新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 10代でも転職先はある?高卒でも成功するコツをご紹介!

10代でも転職先はある?高卒でも成功するコツをご紹介!

公開日:

最終更新日:

10代でも転職先はある?高卒でも成功するコツをご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・10代の転職では若さが有利になる
    ・10代の転職では協調性や成長意欲をアピールしよう
    ・短期間での転職を繰り返すと今後不利になることもある
    ・10代でも転職の際は在職中に行うと良い

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

経験の浅い10代で転職は可能なの?と不安を感じていませんか?長所をうまくアピールすれば、転職を成功させることは可能です。若さは武器になりますので、面接などの場では元気にハキハキと受け答えをするよう意識しましょう。このコラムではそんな10代の方が自分のアピールすべきポイントを知り、前向きに取り組めるようになる方法をご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

高卒の10代だと中途採用されにくいって本当?

高卒の10代で中途入社は、大卒に比べて不利になる部分があります。理由としては「高卒は一切採用しない」という企業があるためです。
しかし、それは一部の企業で、もちろん高卒を採用している企業も存在します。高卒で就職し、10代のうちに転職を考えているは、まずは自己分析をしっかり行い、自分の持つアピールポイントを把握しておきましょう。


10代の転職でも有利な点はある

先述のように不利な点もあれば、逆に有利な点もあります。それは「若さ」です。経験が浅くても「若さ」はそれだけで武器になります。
その理由は若い人材は一般的に飲み込みが早く、伸びしろがある有望な人材だと考えられる傾向にあるためです。また、若く勢いのある人材が好まれる傾向の強い職種などもあるため、若手が活躍している職種・企業を探してみると良いでしょう。


諦めずに前向きに転職活動することが大切

高卒の10代での転職は先述のようにメリットもデメリットもありますが「自分には無理そう」と諦めてしまわずに、前向きに行動することが大切です。
実力主義であるIT企業や、人手が不足しがちな介護職など、業界によっては高卒でも活躍できる場はたくさんあります。改めて業界研究をして、自分に合った仕事を探してみましょう。

10代の転職でアピールできる3つのポイント

ここでは、10代の方が転職する際にアピールとなるポイントをご紹介します。自己PRなど、企業に自分をアピールする際にはこれらを意識してみると良いでしょう。


1.協調性

協調性のある人材は教育がしやすいとされていて、企業の目に留まりやすいアピールポイントです。
協調性とは、立場や主張、考え方の異なるメンバーとともに円滑にコミュニケーションを取り、同じ目標に向かって仕事を進められる能力のこと。
10代での転職となると前職場での経験が短い方がほとんどでしょう。前職場の期間が短いと、会社色に染まりきらず、まだ会社特有の固定概念にとらわれていない状態だといえます。そのため、ほかの中途採用者に比べて教育しやすいと好意的に考える企業も。
前職でどのように同僚や上司、先輩に関わってきたか具体的なエピソードを交えて話すと説得力が増すためおすすめです。


2.成長意欲

10代で社会に出て間もない人は伸びしろも将来性もあるため、成長意欲について全面的にアピールすると良いでしょう。
成長意欲とは、将来どのようなポジションでどのような仕事をしたいか、積極的かつ前向きに考えてその目標に向けて行動できる意識の持ち方を指します。
面接では日々の仕事をこなすだけではなく、将来像に向かって努力したいというところを見せると良いでしょう。
しかし、成長意欲といっても「先輩や上司に教えてもらったことをこなす」という受け身な姿勢ではなく、積極的である必要があります。「これまでにあったトラブルと対処法」や「今まで努力してきたこと」など「自分が頑張ったこと」に注目したエピソードを添えて話すと、より伝わりやすくなるでしょう。


3.フレッシュさ

職場に若い人材を入れることによって新しい風を吹き込んでくれる効果や、て職場の雰囲気をフレッシュにして活気を与えてくれる作用を期待している会社も多いため、フレッシュさは十分なアピールポイントになり得ます。
フレッシュさとは、明るさや初々しさ、元気さや前向きさなどを総合したものです。企業は社会経験の浅い10代に対して即戦力を期待することは少ないとされているので、未熟な印象への心配は必要ありません。
しかし、自分で「フレッシュさがあります!」とアピールするのはやめましょう。フレッシュさは自分で狙って出すものではなく、相手が感じるものです。相手にフレッシュさを感じさせるには、面接の場などでハキハキ元気良く挨拶をしたり話したりすることを意識すると良いでしょう。

転職前に知っておくべき3つのこと

転職をする前に、10代で転職をする際にぶつかりがちな壁についてもしっかり把握しておきましょう。「若いからすぐに転職できるだろう」と思い込まず、覚悟と準備をしたうえで転職を進めることをおすすめします。


1.短期間で転職をすると不利になる

まず、短期間で転職をすると、そのことを今後転職をする際も履歴書に記載し続けることになります。企業からすると「採用してもすぐに辞められてしまわないか」というのは気がかりになりますので、面接の場などでは必ず質問されるといっても過言ではありません。そのため、短期間での転職を繰り返してしまわないよう「次は長く続けるぞ」という意志を持ってじっくりと転職先を探すようにしましょう。
転職の理由を説明する際は「短期間の転職でも企業にプラスの印象与えること」を意識してください。そのためには「前向きな転職である」としっかり伝える必要があります。
「前職では上司と折が合わなかった」「残業が多くて大変だった」などのネガティブ理由はあなたの印象に悪影響を与える可能性があるため、たとえ事実でも本音を伝えることは避けたほうが良いでしょう。「働いてみて自分にはこんな長所があると気付き、その長所を活かせる場で働きたい」「スキルアップのために転職をすることにした」など、ポジティブな理由を伝えるようにしましょう。


2.在職中の転職活動がおすすめ

「在職中に働きながら転職活動をする」のと「退職後に就職活動をする」のとは企業側の印象も異なります。在職中だと、自由に動ける時間が限られたり、応募先企業が今すぐに就業できる人材を探している場合は、希望に添えないと考えて先に退職をする方もいるでしょう。しかし、1~2か月程度であれば入社を待ってくれる会社も多いです。
在職中の転職活動がおすすめな理由は先に述べたように「退職理由はポジティブな内容にするのが好ましいため」です。先に退職してしまうと、企業が「就職先を決めずに無計画に辞めるほど、早く前職を辞めたかったのではないか」と感じさせてしまう恐れがあります。
退職後に就職活動をする場合、面接で「なぜ在職中に転職活動をしなかったのか」と聞かれる可能性が高いです。その場合は「在職中では、転職活動の時間が取れない」など企業の納得できる理由を考えておきましょう。


3.1度フリーターになると復帰が困難になる

フリーター歴が長ければ長いほど、正社員として採用されにくくなってしまうので注意が必要です。
フリーターはシフトを自由に組みやすかったり、シフト次第では月に20万円以上稼ぐこともできたりするなど、その気楽さから惹かれる人もいるでしょう。しかし、年が経つにつれて、同年代の正社員は給料もボーナスも増え、収入的に劣ってしまいます。それに気づき、後から慌てて「正社員として働きたい」と思っても、一筋縄ではいかないことも。もしフリーターになることを視野に入れているなら、その理由を書き出してみましょう。「シフトの自由さ」「休みの多さ」などであれば、その条件で正社員の仕事をまず探してみることをおすすめします。

転職で意識しておくと良いこと

転職経験が浅かったりそもそも転職経験がなかったりすると、いろいろと不安も多いでしょう。ここではそんな転職をするにあたって意識しておくと良いことをご紹介します。


資格を取っておく

資格の習得は、自分のスキルを企業へ対外的に伝えられるようになるメリットがあります。
10代での転職となると、経験が少なく経験面のアピールが難しい傾向にありますが、資格があればスキルの証明が可能ですまた、働きながら資格を取得できれば、向上心のアピールにも繋がります。


転職を決めたら早いうちに行動する

先述のように、若い人材を積極的に採用する企業が多く、若さは転職において武器になります。転職をすると決めたら、1日でも早く転職活動を始めましょう。


企業選びは視野を広く持つ

企業を選ぶときは、視野を広く持ちましょう。ネームバリューや印象だけで企業を選ぶことはリスクを伴います。自分の関心のある企業・業界に関係する企業に目を向けてみてください。そうして複数の企業を比較することで、自分の企業選びの判断軸が見えてくるようになるでしょう。


転職サイト以外にも10代におすすめのサービス

10代では「転職が初めて」「転職経験があまりない」という方がほとんどでしょう。その場合は自分だけでどうにかしようとせず、履歴書や職務経歴書の書き方など、さまざまなサポートを受けながら転職活動をすることをおすすめします。


ハローワーク

ハローワークには、転職サイトや転職エージェントにはない地元の中小企業の求人も掲載されているため、求職登録することをおすすめします。
職場付近や自宅付近など、自分の行きやすい場所を利用しましょう。しかし、ハローワークでは自分のしたいこと、やってほしいことを伝えない限り何も始まりません。どのようなサポートが受けられるか、把握し、積極的に行動しましょう。ハローワークを利用したことがない人は、まず「ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!」をご覧ください。


転職エージェント

自分に向いている仕事や、就活のやり方が分からないという方は、就職支援サービスを利用することをおすすめします。
カウンセリングや求人探しだけではなく、応募書類の添削、面接対策なども行っているため、初めて転職をする人でも安心して利用できるでしょう。
経験が浅い10代の転職では、履歴書や面接で採用担当者に好印象を与えなければなりません。そのようなとき、転職エージェントを利用すれば「転職に特化したプロのアドバイザー」が転職のノウハウを指導してもらえます。


ハタラクティブでは、若年層を中心に就職活動をサポートしています。学歴や経験よりも人柄を重視している企業求人が多いのが特徴です。
また、専任のアドバイザーが1対1でカウンセリングを行い、あなたに合った仕事や求人を提案しています。
メールやチャットツールを利用してアドバイザーと連絡がとれるため、「直接相談するのは緊張する」という人でも気軽にご利用いただけます。
就職についてお悩みの人は、まずはハタラクティブにお問合せください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました…

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?