転職は難しい?理想の企業を見つけるためには

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職は難しい?理想の企業を見つけるためには

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職は難しいと感じるのは、自分のスキル、待遇の低下などへの不安から
  • ・転職活動では自分の市場価値を正確にとらえ、キャリアの具体的なビジョンを描こう
  • ・年齢や性別によっては転職が難しいと感じられることもあるが、ニーズに合わせた対策を
  • ・女性の転職では、あらかじめライフイベントを考慮しておこう
  • ・難しい転職は、信頼できる第三者と一緒に進めるとうまくいきやすい

転職は難しい?理想の企業を見つけるためにはの画像

「現職の待遇や仕事内容に不満がある」「キャリア形成のうえで、現職の仕事をこのまま続けていていいのか」といった悩みから、転職を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、転職となると難しさを感じて躊躇してしまう方が多いのも事実です。生活に大きな影響を与えるため、転職に踏み切れないという方も。では、どうして転職が難しいと感じてしまうのでしょうか。理由や対策を知り、転職への不安を解消しましょう。

転職が難しいと感じるのはなぜ?

転職したいと思っても、二の足を踏んでしまう方は多いです。原因は、「自分の今の状態では転職は難しいのではないか」と思ってしまうことにあります。それでは、具体的にどのような不安を抱えているのか、順に見ていきましょう。

新卒と違い、スキルや経験を求められるので不安

職務経験のない新卒に比べて、中途採用では正社員として働いた経験からスキルや経験、実績を求められる傾向にあります。自分の中に何か明確なアピールポイントがない場合には、どうアピールしたらよいのか悩み、不安を覚える方も多いです。

待遇が良いところに移れるか不安

今の待遇が比較的良く、別の理由での転職を考えているような場合、「転職によって待遇が悪くなってしまうのではないか」と不安になることも。待遇の細かいところまでは求職の段階ではよく分からないことも多いため、なかなか転職活動に踏み切れない方も多いでしょう。

仕事をしながら転職活動ができるのか不安

無職期間を避けるため、在職中に転職活動をする方も多いでしょう。面接は平日にあることが多く、現在の仕事との両立は難しいところがあります。また、転職では「すぐに入社して欲しい」と言われる場合があったり、転職先の勤務開始日との兼ね合いもあったりと、なかなか転職活動に踏み切れないことも。

年齢が不安

年齢によって転職の難易度は変わってきます。自分の年齢で転職できるかどうかを不安に思う方も多いでしょう。年齢を重ねるごとに、経験やスキル、管理能力など求められる要素が多くなる傾向があります。そういった傾向を踏まえ、「自分の年齢に求められている能力が備わっているか」「自分のスキルを認めてもらえるか」という不安を抱いている方は、転職活動にやや消極的です。

転職が難しい人の特徴とは?

転職を希望していても、転職を成功させるのが難しい方がいます。その原因は、転職がうまくいかない特徴を持っていること。ここでは、主にどのような特徴があるのかを解説していきます。

転職市場価値と本人の希望にギャップがある

就職を希望する企業の業種・職種によって転職の難易度は異なります。需要の多い業種やスキルを求められる技術系の仕事などは比較的転職しやすいといえますが、需要の低い業界・職種に転職を希望する場合、その難易度は高めです。そのような難易度の高い業界や職種を希望している場合には、スキルや経験も高いものが求められます。
しかし、自分のスキルやキャリアを客観的に把握できておらず、自分の実力以上の求人に応募し続けていて不採用が続き、転職をなかなか叶えられないといった方も。

経験年数が短い・転職回数が多い

就職して仕事をした期間が短い(1年未満など)、あるいは転職を何度も繰り返している人は、採用担当者に「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」という印象を与えやすい傾向があります。その場合、転職に対する「強い意思」を伝えること。この仕事は続けてくれるだろう、という期待を先方に抱かせるのが重要です。

具体的なビジョンがない

「将来どんな仕事がしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、将来における具体的なビジョンがない場合、転職活動もうまくいかない傾向があります。

転職の難易度は年齢によっても変わる!

年齢によってその転職事情は異なります。企業のニーズがそれぞれの年代によって違うためです。ここでは、年代別の転職事情について解説します。

【20代】
仕事のスキルは充分でなくても、若さやポテンシャルが評価される年代です。特に、新卒入社した会社を数年内に辞めた「第二新卒」と呼ばれる人材は企業ニーズが高く、前職に染まり切っていない柔軟性が評価されます。
未経験の職種にチャレンジするなら、20代は大きなチャンスといえるでしょう。

【30代】
20代に比べて仕事のスキルや実績が求められ、即戦力となることを期待される年代。「他社での経験をうちで活かして欲しい」という企業が多く、転職にはまだまだチャンスがあるといえるでしょう。一方、その人の能力や採用する企業の方針にもよりますが、30代後半になると未経験職種への転職は難しくなる傾向があります。

【40代】
40代でも転職を成功させている人はいますが、一般的には年齢が上がるにつれて転職のハードルは上がります。目立った実績や専門性が高いスキルがない限り、理想の条件に合った企業に転職するのはやや難しいといえるでしょう。
しかし、異業種であっても経験豊富な人材を求めている企業があります。そのため、40代の転職はなるべく多くの求人情報を集め、さらに今まで培った人脈を活用するのが成功へのカギ。年齢を言い訳にするのではなく、「今から新しい仕事を覚える!」という前向きな姿勢が大切です。

【女性の転職】難易度が性別で変わることはあるのか

年齢による転職難易度の差を見てきましたが、性別による差はあるのでしょうか。女性の場合、男性よりもライフイベントによって生活が変化しやすい傾向があります。そういった事情から、転職への影響も見逃せないポイントです。ここでは、女性の転職事情について解説します。

女性の場合、ライフイベントが懸念される場合がある

女性には結婚、出産、育児などのライフイベントによって、キャリアが中断されてしまいやすい傾向があります。そのため、業界によって、積極採用を行っていない企業があるのは事実です。特に、これからライフイベントが起こる可能性が高いと応募先企業が判断した場合には、採用に慎重になることも。

管理職など責任あるポジションが付きにくい場合も

出産・育児などの負担は女性に行きやすい傾向があるため、働き続けたくてもキャリアが中断されてしまうことは珍しくありません。そのため、管理職のように業務量が多く責任の重いポジションにつきにくい場合があります。

政府の後押しにより変化が見られる企業も増えている

産休育休や託児所のある企業

平成29年の育児・介護休業法の改正で、最長2年まで育休が取れるようになり、育児休業給付金の交付期間も2年延長されるなど、産休や育休に関し、政府は積極的な取り組みを行っています。それを受け、企業も社員の産休、育休の導入へと動いている実態があります。加えて、「企業主導型保育事業」として企業内保育所を設けている企業の増加も、企業の変化の大きな特徴として挙げられるでしょう。
また、令和元年に育児介護休業法が改正され、令和3年から、育児や介護を行う労働者が子どもの看護休暇や介護休暇を時間単位で取れるようになるなど、さらなる積極的な取り組みも政府によってなされています。

参照元 
厚生労働省
育児、介護休業法について

管理職としてロールモデルになる女性

現在、政府は男女共同参画社会基本法に基づき、企業における女性管理職を増やしていこうという取り組みをしています。その1つとして、「ロールモデルとなる女性の人材を育てる」といったものが挙げられるでしょう。それを受けて、企業は男性と比べて女性が4割以下と少ない職務や役職について、女性のみを対象とした研修などを通じ、女性社員の育成に力を入れています。また、「仕事と私生活を両立させながら働いている女性管理職」をロールモデルとして、その行動や業務から他の社員が学ぶことで女性のキャリア形成を促すといった取り組みも、昨今の特徴といえるでしょう。

女性の転職成功のカギ

女性活用や女性のための制度が整った企業を狙う

転職活動の際には、求人に女性活用の例が記載されている企業、産休・育休や企業内保育所の設置など、女性が働きやすい福利厚生が整っている企業に着目してみましょう。
女性の働き方に理解がある企業といえるため、仕事を続けやすい可能性が高いです。

女性専門の転職エージェントを使う

女性専門の転職エージェントは、女性を積極的に採用する企業の求人をたくさん持っている傾向があります。そのため、女性が働きやすい職場を紹介してもらえる確率が高く、効率良く転職活動ができるといえるでしょう。

女性の転職だからこそ考えておくべきことも考慮する

女性の転職事情には、「ライフイベントによるキャリアの中断」が大きな影響を持ちます。そのため、自分はどのようにキャリアを積んでいきたいのか、いつ頃ライフイベントを迎えようか、などを少し考えておくのが良いでしょう。

転職が上手くいく人の特徴とは?

それでは、転職が上手くいく人にはどんな特徴があるのでしょうか。転職にお悩みの方は、内容をチェックしてみましょう。

自分の希望や条件に優先順位をつけている

ある程度自分の中で条件を明確にしておくのは大事ですが、あまりに絞り込みすぎると、該当求人が少なく、応募のチャンスも減ってしまいます。条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人を探すと、企業選びの選択肢も広がるでしょう。

具体的な将来のビジョンがある

企業研究や自己分析をしっかりと行ったうえで「自分のやりたいこと」や「自分のキャリアプラン」といった具体的な将来のビジョンがある人は、採用担当者に効果的にアピールできます。また、企業の方針に合った「求める人材」とはどんな人物なのかをきちんと理解しておくことも必要です。

退職理由と志望動機に一貫性がある

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性があると、より説得力が増します。退職理由が前職への不満である場合でも、ポジティブな印象の志望動機につなげることで、「採用しても、また同じような理由で辞めてしまうのではないか」というマイナスイメージを払拭することができるでしょう。

様々な手段で転職活動をしている

何かと時間と労力が掛かってしまう転職活動。1人で取り組むよりも、友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど、さまざまな手段を活用して情報収集をすることで効率がアップします。そのため、転職活動がスムーズにいきやすいといえるでしょう。

転職活動をするときに気をつけたい3つのこと

それでは、転職活動をするときにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。順番に解説していきます。

1. 転職回数が多い、在籍年数が短い人は熱意をアピール

転職回数が多かったり、それぞれの職場の在籍年数が短かったりすると、採用担当者に「この会社もすぐに辞めてしまうのでは…」と採用を躊躇されることがあります。そのため、「この会社でずっと働きたい」「業務を通じて成長し、ゆくゆくはこういう仕事をして御社の役に立ちたい」という熱意をアピールしましょう。

2. 希望や条件に優先順位をつける

自分の希望や条件が多い場合、全てを満たす求人を見つけるのは難しいもの。そのため、希望や条件に優先順位をつけ、いくつか満たしていればOKと考えましょう。企業選びの幅が広がり、そのぶんチャンスも多くなります。

3. 転職活動の期限を決める

転職活動は、忙しい毎日の合間を縫っての活動になる方も多いです。そのため、中々進まずに結果としてだらだらと長引いてしまうことがあります。不要に長引かせないためにも、転職活動における自分の希望とゴールを明確にしましょう。

転職活動のSPIは難しい?気になる対策方法をご紹介

新卒のときにSPIを受けたけれど、社会人になって忘れてしまったという方も多いのではないでしょうか。しかし、不安に思わなくても大丈夫。転職活動の場合は、新卒のように高得点を狙わずとも、企業の水準を満たしていればOKです。また、つい正答率ばかりを気にしてしまいますが、短時間にどのくらいこなせたかという回答率も重視されているので、留意しておきましょう。

能力検査

能力検査では、働く際に必要な基礎能力を測ります。国語の内容である「言語分野」と、数学の内容である「非言語分野」の2つに分かれているのが特徴。問題の意味を理解し、どう思考すれば効率よく解けるのかという情報処理能力が問われます。

性格検査

性格検査は、転職者がどういう人であるかを分析するための検査です。その人が普段どのように考え、行動するのかをさまざまな質問から測ります。正確に答えないと正しい回答が得られないので、自分の思ったとおり正直に回答しましょう。
しかし、あくまで選考なので、企業の求める人材像と極端にかけ離れてしまうと採用を躊躇されてしまう恐れも。そのため、性格検査では企業の雰囲気や業務内容を考慮し、明らかに懸念を持たれてしまいそうな回答は少し検討したほうが良いでしょう。

転職するべきか迷ったらすること

「新しい職場へ飛び込みたいけれど、転職を迷っている」という方も多いのではないでしょうか。ここでは、転職するかどうか迷ったら考えるべきことについて解説します。

現職を続ける可能性を探ってみる

まず、今の職場で働き続けた場合にどうなるかを考えてみましょう。転職を考えるのは、現職への不満や、このまま続けていて良いのか迷っている状態だからと考えられます。「自分の不満は本当に現職では解消されないのか」「このまま続けていて自分の思うようなキャリアが積めるのか」を一度改めて考えてみましょう。

転職してどうしたいのかを明確にする

転職には、明確な目的意識を持つのが重要。なぜなら、しっかりした目的意識がなければ、転職に成功したとしても、また同じようなことで悩む可能性が高いからです。そのため、たとえ一刻も早く現職を辞めたいと思ったとしても、その気持ちに流されず、今回の転職で自分は何を得たいのかを明らかにしておきましょう。そうすると、転職活動においてもブレがなくなります。

自分のキャリアを振り返ってみる

長期的なキャリアプランを考え、現職を続けた場合に自分のキャリアにプラスに働くのかどうか、自分のこれまでのキャリアを振り返りながら考えてみましょう。自分の強みや弱みを知り、それを今後どう活かしていけそうかを考え、転職するかどうかを決めるのが転職成功への一歩です。

第三者に相談して客観的な視点から見てみる

自分一人では、自身のキャリアやスキルを客観的に把握するのは難しいもの。そのようなときには信頼できる第三者に相談してみましょう。自分のキャリアにはどのような強みがあり、今の職場で仕事を続けた場合にキャリアはどうなりそうかなど、客観的な視点を交えたうえで転職の判断をするのをおすすめします。

こんなときどうする?転職に関するお悩みQ&A

いざ転職活動を始めても、なかなか思う結果にならず悩むこともあるでしょう。以下の、よくある質問と回答を参考にして、悩みや疑問を解決してください。

転職は20代のうちにしたほうが良いですか?

20代の転職はメリットが大きくおすすめです。
成功させるコツは「転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法」をご参照ください。ただし、いくら若くても、転職理由がマイナスだったり事前準備が不十分だったりすると、希望する転職が叶わない可能性があります。

何度も転職をしていると印象は悪くなりますか?

評価がシビアになるのは確かです。
転職を繰り返す…その先にある大きなリスクとは?」で解説していますが、昔に比べてキャリアアップを目的とする転職が許容されてきたものの、3回以上の転職歴は厳しくチェックされるのが現状。
不必要な転職を繰り返さないためにも、適性に合う仕事を見つけてください。

どんな理由で転職する人が多いのでしょうか?

より良い条件やキャリアアップ、人間関係のストレスなどが挙げられます。
詳しくは「転職とは何かを考える!人によって違う転職スタイル」をご覧ください。どんな転職理由でも、自分の将来をしっかりと考えて適職を見つけることが大切です。

初めての転職で成功するか不安です

転職支援サービスを利用しましょう。
初めての転職だと、進め方やスケジュール、企業とのやり取りで不安や疑問を抱くこともあると思われます。そんなときは転職支援サービスのハタラクティブを活用してください。
専任の転職アドバイザーが、状況や進み具合に応じたサポートを行います。

一人で悩まず第三者に相談するのが転職成功への近道

転職を迷っている方の中には、現職への不満や不安を抱えながら一人で悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。なかなか転職に踏み切ることができず、時間が過ぎていってしまうのは、キャリア形成のうえでとてももったいないこと。そんなときは、信頼できる第三者に相談して判断するのをおすすめします。

信頼できる人に自分のキャリアを相談したいとお望みの方は、就職エージェントのハタラクティブに一度ご相談ください。専任の就活アドバイザーが、あなたのキャリアを丁寧に伺い、転職するべきかどうかのご相談を承ります。その相談実績はトータルで60,000人以上。豊富な経験を元に、あなたのキャリア形成の方向を一緒に考えていきます。

転職することが決まったら、厳選された優良企業200社以上の求人からあなたに合った企業をご紹介。ハタラクティブで扱う求人は、事前に企業へ取材を行い、実際の様子を細かくヒアリングしたものです。普通の求人ではなかなか得られない詳しい情報をお伝えできるので、入社してからのミスマッチが防げます。

また、現職で毎日忙しく、転職活動との両立に不安を抱える方もご安心ください。企業への応募、面接の日程調整、内定への返事といった、大変な企業とのやり取りも全て就活アドバイザーが代行。あなたのスケジュールを考慮して、転職活動をご負担のないようにサポートいたします。これらは全て無料のサービスですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
ハタラクティブで優良企業への転職を成功させ、あなたのキャリアをより一層輝くものにしていきませんか?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ