未経験からゲーム業界に挑戦するのは難しい?内定を勝ち取るコツを解説

未経験からゲーム業界に挑戦するのは難しい?内定を勝ち取るコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 未経験からゲーム業界へ転職は、今あるスキルを活かせそうな職種を選べば成功できる
  • ゲーム業界で未経験から始められる職種は、デバッカーや企画職などがある
  • チーム一丸となって作品を作り上げ達成感を共有できるのが、ゲーム業界のやりがい
  • 未経験でゲーム業界への転職を目指すなら、専門学校でスキルを学ぶのも一つの方法
  • ゲーム業界への転職を成功させるために、エージェントへ相談してサポートを受けよう

ゲーム業界は未経験で転職するのが難しいというイメージを持つ方もいるでしょう。実際のところ、ゲーム業界は専門性の高い職種も多く、特に大企業はスキル・経験なしでは厳しい可能性があります。しかし、なかには未経験で挑戦可能な職種も。このコラムでは、未経験でゲーム業界を目指す方に、就職しやすい職種や内定獲得のコツをまとめました。やりがいや志望動機の例文も紹介しているので、転職活動の参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ゲーム業界への転職は未経験者も可能?

結論からいうと、未経験者もゲーム業界へ転職することは可能です。
ただし、大手企業は競争率が高く未経験では就職が難しいのが実情。未経験の場合は多くの企業で提出を求められる「ポートフォリオ」が作れず、自分のもつ能力を十分に伝えられない可能性があります。

未経験でもスキルがあれば可能

未経験であってもこれまでの仕事でゲーム業界に生かせるスキルや経験を身につけていたり、プログラミングやプロジェクトマネジメントなどゲーム業界でも生かせるスキルや経験を持っていたりすれば採用が期待できます。

また、就きたい職種が決まっている場合、必要なスキルを身につけてから挑戦するのも良いでしょう。中途採用の場合は即戦力が求められるため、スキルや実績がある状態のほうが採用されやすくなります。「ゲーム会社への就職は難易度が高い?未経験や文系出身からの目指し方」では、ゲーム会社の就職難易度が高い理由について解説しています。こちらも参考にしてください。

新卒・第二新卒も作品の提出が求められる

ゲーム業界では、新卒・第二新卒の採用でも、職種によっては作品の提出が求められたり、実技試験を行ったりするケースがあります。そのため、応募者には理系や美術系の大学、デザイン系の専門学校を卒業した人も多く、特に大手ゲーム会社では新卒・第二新卒で未経験といってもスキルの高い人が中心です。未経験でゲーム業界を目指すなら、自己学習で相応のスキルを身につけ、ライバルとの差を縮める努力が必要といえます。

職種によっては未経験者も転職しやすい

ゲーム業界には多種多様な職種があり、なかには経歴不問の求人もあるといわれています。たとえば、ゲームプランナーに求められるのはマーケティング能力やコミュニケーションスキルです。IT関連のスキルがなくても、マーケティングの経験があれば選考で評価される可能性があるでしょう。

そのほか、ゲーム業界にも営業職やイベント企画など、制作以外の職種があります。まずはそういった制作以外の職種で「未経験歓迎」「経歴不問」といった求人を探し、ゲーム業界への足がかりとするのもおすすめ。働きながらスキルを磨いて、いずれ異動を希望するのも一つの方法です。

ゲーム業界とは?

ゲーム業界とは、娯楽を目的とした商品やサービスを開発・展開する業界のこと。代表的なものとして家庭用ゲーム機・ゲームソフトの開発や販売が挙げられます。また、ゲームセンターに置かれている機器の開発・運用を行う企業や、パソコン、スマートフォンといった既存機器で遊べるゲームの開発・販売・運用を行う企業も増えています。詳しくは「ゲーム業界の仕事」をご覧ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

未経験なら知っておきたいゲーム業界の職種

ここでは、ゲーム制作に携わる職種を紹介します。未経験からゲーム業界への就職を目指すなら、活躍する職種を知り自分に合った仕事を見つけることが大切です。

ディレクター・プロデューサー

ディレクターとは、ゲームの企画、設計、デザイン、開発、販売などの全工程をマネジメントする役割です。プロデューサーはプロジェクト全体を管理し、予算や人員構成なども含めた指揮をとります。

どちらもゲーム開発に関する深い知識が求められ、高い専門性が必要なため、未経験者が就くには難しいポジションです。

ゲームプランナー

ゲームの企画や構成を考えるのがゲームプランナーです。ゲーム全体のストーリーやキャラクターづくりだけでなく、ユーザーを獲得するためのマーケティング戦略にも携わります。

ゲームの企画会議でのプレゼンテーションや、ゲームリリース後のイベントなど、幅広く関われる職種です。

デバッカー

デバッカーは、ゲームを実際にプレイして、エラーやバグなどの不具合が起きないことを確認する職種です。ユーザー目線になってプレイを繰り返し、改善点をみつける仕事のためゲーム好きであれば未経験者でも活躍できます。

ただし、開発途中の未完成のゲームのテストプレイをしたり、何度も同じ動作を繰り返し行ったりと、地道な作業が続くため根気が必要です。

プログラマー

画面設定やゲームの動きなどをプログラムで構築するのがプログラマーの仕事です。企画書に合わせてプログラムを組み、サウンドやグラフィックなどの素材を1つのゲームとしてまとめ上げます。

プログラマーは専門領域別に、ユーザーが見る画面の設計や実装を担当する「フロントサイドエンジニア」や、データ量の増加など通信まわりを担当する「ネットワークエンジニア」などに分けられます。

デザイナー

デザイナーは、キャラクターやアイテム、背景などゲームを構成するうえで必要なデザインを担当します。近年のゲームでは2Dだけでなく3DCGが一般的になっているため、絵を描くだけではなく、ハイエンドツールに関するデザインスキルも重要です。

営業職

制作したゲームがユーザーに届くように営業する仕事です。ゲームの制作に直接関わることはありませんが、営業職が居ないと制作したゲームがユーザーに届かないおそれもあります。前職での営業経験があれば、販売店への営業活動や販売戦略に生かすことができるため、業界未経験からでも就職しやすいでしょう。

営業職に関して詳しく知りたい方は「営業って何をする職種?求められるスキルや向いているタイプを紹介」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

未経験こそ知っておきたいゲーム業界の4つのやりがい

ゲーム業界で働くやりがいは、やはり自分の手でゲームを生み出せることでしょう。ヒットにつながれば、より大きなやりがいも感じられます。また、近年はゲームを取り巻く環境や技術が大きく変化しているため、常に新しい技術や知識が習得可能です。

1.大ヒットゲームを生み出せる

少しでも自分が関わったゲームが大ヒットすると、やりがいを感じられるでしょう。深く携わるゲームであれば、喜びはさらに大きなものになります。自分のアイディアが一つでも採用され、カタチになっていく工程を見られるのも、おおきなやりがいを感じるポイントです。

2.最新技術に携われる

ゲームに関する技術は日々進化しており、常に最新の技術や知識に携われます。まだ一般家庭に普及していない、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、AI(人工知能)などに一早く触れることができるため、最先端のものづくりをしているという楽しさを感じられるでしょう。
また、ゲームだけに止まらない、新たな価値観の創造ができるスキルにもつながります。

3.自分でゲームを育てられる

システム改良や新機能の開発など、ゲームをよりよいものに育てられる業務に携わることができます。近年ではパッケージゲームに加えてソーシャルゲームも増えており、リリース後も改良を繰り返すのが特徴です。ユーザーニーズに合わせてゲームを育て、売上につながったときは達成感や大きなやりがいを感じられます。

4.チーム一丸となって作業し達成感を得られる

チームでひとつになり目標を掲げて作業を進めるため、成功したときには達成感を得られます。ゲームをつくり上げるにはあらゆる職種が連携して作業を進める必要があります。同じゴールに向かって努力することで、特にゲームが完成したときやユーザーから高い評価を得たときは大きな達成感を味わうことができるでしょう。

「ゲームが好き」だけでは続かない

ゲーム業界を志望する多くの人がゲーム好きでしょう。しかし、仕事である以上は「好き」なものだけを作ったり担当したりすることはできません。特にトレンド変化の激しいコンテンツ・エンタメにおいてはユーザーニーズや世の中の動向を的確に掴んだ対応が必要になることも。「好きなことを仕事にできる」と強く考えるとギャップを感じる可能性もあります。

未経験者がゲーム業界への転職を成功させるコツ

スキルや能力を必要とする職種も存在するため、未経験者にも間口の広い仕事に応募するのも、転職を成功させるコツです。

ゲーム業界に必要なスキルを身につける

未経験からゲーム業界の仕事へ就くためには、まず転職に必要なスキルの獲得や経験を積む方法がおすすめです。必要なスキルは、自分がゲーム業界に入ったときにどの職種をやりたいかによって異なります。

ゲーム業界でやりたい職種を考えながら、身につけるべきスキルや経験を決めましょう。まずはIT業界に入って、プログラミングやエンジニアの経験を積む方法もあります。

未経験者が身につけておきたいスキル

プログラミングコードの組み上げをはじめ、ゲーム制作は論理的思考力が求められます。想像力や発想力につながる直感的思考力も大切ですが、開発においては矛盾のない道筋を立てることも重要です。

また、ゲームを作り上げるにはチームで取り組むのが基本であり、職種を問わずコミュニケーションは必須です。たとえ職種が違っても、お互いのアイデアや問題点を出し合い、解決するまでの力が求められます。

業界が未経験でもWebコンテンツやアプリなどのシステム開発・運用などに関わるスキルがあれば、ゲーム業界でも応用可能です。事前にゲーム開発に役立つスキルについて調べ、自分がもっているスキルや資格があればアピールしましょう。自分の持つ能力を積極的にアピールできると転職成功へ大きく近づけます。

専門性の高いスキルが必要な場合は学校に通うのもおすすめ

未経験からデザイナーやプログラマーを志望する場合、専門スキルを学べる学校に通い知識や技術を習得するのもおすすめです。ゲーム業界で活躍するために必要なスキルの中には専門性が高く独学では難しい内容もあるからです。
実践的なスキルを身につけることができ、即戦力として採用される可能性が高まります。また、専門学校によっては企業とのコネクションを持っているなど、就職サポートが充実しているところもあります。詳しくは「専門学校卒だと就職に有利って本当?実態を解説」を参考にしてください。

アプリやソーシャルゲーム会社から挑戦する

未経験からゲーム業界に入るには、中小企業やベンチャー企業の求人がおすすめ。なぜなら、大手に比べて競争率が低く採用されやすいためです。また、市場が拡大しているソーシャルゲームやアプリゲームの制作企業も良いでしょう。そのほか、地方にもゲーム会社はあるので、幅広く求人を探してみてください。

ゲーム業界は実力主義の業界でもあるため、経験者と未経験者では経験者の方が有利です。未経験者が転職を成功させるには倍率が低いところをねらい、経験を積んでから大手企業へ転職を考えることが得策といえます。

挑戦しやすい職種を選ぶ

ゲーム業界のなかでも特に専門的なスキルを必要としないデバッカーは、業界未経験でも働きやすい仕事です。まずはデバッカーとして入社し、業界の知識や必要なスキルを身につけてステップアップするのも一つの方法でしょう。

アルバイトや非正規から挑戦する

ゲーム業界で活躍できるスキルや経験を身につけるため、アルバイトの求人に注目するのも一つの手です。アルバイトで入社した会社で実績を作ることができれば、そのまま正社員登用が受けられるケースもあります。正社員登用の詳しい仕組み等に関しては「正社員登用制度とは?読み方や必要な実績・試験について解説!」を参考にしてください。

エージェントに相談する

異業界への転職は過去の実績をアピールすることが難しいため、エージェントに相談しサポートを受けるのもおすすめです。未経験者は履歴書や面接で熱意とやる気を伝えるのが重要なため、入社後にしたいことを具体的に説明できるように準備が必要です。しかし、転職に慣れていないと1人で自己PRを考えることが難しく、自分を十分にアピールできない可能性があります。

採用される確率を上げるために、転職サポートの経験が豊富なエージェントに相談し最適なアドバイスをもらうのがおすすめです。面接でゲームや仕事に対する熱意をうまく相手に伝えることができれば、未経験でもポテンシャルを評価されて採用となる可能性があるでしょう。

未経験でゲーム業界に挑戦する際の書類対策

未経験者はゲーム業界で役立つ実績をアピールすることはできないので、自分を採用するメリットを伝えるために工夫が必要です。ここでは、未経験者の志望動機と自己PRの書き方について、例文を交えて解説します。

志望動機の書き方

志望動機では、ゲーム業界と応募先企業を選んだ理由を簡潔に伝えましょう。どのような業界でも通用するような志望動機だと、「ゲームじゃなくても良いのでは」と思われてしまいます。志望動機では、ゲームならではの理由や応募先企業の特徴を入れて、「この会社でなくてはダメだ」とアピールするのがポイントです。

例文

「私は幼少期からゲームに親しんできましたが、コロナ禍でゲームは単なる娯楽に留まらず、人と人をつなぐツールであると実感しました。新卒の際は、ものづくりをしたいという思いでメーカーに就職し、商品企画に携わりました。しかし、ゲームにおける技術の進化は目を見張るものがあり、これほどクリエイティブな仕事はないのではと感じたことから、転職を決意した次第です。

貴社は最先端技術とデザインへのこだわりから、ゲーム業界において一石を投じている企業であり、その一翼を担いたいという思いから応募いたしました。」

自己PRの書き方

自己PRとは、自分を売り込むためのものです。仕事への関心をアピールしようと「ゲームが好き」という気持ちを強調する人もいるようですが、単に好きという感情だけでは説得力が足りません。自己PRでは、仕事に活かせる強みをアピールし、入社後にどのような貢献ができるかを示しましょう。

例文

「私の強みは、業界未経験だからこそ、新しい視点やアイディアを提供できる点です。
メーカーの商品企画では、論理的思考と問題解決能力を身につけました。商品企画には、他部署の人を説得できるだけの論理性が必要です。また、技術的に実現不可能なことや、顧客の課題に気づくことなどにおいて、問題解決能力も求められます。

これらのスキルは、ゲーム制作にも活かせると自負しております。前職で培ったこれらのスキルを活かし、将来はゲームの企画に挑戦したいと考えております。」

相談するエージェントで迷っているなら、若年層向けの就職・転職エージェント「ハタラクティブ」をご利用ください。ご相談者の経験やスキル、仕事に対する考え方をヒアリングし、内容に基づいて採用担当者が納得する志望動機や自己アピールの作成をお手伝いいたします。

ゲーム業界以外にも、未経験から挑戦できる求人をご紹介。応募先に合わせた対策も行います。経歴やスキルに自信がなくても大丈夫!ぜひお気軽にご相談ください。

未経験でゲーム業界に入りたい人によくあるQ&A

最後に、未経験でゲーム業界に入りたいと考えている方によくある疑問や質問をまとめました。

未経験でゲーム業界に入るのは無理ですか?

未経験であってもゲーム業界に入るのは無理ではありません。
異業界でもゲームに活かせるような経験や、プログラミングスキルなどがあれば採用される可能性があります。また、ゲーム業界の職種は幅広いため、まずは営業職など制作以外の職種から挑戦するのもおすすめです。

未経験でゲーム業界に転職するのに年齢は関係ある?

未経験でゲーム業界に転職する場合、年齢が若いほうが就職しやすいといえます。
転職に年齢制限はないものの、未経験の場合は育成期間が必要なため、企業側は30代・40代よりも20代を採用する傾向にあるでしょう。ゲーム業界の経験者であれば30代・40代も転職のチャンスはありますが、未経験の場合は20代のうちに内定獲得を目指すのがおすすめです。転職と年齢の関係に関しては「転職の○歳限界説は本当?年齢は関係あるの?」にて、詳しく解説しているので参考にしてください。

ゲーム業界が「やめとけ」といわれるのはなぜ?

ゲーム業界といえば、納期の厳しさやバグの修正による長時間労働といったイメージを持つ人もいるようです。しかし、近年は働き方改革の影響で残業時間の削減や、スケージュールの見直しなど、ゲーム業界の労働環境は改善されているといわれています。また、働き方は企業によって差があるため、応募前にしっかりと確認しましょう。「ホワイト企業に転職したい!未経験でも大丈夫?優良企業の見分け方とは」のコラムで、ホワイト企業の特徴を紹介していますので、参考にしてみてください。

未経験の業界へ転職するコツは?

将来のビジョンを明確にし、早めに行動するのがコツです。
10年後の目標を達成するためにゲーム業界を選ぶ必要があったと説明できれば、採用担当者を納得させられる可能性があります。また、転職は若い方が有利になりやすいので、少しでも早く行動を起こすのも大切です。「転職が難しい原因とは?有利な時期は20代だけ?成功させるコツを解説」のコラムで、転職成功のコツを紹介していますので、ご覧ください。ハタラクティブでは、未経験からの転職をサポートするため、就活アドバイザーが丁寧なアドバイスを行っています。効率的に転職を成功させたい方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ