転職が難しい原因とは?有利な時期は20代だけ?成功させるコツを解説

転職が難しい原因とは?有利な時期は20代だけ?成功させるコツを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職が難しいのは、採用ニーズと本人の希望にギャップがあるため
  • ・35歳以上の転職は、マネジメントスキルや専門知識がないと難しい
  • ・経理への転職は女性に人気で、簿記3級の資格がないと難しい
  • ・難しい転職を成功させるには、将来ビジョンを具体的にして第三者に意見を聞くと効果的

転職は難しいと聞くけれど気になる、という人は多いようです。転職するなら20代のうちなのか、現職のままの方が良いのか、判断に悩むもの。このコラムでは、公務員やメーカー業界、人事や経理への転職事情などもご紹介。転職に有利な時期や、第二新卒・入社3年目はどのような点に気をつけるべきかについても解説しているので、ぜひ自分のキャリアを見直すヒントにしてください。

転職が難しいと感じる5つの原因とは?

転職が難しいと感じる背景には、「採用ニーズと本人の希望にギャップがある」「転職回数が多い」「具体的なビジョンがない」「反省の意識がない」「35歳以上である」などの原因が考えられます。以下で詳しく見てみましょう。

1.採用ニーズと本人の希望にギャップがある

一番転職が難しいのは、企業の求める人材や自身の市場価値に合わない要望を提出するケースです。「企業の想定より上の年収を求める」「未経験で専門性の高い職種を希望する」と、採用ニーズとかけ離れてしまう可能性が高くなるため、おすすめしません。
転職の難易度は、企業の業種・職種によって異なるもの。人気のある業界や需要の高い職種を希望している場合、問われるスキルや経験のハードルは上がるのが一般的です。そのため、自分のスキルやキャリアを客観的に把握しないまま自分の実力以上の求人ばかりに応募してしまうと、不採用が続くことも。結果として、なかなか転職できないという方もいます。

2.異業種への転職または転職回数が多い

一般的に、異業種へ転職しようとしたり、転職回数が多かったりする人は、採用されるのが難しいといわれています。採用担当者に、「教育コストがかかる」「すぐに離職してしまうのでは」と懸念を抱かれやすくなるためです。
企業が中途採用者を雇うメリットは教育コストを削減できるところにあります。それができない異業種への転職は、かなわない可能性が高いでしょう。たとえば、「不動産業界の営業職→メーカーの営業職」「IT業界の事務職→医療業界の事務職」というように、業界は違っても業種は変えない方が採用されやすくなります。
転職回数が多い場合は、強い入社意欲と説得力のある転職理由があることが、転職成功の秘訣になります。「自社への志望度が高く、長く勤めてくれそう」「この仕事なら続けてくれるのでは」という期待を先方に抱いてもらうことが重要です。

3.具体的なビジョンがないまま転職活動をしている

将来における具体的なビジョンを描けないまま転職活動を行う人は、転職が難しい傾向にあるでしょう。転職活動では、志望動機とともに、高確率で「なぜ前職を辞めたのか」「何のために転職するのか」と問われます。「なんとなく転職した」「気分転換したかった」という受け答えでは、「仕事への真剣味に欠ける」と見なされ評価を下げられる恐れも。
採用担当者の共感や納得感を得るには、「将来どんな仕事をしたいのか」「キャリアをどのように築きたいのか」など、自分なりの明確なビジョンを提示することが大切です。

4.自己反省の意識に乏しい

自分に対する反省や振り返りがなく、責任を他者に押しつける傾向があると、転職は難しいでしょう。企業は経歴や学歴だけでなく、人柄もチェックしたうえで採用の可否を判断しています。そのため、面接などで前職場の愚痴や自分のスキル誇示に終始してしまうと、採用担当者に「謙虚さが足りない」「他者への敬意に欠ける」と人柄に疑問を抱かせる恐れがあるでしょう。

5.年齢が35歳を超えてからの転職

35歳以上になると転職は難しいといわれますが、ポイントさえ押さえれば転職は可能です。経験やスキルのある中途採用者を即戦力として求める企業も多くあります。自分が前職で重ねた経験を職務経歴書にできるだけ具体的に記入しましょう。培ってきたスキルを転職先で活かせることを採用担当者にアピールすると効果的です。前職でマネジメント経験や専門知識を得ていない場合は、やはり若い世代より不利になります。

転職の難しいといわれる理由は年齢によって異なる

企業の採用ニーズが各年代によって違うため、転職事情や難しいといわれる理由も年齢ごとで異なります。
以下の図は、厚生労働省の「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要 転職入職者の状況」から引用した、年齢別の転職入職率です。

引用元:厚生労働省「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要 転職入職者の状況

19歳以下の男性の転職率は16.9%であるのに対し、40~49歳では5.9%と約3分の1に低下しています。この数字からも、特に男性は年代が上がるほど、転職する割合は減少傾向にあることが分かります。女性は男性に比べると転職率の低下は緩やかですが、やはり男女ともに年代が上がるほど転職が難しいといえるでしょう。

20代の転職

20代は転職が難しい年代ではありません。仕事の経験やスキルは充分でなくても、若さやポテンシャルを見込まれます。特に、新卒入社した会社を数年内に辞めた「第二新卒」と呼ばれる人材は企業ニーズが高く、前職に染まり切っていない柔軟性を評価される傾向に。未経験の職種にチャレンジするなら、20代は大きなチャンスといえるでしょう。「28歳で転職は遅い?スキルなしで未経験分野へキャリアチェンジするコツ 」では、20代に要求されるスキルについて詳しく解説しているため、ぜひ参考にして自分がどのようにキャリアを形成していきたいか考えましょう。

30代の転職

20代に比べて仕事のスキルや実績が求められ、即戦力となることを期待される年代。「他社での経験をうちで活かしてほしい」という企業が多く、転職にはまだまだチャンスがあるといえるでしょう。一方、個人の能力や企業の方針にもよりますが、30代後半になると未経験職種への転職は難しい傾向があります。「30代業界未経験…それでも転職できる?」でも、30代で転職するときのポイントについて詳しく述べているので、ぜひ参考にしてみてください。

40代の転職

40代でも転職を成功させている人はいますが、一般的には年齢が上がるにつれて転職のハードルは上がります。目立つ実績や専門性の高いスキルがない限り、理想の条件に合った企業に転職するのはやや難しいといえるでしょう。
しかし、異業種であっても経験豊富な人材を求めている企業があります。そのため、40代の転職はなるべく多くの求人情報を集め、さらに今まで培った人脈を活用するのが成功へのカギ。年齢を言い訳にするのではなく、「今から新しい仕事を覚える!」という前向きかつ意欲的な姿勢が大切です。

参照元
厚生労働省
2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概要 転職入職者の状況

難しいといわれる転職に有利な時期はある?

転職は、企業の採用ニーズの高まる3~4月9~10月が狙い目です。年度が変わることで退職者の後任を探している企業が増えるため、普段は難しい転職が成功しやすいといえます。
企業によって採用ニーズは異なるため、マスコミが伝える転職市場の動向は参考程度に留めるのがおすすめ。自分自身の事情をよく考えた上で、転職時期を決めましょう。

【職種別】難しい転職を成功させるコツ

こちらでは、難しい転職を成功させるコツについて、公務員や社内SEなどの人気の職種別に詳しく解説します。

公務員へ転職する場合

公務員への転職は難しいとは限らず、受験要件を満たす公務員の採用試験を受けて、合格すれば可能です。社会人が受験できる公務員の採用試験は、「一般枠」と「社会人経験者枠」の2種類に大別されます。なお、公務員試験の受験要件は一律ではないため、あらかじめ各自治体のWebサイトなどで情報を集め、実施要項を把握しておきましょう。

一般枠

新卒者なども対象に含む、30歳前後を年齢制限として設けている公務員の採用試験です。
一般枠の国家公務員の採用試験では、受験可能な年齢を30歳未満と定めています。一方、地方公務員の場合、25歳や35歳未満など、各自治体で年齢の制約が異なるため要注意。出題試験のレベルは高卒・大卒程度に分けられます。大学や専門学校を中退して学歴が高卒である人も、年齢要件さえ満たせば大卒程度の試験を受験可能です。ただし、対策しなければ難しい内容であるため、努力が必要といえるでしょう。一般枠の公務員試験は採用人数が多く、社会人枠よりも倍率は低い傾向にあるのがメリットといえます。採用後は学歴によって収入に違いが出るものの、民間企業よりはその差は小さいようです。

社会人経験者枠

民間企業での勤務歴がある社会人経験者を対象とした公務員の採用試験です。受験資格として、民間企業などにおける一定程度の勤務年数は定められていますが、一般枠より年齢制限の間口が広い点が魅力といえます。たとえば、社会人枠の国家公務員試験の場合、年齢要件がないため、定年を迎える前の59歳まで受験可能です。ただし募集人数が少なく、倍率は高くなるため、難しい転職になるといえます。

経理へ転職する場合

転職市場の中でも、経理は専門性が高く産後も復職しやすいため、特に女性に人気です。顧客相手の仕事ではないため、残業が発生しにくく、育児と仕事の両立がしやすいというメリットもあります。しかし、全くの未経験者が採用されるのは難しいもの。まずは簿記3級の取得から挑戦してみましょう。特別な専門学校や講座に通わずとも、参考書と過去問があれば1人でも対策可能です。「売掛金」や「減価償却」など専門用語の知識が得られるので、経理の仕事内容を理解でき、採用にも有利に働くでしょう。

人事へ転職する場合

人事へ転職したい場合は、仕事の内容をある程度把握しておきましょう。人事には、主に採用、労務、教育、そして制度設計の4つの仕事があります。「ビジネス能力検定」「キャリアコンサルタント」の資格を持っていると、採用や教育の分野で重宝するでしょう。労務を希望する場合は、「社会保険労務士」「DCプランナー」などの資格が採用に有利です。国家資格の取得は難しいものですが、努力に見合った効果が期待できるでしょう。

社内SEへ転職する場合

企業内の情報システム部門を担当する社内SEへの転職は、人気が高いため難しいといわれます。中には、競争率は5倍以上になる企業も。30代半ばまでは採用されやすく、40代以上であるなら希望者の中でも抜きん出たスキルを要求される傾向にあります。最新のIT技術に詳しいことはもちろん、取引先や他部署との交渉能力に長けていると、社内SEの立場を任されやすくなるでしょう。

メーカーへ転職する場合

素材を製造・加工するメーカー業界に転職する場合は、未経験であっても意欲的に勉強して技術をいち早く覚える、という姿勢をアピールすると効果的です。30代以上になると、モノ作りの現場について詳しく分かったうえで、現場の管理能力や外部と折衝する力を要求されるため、全くの未経験だと転職は難しいでしょう。

【状況別】難しい転職を成功させるコツ

この項目では、「第二新卒」「就職3年目」「35歳以上」で、または「年収を上げるために」転職を希望する場合に、それぞれの難しい要因を克服するポイントについて解説します。

第二新卒で転職する場合

入社して3年未満の第二新卒で転職する場合は、現在の職場になじめないからといって、次の転職先が決まらないうちに辞めてしまわないよう注意しましょう。新卒のときよりも採用基準が厳しく転職が難しいことを認識することが大切。将来のキャリアビジョンを具体的に描いた志望動機を作成することが、転職成功への鍵になります。

就職3年目で転職する場合

新卒で採用しても昔より離職率が高まり、すぐに補充しなければならない昨今の状況では、ちょうど就職3年目の採用ニーズが高いといえます。一定のビジネスマナーを身につけ、PDCAサイクルが頭に入っている状態が期待されている就職3年目は、教育コストがかからず、企業にとっても狙い目です。前職が営業職なら、昨年度の実績が目標を超えていると効果的にアピールできるでしょう。

PDCAサイクルとは?
PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)の流れで業務にあたることです。あらかじめ目標を明確にし、ミスを繰り返さないことで業務の効率アップが期待できます。「社会人なら知っておきたい!よく使われるビジネス用語一覧」では、そのほかにもおさえておきたい基本的なビジネス用語を紹介しているので、転職を前に知識を整理したい方はチェックしてみてください。

35歳以上で転職する場合

5.年齢が35歳を超えてからの転職」でも述べたように、一般に転職が難しいといわれる35歳以上であっても、前職で得た専門知識やマネジメント経験を活かせば、転職を成功させやすくなります。
35歳からの転職は厳しい?不利な理由と成功のポイント 」では、35歳以上の転職事情について男女別の観点からも詳しく述べているので、ぜひチェックしてみてください。

年収を上げるために転職したい場合

一般的に、転職で年収を上げることは難しいことを認識しておきましょう。面接で給与待遇について質問すると、ネガティブな印象を与えてしまうことも。もちろん、高い営業目標の達成経験があったり、専門知識やマネジメントスキルを備えていたりすると、待遇が良くなる可能性はあります。
転職が難しい業界とは?人気の就職先もご紹介! 」では、こちらで述べていない職種や業界についても解説しているため、ぜひあわせて参考にしてみてください。

難しい転職を成功させるためにできる4つのこと

難しい転職を成功させるためには、「優先順位をつける」「将来のビジョンを考える」「退職理由と志望動機に一貫性がある」「求人情報を多く集める」などの工夫が必要です。以下で詳しく見ていきましょう。

1.優先順位をつける

転職は難しいものですが、条件の中で優先順位を決め、先入観にとらわれずに求人情報を探す人は、企業選びの選択肢を広げられるでしょう。ある程度自分の中で条件を明確にしておくことは大切です。しかし、あまりに絞り込み過ぎると該当求人が少なくなり、応募のチャンスを減らしてしまう可能性があるため、おすすめできません。

2.将来のビジョンを具体的に考える

企業研究や自己分析をしっかりと行い、やりたいことやキャリアプランといった具体的な将来のビジョンがある人は、難しいといわれる転職でも採用担当者に効果的にアピールできます。「企業が求める人材とはどんな人物なのか」をきちんと理解したうえで、企業ニーズに沿ったビジョンを示せれば、より高い評価を得やすいでしょう。

3.退職理由と志望動機に一貫性をもたせる

「なぜ転職を希望するのか」という退職理由と「どうしてその会社を選択したのか」という志望動機に一貫性がある人も、自己アピール内容の説得力が増すため、難しい転職を成功につなげやすいでしょう。
転職理由が前職場への不満からであったとしても、具体的な事実のみを述べるにとどめ、「悪口を言っている」と受け取られない工夫が必要です。また、課題解決を目指して自分が試みた行動や自身の至らなかった部分なども説明しましょう。自身の課題意識や自主性を示せると効果的です。

4.積極的に多くの求人情報を集める

積極的に友人の紹介やハローワーク、転職エージェントなど、さまざまな手段を活用して、より多くの情報を収集できるよう行動してみましょう。転職活動は何かと時間と労力がかかるもの。有益な情報が得られれば効率アップにつながり、難しい転職活動をスムーズに進められる可能性が高まります。

転職活動を行う期限について決めるのも大事
転職活動の長期化を防ぐため、活動における自分の希望とゴールを明確にしておくことをおすすめします。転職活動は、忙しい日々の合間を縫って行う方も多いはず。仕事との両立をうまく図れないと効率的な活動ができず、結果的に転職が難しい状況に陥ることもあり得ます。転職活動は期限を定め、計画性をもって進めましょう。

転職活動のSPIは難しい?気になる対策方法をご紹介

転職活動のSPIでは、新卒のように高得点を狙わずとも、志望企業の水準を満たしていれば基本的にはOKです。また、つい正答率ばかりを気にしがちですが、「短時間にどれほどこなせたか」という回答率も重視されているため留意しておきましょう。

能力検査

能力検査では、働く際に必要な基礎能力を測ります。国語の内容である「言語分野」と、数学の内容である「非言語分野」の2つに分かれているのが特徴。問題の意味を理解し、どう思考すれば効率よく解けるのかという情報処理能力が問われます。

性格検査

性格検査は、転職者がどういう人であるかを分析するための検査です。その人が普段どのように考え、行動するのかをさまざまな質問から測ります。正確に答えないと正しい結果が得られないので、自分の思ったとおり正直に回答しましょう
とはいえ、あくまで選考のため、企業の求める人材像と極端にかけ離れてしまうと採用を躊躇されてしまう恐れも。性格検査では企業の雰囲気や業務内容を考慮し、明らかに懸念を持たれてしまいそうな回答は控えるのも、難しい転職を成功させる1つの方法です。

難しい転職をすべきかどうか迷ったときの対処法

難しい転職に踏み切るべきか迷ったときは、将来のビジョンを明確化して、客観的に自身のキャリアについて考えることが大切です。自身の望む働き方や将来的にやりたいことなどを踏まえて、具体的に転職を検討してみましょう。

今の仕事を続けたらどうなるかを熟考する

今の職場で働き続けたらどうなるか、深く考えてみましょう。あえて難しい転職を検討するのは、現職への不満や、このまま続けていて良いのか迷っている状態であるからと考えられます。「自分の不満は本当に現職では解消されないのか」「このまま続けていて自分の思うようなキャリアが積めるのか」を再考してみましょう。

転職の目的を明確にする

転職には、明確な目的意識を持つことが重要。なぜなら、しっかりした目的意識がなければ、難しい転職に成功したとしても、また同じようなことで悩む可能性が高いためです。たとえ一刻も早く現職を辞めたいと思ったとしても、その気持ちに流されず、まずは「今回の転職で自分は何を得たいのか」を明らかにしておきましょう。

自分のキャリアにとってプラスになるか考える

現職の継続、もしくは転職することが果たして自分のキャリアにプラスかどうかを、これまでのキャリアを振り返りながら考えてみましょう。長期的なキャリアプランの中で、自分の強みや弱みをどう活かしていけるかを明確にすることが、難しい転職を成功へ導く第一歩といえます。

第三者に意見を聞く

自分一人で自身のキャリアやスキルを客観的に把握するのは難しいため、信頼できる第三者に転職について相談してみましょう。自分にはどのような強みがあり、今の職場で仕事を続けた場合にキャリアはどうなりそうかなど、客観的な視点を交えたうえで転職について判断することをおすすめします。

自分のキャリアを誰かに相談したいとお望みの方は、就職エージェントのハタラクティブをご活用ください。専任の就活アドバイザーが丁寧に悩みを伺ったうえで、110,000人以上の相談実績から得た豊富な経験をもとに、あなたのキャリア形成の方向を一緒に考えていきます。
ハタラクティブで扱う求人は、事前に企業へ取材を行い、実際の様子を細かくヒアリングしたものです。通常は得づらい詳しい情報もお伝えできるため、入社してからのミスマッチを防げます。
企業への応募、面接の日程調整、内定への返事といった、大変な企業とのやり取りもすべて無料で就活アドバイザーが代行。あなたのスケジュールを考慮しながら、ストレスなく転職活動ができるようサポートします。
ハタラクティブで転職を成功させ、あなたのキャリアをより一層輝くものにしていきませんか?

こんなときどうする?転職に関するお悩みQ&A

いざ転職活動を始めても、なかなか思う結果にならず悩むこともあるでしょう。以下の、よくある質問と回答を参考にして、悩みや疑問を解決してください。

転職は20代のうちにしたほうが良いですか?

20代の転職はメリットが大きくおすすめです。
成功させるコツは「転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法 」をご参照ください。ただし、いくら若くても、転職理由がマイナスであったり事前準備が不十分であったりすると、希望する転職が叶わない可能性があります。

何度も転職をしていると印象は悪くなりますか?

評価がシビアになるのは確かです。
転職を繰り返す…その先にある大きなリスクとは? 」で解説していますが、昔に比べてキャリアアップを目的とする転職が許容されてきたものの、3回以上の転職歴は厳しくチェックされるのが現状。
不必要な転職を繰り返さないためにも、適性に合う仕事を見つけてください。

どんな理由で転職する人が多いのでしょうか?

より良い条件やキャリアアップ、人間関係のストレスなどが挙げられます。
詳しくは「転職の目的を整理しよう!面接で答える場合の例文も紹介 」をご覧ください。どんな転職理由でも、自分の将来をしっかりと考えて適職を見つけることが大切です。

初めての転職で成功するか不安です

転職支援サービスを利用しましょう。
初めての転職だと、進め方やスケジュール、企業とのやり取りで不安や疑問を抱くこともあると思われます。そんなときは転職支援サービスのハタラクティブを活用してください。
専任の転職アドバイザーが、状況や進み具合に応じたサポートを行います。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION