新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職を難しいと感じるのはなぜ?年齢ごとの難易度と成功させるコツ

転職を難しいと感じるのはなぜ?年齢ごとの難易度と成功させるコツ

公開日:

最終更新日:

転職を難しいと感じるのはなぜ?年齢ごとの難易度と成功させるコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職を難しいと感じるのは、自分のスキルや待遇の低下などへの不安から
  • ・転職活動では自分の市場価値を正確にとらえ、キャリアの具体的なビジョンを描こう
  • ・年齢や性別により転職が難しいと感じた場合は、採用ニーズに合わせた対策を講じよう
  • ・女性の転職では、あらかじめライフイベントを考慮しておこう
  • ・難しい転職は、信頼できる第三者と一緒に進めるとうまくいきやすい

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!


「現職の待遇や仕事内容に不満がある」「現職のままでキャリアを積めるのか」などの悩みから、転職を考えるものの、実際に転職するとなると難しさを感じる方もいるでしょう。転職活動は自身のキャリアビジョンを明確にしたうえで進めることが重要です。
このコラムでは、転職を難しいと感じる理由や年齢ごとの転職事情などを解説。転職活動のコツや注意点を知り、不安を払拭して自身の望む働き方を叶えましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

転職が難しいと感じる4つの原因

転職に対して消極的になってしまう原因は、「現状では転職は難しいのではないか」と思ってしまうこと。具体的にどのような不安を抱えているのか、順に見ていきましょう。

 

1.新卒と違い、スキルや経験を求められるので不安

自分の中に明確な強みがない場合には、採用担当者にどうアピールしたらよいのか悩み、不安を覚える方も多いようです。職務経験のない新卒に比べて、中途採用では正社員として働いた経験によるスキルや実績を求められる傾向にあります。自身の経験やスキルに自信を持てず、転職に躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

2.待遇が良いところに移れるか不安

今の待遇が比較的良く、別の理由での転職を考えているような場合、「転職によって待遇が悪くなってしまうのではないか」と不安になることも。待遇の細かいところまでは求職の段階ではよく分からないことも多いため、なかなか転職活動に踏み切れない方もいるようです。

 

3.仕事をしながら転職活動ができるのか不安

仕事をしながら転職活動を行うことに不安を感じる方もいるでしょう。
無職期間を避けるため、在職中に転職活動をする方も多いはず。面接は平日に設定されることが多く、現在の仕事との両立は難しいこともあります。また、転職では「すぐに入社してほしい」と言われる場合も。転職先の勤務開始日との兼ね合いを取れるか悩み、転職は難しいと考えてしまいます。

 

4.年齢が不安

年齢によって転職の難易度は変わってきます。自分の年齢で転職できるかどうかを不安に思う方もいるでしょう。経験やスキル、管理能力など、年齢を重ねるごとに求められる要素は多くなるのが一般的。「自分の年齢に求められている能力が備わっているか」「応募先に自分のスキルを認めてもらえるか」という懸念を抱き、転職活動に対して消極的になる可能性があります。

転職が難しい人とは?4つの特徴

転職を希望していても、転職を成功させるのが難しい方がいます。転職が思うように進まない原因には、「企業の採用ニーズと合っていない」「具体的なビジョンがない」などが挙げられるでしょう。
下記では、転職がうまくいかない人に見られる主な特徴を解説します。

 

1.企業の採用ニーズと本人の希望にギャップがある

「企業の想定する年収を上回る年収を求める」「未経験で専門性の高い職種を希望する」など、企業の求める人材や自身の市場価値に合わない要望を掲示する人は、転職が難しくなるでしょう。
転職の難易度は、企業の業種・職種によって異なるもの。人気のある業界や需要の高い職種を希望している場合、問われるスキルや経験のハードルは上がるのが一般的です。そのため、自分のスキルやキャリアを客観的に把握しないまま自分の実力以上の求人ばかりに応募してしまうと、不採用が続くことも。結果として、転職をなかなか叶えられないという方もいるでしょう。

 

2.経験年数が短い・転職回数が多い

就職期間が短い人や転職を何度も繰り返している人も、転職成功につながりにくい傾向があります。同じ職場に長く勤めたという実績を示せず、採用担当者に「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」という印象を与えやすいためです。この場合、自身の入社意欲と説得力のある転職理由を説明することが必要になります。「自社への志望度が高く、長く勤めてくれそう」「この仕事は続けてくれるのでは」という期待を先方に抱かせることが重要です。

 

3.具体的なビジョンがない

将来における具体的なビジョンを描けないまま転職活動を行う人は、思うような好結果を得られない可能性があるでしょう。転職活動では、志望動機とともに、「なぜ前職を辞めたのか」「何のために転職するのか」と問われる可能性があります。「なんとなく転職した」「気分転換したかった」という受け答えでは、「仕事への真剣味に欠ける」と見なされ評価を下げる恐れも。採用担当者の共感や納得感を得るには、「将来どんな仕事をしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、自分なりの明確なビジョンを掲示することが大切です。

 

4.自己反省の意識に乏しい

自分に対する反省や振り返りがなく、責任を他者に押しつける傾向があると、転職はなかなか叶いません。企業は経歴や学歴だけでなく、人柄もチェックしたうえで採用の可否を判断しています。そのため、面接などで前職場の愚痴や自分のスキル誇示に終始してしまうと、採用担当者に「謙虚さが足りない」「他者への敬意に欠ける」と人柄に疑問を抱かせる恐れがあるでしょう。
転職理由が前職場への不満からだったとしても、具体的な事実のみを述べるにとどめ、「悪口を言っている」と捉えられない伝え方の工夫が必要です。また、課題解決を目指して自分が試みた行動や自身の至らなかった部分なども説明し、自身の課題意識や自主性を示せると良いでしょう。

異なる業界や職種への転職は難しい?

未経験の業界でも、職種や業務内容が同じなら転職成功の可能性は高まります。一方、業務未経験の仕事を希望する場合は、業界を問わずに難しくなるようです。

 

未経験の業界に転職する場合

今までと異なる業界でも、募集職種に従事した経験や必要なスキル、資格などがあれば採用の可能性は高まります。たとえば、「不動産業界の営業職→メーカーの営業職」「IT業界の事務職→医療業界の事務職」というように、業界は違えど職種は同じという点がポイント。業界の経験はなくても、職種に対する経験や技術を買われ、採用につながることが多いようです。

 

未経験の職種に転職する場合

前述した未経験業界への転職と比べ、未経験職種への転職は難しい場合が多いでしょう。新卒採用とは異なり、中途採用では今までの経験や実績を問われる傾向にあるためです。
未経験職種への転職成功率を少しでも高めるコツは、経験のある仕事と紐づけられる職種を選ぶこと。「人材サービス業界の営業職→同業界の人事職」「出版社の編集職→書籍の営業職」「メーカーの店舗販売員→建設業界の営業事務職」など、前職と同じ業界内でキャリアチェンジを図ったり、経験職で身につけたスキルを活かせたりする仕事を探すと良いでしょう。また、やりたい職種に合った資格を取得するのも、採用担当者に自身の意欲とスキルをアピールしやすいためおすすめです。

 

民間企業から公務員は目指せる?

受験要件を満たす公務員の採用試験を受けて合格すれば、民間企業から公務員に転職することは可能です。社会人が受験できる公務員の採用試験は、「一般枠」と「社会人経験者枠」の2種類に大別されます。なお、公務員試験の受験要件は一律ではないため、あらかじめ各自治体のWebサイトなどで情報を集め、実施要項を把握しておきましょう。

 
一般枠

新卒者なども対象に含む、30歳前後を年齢制限として設けている公務員の採用試験です。
一般枠の国家公務員の採用試験では、受験可能な年齢を30歳未満と定めています。いっぽう、地方公務員の場合、25歳や35歳未満など、各自治体で年齢の制約が異なるため要注意。出題試験のレベルは大卒程度とされているものの、年齢の要件さえ満たしていれば学歴は問われません。一般枠の公務員試験は採用人数が多く、社会人枠よりも倍率は低い傾向にあるのがメリットといえます。

 
社会人経験者枠

民間企業での勤務歴がある社会人経験者を対象とした公務員の採用試験です。受験資格として、民間企業などにおける一定程度の勤務年数は定められていますが、一般枠より年齢制限の間口が広い点が魅力といえます。たとえば、社会人枠の国家公務員試験の場合、年齢要件がないため、定年を迎える前の59歳まで受験可能です。ただし、募集人数が少なく、倍率は高くなる傾向にあります。

転職の難易度は年齢によっても変わる!

企業の採用ニーズが各年代によって違うため、転職事情も年齢ごとで異なります。ここでは、年代別の転職事情について確認しておきましょう。

 

20代

仕事の経験やスキルは充分でなくても、若さやポテンシャルを見込まれる年代です。特に、新卒入社した会社を数年内に辞めた「第二新卒」と呼ばれる人材は企業ニーズが高く、前職に染まり切っていない柔軟性を評価される傾向にあります。未経験の職種にチャレンジするなら、20代は大きなチャンスといえるでしょう。

 

30代

20代に比べて仕事のスキルや実績が求められ、即戦力となることを期待される年代。「他社での経験をうちで活かしてほしい」という企業が多く、転職にはまだまだチャンスがあるといえるでしょう。一方、個人の能力や企業の方針にもよりますが、30代後半になると未経験職種への転職は難しくなる傾向があります。

 

40代

40代でも転職を成功させている人はいますが、一般的には年齢が上がるにつれて転職のハードルは上がります。目立つ実績や専門性の高いスキルがない限り、理想の条件に合った企業に転職するのはやや難しいといえるでしょう。
しかし、異業種であっても経験豊富な人材を求めている企業があります。そのため、40代の転職はなるべく多くの求人情報を集め、さらに今まで培った人脈を活用するのが成功へのカギ。年齢を言い訳にするのではなく、「今から新しい仕事を覚える!」という前向きな姿勢が大切です。

女性の転職事情

女性の場合、男性よりもライフイベントによって生活が変化しやすい傾向があるため、それらが及ぼす転職への影響を理解することが大切になります。

 

女性はライフイベントが懸念されやすい

結婚、出産、育児などのライフイベントによって、キャリアを中断せざるを得ないこともあるでしょう。特に、これからライフイベントが起こる可能性が高いと応募先企業が判断した場合には、採用に慎重になることも。
また、出産・育児などの負担は女性が負いやすい傾向があるため、管理職のように業務量が多く責任の重いポジションにつきにくい場合があります。

 

政府の後押しにより変化が見られる企業も増えている

産休育休の延長や託児所のある企業

平成29年の育児・介護休業法の改正で、最長2年まで育休が取れるようになり、育児休業給付金の交付期間も2年延長されるなど、産休や育休に関して政府は積極的な取り組みを行っています。それを受け、独自の制度を設ける企業も出てきました。「企業主導型保育事業」として企業内保育所を設けている企業の増加も、企業変化の大きな特徴として挙げられるでしょう。
また、令和元年に育児介護休業法が改正され、令和3年から「育児や介護を行う労働者が子どもの看護休暇や介護休暇を時間単位で取れるようになる」など、さらなる積極的な取り組みも政府によってなされています。

 

参照元 
厚生労働省
育児、介護休業法について

 

女性の転職成功のカギ

女性活用や女性のための制度が整った企業を狙う

転職活動の際には、求人に女性活用の例が記載されている企業、産休・育休や企業内保育所の設置など、女性が働きやすい福利厚生が整っている企業に着目してみましょう。
女性の働き方に理解がある企業といえるため、仕事を続けやすい可能性が高いです。

 
女性専門の転職エージェントを使う

女性専門の転職エージェントは、女性を積極的に採用する企業の求人を多く扱っている傾向があります。そのため、女性が働きやすい職場を紹介してもらえる確率が高く、効率的に転職活動ができるといえるでしょう。

 
女性の転職だからこそ考えておくべきことも考慮する

女性の転職事情には、「ライフイベントによるキャリアの中断」が大きな影響を持ちます。そのため、自分はどのようにキャリアを積んでいきたいのか、いつごろライフイベントを迎えようか、などを考えながら将来のビジョンを組み立てていくと良いでしょう。

転職が上手くいく人の4つの特徴

転職が上手くいく人は、「条件の優先順位を考えている」「将来のビジョンを持っている」といった特徴を持っています。転職でお悩みの方は、うまくいく人の特徴を知り、参考にしてみましょう。

 

1.自分の希望や条件に優先順位をつけている

転職条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人を探す人は、企業選びの選択肢を広げられるでしょう。ある程度自分の中で条件を明確にしておくことは大切ですが、あまりに絞り込み過ぎると、該当求人が少なくなり、応募のチャンスを減らしてしまうためです。

 

2.具体的な将来のビジョンがある

企業研究や自己分析をしっかりと行い、やりたいことやキャリアプランといった具体的な将来のビジョンがある人は、採用担当者に効果的にアピールできます。「企業が求める人材とはどんな人物なのか」をきちんと理解したうえで、企業ニーズを汲んだビジョンを示せれば、より高い評価を得やすいでしょう。

 

3.退職理由と志望動機に一貫性がある

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性がある人も、自己アピール内容の説得力が増すため、転職成功につながりやすいでしょう。
また、退職理由が前職への不満でも、ポジティブな印象の志望動機を作成することが大切です。「採用しても、同じような理由でまた辞めてしまうのではないか」というマイナスイメージを与えないよう注意しましょう。

 

4.さまざまな手段で転職活動をしている

転職活動は何かと時間と労力がかかるもの。友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど、さまざまな手段を活用して、より多くの情報を収集できるよう行動してみましょう。有益な情報が得られれば効率アップにつながり、転職活動をスムーズに進められる可能性が高まります。

 
転職活動の期限を決めている

転職活動の長期化を防ぐため、活動における自分の希望とゴールを明確にしておく人もいるようです。転職活動は、忙しい日々の合間を縫って行う方も多いはず。仕事との両立をうまく図れないと効率的な活動ができず、結果的に転職がうまくいかないこともあり得ます。転職活動は期限を定め、計画性をもって進めましょう。

転職活動のSPIは難しい?気になる対策方法をご紹介

転職活動のSPIでは、新卒のように高得点を狙わずとも、企業の水準を満たしていれば基本的にはOKです。また、つい正答率ばかりを気にしがちですが、「短時間にどのくらいこなせたか」という回答率も重視されているため留意しておきましょう。

 

能力検査

能力検査では、働く際に必要な基礎能力を測ります。国語の内容である「言語分野」と、数学の内容である「非言語分野」の2つに分かれているのが特徴。問題の意味を理解し、どう思考すれば効率よく解けるのかという情報処理能力が問われます。

 

性格検査

性格検査は、転職者がどういう人であるかを分析するための検査です。その人が普段どのように考え、行動するのかをさまざまな質問から測ります。正確に答えないと正しい結果が得られないので、自分の思ったとおり正直に回答しましょう。
とはいえ、あくまで選考のため、企業の求める人材像と極端にかけ離れてしまうと採用を躊躇されてしまう恐れも。性格検査では企業の雰囲気や業務内容を考慮し、明らかに懸念を持たれてしまいそうな回答は控えるのも、転職を叶える1つの方法です。

転職を迷ったらするべきこと

転職すべきか迷ったときは、将来のビジョンを明確化して、客観的に自身のキャリアについて考えることが大切です。自身の望む働き方や将来的にやりたいことなどを踏まえて、具体的に転職を検討してみましょう。

 

現職を続ける可能性を探ってみる

今の職場で働き続けたらどうなるかを深堀りしてみましょう。転職を考えるのは、現職への不満や、このまま続けていて良いのか迷っている状態だからと考えられます。「自分の不満は本当に現職では解消されないのか」「このまま続けていて自分の思うようなキャリアが積めるのか」を再考してみましょう。

 

転職してどうしたいのかを明確にする

転職には、明確な目的意識を持つことが重要。なぜなら、しっかりした目的意識がなければ、転職に成功したとしても、また同じようなことで悩む可能性が高いためです。たとえ一刻も早く現職を辞めたいと思ったとしても、その気持ちに流されず、まずは「今回の転職で自分は何を得たいのか」を明らかにしておきましょう。

 

自分のキャリアを振り返ってみる

現職の継続が果たして自分のキャリアにプラスかどうかを、これまでのキャリアを振り返りながら考えてみましょう。長期的なキャリアプランの中で、自分の強みや弱みをどう活かしていけるかを明確にすることが、転職成功への第一歩といえます。

 

第三者に相談して客観的な視点を持つ

自分一人では、自身のキャリアやスキルを客観的に把握するのは難しいもの。そのようなときには信頼できる第三者に相談してみましょう。自分のキャリアにはどのような強みがあり、今の職場で仕事を続けた場合にキャリアはどうなりそうかなど、客観的な視点を交えたうえで転職の判断をすることをおすすめします。

こんなときどうする?転職に関するお悩みQ&A

いざ転職活動を始めても、なかなか思う結果にならず悩むこともあるでしょう。以下の、よくある質問と回答を参考にして、悩みや疑問を解決してください。

 

 

転職は20代のうちにしたほうが良いですか?

20代の転職はメリットが大きくおすすめです。
成功させるコツは「転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法」をご参照ください。ただし、いくら若くても、転職理由がマイナスだったり事前準備が不十分だったりすると、希望する転職が叶わない可能性があります。

何度も転職をしていると印象は悪くなりますか?

評価がシビアになるのは確かです。
転職を繰り返す…その先にある大きなリスクとは?」で解説していますが、昔に比べてキャリアアップを目的とする転職が許容されてきたものの、3回以上の転職歴は厳しくチェックされるのが現状。
不必要な転職を繰り返さないためにも、適性に合う仕事を見つけてください。

どんな理由で転職する人が多いのでしょうか?

より良い条件やキャリアアップ、人間関係のストレスなどが挙げられます。
詳しくは「転職とは何かを考える!人によって違う転職スタイル」をご覧ください。どんな転職理由でも、自分の将来をしっかりと考えて適職を見つけることが大切です。

初めての転職で成功するか不安です

転職支援サービスを利用しましょう。
初めての転職だと、進め方やスケジュール、企業とのやり取りで不安や疑問を抱くこともあると思われます。そんなときは転職支援サービスのハタラクティブを活用してください。
専任の転職アドバイザーが、状況や進み具合に応じたサポートを行います。

一人で悩まず第三者に相談するのが転職成功への近道

転職を迷っている方の中には、一人で現職への不満や不安を抱えて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。転職に踏み切れないまま時間だけをやり過ごしてしまうのは、自身が描くキャリア形成の可能性を狭めてしまいかねません。自分だけで結論が出せないときは、第三者に相談して判断することをおすすめします。

 

自分のキャリアを誰かに相談したいとお望みの方は、就職エージェントのハタラクティブをご活用ください。専任の就活アドバイザーが丁寧に悩みを伺ったうえで、60,000人以上の相談実績から得た豊富な経験をもとに、あなたのキャリア形成の方向を一緒に考えていきます。
転職することが決まったら、厳選された優良企業200社以上の求人から、あなたに合った企業をご紹介。ハタラクティブで扱う求人は、事前に企業へ取材を行い、実際の様子を細かくヒアリングしたものです。通常は得づらい詳しい情報もお伝えできるため、入社してからのミスマッチを防げます。
企業への応募、面接の日程調整、内定への返事といった、大変な企業とのやり取りもすべて就活アドバイザーが代行。あなたのスケジュールを考慮しながら、ストレスなく転職活動ができるようサポートします。
ハタラクティブで転職を成功させ、あなたのキャリアをより一層輝くものにしていきませんか?

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ