ホワイト企業への転職を目指す20代へ!その特徴と見つけ方をご紹介

ホワイト企業への転職を目指す20代へ!その特徴と見つけ方をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ホワイト企業には「給与が高い」「福利厚生が充実している」などの特徴がある
  • 離職率や有休取得率は、ホワイト企業かブラック企業かを判断する基準となる
  • 20代でホワイト企業への転職を成功させるためには、積極的に情報収集しよう
  • 20代の転職先でホワイト企業が多いのは化学業界やインフラ業界など
  • 20代転職でホワイト企業を目指すなら、転職エージェントの活用がおすすめ

できればホワイト企業に転職したいと考えている20代の方は多いでしょう。
ホワイト企業には、年収が高い、福利厚生が充実しているといった特徴があります。ホワイト企業を見分けるには、離職率が低いか、将来性があるかなどの点に注目することが大事です。
このコラムでは、20代がホワイト企業に転職するための方法やおすすめの業界をご紹介。このコラムを読んで、ホワイト企業への転職を成功させましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

20代の転職先として人気?ホワイト企業の特徴とは

20代の転職先として人気のホワイト企業には、「年収が高い」「福利厚生が充実している」といった特徴があります。以下の詳しくご紹介していくので、確認していきましょう。

年収が高い

ホワイト企業の代表的な特徴としてよく挙げられるのが、給与の高さです。
ただし、毎月の給与が良いからといって、ホワイト企業であるとは限りません。毎月の給与はまずまずでも、ボーナスも手当も一切ないというブラック企業が存在するからです。
ホワイト企業を探すなら、ボーナス を含めた年収を確認すると良いでしょう。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実してることも、ホワイト企業の特徴の一つです。
ホワイト企業は、社員を大切にしています。 そのため、健康保険や厚生年金加入はもちろんのこと、住宅手当、家賃補助、定期的な健康診断などの福利厚生が充実している傾向に。また、企業によっては、社員食堂の設置や関連施設の格安利用といった福利厚生を受けられることがあるようです。

残業が少なく残業代がきちんと支払われる

ホワイト企業の場合は、残業代がしっかり支払われ、サービス残業もありません。残業が全くないという企業は少ないですが、ホワイト企業は長時間の残業が発生しにくいようです。
また、ホワイト企業の中には、ノー残業デーを設けて、残業を減らす努力をしている場合も。それに対して、ブラック企業は残業時間や残業代に対してのコンプライアンス意識が低い傾向があります。そのため、給与は高くても、時給に換算すると最低賃金を下回っていたということもあるようです。

教育制度に力を入れている

人材育成に積極的なのもホワイト企業の特徴です。企業によって教育制度の種類は異なりますが、資格取得のためのサポート研修やセミナーへの参加などを行っていることもあります。
一方で、人材の使い捨てを前提としたブラック企業は教育制度が充実しておらず、長年勤めてもスキルアップできない職場があるようです。

ほかにも、「育児休暇や保育施設の設置など、女性が働きやすい体制が整っている」「不正行為に対して厳しい」などといった点もホワイト企業の特徴に当てはまります。

企業の定義は人によって異なる
ホワイト企業の定義は人によって異なるので、自分の中で基準を作ることが大事です。たとえば、私生活を重視したい20代であれば、「給与は高くないがしっかりと休みが取れる」「研修制度が充実していないが残業時間は少ない」という会社をホワイト企業と捉える人もいるでしょう。
自分にとって、どういった条件を満たしていれば、ホワイト企業であるかを、事前によく考えておくことが大切です。譲れない条件を明確にすることで、「ホワイト企業に就きたいが、転職希望先が見つからない」とう自体に陥る可能性が低くなります。

ホワイト企業の特徴については、「ホワイト企業の特徴。満足できる職種を見つけるには」のコラムでも詳しくご紹介。ホワイト企業の多い業界や職種、仕事探しのポイントもまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

転職前に確認しよう!ホワイト企業の見分け方

ホワイト企業を見分けるには、「離職率が低い」「年間休日日数が多い」「将来性がある」かの3つに注目しましょう。以下でホワイト企業を見分ける際のポイントを詳しくご紹介します。

離職率が低い

ホワイト企業は働きがいがあり、居心地が良いので離職率が低く、定着率が高い傾向にあります
「年収が高い」の項目 で述べたように、他社と比べて年収が高く、福利厚生が充実していることも離職率が低い理由の一つといえるでしょう。

年間休日日数が多い

年間休日日数の多さもホワイト企業かを見分ける判断材料の一つとなります。
ホワイト企業は従業員の健康やプライベートを尊重している傾向にあり、有給休暇が取りやすいことも多いようです。そのほかにも、ライフイベントに応じた休暇制度が設けられていることも働きやすさを判断する指針となります。

将来性がある

長く安心して働くには、現在の財務状況が健全であり、将来性があるかどうかもホワイト企業の条件と考えましょう。
業界研究を通して、応募する企業の市場での需要や長期的な安定性を予測し、今だけではなく数十年後にその企業がどうなっているかに目を向けてください。
面接の逆質問で、今後のビジョンや課題について尋ねることでも、ヒントになる情報が得られる可能性があります。

企業規模や知名度に関わらず、ご紹介した点を満たすのであればホワイト企業の可能性が高くなるでしょう。イメージだけでの企業選びは避け、職場の状況や社風をリサーチしたうえで応募する求人を選ぶのがおすすめです。もし、その業界で働く人がいるなら、情報が得られる可能性があるので、話を聞いてみましょう。
また、インターネットで検索するとホワイト企業といわれる会社の一覧を見ることも可能。インターネット上の情報をすべて鵜呑みにするのではなく、参考程度に活用すると良いでしょう。

企業理念を調べるのも有効的
ホワイト企業かどうかを見分けるには、企業理念を調べるのも有効的な方法です。企業の方向性は、企業が掲げる理念に大きく影響されます。そのため、理念が自分の価値観と合っていれば、より働きやすい会社を見つけるでしょう。

ホワイト企業が多いといわれる業界4つ

ホワイト企業が多いといわれる業界は「化学業界」「インフラ業界」「広告業界」などが挙げられます。転職したい20代がホワイト企業を探す際には、業界別の特徴に注目してみるのもおすすめです。比較的ホワイト企業が多いといわれているのは、以下の4つの業界となります。

化学業界

各種メーカーが集う化学業界。独自製品や技術を扱う化学メーカーは、ライバルが少なくホワイト企業になりやすいという特徴があります。特に、電子機器に関連するメーカーは、将来的なニーズも高く、安定した成長を続けていくと予想されるでしょう。
華やかさはなく、中小企業も多いものの、20代の若い世代を獲得するために積極的にホワイト化を進める企業も多くみられます。

インフラ業界

インフラ業界は大企業が多く、また、新規参入も難しいことから、経営が安定しやすいという特徴があります。そのため、従業員への給料や待遇も充実しやすく、ホワイト企業になりやすいでしょう。絶対数が少なく、就職希望者も多いため、転職活動は難しいですが、応募してみるのもおすすめです。

広告業界

広告業界は企業によっては、仕事量や残業が多い傾向にありますが、業界全体で見てみるとホワイト企業は多いようです。忙しい職種である分、高い給与を得られる可能性があり、福利厚生が充実している企業もあるでしょう。

地方公務員

給料も待遇も安定しているのが、地方公務員の特徴です。
就職先は「企業」ではありませんが、安定性を求めるのであれば、良い就職先といえるでしょう。
地方公務員になるためには公務員試験に合格する必要がありますが、20代であれば、まだまだ十分に挑戦可能といえます 。

ホワイト企業の探し方について深掘りしたい方には「どうやって探すの?ホワイト企業に転職するには」のコラムがおすすめです。理想の職場を見つけるためのヒントとして、ぜひ活用してみてください。

20代がホワイト企業へ転職する際の3つの注意点

20代がホワイト企業に転職する際に注意すべき点は、「やりがいがないと感じてしまう」「ホワイト企業ならどこでも良いと思ってしまう」など。以下に具体的に解説していくので、確認してみましょう。

1. やりがいがないと感じてしまう

ホワイト企業では、従業員の仕事量と就業時間が管理されていることから、身体的な負担があまりなく「仕事量が少なくやりがいがない」と感じてしまう可能性があります。
仕事に対して何を求めているかは、人によって大きく異なるでしょう。やりがいと持っていきいきと働ける環境であるかを、事前にチェックしておきましょう。

2.ホワイト企業ならどこでも良いと思ってしまう

特にブラック企業での勤務経験があると、「ホワイト企業ならどこでも良い」と思いがちです。しかし、実際に勤務を始めてみると、「仕事内容にどうしても興味を持てず、毎日が辛い」と感じてしまう場合もあります。
20代が転職先企業を見極める際には、「ブラックかホワイトか」という視点だけではなく、「自分が興味・関心を持って働ける内容かどうか」という視点も大切にしてください。

3.高望みし過ぎる

ホワイト企業に転職する際にありがちな注意点は、高望みし過ぎてしまうこと。ひと言で「ホワイト企業」と言っても、その実情はさまざまです。上を見ればキリがないという点も、念頭に置いておきましょう。
特に、20代の転職においては、ライバルが多くなります。条件が良い会社ほど多くのライバルが集結し、採用試験を突破するのも難しくことも。「いつまで立っても転職先が決まらない」という事態を避けるためにも、高望みし過ぎないようにしましょう。

ホワイト企業への転職を成功させるためのコツは「ホワイト企業に転職するための5つのポイント! 特徴や注意点も紹介」でも詳しく解説しています。転職の成功率を上げるためにも、ぜひチェックしてみてください。

20代でホワイト企業への転職を目指すなら

20代でホワイト企業への転職を目指すのであれば、就職・転職エージェントの活用がおすすめです。求人情報でホワイト企業と判断するのは難しいもの。特に、20代で転職しようとする場合、社会での経験やスキルも不足していることが多い傾向にあります。
就職・転職エージェントを利用すれば、自分の希望に合った求人を紹介してもらえるでしょう。また、1人で転職活動をするよりも、多くの情報を入手しやすいメリットがあります。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、20代の若年層を中心に就職・転職支援を実施。希望の条件について丁寧にヒアリングを行い、あなたに合ったお仕事をご紹介します。ハタラクティブで取り扱っている求人は、実際に取材を行った優良企業のみ。そのため、具体的な業務内容や職場の雰囲気などを詳しくお伝えすることができます。面接対策や応募書類の添削などのサポートも行っているので、1人での転職活動に不安を感じている方にもおすすめです。
サービスの利用はすべて無料なので、「自分に合った企業に転職したい」「ホワイト企業で働きたい」と悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ