界は、情報システムの企画・開発・運用・設計を行う「システムインテグレーター」と呼ばれる企業が属する業界です。システムを導入することで、企業が抱える問題を解決しています。

IT業界に興味がある方は、「受かりやすいって本当?IT業界まとめ」もご覧ください。

IT業界の主な5つの職種

ここでは、IT業界で活躍する代表的な5つの職種を紹介します。

1.ITコンサルタント

「ITコンサルタント」とは、知識やスキルを活かし、クライアント先のITやICTなどに関する問題を発見・解決する職業です。
クライアントが抱えている悩みをヒアリングするため、高いコミュニケーション能力が求められます。また、何が問題なのかを突き止めて、正しいコンサルティングを行う必要があるため、ITやICT関連の幅広い知識が求められるでしょう。

2.システムエンジニア

「システムエンジニア」とは、ITやIoT、AIなどの開発に取り組む技術職です。システムエンジニアはクライアントのニーズに応えるシステムを設計します。
クライアントの要求を汲み取ったり、チームのメンバーと連携をとったりするため、コミュニケーション能力も必要です。

3.プログラマー

「プログラマー」とは、システムエンジニアが設計したシステムの仕様書をもとにコーディングを行い、実現させる技術職です。システムに起こったバグを発見し、修正する「デバッグ」も行います。
プログラマーが使用するのは、JavaやPHP、Pythonなどのプログラミング言語です。使用するプログラミング言語は設計するものによって異なるので、求人票を確認しましょう。

4.Webディレクター

「Webディレクター」とは、Webサイトを制作するときのプロジェクト進行を中心になって行う、管理職です。Webディレクターを任されるには、IT業界で経験を積む必要があるといえるでしょう。
クライアントとのやりとりもWebディレクターがメインで行います。また、システムエンジニアやプログラマー、Webデザイナーなどに指示を出して一緒にWebサイトを作っていくので、Webサイト制作に関する広い知識やコミュニケーション能力が必要です。

5.Webデザイナー

「Webデザイナー」とは、Webサイト制作においてデザインを担う、IT業界のクリエイティブ職です。デザインソフトを使って画像を作成したり、コーディングを行ってWebサイトの設計を行ったりします。

エンジニアには「社内SE」や「リモートワークエンジニア」など、さまざまな働き方があります。「システムエンジニアと何が違うの?社内SEとは」や「リモートワークエンジニアになりたい!未経験者が身につけるべきスキルとは」の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

IT業界におすすめの5つの資格

ここでは、IT業界で働く人におすすめの資格を5つ紹介。就職先の幅が広がったり、キャリアアップにつながったりするので、興味がある資格があればぜひチェックしてください。

1.ITパスポート

「ITパスポート」は、IT業界の入門編ともいえる資格です。IT・ICTが身の回りに溢れている現代に生きる人が、最低限身に付けておきたい基礎知識を持っていることを証明してくれます。
試験はCBT方式です。会場に足を運び、パソコンを使ってテストを受けます。出題分野はストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)です。

2.基本情報技術者

「基本情報技術者」とは、情報処理系で最も基本的なITの国家資格です。コンピュータやプログラミング、セキュリティなどに関する知識を証明できます。また、マネジメント分野の知識も含まれるため、IT戦略やITガバナンスを考えるうえでも役立つでしょう。

3.情報セキュリティスペシャリスト

「情報セキュリティスペシャリスト」とは、情報セキュリティに関する専門的な知識を証明する国家資格です。取得をすれば、ITの安心を守るスペシャリストになれます。情報セキュリティ機能の企画・開発を行うディレクター業務や、セキュリティを高めるシステム開発業務に役立つ知識が得られるでしょう。

4.データベーススペシャリスト

「データベーススペシャリスト」とは、ビッグデータの管理・分析やデータベースのシステム構築などに関する専門的な知識があることを証明する国家資格です。高度なIT人材であることが証明されます。データベースの管理者や、インフラ系のエンジニアを志す方におすすめです。

5.ITストラテジスト

「ITストラテジスト」とは、企業のIT戦略を担う人におすすめの国家資格です。事業計画・事業戦略に合わせたシステムの立案や実行力を証明してくれます。企業が抱えるITにまつわる問題にアプローチできる能力があると客観的に示せるため、ITコンサルタントを目指す方が持っていると転職や集客に優位にはたらくでしょう。

 

「今の仕事に不満がある…」「IT業界に挑戦してみたい!」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

 

ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが担当につき、仕事探しから内定まで一貫したサポートを提供します。
1対1のカウンセリングにより、個々に合ったアドバイスが可能です。今までの経歴・経験から、あなたのアピールポイントや向いている仕事をアドバイザーがともに考えます。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION