転職が難しいと感じてしまうのはなぜ?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職が難しいと感じてしまうのはなぜ?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職が難しいと感じる理由は、スキルや経験を求められること、志望職種の難易度が高いことなどが挙げられる
  • ・転職がスムーズに決まる人は、将来的なビジョンが具体的
  • ・条件を狭めすぎず、転職活動のツールを複数使用することも内定が決まりやすい要因
  • ・まずは転職の目的を自分の中で明確にすることからスタートしてみては

「転職って難しい…」と感じていませんか?思い通りに進まず、転職活動に対して苦手意識を持つ方も多いようです。「どうして採用されないの?」と悩む求職者の方向けに、転職が難しいと感じる理由やと転職のコツをご紹介。求職活動をスムーズに進めましょう。

◆転職が難しいと感じる理由とは?

「転職が難しい」と感じる理由は人によって様々です。その中でも特に代表的な理由をいくつかご紹介します。

 

・新卒と違い、スキルや経験を求められる

 

職務経験のない新卒に比べ、正社員として働いた経験のある中途では、スキルや経験、実績を求められる傾向にあります。そのため何をアピールしてよいのか悩み、難しさを感じる方もいるようです。

 

・難易度の高い業界や職種を希望している

 

就職を希望する企業の業種・職種によっても転職のしやすさが違います。需要の多い業種やスキルを求められる技術系の仕事などは、比較的転職しやすいと言えますが、需要の低い業界・職種に転職を希望する場合、難易度も高めです。

 

・経験年数が短い・転職回数が多い

 

就職して仕事をした期間が短い(1年未満など)、あるいは転職を何度も繰り返している人は、採用担当者に「入社してもすぐに辞めてしまうのでは…」という印象を与えやすい傾向があります。転職に対する「強い意思」を伝えられないと、転職も難しくなるのでは。

 

・具体的なビジョンがない

 

「将来どんな仕事がしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、将来における具体的なビジョンがない場合、ただ漠然と求職活動をしているように見えてしまうことも。

◆転職が上手くいく人の特徴とは?

転職活動が上手くいっている人にはどんな特徴があるのでしょうか。特徴を知って、転職を成功させるヒントにしましょう。

 

・条件によって求人を絞りすぎていない

 

自分の中である程度、条件を明確にしておくのは大事ですが、あまりに絞り込みすぎると、該当求人が少なく、応募のチャンスも減ります。条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人を探すと、選択肢も広がるのではないでしょうか。

 

・具体的な将来のビジョンがある

 

企業研究や自己分析をしっかりと行い、「自分のやりたいこと」や「自分のキャリアプラン」といった具体的な将来のビジョンがある人は、採用担当者に効果的にアピールできるのではないでしょうか。また、の方針に合った「求める人材」とはどんな人物なのかをきちんと理解しておくことも必要でしょう。

 

・退職理由と志望動機に一貫性がある

 

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性があると、より説得力が増します。退職理由が前職の不満だった場合でも、ポジティブな印象の志望動機につなげる事で、「採用しても、また同じような理由で辞めてしまうのではないか」というマイナスイメージを払拭することができるでしょう。

 

・様々な手段で転職活動をしている

 

何かと時間と労力が掛かってしまう転職活動。友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど様々な手段を活用して情報収集をすれば、より効率的に転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

◆転職の難易度は年齢によっても変わる!

転職の難易度はその人の年齢やそれまでの経歴によっても変わってきます。

ここでは、一般にいわれる年齢別の転職の傾向について確認しましょう。

 

【20代】

仕事のスキルは充分でなくても、若さやポテンシャルが評価される世代です。特に、新卒入社した会社を数年内に辞めた「第二新卒」と呼ばれる人材は企業ニーズが高く、前職に染まり切っていない柔軟性が評価されます。

未経験の職種にチャレンジするなら、20代は大きなチャンスといえるでしょう。

 

【30代】

20代に比べて仕事のスキルや実績が求められ、即戦力となることを期待される世代。「他社での経験をうちで活かして欲しい」という企業が多く、転職にはまだまだチャンスがある年代といえるでしょう。

ただ、これはその人の能力や採用する企業の方針にもよりますが、30代後半になると未経験職種への転職は難しくなるといわれます。

 

【40代】

40代でも転職を成功させている人はいますが、一般的には年齢が上がるにつれて転職のハードルは上がります。目立った実績や専門性が高いスキルがない限り、理想の条件に合った企業に転職するのは難しいかもしれません。

ただ、異業種であっても経験豊富な人材を求めている企業はあるので、40代の転職ではなるべく多くの求人情報を集め、さらには今まで培った人脈を活用するのがポイント。年齢を言い訳にするのではなく、「今から新しい仕事を覚える!」という姿勢が大切です。

◆転職エージェントを活用しよう!

転職を成功させるには、「自分がなぜ転職をしたいのか」を明確にしておくことが大切です。勤めている会社をなぜ転職したいのか、転職後にどんな仕事がしたいのかをはっきりさせることが、企業選びや面接対策にも繋がるのではないでしょうか。 

 

中途の求職活動は、新卒採用に比べると中途採用の方が難しい面もありますが、転職を実現できた方は沢山います。 

より効果的に転職を進めたい場合は、転職エージェントがおすすめ。正社員求人を多数扱っているため、転職成功の鍵となる、応募書類の書き方や面接のコツなどについて詳しく相談することができるでしょう。 

 

第二新卒や既卒、フリーターの方を対象とした就職サポートサービスを提供するハタラクティブでは、豊富な求人情報の中から希望条件に合った求人をご紹介。専任の就活アドバイザーが、企業選びから面接対策まで幅広くサポートしています。是非お気軽にご登録ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ