転職のコツとは?就職との違いと効率よく内定獲得するためのポイント

転職のコツとは?就職との違いと効率よく内定獲得するためのポイントの画像

この記事のまとめ

  • 転職のコツは、自己分析と企業研究などの準備にある
  • 転職成功のコツは、就職先の条件を明確にして優先順位を決めること
  • 面接では退職理由をポジティブに伝えるのが成功のコツ

転職を考えているものの、どのように進めればいいか分からない方もいるでしょう。自己流で転職活動をしていても、なかなか内定がもらえないときは転職活動の内容を見直すべき。転職を成功させるにはコツが必要です。コラムでは、初めての転職でもスムーズに内定を取るコツと、失敗しやすい人の特徴をご紹介。転職を考えているなら知っておきたい内容です。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職を成功させるコツ

転職活動を効率的に進めるためには、まず転職の条件を明確にすることが重要です。業界や職種、就業時間、残業の有無、会社の知名度や規模、役職、給与、賞与、休暇日数など、自分の条件を書き出してみましょう。
次に、自分の市場価値を知ることが必要です。いくら仕事の条件を決めたところで、自分の価値がそれに見合わなければ企業とのマッチングはできません。自分の適性年収はいくらくらいか、自分の職務経験ではどんな責任範囲が妥当かなどを知っておきましょう。
最後に、スケジュールを定めることも大切です。いつまでに転職したいかを定めて、それに向かって逆算して行動しましょう。

1.転職理由や転職先でやりたいことを明確にしておく

転職を成功させるためには、目的を明確にしておくことが重要です。「給与をあげたい」「勤務地にとらわれずにリモートできる仕事をしたい」「自分のスキルを十分に発揮できる仕事がしたい」など、人によってさまざまな転職理由があるはずです。明確な理由がなく転職したいという場合には、転職で必要となる軸が定まっていないため、成功させることは難しいでしょう。

2.自分の経験やスキルを洗い出す

転職を成功させるためには、自分の経験やスキルをきちんと把握して市場価値を知りましょう。自分の市場価値を理解していれば、適切な転職先を選んで成功させることができます。「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」で確認できるように、市場価値は、主に「専門性」と「強み」で決まります。市場価値を把握するには、自己分析で経験やスキルを洗い出したり、第三者に判断してもらったりすると良いでしょう。

3.企業研究や業界研究を入念に行う

自己分析で自分の強みや市場価値を確認したら、企業・業界研究を行ってマッチする企業を探しましょう。どれだけ自己分析をしっかり行っても、スキルや経験を必要としない企業を志望していたら内定はもらえないでしょう。企業研究・業界研究もしっかりと行い、企業や業界で必要なスキル、求める人材を確認してください。

転職成功のコツは新卒採用との違いを把握すること

転職活動は、大学在学中に行った就職活動とは異なります。同じ求職活動であっても就職と転職活動の違いを把握しておきましょう。

採用スケジュールの違い

就職活動は、大学在学中に同期全員が同じタイミングでスタートします。これは、日本経済団体連合会(経団連)の方針にのっとって行われているため。新卒就活の場合は、多くの学生が同じスケジュールで選考に進むのが特徴です。また、「4年の3月までに就職先を決定」という期限が明確に存在しているため、そこに向けて活動できるということも特徴といえるでしょう。
対して、転職活動は、本人の意思でスケジュールを組める点が異なります。転職はいつでも始めることが可能です。入社も、新卒の場合は4月ですが転職の場合は転職者と企業の合意があれば、いつでもOK。通年応募・採用のため自分でゴールを設定しないとズルズルと続けてしまうのも、転職活動と新卒就活の違いでしょう。

選考過程の違い

就職活動の場合、多数の応募者から面接参加者を絞り込むために、エントリーシートの提出やWebテストの受検を義務付ける会社が多いです。さらに、グループディスカッションを行って応募者をまとめて選考する方法をとる企業も存在しています。
転職活動の場合、エントリーシートを設けている企業はほとんどありません。また、就職活動のように応募者が多数になりにくいことから、グループ面接も少ない傾向。転職活動における面接は、基本的に採用担当者と応募者の個人面接です。

求められる人材要件の違い

就職活動は、主に学生などの社会人経験が無い人が行うものです。そのため、企業は経験が無いことを承知した上で採用活動を行っています。そのため、将来性や人間性が重視されるでしょう。
転職活動は、社会人経験を積んでいる人が対象。社会人としての経験やスキルを持った即戦力となれる人材を求めて求人を出しているため、新卒採用のように将来性や人間性ではなく、仕事のスキルやこれまでの実績を求められます。

20代転職者の特徴

20代前半の転職者は、いわゆる第二新卒と呼ばれる年齢です。
第二新卒は新卒と年齢が近く、新卒社員と同様の業務を担当しても違和感が少ないため、新卒を予定人数採れなかったり早期離職があったりしたときに採用する企業があります。

第二新卒は業務経験は少ないものの、1年~3年程度の社会人経験があるので社会人としての常識やマナーは身についています。また、社会人としての経験は浅いため他の会社のやり方に染まりすぎていないフレッシュさがあることも大きな魅力です。

これに対して20代後半の転職者は、社会人経験が5年前後ある中堅社員という位置づけになるでしょう。
新卒で入社した会社に5年勤めていれば、会社によってはリーダー職になっていたり、後輩の指導や管理をしたりする人もいます。業務経験も第二新卒より豊富なため、即戦力として採用する企業がほとんどでしょう。

転職の面接で好印象を与えるコツ

面接で好印象を与えるには、質問に対して的確な回答をすること。結論から話し始めると回答がズレないのでおすすめです。また、面接は慣れも必要。面接対策をしっかり行えば、本番でも緊張せず自分をアピールできるでしょう。

面接対策は入念に行っておく

面接対策は、徹底的に行っておきましょう。面接は独特の雰囲気で行われるため、緊張しないで臨むにはある程度の慣れが必要。できるだけ模擬面接を繰り返し、本番でも自分の言葉でアピールできるよう準備しておきます。また、転職の面接では「なぜ前職を辞めるのか」「転職する目的はなにか」などの質問が想定できます。回答を準備し、本番で焦らないよう対策しておきましょう。模擬面接については「模擬面接とは?やり方や聞かれることを確認して就活や転職に活かそう」のコラムでご確認ください。

採用担当者の質問には結論から答える

面接では、受け答えの仕方が重要になります。質問されたことに対してダラダラと答えるのはよくありません。面接では、結論から話しはじめ、理由やエピソードを伝えて結論を裏付けることが重要です。

前職の悪口は言わない

転職の場合、必ずといっていいほど前職の退職理由を聞かれます。このとき、本当であっても「残業が多かった」「人間関係が良くなかった」などネガティブなことは言わないのがマナー。不満を転職の理由としてしまうと、「採用しても不満があったらまた転職するのでは」「物事をネガティブにしか捉えられない人」といったイメージを抱かれやすくなってしまいます。
残業が多かったのが転職理由なら、「プライベートの時間とのバランスを取りたかった」「もっと効率よく業務ができる環境で働きたい」など、前向きな理由に言い換えてみてください。

転職のコツを知りたいときはプロに相談しよう

転職のコツがいまいち分からない、コツは分かったけど1人で転職活動を行うのに不安がある、といった場合は、転職のプロに相談するのがおすすめ。
気軽に利用したいならハローワークに行ってみましょう。ハローワークは、求職者なら誰でも利用できる就職支援機関です。ただし、「在職中にハローワークで転職活動できる?登録メリットやサービス内容を解説」でも述べているように、ハローワークは在職中の人でも利用自体はできますが、求人に応募できないこともあるので注意しましょう。

在職中から転職活動をしたい、どんな転職先があるか知りたいなら、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは民間のエージェントなので、就業の有無にかかわらずご利用いただけます。
また、ハタラクティブでは専任のアドバイザーが転職支援を行うので、成功のコツを細かくお伝えできるのも特徴。ステップごとに専任アドバイザーが確認を行います。応募先企業に合わせたアピール方法もお伝えするので、内定に近づきやすいでしょう。転職のコツを知りたい、スムーズに転職したいと考えているなら、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ