ゲーム業界への転職を未経験者が成功させる方法を解説!おすすめ職種も紹介

ゲーム業界への転職を未経験者が成功させる方法を解説!おすすめ職種も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ゲーム業界への転職は未経験者でも十分に可能
  • ・未経験で転職できるゲーム業界の職種には「デバッカー」や「プログラマー」などがある
  • ・大ヒットにつながったときの達成感は、未経験者がゲーム業界に転職する大きな理由
  • ・未経験者の転職成功にはゲームへの情熱のほか、前職でのスキルや経験が活かせる
  • ・ゲーム業界への転職を未経験者が成功させるには、専門学校に行くのも方法の一つ

「ゲーム業界に転職したいけど、未経験だと無理?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか?
未経験者でもゲーム業界への転職は可能です。募集要件や職種を確認してみましょう。
このコラムでは、ゲーム業界が未経験でも就ける職種や、転職を成功させる方法を紹介。また、ゲーム業界で働くやりがいや転職活動における注意点も解説しています。
ゲーム業界への転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ゲーム業界への転職は未経験者でも可能なの?

結論から言えば、未経験者でもゲーム業界へ転職することは可能です。

ゲーム業界というのは、ゲームソフトおよびハードの開発や販売に携わる産業を指しますが、スマートフォンやパソコンの普及に伴い、根っからの「ゲーム好き」以外の方にもゲームは身近なものになっています。
特にスマホで手軽にできるアプリゲームやソーシャルゲームの需要が高まって、市場がどんどん拡大していることから、業界は人手不足の状態です。

ゲームの販売も行うゲーム業界では、クリエイティブ職のほかにも営業やマーケティング、販売促進、経理などの人材も必要であるため、未経験者でも採用される可能性は十分にあります。

未経験や文系だけどゲーム業界へ就職できるか知りたい方は、そのために必要なスキルなども紹介しているコラム「ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方」を参考にしてください。
また、ゲーム業界とは何か詳しく知りたい方には、業界の将来性なども書かれているコラム「ゲーム業界の仕事」がおすすめです。

未経験者がゲーム業界へ転職して就ける職種とは

ここでは、ゲーム制作に携わるゲーム業界の業種を紹介します。
その中でも、未経験者でも就きやすいのは、「デバッカー」「ゲームプランナー」「プログラマー」です。営業や経理など以外でも、未経験者が応募できる求人が多く出されています。

デバッカー

デバッカーという職業は、ゲームを実際にプレイして、エラーやバグなどの不具合が起きないことを確認する業務を担っています。ユーザー目線になってプレイを繰り返すため、ゲームが好きなら未経験者でもできる仕事です。
ただし、開発途中の未完成のテストプレイや、何度も同じ動作を繰り返し行わなければいけない地道で根気がいる業務なので、遊びでゲームをプレイするのとは大きく異なる事情は知っておいた方がいいでしょう。

ゲームプランナー

ゲームの企画や構成を考えるのがゲームプランナーの仕事です。ゲーム全体のストーリーやゲームに出てくるキャラクターづくりも行い、ユーザーを獲得するためのマーケティング戦略にも携わります。
ゲームの企画を通す会議でのプレゼンテーションや、ゲームリリース後のイベントやキャンペーンなどにも幅広く関わることが可能です。

プログラマー

画面設定やゲームの動きなどを、プログラムで構築するのがプログラマーの仕事です。企画書に合わせてプログラムを組んで、サウンドやグラフィックなどの素材を1つのゲームとしてまとめ上げます。
ゲームを作るうえで、いろいろな職種の人たちと関わりをもたなくてはいけないので、プログラミングのスキル以外にもある程度のコミュニケーション能力も必要です。

デザイナー

ゲームに出てくるキャラクターやアイテムや背景などの、ゲームを構成するうえで必要なビジュアル面のデザインを行うのがデザイナーの仕事です。
ゲーム業界未経験でもデザイナーになることはできますが、デザインのスキルとデザイナーとしての経験が必須となります。

ゲームプランナーがイメージしている全体的なイメージやキャラクターなどを具体化しなくてはいけないので、高い能力が問われる職業です。デザイン面の実力のほか、コミュニケーションスキルも求められます。

ディレクター・プロデューサー

ディレクターとは、ゲームの企画、設計、デザイン、開発、販売などの全工程をマネジメントする役割を担っていて、プロデューサーはプロジェクト全体を管理し、予算や人員構成なども含めた指揮をとります。
ゲーム開発の全てを熟知してなくてはいけないため、未経験者がその地位を獲得するためには数多くの経験を積まなくてはいけません。

転職を望む未経験者がゲーム業界に抱く4つのやりがい

ここでは、未経験者がゲーム業界に抱くやりがいを4つ紹介します。
未経験者がゲーム業界に転職する理由は、単にゲームが好きという以外にも、そこにさまざまなやりがいを感じるからです。

1.大ヒットゲームを生み出せる

未経験者で最初は重要な役割を担っていなくても、自分が関わったゲームが大ヒットすれば、それだけで大きな満足感を得ることができます。
自身のアイディアが一つでも採用されて、それがカタチになっていく工程を見られることも大きな喜びです。

2.最新技術に携われる

ゲーム好きの方なら、常に最新技術に携わることにやりがいを感じるしょう。常に楽しく面白い感情をもって仕事ができることは大きな喜びです。

3.自分でゲームを育てられる

リリースした後でも、新しい機能やキャラクターを追加するなど、ゲームを育てていくことにやりがいを感じる方も少なくありません。
ゲームを育てながらダウンロード数や換金率が上がることは、ゲーム制作の醍醐味です。

4.チーム一丸となって達成感を味わえる

1つのゲームをつくり上げるためには大勢の人が関わっていて、ほとんどのゲームはチームで製作しています。
皆で力を合わせてゲームが完成して売上などが目標に届いたときには、大きな達成感を味わうことができるでしょう。

ゲーム業界以外にも視野を広げて、自分がやりがいを持てる仕事を見つけたいという方には、「業界図鑑」がおすすめです。

未経験者がゲーム業界へ転職するためには何が必要?

未経験者がゲーム業界への転職を成功させるためは、ゲームへの情熱が必須です。
そもそもゲームに無関心でゲーム業界への転職を希望する方はほぼいません。特別な資格やスキルはなくても、ゲームに関する情報やトレンドを収集・研究して、入社後にスキルアップに励む姿勢を伝えることが大事になります。

人手不足に困っているゲーム会社でも、会社に利益をもたらしてくれる人材を求めています。ゲーム業界での経験が0でも、別の業界で培ってきた営業力やスキルは、ゲーム業界でも役立てられるものが多いです。
未経験でも求人募集が多いゲームプランナーであれば、ビジネス的な視点やセンスは企業が求める大きな要素になるため、自分の強みについて情熱をもって伝えましょう。

プログラマーとしての経験をもっている方なら、条件面でも優遇される可能性が高いです。Webコンテンツやスマートフォンアプリなどのシステム開発・運用やインフラ構築などに関わるスキルがあれば、ゲーム開発にも応用できます。
事前にゲーム開発に必要なスキルについて調べて、自分がもっているスキルや資格があれば積極的にアピールすることで、転職成功に大きく近づくことができます。

また、前記したように現在はアプリゲームやソーシャルゲームの需要が高まっていて、それらを開発している会社が人手不足の状態になっています。
ゲーム業界でも、ハード型のゲームの制作会社に未経験者が転職することは難しいため、業界全体の事情もきちんと調べて、転職活動に臨むことも重要です。

未経験者がゲーム業界への転職を成功させる方法

未経験者がゲーム業界への転職を成功させるためには、自分の能力に合った業種に絞ることをおすすめします。
デザインの経験が全くなく、スキルがない人がゲームのデザイナーを志望しても、採用してもらえる可能性は0に近いでしょう。

ゲームに関する知識もスキルもないなら、まずは未経験者でもできるデバッカーの求人に応募して、そこから本当に自分がしたいと思っている業種へ進むというのも一つの手段です。
ゲーム業界に飛び込んでしまえば、日々見て触って勉強できる環境は整いますので、遠回りにはなりますが、希望の職種に就ける可能性は広がります。

また、どうしてもデザイナーになりたいという方は、アルバイトとしてデザイナーのアシスタントとして雇ってもらい、そこから正社員になるという方法もあります。

そのほか、転職する前にゲームの専門学校に通うのも一つの方法です。専門学校でしっかり勉強することで、最新の情報や企業が求めるスキル・知識を身につけることができます。
今では土日でもやっている社会人向けの専門学校もあるので、時間をかけてじっくり学ぶことも、ゲーム業界への転職を成功させる有効な方法です。

業界未経験者が転職を成功させる方法を知りたい方は、いろいろな仕事の種類なども紹介しているコラム「『未経験転職』の種類と注意点」をチェックしてみてください。

未経験者がゲーム業界への転職するときの注意点

何の知識もスキルももっていない未経験者がゲーム業界への転職を成功させたいなら、とにかくゲームをやり込んでおくことが重要です。
他業界にも共通して言えることですが、応募する企業の情報を事前にしっかり調査、研究することは必須で、それをしないで応募しても、書類選考はパスしても面接で落とされてしまう可能性は極めて高くなります。
ゲーム会社に就職する場合は、その企業が製作したゲームをプレイすることも調査と研究の一つです。
ゲームをやり込むことで、面接で何を聞かれても自然に対応できるようになり、その会社にどうしても入社したいという熱意が面接官にも伝わり、好印象にもつながります。

また、今の職場を辞めて大好きなゲーム業界への転職を試みるときには、ゲームが好きなだけでは務まらないことも認識しておく必要があります。
なぜなら、趣味としては大好きだったことが、仕事にした瞬間に楽しめなくなることはよくあることだからです。
ゲーム会社では、自社の商品が売れることを一番に考えていて、ゲーム開発・製作を行っています。
ゲーム好きが集まっていても、あくまでのビジネスでお金を稼ぐことが会社の目的なので、その点をしっかり踏まえたうえで転職活動に踏み切らなくてはいけません。

未経験でゲーム業界へ転職するときには、過去の実績をアピールすることが難しいため、面接では入社したい旨の熱意とやる気を伝えることがとても重要です。
そのためには、事前に自分が入社後にしたいことを具体的に説明できるようにしておかなくてはいけません。
自分が考えたゲーム案があるなら、それを採用担当者に響くようにプレゼンテーションすることも有効手段です。それを行うためには、事前の準備がとても大切になります。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、未経験者歓迎の求人を多数取り扱っています。IT系の職種も幅広く揃えていますので、「経験はないけど挑戦してみたい!」という方はぜひご相談ください。
これまでのたくさんの転職希望者を内定に導いてきたアドバイザーが、面接対応を含めてしっかりサポートさせていただきます。
履歴書や職務経歴書など、必要書類作成のお手伝いもいたします。
サービスの利用はすべて無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION